ニッケルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ニッケルの意味・解説 

ニッケル【nickel】

読み方:にっける

鉄族元素の一。主要鉱石は珪(けい)ニッケル鉱・紅砒(こうひ)ニッケル鉱などで、隕石中に含まれることもある。単体銀白色光沢があり、展延性富み強磁性を示す空気アルコールなどに侵されず、合金・めっき・貨幣材料などに利用元素記号Ni 原子番号28原子量58.69。

米国・カナダなどの)5セント硬貨


ニッケル(Ni)


ニッケル

分子式Ni
その他の名称NP 2、NickelNi 4303T、RCH 55/5、C.I.77775、Ni 0901-S、Raney alloyNi
体系名:ニッケル


物質名
ニッケル
英語名
Nickel
元素記号
Ni
原子番号
28
分子量
58.6934
発見
1751年
原子半径(Å)
1.25
融点(℃)
1455
沸点(℃)
2731
密度(g/cm3
8.85
比熱(cal/g ℃)
0.105
イオン化エネルギー(eV)
7.635
電子親和力(eV)
1.15


ニッケル(Ni)

ニッケルは銀白色に輝く金属で、展延性富んでます。地殻中に約75mg/kg、海水中に0.5μg/リットル含まれています。用途としては、ステンレス鋼等の合金電気メッキバッテリー等に使用されています。ニッケルは、生体必須元素ですが、暴露により接触性皮膚炎原因にもなりますまた、ニッケル工場での鼻腔がん、肺がん発生率が高いことが確認されています。なお、植物にとってニッケルは有害元素で、とともに毒性の強い元素といわれています指針値は、以前「0.01mg/リットル以下」と定められいましたが、平成11年2月22日付け環水管第49号で削除されました。

ニッケル

作者プリーモ・レーヴィ

収載図書周期律元素追想
出版社工作舎
刊行年月1992.9
シリーズ名プラネタリークラシクス


ニッケル

名前 NickelNickell

ニッケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 17:28 UTC 版)

ニッケル: nikkel, : nickel, : niccolum, 漢: 鎳)は、原子番号28の金属元素である。元素記号Ni


注釈

  1. ^ ロシア、カナダ、インドネシア、豪州、ニューカレドニアで約3分の2を占める。
  2. ^ ただし、IARC の報告は疫学的リスク評価であり、ニッケルおよびニッケル化合物に人に対して発癌するリスクが存在するという意味であり、どのぐらいの量をどのくらい長期間接触したら発癌するといった量的評価ではない。

出典

  1. ^ M. Carnes et al. (2009). “A Stable Tetraalkyl Complex of Nickel(IV)”. Angewandte Chemie International Edition 48: 3384. doi:10.1002/anie.200804435. 
  2. ^ S. Pfirrmann et al. (2009). “A Dinuclear Nickel(I) Dinitrogen Complex and its Reduction in Single-Electron Steps”. Angewandte Chemie International Edition 48: 3357. doi:10.1002/anie.200805862. 
  3. ^ a b 桜井弘 『元素111の新知識』講談社、1998年、155頁。ISBN 4-06-257192-7 
  4. ^ a b 藤原唯義、「ニッケル及モネルメタルの採鑛と製錬」 『日本鑛業會誌』 1933年 49巻 575号 p.165-169, doi:10.11508/shigentosozai1885.49.165, 資源・素材学会
  5. ^ a b 藤井 2013, pp. 130–182, 第4章 金属工業のビタミン「レアメタル」
  6. ^ 深道和明, 斎藤英夫、「不感磁性インバー合金, エリンバー合金Cr基合金を中心にして」 『日本金属学会会報』 1976年 15巻 9号 p.553-562, 日本金属学会
  7. ^ 外務省 国際ニッケル研究会の概要
  8. ^ 黒川晴正、高石和幸、「住友金属鉱山ニッケル工場におけるニッケル・コバルト精錬」 『Journal of MMIJ.」 2007年 123巻 12号 p.678-681, doi:10.2473/journalofmmij.123.678, 資源・素材学会
  9. ^ 地理 統計要覧 2014年版 ISBN 978-4-8176-0382-1 P,96
  10. ^ 一島英治、『酵素の化学』 p.45


「ニッケル」の続きの解説一覧

ニッケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/05/05 05:58 UTC 版)

西オーストラリア州の鉱業」の記事における「ニッケル」の解説

ニッケルは西オーストラリア州が国産出量99%を占め世界比較して年間産出量の約13%を占めている。産出量年間14トンに及ぶ。これらは南部のキャンバルダなどで産出される

※この「ニッケル」の解説は、「西オーストラリア州の鉱業」の解説の一部です。
「ニッケル」を含む「西オーストラリア州の鉱業」の記事については、「西オーストラリア州の鉱業」の概要を参照ください。


ニッケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/05 08:40 UTC 版)

真空用材料」の記事における「ニッケル」の解説

ニッケルは加工性放出ガス少ない、融点が高い、点溶接性がよいなど多くの点で優れており、高真空装置部品に多く使用される

※この「ニッケル」の解説は、「真空用材料」の解説の一部です。
「ニッケル」を含む「真空用材料」の記事については、「真空用材料」の概要を参照ください。


ニッケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 04:16 UTC 版)

栄養素 (植物)」の記事における「ニッケル」の解説

植物のニッケル要求量は乾燥重量当たり0.1mg/kg以下と小さくまた、圃場欠乏することは滅多にないため、ニッケル欠乏起こることはほとんどないペカンCarya illinoinensisがニッケル不足に陥ると、「ネズミの耳」[ mouse ear]と称される萎縮患うことが知られるだけである。この症状は、ニッケルを必要とするウレイドの分解阻害されることにより、窒素代謝およびアミノ酸有機酸代謝障害を受けることによる蛇紋岩母材とする超塩基性土壌(蛇紋岩土壌[ 英: serpentine soil<英語版>])では、ニッケルが高濃度存在するため、ニッケル過剰発生する。稲ではP型ATPase活性低下して細胞膜機能障害起こる。小麦では体内過酸化水素発生し、根の伸長阻害される。また、一般にニッケル過剰鉄の欠乏誘導する植物体内:ニッケルの重量比が10~5以下になると欠乏症クロロシスネクロシス発生する鉄の取り込み利用されるニコチアナミンがニッケルの解毒流用されるためである考えられている。 ニッケル過剰の耐性は種間差があり、燕麦では土壌交換性ニッケルが10mg/kgで過剰害が発生するが、バレイショカボチャなどでは50mg/kgまで問題はない耐性種間差は植物のニッケル吸収性質関係がある脆弱な植物では土壌中の交換性ニッケル濃度増加する比例して体内濃度増加するが、耐性植物では体内濃度上昇しにくい。 地上乾燥重量当たり0.1mg/kg以上のニッケルを蓄積して障害受けないニッケル超集積植物や、蛇紋岩土壌特異的に生育する蛇紋岩植物[ 英: serpentine endemics]もある。これらの植物では中のニッケルはクエン酸との結合無毒化させられている。タバコ耐性種ではクエン酸ニッケルが液胞隔離されていることが観察されている。ニッケル超集積植物のAlyssum lesbiacumではヒスチジンがニッケルの地上部への輸送無毒化関与している高等植物維管束植物)においてニッケルはNi2+イオン形態吸収される吸収されたニッケルは、窒素代謝において尿素分解するウレアーゼ賦活剤として要求される。ニッケルが不足する有毒な尿素蓄積しネクロシス引き起こす下等植物においてはさまざまな酵素賦活剤であり、また、一部酵素補因子として亜鉛鉄の代替となる。

※この「ニッケル」の解説は、「栄養素 (植物)」の解説の一部です。
「ニッケル」を含む「栄養素 (植物)」の記事については、「栄養素 (植物)」の概要を参照ください。


ニッケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 14:41 UTC 版)

ビューティフル塊魂」の記事における「ニッケル」の解説

ロボットメイツ

※この「ニッケル」の解説は、「ビューティフル塊魂」の解説の一部です。
「ニッケル」を含む「ビューティフル塊魂」の記事については、「ビューティフル塊魂」の概要を参照ください。


ニッケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:09 UTC 版)

必須元素」の記事における「ニッケル」の解説

確認されていない

※この「ニッケル」の解説は、「必須元素」の解説の一部です。
「ニッケル」を含む「必須元素」の記事については、「必須元素」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ニッケル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ニッケル

出典:『Wiktionary』 (2021/12/07 16:02 UTC 版)

語源

オランダ語 nikkel より。すでに宇田川榕菴舎密開宗使われている。[1]

発音

名詞

ニッケル

  1. (元素, 金属) 原子番号 28元素記号 Ni金属元素単体常温常圧では銀白色固体

熟語

翻訳

参照

  1. 宇田川榕菴舎密開宗巻1、1837、10ページ:
    ノ韻ヲ歩��左ニ列舉シ以テ初學記誦ニ便ス。漢名譯名名ハ其下ニ嵌註シ別名ハ篇中條下に讓テ録セズ
    […]〔仁〕古律ニッコリュム ニッケル 多里屈母ニットリキュム 第三十七章ニ出

「ニッケル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ニッケル」に関係したコラム

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • ETFの銘柄の取引単位は

    ETFの取引単位は銘柄により異なります。ETFの場合、取引単位は10株単位や100株単位であることが多いようです。また、価格が1万円前後の銘柄は1株単位、100円前後の銘柄は1,000株単位が多いよう...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニッケル」の関連用語

ニッケルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニッケルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2022 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2022 京浜河川事務所 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニッケル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの西オーストラリア州の鉱業 (改訂履歴)、真空用材料 (改訂履歴)、栄養素 (植物) (改訂履歴)、ビューティフル塊魂 (改訂履歴)、必須元素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのニッケル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS