機械とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 機械 > 機械の意味・解説 

きかい【機械】

横光利一小説昭和5年(1930)発表心理主義手法が高く評価された。


き‐かい【機械/器械】

動力を受けて、目的に応じた一定の運動仕事をするもの。

実験測定運動競技などに使う装置道具

自分意思を失ったように、指令どおりに動いたり、物事繰り返したりすること。

[補説] 「工作機械」「包装機械」のように、動力用いて操作する装置マシン)を「機械」、「測定器械」「光学器械」のように、人間直接動かし、比較小型小規模装置道具インストルメント)を「器械」と使い分けることが多い。
書名別項。→機械


き‐かい【機械・器械】

1⃣ 〔名〕

① (器械) うつわ。入れ物また、器具道具。〔新令字解1868)〕

一年有半(1901)〈中江兆民〉三「他の我邦人如く間接に材料佩文韻府如き機械より取り出し来るに非ずして」〔呂覧貴信

武器。〔令義解718)〕〔周礼天官司書

③ 糸やゼンマイなどのしかけのある器具からくり

中華若木詩抄(1520頃)下「機械とは、上へはあらはれずして下にてあやつる也」

動力装置をつけて作業をするもの。原動機構伝導機構作業機構三部からなる。この三機構備えたものを「機械」とし、一機構を欠いたものを「器械」と定義されることもあるが、一般的に前者規模大きいもの、後者規模小さいものをさすことが多い。

気海観瀾広義(1851‐58)六「凡そ規則は総器械術の原礎にして、諸器の機動、皆此理を出づる者なし」

収穫(1910)〈前田夕暮〉上「遠く活字刷る機械の音にわかれかへりて」

(5)器械実験測定などに使う道具

小学教則1872)〈文部省〉「理学輪講〈略〉の類を独見来て輪講せしめ教師兼て器械を用ゐて其説を実にす」

(6) 生物体内器官

*七新薬(1862)七「総て百般諸病初生より中年に至るの間、機械の発育障碍あり」

(7) 手段

後世への最大遺物再版附する序言(1899)〈内村鑑三〉「若し小冊子にして猶ほ新福音を宣伝するの機械となるを得ば」

(8) 他人に使われて自分意思を持たないで働くこと。また、その人

将来日本(1886)〈徳富蘇峰〉三「ピーム所謂議会にして其権力なき時に於ては専制器械たるに過きずと謂ひしは」

2⃣ (機械) 小説横光利一作。昭和五年(一九三〇)発表新心理主義手法用い作品で、文壇衝撃与えた。


機械

作者横光利一

収載図書昭和文学全集 第5巻
出版社小学館
刊行年月1986.12

収載図書短編愉楽 1 近代小説のなかの都市
出版社有精堂出版
刊行年月1990.12

収載図書愛の挨拶馬車純粋小説論
出版社講談社
刊行年月1993.5
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書六人作家小説
出版社東銀座出版社
刊行年月1997.2
シリーズ名選書

収載図書機械 春は馬車に乗って 36改版
出版社新潮社
刊行年月2003.3
シリーズ名新潮文庫

収載図書機械 時間
出版社フロンティアニセン
刊行年月2005.3
シリーズ名第2刷 (フロンティア文庫)

収載図書百年小説
出版社ポプラ社
刊行年月2008.12


機械

作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


機械

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 22:22 UTC 版)

機械器械[1](きかい、フランス語英語オランダ語:machine、ドイツ語:Maschine)とは、広義には、ある力が有用な働きをなし、あるいは他のエネルギーの形態に変化する力の伝達を行うような装置の総称(Brockhausによる定義)[2]


  1. ^ a b 新村出, ed. (2009-01). "きかい 【機械・器械】". 広辞苑. ISBN 9784000801232. NCID BA88799427 名無し引数「edition第六版」は無視されます。 (説明); |date=の日付が不正です。 (説明)
  2. ^ a b c d e f g h i j k 福田稔. “農業機械化の経済的意義に関する研究”. 岡山大学. 2019年11月14日閲覧。
  3. ^ 『ハンディブック 機械』萩原芳彦 監修 、オーム社、2007年3月20日、改訂2版、5-7頁。ISBN 9784274203664NCID BA81640206
  4. ^ 福井憲彦 『近代ヨーロッパの覇権』講談社 〈興亡の世界史13〉、2008-12月-17、第1刷、183-184 。ISBN 9784062807135
  5. ^ 磯田浩『火と人間』法政大学出版局、2004年4月20日、初版第1刷。ISBN 4588713027NCID BA66863078
  6. ^ (8) 機械器具製造業”. 京都市. 2020年6月25日閲覧。
  7. ^ 機械遺産分類コードと分類項目”. 一般社団法人 日本機械学会. 2020年6月25日閲覧。


「機械」の続きの解説一覧

機械

出典:『Wiktionary』 (2020/02/14 15:03 UTC 版)

名詞

きかい

  1. 作業動力発生伝達制御4つ機構組み合わせてできており、仕事などに使用される装置
  2. 仕掛けたくらみ駆け引き

発音

↗か↘い

翻訳




機械と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「機械」に関係したコラム

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • ETFの銘柄の取引単位は

    ETFの取引単位は銘柄により異なります。ETFの場合、取引単位は10株単位や100株単位であることが多いようです。また、価格が1万円前後の銘柄は1株単位、100円前後の銘柄は1,000株単位が多いよう...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機械」の関連用語

機械のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機械のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機械 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの機械 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS