ロボットとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > ロボット > ロボットの意味・解説 

ロボット【robot】

電気磁気などを動力源とし、精巧な機械装置によって人間に似た動作をする人形人造人間

目的作業操作コンピューター制御自動的に行う機械装置人間の姿に似るものに限らない自動機械。「産業ロボット

自分意志でなく、他人に操られて動く人間傀儡(かいらい)。「軍部のロボットである大統領

[補説] チェコ作家チャペック作品中でチェコ語の働くの意のrobotaから作った造語

ロボットの画像
愛・地球博」で公開されたトヨタ自動車のロボット

ロボット

作者広坂光則

収載図書閑話百題―ショートショート集 上
出版社新風舎
刊行年月2007.3


ロボット

作者美神

収載図書Alive note
出版社北星
刊行年月2008.6


ロボット

読み方ろぼっと
【英】:Robot

1アップ2アップフェイク)から1個のボールパターンの上方を平行に移動させて落とす、おもしろい3ボールトリック。ロボットのようにかくかくとした直線的動きが非常に印象的である。

このトリックを1回入れるとパターン全体1つ右側(または左側)に移動する。連続繰り返すそのまま一方方向移動していく事ができる。

一旦分かってしまえば簡単なのでが、その独特のリズムをつかむのが難しいようである。リズム3拍子である。動きとしては振り子キャリーによく似ている


ロボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/28 21:34 UTC 版)

ロボット(robot)は、の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置、もしくは機械のこと。


  1. ^ 世界初・完全自律制御ドローンでの長距離荷物配送に成功しました!~福島浜通りロボット実証区域でドローンの実証にチャレンジ!~(METI/経済産業省)、閲覧2017年12月19日
  2. ^ カレル・チャペック『ロボット』千野栄一訳、岩波文庫、1989年、206頁。
  3. ^ a b c d e f ROBOT九州共立大学、2007
  4. ^ 井上晴樹『日本ロボット戦争記 : 1939~1945』124頁(NTT出版,2007) ISBN 978-4757160149
  5. ^ Morris, Nicola"The Golem in Jewish American Literature: Risks and Responsibilities in the Fiction of Thane Rosenbaum" p.119
  6. ^ カレル・チャペック『ロボットという言葉の起源』栗栖継訳(『現代人の思想22 機械と人間の共生』平凡社、1968年、収録)
  7. ^ Su Song's Clock: 1088”. 2007年8月26日閲覧。
  8. ^ Earliest Clocks”. A Walk Through Time. NIST Physics Laboratory. 2008年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月11日閲覧。
  9. ^ Sir Richard Arkwright (1732–1792)”. BBC. 2008年3月18日閲覧。
  10. ^ 「図説 世界史を変えた50の機械」p172 エリック・シャリーン著 柴田譲治訳 原書房 2013年9月30日第1刷
  11. ^ 「図説 世界史を変えた50の機械」p172 エリック・シャリーン著 柴田譲治訳 原書房 2013年9月30日第1刷
  12. ^ 人型ロボットに市民権を与えた最初の国家が登場”. GIGAZINE. 2018年11月30日閲覧。
  13. ^ Sophia the Robot takes part in the Fifth OGP Global Summit in Georgia”. UNDP Georgia. 2019年1月14日閲覧。
  14. ^ レスキューロボットを参照
  15. ^ 新技術開発センターHP、テクノビジョン ダイジェスト、【連載:世界一の品質を取り戻す36】検証・日本の品質力 原発事故から浮かび上がった 「ロボット大国・日本」の弱点 閲覧2017年3月28日
  16. ^ 大阪工業技術専門学校ロボット研究部、指揮者ロボット「フクマス」、メカトロライフ閲覧2017年2月9日
  17. ^ Parkour Atlas - YouTube
  18. ^ Watch Boston Dynamics' Humanoid Robot Do Parkour WIRED wired.com |2018年10月11日閲覧
  19. ^ 出渕はパトレイバーシリーズのメカデザイナーでもあるので、同シリーズは出渕構想の概念に基づくこととなる。
  20. ^ ロボット掃除機“ルンバさん”が愛される理由って? [T-SITE、閲覧2017年3月28日]
  21. ^ (移動はクローラで、先端にカニ爪状の手がついた巨大な二本のマニピュレータが装備されており、元々は建設機械であるため人型ではないが、頭部(カメラ装備)もあり、巨大ロボット然としている)
  22. ^ “殺人ロボット兵器、規制めぐる議論継続へ 国連、初の専門家会議終了”. 産経ニュース. (2017年11月18日). https://www.sankei.com/world/news/171118/wor1711180027-n1.html 2019年11月19日閲覧。 
  23. ^ 『「AI兵器」国際ルール合意も法的拘束力なく懸念』NHK2019年8月22日
  24. ^ 警察ロボットが高速鉄道鄭州東駅に登場 中国初”. 人民網 (2017年2月18日). 2019年1月1日閲覧。
  25. ^ 中国初の警備ロボット、深圳の空港をパトロール”. 人民網 (2016年9月23日). 2019年11月17日閲覧。
  26. ^ ダラス警察の「爆弾ロボット」が銃撃犯を爆殺するまで”. WIRED (2016年7月10日). 2019年3月3日閲覧。
  27. ^ フシンシャハッケン…中国空港に「ロボコップ」が誕生しました”. ギズモード (2016年9月30日). 2019年1月1日閲覧。
  28. ^ 中国ロボは縦長の「R2-D2」か? 米国「殺人ロボ」の先行くスグレモノ”. フジサンケイ ビジネスアイ. 2019年1月1日閲覧。
  29. ^ 【電子版】中国・鉄道警察、AI巡視ロボ導入 捕獲網やスタンガン装備”. 日刊工業新聞 (2019年1月22日). 2019年3月3日閲覧。
  30. ^ China Debuts Anbot, The Police Robot” (英語). Popular Science (2016年4月27日). 2019年1月1日閲覧。
  31. ^ 未来の街はロボットが運営? ドバイや中国では現実に”. BBC. 2018年11月30日閲覧。
  32. ^ ドバイが世界で初めて導入した「ロボコップ」、カンファレンスに初出動”. GIGAZINE (2017年5月25日). 2019年1月1日閲覧。
  33. ^ 2011年11月7日AFP「原発作業にロボットスーツを、サイバーダインが公開」[1]
  34. ^ イモリの様に走り、泳ぐことのできるロボット”. TED (2016年1月). 2017年1月10日閲覧。
  35. ^ “日米巨大ロボ対決”は引き分け - ITmedia
  36. ^ a b 平成25年度 特許出願技術動向調査報告書(概要)ロボット (PDF)”. 特許庁 (2014年2月). 2017年1月4日閲覧。
  37. ^ 特許庁の資料をもとに作成



ロボット

出典:『Wiktionary』 (2017/09/21 08:36 UTC 版)

語源

チェコ語 robot < robotaカレル・チャペック作の戯曲Rossum's Universal Robots”で用いられた造語

名詞

ロボット

  1. 人間代わりにある作業動作自動で行う装置
  2. 比喩的)自分意志ではなく他人指示のままに行動する人間

発音

ろ↘ぼっと
ろ↗ぼ↘っと

類義語

翻訳




ロボットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロボット」の関連用語

ロボットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ロボットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2020 by JugglingDonuts
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロボット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのロボット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS