ロボットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > ロボット > ロボットの意味・解説 

robot

別表記:ロボット

「robot」とは

「robot」は、人間作業代行する機械装置を指す言葉である。自動化されタスク実行するために設計されており、一部のロボットは特定のタスク実行するためにプログラムされる一方、より高度なロボットは人間動きや行動を模倣することが可能である。例えば、製造業では、組み立てラインでの作業を行うロボットが広く利用されている。

「robot」の発音・読み方

「robot」の発音は、IPA表記では /ˈroʊbɒt/ となる。IPAカタカナ読みでは「ロウボット」となり、日本人発音するカタカナ英語では「ロボット」と読む。この単語発音によって意味や品詞が変わる単語ではない。

「robot」の定義を英語で解説

A robot is a machine designed to execute one or more tasks automatically with speed and precision. There are as many different types of robots as there are tasks for them to perform. For instance, robots are being used in the automotive industry to perform tasks that are dangerous for humans.

「robot」の類語

「robot」の類語としては、「automaton」「android」「droid」「bot」などがある。これらの語は、人間作業自動化する機械装置を指す言葉として、同様の意味合い使われることが多い。例えば、「automaton」は自動操作機械指し、「android」は特に人間似た形状を持つロボットを指す。

「robot」に関連する用語・表現

「robot」に関連する用語表現としては、「artificial intelligence (AI)」「automation」「cyborg」「drone」などがある。これらの語は、ロボットやその技術関連する概念現象を指す。例えば、「artificial intelligence (AI)」は、ロボットが自己学習問題解決を行う能力を指す。

「robot」の例文

1. The robot can perform the surgery with precision.(そのロボットは手術精密に行うことができる。)
2. This factory uses robots for most of its production.(この工場生産大部分でロボットを使用している。)
3. The robot was programmed to follow a specific path.(そのロボットは特定の経路をたどるようにプログラムされていた。)
4. The android is a type of robot that resembles a human.(アンドロイド人間似た形状を持つロボットの一種である。)
5. The robot is equipped with artificial intelligence.(そのロボットは人工知能備えている。)
6. The robot can operate independently of human control.(そのロボットは人間制御から独立して操作することができる。)
7. The robot is designed to assist the elderly.(そのロボットは高齢者支援目的として設計されている。)
8. The robot can mimic human movements.(そのロボットは人間動き模倣することができる。)
9. The robot is capable of performing multiple tasks.(そのロボットは複数タスク実行することができる。)
10. The robot is powered by a rechargeable battery.(そのロボットは充電式のバッテリー動力得ている。)

ロボット【robot】

読み方:ろぼっと

電気磁気などを動力源とし、精巧な機械装置によって人間似た動作をする人形人造人間

目的作業操作コンピューター制御自動的に行う機械装置人間の姿に似るものに限らない自動機械。「産業—」

自分意志でなく、他人に操られて動く人間傀儡(かいらい)。「軍部の—である大統領

[補説] チェコ作家チャペック作品中チェコ語の働くの意のrobotaから作った造語


ロボット

作者広坂光則

収載図書閑話百題―ショートショート集
出版社新風舎
刊行年月2007.3


ロボット

作者夜美神威

収載図書Alive note
出版社北星
刊行年月2008.6


ロボット

読み方ろぼっと
【英】:Robot

1アップ2アップフェイク)から1個のボールパターンの上方を平行に移動させて落とす、おもしろい3ボールトリック。ロボットのようにかくかくとした直線的な動きが非常に印象的である。

このトリック1回入れるとパターン全体1つ右側(または左側)に移動する連続繰り返すそのまま一方方向移動していく事ができる。

一旦分かってしまえば簡単なのでが、その独特のリズムをつかむのが難しいようである。リズム3拍子である。動きとしては振り子キャリーによく似ている


ロボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/05 08:02 UTC 版)

ロボットフランス語: robot, : robot)は、現在では次のようにいくつかの意味で用いられている言葉である[1]


注釈

  1. ^ 出渕はパトレイバーシリーズのメカデザイナーでもあるので、同シリーズは出渕構想の概念に基づくこととなる。

出典

  1. ^ a b c d e f Merriam Webster, definition of robot.
  2. ^ 世界初・完全自律制御ドローンでの長距離荷物配送に成功しました!~福島浜通りロボット実証区域でドローンの実証にチャレンジ!~(METI/経済産業省)、閲覧2017年12月19日
  3. ^ カレル・チャペック『ロボット』千野栄一訳、岩波文庫、1989年、206頁。
  4. ^ a b c d e f ROBOT九州共立大学、2007
  5. ^ 井上晴樹『日本ロボット戦争記 : 1939~1945』124頁(NTT出版,2007) ISBN 978-4757160149
  6. ^ Morris, Nicola"The Golem in Jewish American Literature: Risks and Responsibilities in the Fiction of Thane Rosenbaum" p.119
  7. ^ カレル・チャペック『ロボットという言葉の起源』栗栖継訳(『現代人の思想22 機械と人間の共生』平凡社、1968年、収録)
  8. ^ JIS B 0134日本産業標準調査会経済産業省
  9. ^ https://www.jara.jp/various/report/img/robot-houkokusho-set.pdf
  10. ^ a b リードで巧みに人間を誘導する盲導ロボット犬 米カリフォルニア大が開発”. ITmedia NEWS. 2022年2月11日閲覧。
  11. ^ Su Song's Clock: 1088”. 2007年8月26日閲覧。
  12. ^ Earliest Clocks”. A Walk Through Time. NIST Physics Laboratory. 2008年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月11日閲覧。
  13. ^ Sir Richard Arkwright (1732–1792)”. BBC. 2008年3月18日閲覧。
  14. ^ Televox: The Past’s Robot Of The Future | Hackaday
  15. ^ a b 「図説 世界史を変えた50の機械」p172 エリック・シャリーン著 柴田譲治訳 原書房 2013年9月30日第1刷
  16. ^ 人型ロボットに市民権を与えた最初の国家が登場”. GIGAZINE. 2018年11月30日閲覧。
  17. ^ Sophia the Robot takes part in the Fifth OGP Global Summit in Georgia”. UNDP Georgia. 2019年1月14日閲覧。
  18. ^ レスキューロボットを参照
  19. ^ 新技術開発センターHP、テクノビジョン ダイジェスト、【連載:世界一の品質を取り戻す36】検証・日本の品質力 原発事故から浮かび上がった 「ロボット大国・日本」の弱点 閲覧2017年3月28日
  20. ^ a b 平成25年度 特許出願技術動向調査報告書(概要)ロボット” (PDF). 特許庁 (2014年2月). 2017年1月4日閲覧。
  21. ^ 特許庁の資料をもとに作成
  22. ^ 大阪工業技術専門学校ロボット研究部、指揮者ロボット「フクマス」、メカトロライフ閲覧2017年2月9日
  23. ^ Parkour Atlas - YouTube
  24. ^ Watch Boston Dynamics' Humanoid Robot Do Parkour WIRED wired.com |2018年10月11日閲覧
  25. ^ ロボット掃除機“ルンバさん”が愛される理由って? [T-SITE、閲覧2017年3月28日]
  26. ^ 「トヨタの最新ロボット、家事をしながら自撮りを披露」
  27. ^ “殺人ロボット兵器、規制めぐる議論継続へ 国連、初の専門家会議終了”. 産経ニュース. (2017年11月18日). https://www.sankei.com/world/news/171118/wor1711180027-n1.html 2019年11月19日閲覧。 
  28. ^ 『「AI兵器」国際ルール合意も法的拘束力なく懸念』NHK2019年8月22日
  29. ^ 警察ロボットが高速鉄道鄭州東駅に登場 中国初”. 人民網 (2017年2月18日). 2019年1月1日閲覧。
  30. ^ 中国初の警備ロボット、深圳の空港をパトロール”. 人民網 (2016年9月23日). 2019年11月17日閲覧。
  31. ^ ダラス警察の「爆弾ロボット」が銃撃犯を爆殺するまで”. WIRED (2016年7月10日). 2019年3月3日閲覧。
  32. ^ フシンシャハッケン…中国空港に「ロボコップ」が誕生しました”. ギズモード (2016年9月30日). 2019年1月1日閲覧。
  33. ^ 中国ロボは縦長の「R2-D2」か? 米国「殺人ロボ」の先行くスグレモノ”. フジサンケイ ビジネスアイ. 2019年1月1日閲覧。
  34. ^ 【電子版】中国・鉄道警察、AI巡視ロボ導入 捕獲網やスタンガン装備”. 日刊工業新聞 (2019年1月22日). 2019年3月3日閲覧。
  35. ^ China Debuts Anbot, The Police Robot” (英語). Popular Science (2016年4月27日). 2019年1月1日閲覧。
  36. ^ 未来の街はロボットが運営? ドバイや中国では現実に”. BBC. 2018年11月30日閲覧。
  37. ^ ドバイが世界で初めて導入した「ロボコップ」、カンファレンスに初出動”. GIGAZINE (2017年5月25日). 2019年1月1日閲覧。
  38. ^ [1]
  39. ^ NASA公式サイト、2020 mission perseverance rover.
  40. ^ 東京消防庁<組織・施設><消防装備><消防ロボット:水中検索装置>”. www.tfd.metro.tokyo.lg.jp. 2022年9月6日閲覧。
  41. ^ 巨体がうなるぞ、ドアとるぞ。その名は「援竜」”. ITmedia NEWS. 2022年9月6日閲覧。
  42. ^ 日本放送協会. ““サイボーグ昆虫” 理研など開発 昆虫に電子部品付け遠隔操作 | NHK”. NHKニュース. 2022年9月6日閲覧。
  43. ^ イモリの様に走り、泳ぐことのできるロボット”. TED (2016年1月). 2017年1月10日閲覧。
  44. ^ “日米巨大ロボ対決”は引き分け - ITmedia
  45. ^ 株式会社インプレス (2023年8月21日). “人が乗って操作できる4m級ロボット「アーカックス」、ついにお披露目。4億円で国内先行販売”. PC Watch. 2023年8月21日閲覧。
  46. ^ 2011年11月7日AFP「原発作業にロボットスーツを、サイバーダインが公開」[2]



ロボット(ROBOT)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 06:56 UTC 版)

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U」の記事における「ロボット(ROBOT)」の解説

ファミコン周辺機器である『ファミリーコンピュータ ロボット』。一部ワザ調整変更があり、最後の切りふだも「スーパー拡散ロボビーム」という別のワザになっている

※この「ロボット(ROBOT)」の解説は、「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U」の解説の一部です。
「ロボット(ROBOT)」を含む「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U」の記事については、「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U」の概要を参照ください。


ロボット(名前変更可能)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 16:58 UTC 版)

大貝獣物語」の記事における「ロボット(名前変更可能)」の解説

オーラの玉(?)から生まれたロボット。ギャブ・ファー軍の兵器だったが故障で優しい心の持ち主となり、主人公達仲間となる。戦闘には参加しないが、一定確率敵の攻撃から主人公達庇うエンディングでは爆破しようとするギャブ・ファー基地を自ら動かしてシェルドラドを離れ、その上空で最期を遂げたイベントが進むにつれ、外見大きく変わっていく。また、ロボットにはステータス指定されておらず、攻撃受けてダメージ一切受けない

※この「ロボット(名前変更可能)」の解説は、「大貝獣物語」の解説の一部です。
「ロボット(名前変更可能)」を含む「大貝獣物語」の記事については、「大貝獣物語」の概要を参照ください。


ロボット(Cooker)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 20:00 UTC 版)

ウォレスとグルミット」の記事における「ロボット(Cooker)」の解説

月に捨てられてあった。コイン入れることによってその金額分動くことが出来る。月でウォレスたちが無断チーズ採取していることに怒りマナー正そうとする。ウォレス置いていったスキーブックを見て地球思いを馳せる

※この「ロボット(Cooker)」の解説は、「ウォレスとグルミット」の解説の一部です。
「ロボット(Cooker)」を含む「ウォレスとグルミット」の記事については、「ウォレスとグルミット」の概要を参照ください。


ロボット(ろぼっと)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 09:32 UTC 版)

鏡家サーガ」の記事における「ロボット(ろぼっと)」の解説

初瀬川研究所秘密裏研究・開発されているもののひとつ。

※この「ロボット(ろぼっと)」の解説は、「鏡家サーガ」の解説の一部です。
「ロボット(ろぼっと)」を含む「鏡家サーガ」の記事については、「鏡家サーガ」の概要を参照ください。


ロボット(機械禦鏖帝国マトリンティス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:30 UTC 版)

パワーレンジャー・メガフォース」の記事における「ロボット(機械禦鏖帝国マトリンティス)」の解説

ロトックスシールドザンKTメタルアリスによって製造されたロボット。パワーレンジャーとの戦闘データ元に後続機ロトックスDXシュートザンKT2)や水中でも活動できるウォーターロトックス(ショートザンKT3)も製造された。 リコニュートラルアインI) メタルアリスによって製造されたロボット。名前は正式名の「Robot 1-C-0」をエマ省略したもの。

※この「ロボット(機械禦鏖帝国マトリンティス)」の解説は、「パワーレンジャー・メガフォース」の解説の一部です。
「ロボット(機械禦鏖帝国マトリンティス)」を含む「パワーレンジャー・メガフォース」の記事については、「パワーレンジャー・メガフォース」の概要を参照ください。


ロボット(ノビドラ1号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 03:25 UTC 版)

ドラえもんのひみつ道具 (1979年のテレビアニメ は-ほ)」の記事における「ロボット(ノビドラ1号)」の解説

おもちゃ懐中電灯扇風機ドライヤー掃除機車輪付の椅子使用ドラえもん曰く野比家のすべてを結集したハイテクロボット」。強風発生させて宙に浮かぶ扇風機モード車輪利用して高速移動する椅子モード、ラジコンロボットを溶かすほどの熱風を出すドライヤーモード、人間など大きな物を吸引する掃除機モード等、家電製品をもとにした各種モード搭載している。

※この「ロボット(ノビドラ1号)」の解説は、「ドラえもんのひみつ道具 (1979年のテレビアニメ は-ほ)」の解説の一部です。
「ロボット(ノビドラ1号)」を含む「ドラえもんのひみつ道具 (1979年のテレビアニメ は-ほ)」の記事については、「ドラえもんのひみつ道具 (1979年のテレビアニメ は-ほ)」の概要を参照ください。


ロボット (Robots)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 15:24 UTC 版)

ジャック×ダクスター 〜エルフとイタチの大冒険〜」の記事における「ロボット (Robots)」の解説

ブリンク・アイランドに登場する機械兵器。かつてキャスタウェイ自分手伝わせるために制作したロボットが暴走し凶暴化したもの

※この「ロボット (Robots)」の解説は、「ジャック×ダクスター 〜エルフとイタチの大冒険〜」の解説の一部です。
「ロボット (Robots)」を含む「ジャック×ダクスター 〜エルフとイタチの大冒険〜」の記事については、「ジャック×ダクスター 〜エルフとイタチの大冒険〜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロボット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ロボット

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 09:35 UTC 版)

語源

チェコ語 robot < robotaカレル・チャペック作の戯曲Rossum's Universal Robots”で用いられ造語

名詞

ロボット

  1. 人間代わりにある作業動作自動で行う装置
  2. 比喩的自分意志ではなく他人指示のままに行動する人間

発音(?)

ろ↘ぼっと
ろ↗ぼ↘っと

類義語

翻訳


「ロボット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ロボットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロボット」の関連用語

ロボットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロボットのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2024 by JugglingDonuts
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロボット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U (改訂履歴)、大貝獣物語 (改訂履歴)、ウォレスとグルミット (改訂履歴)、鏡家サーガ (改訂履歴)、パワーレンジャー・メガフォース (改訂履歴)、ドラえもんのひみつ道具 (1979年のテレビアニメ は-ほ) (改訂履歴)、ジャック×ダクスター 〜エルフとイタチの大冒険〜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのロボット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS