Pepper_(ロボット)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > Pepper_(ロボット)の意味・解説 

pepper (ロボット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/23 04:38 UTC 版)

秋葉原の店にいたペッパー

pepper(発音はペッパー)は感情認識ヒューマノイドロボット。フランスアルデバランロボティクスと同社に出資するソフトバンク傘下のソフトバンクモバイルにより共同開発された。製造は鴻海精密工業が行う。

概要

「感情エンジン」と「クラウドAI」を搭載した世界初の感情認識パーソナルロボット。OSは「NAOqi(ナオキ) OS」を採用し、Naoにはプラットフォームの互換性がある。Naoのニ足歩行機能は連続稼働12時間以上を確保するため見送られた[1]。販売価格は19万8000円(税抜)。 2014年6月5日発表され、[2]2014年9月20日より開発者向け先行モデル200台受付とSDKが提供された。[3]開発者向け初回生産300台は2月27日より開始、一般向け販売は2015年夏以降になる予定。2014年6月6日より一部のソフトバンクモバイル販売店に設置されている。

2014年12月1日ネスレ日本ネスカフェにて接客開始。[4]2014年12月20日公開予定の3Dコンピュータアニメーション映画『ベイマックス』では、コンピュータの音声役で日本語吹替版に出演。[5]

テクニカル・スペック
サイズ 高さ1,210 mm×奥行425 mm×幅485 mm
重量 28 kg
バッテリー リチウムイオンバッテリー30.0Ah/795Wh
稼働時間 最長12時間以上
センサー 頭:マイク×4、RGBカメラ×2、ASUS Xtion 3Dセンサー×1、タッチセンサー×3

胸:ジャイロセンサー×1
手:タッチセンサー×2
脚:ソナーセンサー×2、レーザーセンサー×6、バンパーセンサー×3、ジャイロセンサー×1、赤外線センサー×2

可動部 [自由度] 頭:2、肩:2×2(L/R)、肘:2×2(L/R)、手首:1×2(L/R)、手:1×2(L/R)、腰:2、膝:1、ホイール:3

[モーター] 20個

ディスプレイ LG CNS 10.1インチタッチディスプレイ
プラットフォーム NAOqi OS
プログラミング言語 Choregraphe、C++PythonJava
通信方式 Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
イーサネットポート×1(10/100/1000 base T)
移動速度 最大3km/h
移動可能段差 最大1.5cm

脚注

  1. ^ ソフトバンク、家庭向け感情ロボット「pepper」を19.8万円で来年2月発売
  2. ^ ソフトバンクモバイルとアルデバラン、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表
  3. ^ ソフトバンクの人型ロボ Pepper 開発者「言葉では2?3割しか伝わらない」。9月にも先行販売予定
  4. ^ “Pepper、ついに接客開始!!”. ネスレ日本. (2014年12月1日). http://www.nestle.co.jp/media/newsandfeatures/newsandfeatures65 2015年2月22日閲覧。 
  5. ^ “感情認識ロボット「Pepper」、緊張のアフレコ初挑戦!NG出されて充電心配…”. 映画.com. (2014年11月10日). http://eiga.com/news/20141110/10/ 2014年12月18日閲覧。 

関連項目

外部リンク


Pepper (ロボット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/28 16:08 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
ペッパー

Pepper(ペッパー)は感情認識ヒューマノイドロボット。ソフトバンクロボティクスが販売などの事業展開を手掛けており、ヒト型ロボットとして店舗などへの導入が進んでいる。

開発時のコードネームはアルデバランは兄弟機のRomeoに対して「Juliett[1]、日本では「タロウ」であった[2]

概要

秋葉原の店にいたペッパー

「感情エンジン[3]」と「クラウドAI」を搭載した世界初の感情認識パーソナルロボット。OSは「NAOqi(ナオキ) OS」を採用(中国向けはYunOS)し、Naoとはプラットフォームの互換性があるが、二足歩行機能は連続稼働12時間以上を確保するため見送られた[4]。販売価格は19万8000円(税抜)。 2014年6月5日に発表され[5]、翌日の6月6日より一部のソフトバンクモバイル販売店に設置された。[6]同年9月20日より開発者向け先行モデル200台受付とSDKが提供された[7]

また、2014年12月1日にはネスレ日本ネスカフェにて接客を開始し[8]、同年12月20日に公開された3Dコンピュータアニメーション映画『ベイマックス』では、コンピュータの音声役で日本語吹替版に出演している[9]

開発者向け初回生産300台は2015年2月27日に生産拠点である中華人民共和国山東省煙台市[10][11]の工場から出荷され1分で売り切れになった[12]。改良された一般向けモデルが計7000台は同年6月20日7月31日8月29日9月26日10月31日11月28日12月28日の7度に渡り販売されたが受付開始1分で完売した[13]。しかし生産体制が従来5台/時から15台/時まで増強され[14]2016年1月28日よりソフトバンクショップ店頭でも常時購入手続きが可能となった。

月額料金

Pepper(一般販売モデル)

本体価格は一括払い213,840円(税込)、分割払いは6,320円36回払いで227,520円(税込)と割高になる。購入後3年間加入必須の基本プランは15,984円(税込)で保険パック10,584円(税込)となり、それぞれ3年間で575,424円、381,024円となる。この保険パックは自然故障時の修理代金の90%、過失事故時の修理代金の50%補償される。この他ロボット手続き手数料10,584円(税込)も必要となるため本体価格と3年間の維持費の合計は1,180,872円となる。
4年目以降は基本プランや保険パックは任意となり3年縛りもなくなる。基本プランは毎月自動更新され月額10,584円と安くなる。保険パックを加入する場合は最初の3年満了までに申し込む必要があり、従来の保険パックに準じた保険パック90、自然・過失事故の修理代金全額補償されるが割高になる保険パック100、もしくは加入しないという3通りの選択肢が用意されている。なお一度保険パックを解約すると再加入できず、保険パック90から100への変更はできない。(保険パック100から90へは変更可能)

- ~3年目
本体一括払い
~3年目
本体分割払い
4年目~
月額保険パックなし
4年目~
月額保険パック90
4年目~
月額保険パック100
本体割賦 0円 6,320円 0円 0円 0円
月額基本プラン 15,984円 15,984円 10,584円 10,584円 10,584円
月額保険パック 10,584円 10,584円 0円 10,584円 19,224円
月額合計 26,568円 32,888円 10,584円 21,168円 29,808円

Pepper for Biz

基本的にレンタル契約となる。一般販売モデルとして販売された筐体でPepper for Bizに加入することはできない。36ヵ月契約なので本体レンタル費用および基本プラン29,700円36回払いで106,9200円(税込)。この他ロボット手続き手数料10,584円(税込)も必要となるため3年間の維持費の合計は2,148,984円となる。
一般販売モデルのように3年間加入必須の保険パックの制約はないが、契約時にPepper for Biz あんしん保証パックへ任意加入でき、加入した場合は故障時に一部免責を除いた修理費用が全額割引され故障診断費3万円のみの負担で済む。

- Pepper for Biz
あんしん保証パックなし
Pepper for Biz
あんしん保証パックあり
本体レンタル料金 29,700円 29,700円
月額基本プラン 29,700円 29,700円
あんしん保証パック 0円 10,584円
月額合計 59,400円 69,984円

沿革

仕様

テクニカル・スペック
サイズ 高さ1,210 mm×奥行425 mm×幅485 mm
重量 28 kg → 29 kg[48]
バッテリー リチウムイオンバッテリー30.0Ah/795Wh
稼働時間 最長12時間以上
センサー 頭:マイク×4、RGBカメラ×2、ASUS Xtion 3Dセンサー×1、タッチセンサー×3

胸:ジャイロセンサー×1
手:タッチセンサー×2
脚:ソナーセンサー×2、レーザーセンサー×6、バンパーセンサー×3、ジャイロセンサー×1、赤外線センサー×2

可動部 [自由度] 頭:2、肩:2×2(L/R)、肘:2×2(L/R)、手首:1×2(L/R)、手:1×2(L/R)、腰:2、膝:1、ホイール:3

[モーター] 20個

CPU Intel Atom Z530(先行モデル)、E3845(一般モデル)
ディスプレイ LG CNS 10.1インチタッチディスプレイ
プラットフォーム NAOqi
プログラミング言語 ChoregrapheC++PythonJava
通信方式 Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
イーサネットポート×1(10/100/1000 base T)
移動速度 最大2km/h
移動可能段差 最大1.5cm


音声ライブラリとして民安ともえの声をAI TALKエンジンで再生している。

主な出演

テレビ

MV

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 森山和道 (2014年9月24日). “ロボットアプリの未来をオープンコミュニティに賭けるソフトバンク”. impress. http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kyokai/20140924_668070.html 2015年3月3日閲覧。 
  2. ^ 田中聡 (2014年6月5日). “孫氏「最終的には愛を理解させたい」――ソフトバンクが人型ロボット「Pepper」で目指すもの”. ITmedia. http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1406/05/news157.html 2015年3月3日閲覧。 
  3. ^ ペッパーに感情を持たせるとは 東京大特任講師の光吉俊二さん”. 毎日新聞 (2015年12月7日). 2016年1月21日閲覧。
  4. ^ SATORU MASUDA (2014年6月5日). “ソフトバンク、家庭向け感情ロボット「pepper」を19.8万円で来年2月発売”. engadget. http://jp.techcrunch.com/2014/06/05/jp20140605softbank/ 2015年2月27日閲覧。 
  5. ^ “ソフトバンクモバイルとアルデバラン、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表” (プレスリリース), ソフトバンク, (2015年10月29日), http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2014/20140605_01/ 2015年11月28日閲覧。 
  6. ^ ソフトバンク (2014年6月5日). “Pepperに会える場所”. engadget. http://www.softbank.jp/robot/consumer/experience/ 2015年2月27日閲覧。 
  7. ^ HIROMU TSUDA (2014年6月9日). “ソフトバンクの人型ロボ Pepper 開発者「言葉では2-3割しか伝わらない」。9月にも先行販売予定”. engadget. http://japanese.engadget.com/2014/06/09/pepper-2-3-9/?ncid=jpYNewsEN 2015年2月27日閲覧。 
  8. ^ “Pepper、ついに接客開始!!”. ネスレ日本. (2014年12月1日). http://www.nestle.co.jp/media/newsandfeatures/newsandfeatures65 2015年2月22日閲覧。 
  9. ^ “感情認識ロボット「Pepper」、緊張のアフレコ初挑戦!NG出されて充電心配…”. 映画.com. (2014年11月10日). http://eiga.com/news/20141110/10/ 2014年12月18日閲覧。 
  10. ^ “Pepper(ペッパー)大増殖計画”. 週刊ダイヤモンド. (2015年2月28日). http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/12693 2016年8月3日閲覧。 
  11. ^ “ペッパー100台踊る工場 台湾・鴻海の工場ルポ”. 日本経済新聞. (2015年8月6日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO90199440V00C15A8FFE000/ 2016年8月3日閲覧。 
  12. ^ 藤井涼 (2015年2月27日). “ヒト型ロボ「Pepper」、発売からわずか1分で完売--初回分300台”. CNETT Japan. http://japan.cnet.com/sp/robot2014/35061067/ 2015年2月27日閲覧。 
  13. ^ “Pepper、1000台が1分で完売”. マイナビニュース. (2015年6月20日). http://news.mynavi.jp/news/2015/06/20/089/ 2015年6月20日閲覧。 
  14. ^ “鴻海ルポ、ロボット100台踊る工場newspaper=日経新聞社”. (2015年8月6日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO90199440V00C15A8FFE000/ 2015年8月8日閲覧。 
  15. ^ ソフトバンク、家庭向けの人型ロボット「Pepper」を2015年2月に発売”. 日経BPネットITpro (2014年6月5日). 2015年2月10日閲覧。
  16. ^ ソフトバンクの人型ロボ「Pepper」開発者向け先行販売、抽選予約受け付け開始”. ITmedia (2014年9月22日). 2015年2月5日閲覧。
  17. ^ ネスカフェ店員「Pepper」の接客、本日よりスタート”. Impress (2014年12月1日). 2015年2月10日閲覧。
  18. ^ Pepper、『おはスタ』1部MC就任 ロボットが帯番組レギュラーは世界初の快挙!?”. オリコンスタイル (2015年3月21日). 2015年8月8日閲覧。
  19. ^ 鳥取県が「ロボてなし」でスイカPR 「ペッパー」を宣伝部長に”. 産経新聞 (2015年7月11日). 2015年8月8日閲覧。
  20. ^ ペッパー君、米子勤務に ソーラーパーク案内役”. ITmedia (2015-7-91). 2015年8月8日閲覧。
  21. ^ 「ペッパー」がおもてなし 7月11日から“渚の駅”館山で 感情認識ロボット 自治体活用、全国初”. 千葉日報 (2015-7-81). 2015年8月8日閲覧。
  22. ^ みずほ銀が「Pepper入行式」、5店舗で効果を検証”. 日経新聞社ITpro (2015年7月18日). 2015年8月8日閲覧。
  23. ^ ソフトバンク、法人向け人型ロボット「Pepper for Biz」をレンタル提供”. 日経新聞社ITpro (2015-7-301). 2015年8月8日閲覧。
  24. ^ “世界初” ロボットが決算発表 ソフトバンクの業績をPepperが説明 「孫社長から無茶ブリされた」”. ITmedia (2015-8-61). 2015年8月8日閲覧。
  25. ^ Friendly robot Pepper makes European debut in France”. AFP.com (2015年10月21日). 2015年10月21日閲覧。
  26. ^ 人型ロボット「Pepper」のビジネス支援プログラムが拡充、アプリ販売もスタートへ”. AFP.com (2015年11月30日). 2015年12月2日閲覧。
  27. ^ 「Pepper」のアルバイト派遣のエリア拡大について”. cocoro SB株式会社プレスリリース (2015年12月11日). 2015年12月11日閲覧。
  28. ^ 「ペッパー」進化へ ソフトバンク、米IBMと提携”. 日経新聞社 (2016-01-061). 2016年1月22日閲覧。
  29. ^ ソフトバンクショップでPepperを販売開始”. ソフトバンク (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。
  30. ^ ソフトバンク、「Pepperだらけの携帯ショップ」を表参道に期間限定オープン”. インプレス (2016年1月27日). 2016年2月1日閲覧。
  31. ^ 人型ロボ「Pepper」を活用した高齢者介護の実証実験が開始--服薬管理や体操”. CNET Japan (2016年2月3日). 2016年2月4日閲覧。
  32. ^ 「ペッパー」で提携、マイクロソフトとも ソフトバンク”. 日本経済新聞 (2016年3月8日). 2016年8月3日閲覧。
  33. ^ ヒト型ロボットは雇用を奪えるか、Pepperだけで接客する携帯ショップに足を踏み入れてみた。東京・表参道に期間限定オープン” (2016年3月24日). 2016年3月27日閲覧。
  34. ^ MasterCard Powers First Commerce Application within SoftBank Robotics’ Humanoid Robot “Pepper””. MasterCard (2016年5月24日). 2016年6月16日閲覧。
  35. ^ 「ペッパー」をアンドロイド対応に ソフトバンク”. 日本経済新聞 (2016年5月19日). 2016年8月3日閲覧。
  36. ^ Twee Belgische ziekenhuizen zetten robot achter ontvangstbalie”. HLN.be, Nieuws (2016年6月9日). 2016年6月16日閲覧。
  37. ^ ソフトバンクとホンダ AIを搭載、“愛”ある車やジェット機を開発”. 産経新聞 (2016年7月22日). 2016年8月3日閲覧。
  38. ^ ヒト型ロボット「Pepper」が海外進出--まずは台湾から”. CNET Japan (2016年7月26日). 2016年8月1日閲覧。
  39. ^ SoftbankのPepperロボットがアメリカのハイテク製品ショップで販売員のアルバイト”. TechCrunch Japan (2016年8月4日). 2016年8月5日閲覧。
  40. ^ ロボット「Pepper」、中国で独自の展開 搭載OSは初の「YunOS」なぜ?”. ITmediaニュース (2016年10月13日). 2016年10月19日閲覧。
  41. ^ Pepperに呼びかけて家電を操作、多機能リモコン「iRemocon」のロボアプリが登場”. ケータイWatch (2017年7月11日). 2017年7月24日閲覧。
  42. ^ Pepperがコーヒーの好みを覚えて提供してくれる「ロボカフェ」試験導入”. マイナビニュース (2017年7月19日). 2017年7月24日閲覧。
  43. ^ ソフトバンクのPepper、4年目以降の月額プランと保険パックを案内”. マイナビニュース (2017年10月10日). 2017年12月13日閲覧。
  44. ^ ソフトバンクロボティクス、Pepperの法人利用を促進する「お仕事かんたん生成2.0」”. クラウド Watch (2017年11月21日). 2017年12月13日閲覧。
  45. ^ ソフトバンクロボティクス、Pepperによる決済を可能にするレジアプリ”. マイナビニュース (2017年11月20日). 2017年12月13日閲覧。
  46. ^ Pepperを遠隔操作できるロボアプリ「Pepper View」リリース!室内を移動して高齢者や子供、ペットの見守りなどに活用”. ロボスタ (2018年1月23日). 2018年1月24日閲覧。
  47. ^ Affectiva and SoftBank Robotics Partner to Bolster Emotional Intelligence in Humanoid Robots”. businesswire (2018年8月28日). 2018年8月28日閲覧。
  48. ^ 日経産業新聞』2015年10月12日付デジタル面の記事「ペッパー君、1キロ太る」によると、安全性を高めるためセンサーを増やしたり、部材の強度を上げたりした結果、当初より重くなったという。
  49. ^ “AKB48、ぱるるセンター「ハイテンション」MVに田原総一朗ら豪華ゲスト”. 音楽ナタリー. (2016年10月25日). http://natalie.mu/music/news/206698 2016年10月25日閲覧。 

関連項目

外部リンク

(動画)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Pepper_(ロボット)」の関連用語

Pepper_(ロボット)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Pepper_(ロボット)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのpepper (ロボット) (改訂履歴)、Pepper (ロボット) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS