NTTドコモとは? わかりやすく解説

NTTドコモ

フルスペル:NTT Do Communications over the Mobile network
読み方エヌティーティードコモ
別名:ドコモNTT DoCoMoエヌ・ティ・ティ・ドコモ株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
【英】NTT DoCoMo, Inc.

NTTドコモとは、東京都千代田区永田町本社を置く大手移動体通信事業者キャリア)である。

NTTドコモの事業は、日本電信電話公社によりサービス開始され無線呼出ポケットベル)をルーツしており1988年に、エヌ・ティ・ティ中央移動通信各地域北海道東北東海北陸関西中国四国九州)の移動通信設立された後、合併営業譲渡、名称変更などを経て2000年現在のNTTドコモになった

NTTドコモ
2008年春に発表されたコーポレートブランドロゴ

2008年6月現在、NTTドコモは、国内における携帯電話契約数トップであり、第3世代携帯電話3G)の契約数おいてもトップである。携帯電話でのインターネット接続サービスiモード」の功績大きく他事業者、および、世界的に大きな影響与えている。

また、PHS事業では、2007年12月時点ではウィルコム続いて業界2位シェア占めていたが、2005年4月30日をもって新規加入停止しており、2008年1月7日サービス終了した

なお、DoCoMoの名称は、「Do Communications over the Mobile network」の頭文字から命名されたものであり、「移動通信網で実現する積極的で豊かなコミュニケーション」を意味すると同時にどこでも話せるの意味包含している。



※画像提供 / 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
参照リンク
NTTドコモ
携帯電話のほかの用語一覧
システム:  マイクロSIM  面積カバー率  無料通話分  NTTドコモ  長押し  ナノSIM  PoC

NTTドコモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/23 06:25 UTC 版)

株式会社NTTドコモ(NTTドコモ、: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話無線通信サービスを提供する、日本最大手の移動体通信事業者(MNO)である。日本電信電話(NTT)の完全子会社


注釈

  1. ^ ビルの半分弱のフロアをNTTドコモが使用。
  2. ^ 「ドコモ (DoCoMo)」の名称は"Do Communications over the Mobile network"」(移動通信網で実現する、積極的で豊かなコミュニケーション)の頭文字を綴ったものである[3]
  3. ^ なおそれまで商号にアルファベットを使用していなかったのは、2002年に商業登記規則が改正されるまで、日本では商号にアルファベットを使用することが認められていなかったためである。
  4. ^ 現・バンダイ取締役の松永真理、現ドワンゴ取締役の夏野剛らが開発メンバーとして手がけた。
  5. ^ 「ファミ割MAX50」または「10年以上利用で(新)いちねん割引+ファミリー割引」の契約が必要。
  6. ^ いわゆる半角カタカナ
  7. ^ 下線部が青い看板の店。新規契約と機種変更のみを行った。
  8. ^ 下線部が緑色の看板の店。故障修理受付・解約以外の業務を行った。

出典

  1. ^ 会社概要 - 株式会社NTTドコモ
  2. ^ a b c d e f 第31期 貸借対照表及び損益計算書”. 株式会社NTTドコモ. 2022年7月27日閲覧。
  3. ^ アニュアルレポート2009”. エヌ・ティ・ティ・ドコモ. p. 118. 2012年2月15日閲覧。
  4. ^ 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 定款
  5. ^ 商号の変更に関するお知らせ
  6. ^ PHSサービス終了のお知らせ
  7. ^ 「movaサービス」および「DoPaサービス」などの終了のお知らせ
  8. ^ 特集1 NTTドコモの完全子会社化
  9. ^ a b NTTコミュニケーションズとNTTコムウェアを子会社化<2021年10月25日>(NTTドコモ)
  10. ^ NTT Comコンシューマ向け事業のNTTレゾナントへの移管について
  11. ^ 新ドコモグループの組織の再編成を実施<2021年12月14日>(NTTドコモ)
  12. ^ あなたと世界を変えていく。”. ドコモブランド総合サイト docomo Brand Site. 2022年7月16日閲覧。
  13. ^ NTTドコモ、PHSサービスを終了”. CNET Japan (2008年1月8日). 2020年10月24日閲覧。
  14. ^ ドコモとGoogleが提携──各種サービスのiモード対応などを推進 ITmedia +D モバイル 2008年1月24日
  15. ^ YouTube、ドコモの904i/905iシリーズに対応 ITmedia +D モバイル 2008年1月24日
  16. ^ ロンドン証券取引所における当社株式の上場廃止完了に関するお知らせ
  17. ^ タワレコら3社、新人アーティストの活動を支援する「Eggsプロジェクト」開始”. Musicman. 2020年10月1日閲覧。
  18. ^ 米国預託証券のニューヨーク証券取引所における上場廃止完了について
  19. ^ 野菜農家を助ける“除草ロボット”
  20. ^ 株式会社インプレス (2019年12月20日). “NTTドコモ、ドコモ・ヘルスケアを吸収合併へ” (日本語). ケータイ Watch. 2019年12月20日閲覧。
  21. ^ a b 日本電信電話株式会社. “株式会社NTTドコモ株式等(証券コード9437)に対する公開買付けの結果について” (日本語). NTT公式ホームページ. 2020年11月17日閲覧。
  22. ^ NIKKEI.COM (2020年12月3日). “ドコモ新プラン「ahamo」発表 狙いは20代” (日本語). 日経電子版. 2020年12月3日閲覧。
  23. ^ 株式会社NTTドコモ (2020年11月27日). “日本電信電話株式会社による当社株式に係る株式売渡請求を行うことの決定、当該株式売渡請求に係る承認及び当社株式の上場廃止に関するお知らせ” (日本語). NTTドコモ. 2020年11月27日閲覧。
  24. ^ https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/03/22_00.html
  25. ^ 報道発表資料 : 5Gサービスのエリア展開を加速 -2024年3月までに全国すべての市区町村への展開、人口カバー率90%以上の実現をめざす- | NTTドコモ” (日本語). www.nttdocomo.co.jp. 2022年3月14日閲覧。
  26. ^ NTTドコモによるNTTぷららの吸収合併と、サービスの継続について”. 株式会社NTTぷらら (2022年5月26日). 2022年5月29日閲覧。
  27. ^ a b 報道発表資料 : スマートフォン対応「5G SA」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ” (日本語). www.docomo.ne.jp. 2022年8月23日閲覧。
  28. ^ 報道発表資料 : 「FOMA」および「iモード」のサービス終了について | お知らせ | NTTドコモ” (日本語). www.nttdocomo.co.jp. 2021年6月6日閲覧。
  29. ^ 一般社団法人電気通信事業者協会 事業者別契約数
  30. ^ (お知らせ)ドコモの携帯電話契約数が7,000万を突破
  31. ^ "bps" (bが小文字) はビット毎秒であり、バイト毎秒 (Bps) でないことに留意。
  32. ^ 日経BPデータ通信カード顧客満足度NTTドコモが15部門中8部門で1位
  33. ^ 2009年度の年間純増数
  34. ^ J.D.パワー顧客満足度調査、総合1位はドコモ
  35. ^ 2008年12月・携帯、PHS契約数ドコモ初の転入超過
  36. ^ 総務省 モバイルビジネス研究会の端末代金と通信料金の区分の明確化に関する報告書 を受けたもの
  37. ^ 報道発表資料 HSDPA対応試作機を開発
  38. ^ NTTドコモ:「SIMロック」解除へ 来年4月以降
  39. ^ タカラトミーの新商品「OHaNAS」を共同で開発
  40. ^ 話の分かる、ロボットです
  41. ^ タカラトミー、会話ロボOHaNAS(オハナス)発表。ドコモのクラウドで自然な会話を実現
  42. ^ 「ラグビーワールドカップ2019TM 日本大会」で5Gプレサービスを提供-5Gプレサービスの一環として、マルチアングル視聴や高臨場ライブビューイングなどの新しい観戦スタイルを実現 NTTドコモ 報道発表資料 2019年7月26日
  43. ^ 「5G」サービスを提供開始 NTTドコモ 報道発表資料 2020年3月18日
  44. ^ 当社親会社である日本電信電話株式会社による当社株式等に対する公開買付けに係る賛同の意見表明及び応募推奨に関するお知らせ NTTドコモ 報道発表資料 2020年9月29日
  45. ^ 新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表 NTTドコモ 報道発表資料 2020年12月3日
  46. ^ OCNモバイルONE
  47. ^ ドコモのサブブランドに?「OCNモバイルONE」の戦略(毎日新聞社経済プレミア)
  48. ^ MVNOの参入動向 (2009/8/1現在)(総務省,2009)
  49. ^ ドコモR&Dセンター
  50. ^ NTTドコモ 2025年度までに「ドコモショップ3割削減」方針固める TBS NEWS DIG Powered by JNN 2022年5月19日 (木) 22:24
  51. ^ NTTドコモと角川書店がスマートフォン向けアニメ配信事業を行う合弁会社「ドコモ・アニメストア」の設立に合意
  52. ^ a b c d e f g h i 主催・協賛”. NTTドコモ. 2022年5月5日閲覧。
  53. ^ ドコモ関西、鉄塔建設で大阪・池田市の古墳を破壊
  54. ^ ドコモ関西、京都嵐山に無許可の基地局
  55. ^ 国立公園内に無許可のドコモ基地局、撤去へ
  56. ^ 雲仙天草国立公園における基地局設置に関するお詫び
  57. ^ アスカプランニングによる携帯電話不正利用防止法違反に係る是正命令等について
  58. ^ ドコモ代理店が自称組員に身分確認せず…携帯400台“横流し” 警察当局実態解明へ
  59. ^ ドコモ、都内一部エリアでFOMA通信に障害
  60. ^ ドコモ、18日午後に首都圏で通信障害
  61. ^ ドコモ、関東・甲信越の一部地域でFOMA音声通話の障害
  62. ^ 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県の一部地域においてFOMAの音声が途切れてしまう場合があるなどの状況について
  63. ^ 愛知県の一部地域において、FOMA(音声・パケット)がご利用しづらい状況について
  64. ^ 愛知県でFOMA通信障害、一部地域で接続しにくい状況
  65. ^ ドコモの関東・甲信越契約者に通信障害、172万人に影響
  66. ^ 2012年1月25日のFOMAの音声・パケット通信サービスがご利用しづらい状況について ドコモ公式 2012年1月26日
  67. ^ 2012年1月25日のFOMA音声・パケット通信サービスがご利用しづらい状況について(PDF)
  68. ^ “株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモに対する事故防止、通信の秘密の保護及び 個人情報の適正な管理に係る指導” (プレスリリース), 総務省, (2012年1月26日), https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban05_02000017.html 2015年6月7日閲覧。 
  69. ^ 総務省、障害重なるドコモに指導 ケータイwatch 2012年1月26日
  70. ^ 総務省が相次ぐ通信事故でNTTドコモを指導--電通法の違反も CNET JAPAN 2012年1月26日
  71. ^ a b ドコモ200万人使えず 通信障害、異例の長期化”. 日本経済新聞 (2021年10月15日). 2021年11月10日閲覧。
  72. ^ ドコモ障害、830万人以上に影響”. 共同通信 (2021年11月10日). 2021年11月10日閲覧。
  73. ^ スマホ向けネット接続が不具合ドコモ別人のアドレス表示(産経新聞、2011年12月20日)
  74. ^ ドコモが接続サービス障害で会見10万人被害の可能性、スマホ特有の輻輳一因(産経新聞、2011年12月21日)
  75. ^ ドコモ「spモード」の不具合、10万回線に影響(RBBTODAY、2011年12月21日)
  76. ^ ドコモspモードでまた通信障害、全国でメールが利用しづらい状態(engadget、2012年1月2日)
  77. ^ spモードメール、約20万人に不達メッセージが届かない通信障害(IT media、2012年1月5日)
  78. ^ 「spモード」のユーザー設定サイトでトラブル メアドを他人に変更されるケースも(plus D Mobile、2012年7月25日)
  79. ^ NTTドコモのspモードにまたトラブル、他人のメアドなど設定を閲覧、変更可能に(日経コンピュータ、2012年7月25日)
  80. ^ 全国地域においてspモードメール等のspモードサービスが利用しづらい状況について:NTT docomo お知らせ 2012年11月14日
  81. ^ ドコモ、82機種の取扱説明書を訂正――緊急通報の記載に誤り
  82. ^ “98%がドコモ回線=犯罪悪用レンタル携帯—契約数に制限なし要因 .”. (2013年5月6日). https://jp.wsj.com/articles/JJ10034012788549964606316658502051333307254 2013年5月9日閲覧。 
  83. ^ 法人のお客様の保守運用に係る管理情報の流出に関するお詫び
  84. ^ ドコモからのお知らせ
  85. ^ ドコモから個人情報1千人分が流出 社内関係者が関与か
  86. ^ ドコモがユーザーに対する不適切応対を謝罪「徹底した原因究明」:livedoor NEWS 2020年1月10日 19時34分
  87. ^ 一部報道における不適切なお客様応対に関するお詫び:ドコモからのお知らせ 2020年1月10日
  88. ^ 弊社店舗での不適切なお客様対応に関するお詫びとご報告:兼松コミュニケーションズ株式会社 お知らせ 2020年01月10日
  89. ^ ドコモ不正、被害2678万円に 145件 - 東京新聞
  90. ^ ドコモからのお知らせ : ドコモ口座を利用した不正利用についてのお問い合わせ窓口設置について | お知らせ | NTTドコモ
  91. ^ ドコモからのお知らせ : 【注意喚起】ドコモ口座不正利用の補償を装った詐欺電話にご注意ください | お知らせ | NTTドコモ
  92. ^ 報道発表資料 : ドコモ口座への銀行口座の新規登録における対策強化について | お知らせ | NTTドコモ



nTTドコモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/15 00:05 UTC 版)

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(NTTドコモ、英文社名:NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。




[ヘルプ]
  1. ^ アニュアルレポート2009”. エヌ・ティ・ティ・ドコモ. p. 118. 2012年2月15日閲覧。
  2. ^ 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 定款
  3. ^ 商号の変更に関するお知らせ
  4. ^ PHSサービス終了のお知らせ
  5. ^ 「movaサービス」および「DoPaサービス」などの終了のお知らせ
  6. ^ 社団法人 電気通信事業者協会 (TCA) 事業者別契約数(2013年5月末現在)
  7. ^ バンダイ取締役の松永真理、現ドワンゴ取締役の夏野剛らが開発メンバーとして手がけた
  8. ^ 「ファミ割MAX50」または「10年以上利用で(新)いちねん割引+ファミリー割引」の契約が必要
  9. ^ 総務省 モバイルビジネス研究会の端末代金と通信料金の区分の明確化に関する報告書を受けたもの
  10. ^ 報道発表資料 HSDPA対応試作機を開発
  11. ^ 2008年12月・携帯、PHS契約数ドコモ初の転入超過
  12. ^ 日経BPデータ通信カード顧客満足度NTTドコモが15部門中8部門で1位
  13. ^ 2009年度の年間純増数
  14. ^ J.D.パワー顧客満足度調査、総合1位はドコモ
  15. ^ NTTドコモ:「SIMロック」解除へ 来年4月以降
  16. ^ MVNOの参入動向 (2009/8/1現在)(総務省,2009)
  17. ^ ドコモとGoogleが提携──各種サービスのiモード対応などを推進 ITmedia +D モバイル 2008年1月24日
  18. ^ YouTube、ドコモの904i/905iシリーズに対応 ITmedia +D モバイル 2008年1月24日
  19. ^ ただし、906iシリーズはSH906iTVのみ採用。
  20. ^ http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/technology/rd/rdcenter/ ドコモR&Dセンター
  21. ^ アスカプランニングによる携帯電話不正利用防止法違反に係る是正命令等について
  22. ^ ドコモ代理店が自称組員に身分確認せず…携帯400台“横流し” 警察当局実態解明へ
  23. ^ ドコモ関西、鉄塔建設で大阪・池田市の古墳を破壊
  24. ^ ドコモ関西、京都嵐山に無許可の基地局
  25. ^ 国立公園内に無許可のドコモ基地局、撤去へ
  26. ^ 雲仙天草国立公園における基地局設置に関するお詫び
  27. ^ ドコモ、都内一部エリアでFOMA通信に障害
  28. ^ ドコモ、18日午後に首都圏で通信障害
  29. ^ ドコモ、関東甲信越の一部地域でFOMA音声通話の障害
  30. ^ 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県の一部地域においてFOMAの音声が途切れてしまう場合があるなどの状況について
  31. ^ 愛知県の一部地域において、FOMA(音声・パケット)がご利用しづらい状況について
  32. ^ 愛知県でFOMA通信障害、一部地域で接続しにくい状況
  33. ^ ドコモの関東甲信越契約者に通信障害、172万人に影響
  34. ^ 2012年1月25日のFOMAの音声・パケット通信サービスがご利用しづらい状況についてドコモ公式2012年1月26日
  35. ^ 2012年1月25日のFOMA音声・パケット通信サービスがご利用しづらい状況について(PDF)
  36. ^ 総務省、障害重なるドコモに指導ケータイwatch2012年1月26日
  37. ^ 総務省が相次ぐ通信事故でNTTドコモを指導--電通法の違反もCNET JAPAN 2012年1月26日
  38. ^ スマホ向けネット接続が不具合ドコモ別人のアドレス表示(産経新聞2011年12月20日)
  39. ^ ドコモが接続サービス障害で会見10万人被害の可能性、スマホ特有の輻輳一因(産経新聞2011年12月21日)
  40. ^ ドコモ「spモード」の不具合、10万回線に影響(RBBTODAY、2011年12月21日)
  41. ^ ドコモspモードでまた通信障害、全国でメールが利用しづらい状態(engadget、2012年1月2日)
  42. ^ spモードメール、約20万人に不達メッセージが届かない通信障害(IT media、2012年1月5日)
  43. ^ 「spモード」のユーザー設定サイトでトラブル メアドを他人に変更されるケースも(plus D Mobile、2012年7月25日)
  44. ^ NTTドコモのspモードにまたトラブル、他人のメアドなど設定を閲覧、変更可能に (日経コンピュータ、2012年7月25日)
  45. ^ 全国地域においてspモードメール等のspモードサービスが利用しづらい状況について:NTT docomoお知らせ2012年11月14日
  46. ^ ドコモ、82機種の取扱説明書を訂正――緊急通報の記載に誤り
  47. ^ “98%がドコモ回線=犯罪悪用レンタル携帯—契約数に制限なし要因 .”. (2013年5月6日). http://jp.wsj.com/article/JJ10034012788549964606316658502051333307254.html 2013年5月9日閲覧。 
  48. ^ NTTドコモと角川書店がスマートフォン向けアニメ配信事業を行う合弁会社「ドコモ・アニメストア」の設立に合意



NTTドコモ(iアプリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/17 14:26 UTC 版)

アニメっちゃ」の記事における「NTTドコモ(iアプリ)」の解説

iアニメっちゃメーラーメールソフト) 珍さんと一緒トランプ占い) 珍さん計画おこづかい付き待受) 珍さんリバーシ 体感!珍さんの釣り物語(釣りゲーム11月20日現在、D905iプリインストールされていることが判明済だがアニメっちゃでの配信不明)

※この「NTTドコモ(iアプリ)」の解説は、「アニメっちゃ」の解説の一部です。
「NTTドコモ(iアプリ)」を含む「アニメっちゃ」の記事については、「アニメっちゃ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「NTTドコモ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「NTTドコモ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

NTTドコモのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



NTTドコモのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリNTTドコモの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNTTドコモ (改訂履歴)、nTTドコモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアニメっちゃ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS