輻輳とは? わかりやすく解説

輻輳

読み方:ふくそう

輻輳とは、輻輳の意味

輻輳とは、いろいろなものが同じ箇所集中して混雑する状況のことである。とりわけ電気通信分野において、電話データ通信といった通信同時に集中してしまい(通常通りに処理できなくなり通信困難に陥る状況を指す用語として用いられる読み方は「ふくそう」である。

多少おおざっぱな理解としては、通信分野における輻輳は「通信回線パンクした状態」と捉えてよい。例えば、携帯電話スマートフォン世間一般浸透してしばらくの間は、元日年越しのタイミングで日本国民一斉にあけおめメールSMS送信したことで、正常な通信不能になり、通信遅延した通信システムダウンしたりといった事態発生することがあった。こうした事例は輻輳の典型例といえる

コンサートチケット予約する方法電話メインだった時代には、全国ファン電話予約受け付け開始時刻一斉に電話をかけることで、電話つながらなくなる現象発生することがあった。これも輻輳の事例である。

輻輳は英語では「congestion」と表現されるcongestion基本的には「密集」「集中」「人口過密」といった意味合い用いられる表現である。

輻輳の「輻」の字車輪スポーク意味する字、「輳」は「あつまる」という意味の字である。四方八方から中央1箇所アクセス集中するイメージ捉えられる

輻輳という日本語表現そのものは、電気通信専門用語というわけではなく、「1箇所集中して混雑するという意味合い使われてきた語である。海上保安庁ウェブサイトでは「船舶交通ふくそうする東京湾」というような表現用いた記述見出せる。同じ箇所集中して混雑してにっちもさっちもいかなくなる状況という表現であることが伝わる。

医学分野では、眼球両目ともに内側に向けることを「輻輳」という。いわゆる寄り目」を指す学術的な呼称である。「寄り目できない」ことを「輻輳困難」と表現する。輻輳困難は甲状腺眼症兆候などとして参照される

ふく‐そう【××湊/××輳】

読み方:ふくそう

[名](スル)車の輻(や)が轂(こしき)に集まる意》四方から寄り集まること。物事ひとところ集中すること。「雑務が—する」

荷船小舟の—する川口から」〈荷風牡丹の客

congestion電話インターネットなどの回線において、多数利用者特定の時間帯集中することにより処理可能な容量を超え不具合生じたり機能停止したりすること。


輻輳

読み方:フクソウ(fukusou)

方々からいろいろな一か所集まること


輻輳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 07:13 UTC 版)

輻輳(ふくそう)とは、物が1か所に集中し混雑する様態をいう。医学生物学領域では「輻湊」と表記する例もある。


  1. ^ 日本国語大辞典を参照。
  2. ^ wikt:輻は車輪のスポーク、wikt:輳はその集まる所、が原義で、「方々からいろいろな物が一か所に集まる」こと。
  3. ^ 特定電話番号へ着信が集中した場合の通信品質の確保について”. 東日本電信電話 (2021年5月9日). 2021年5月12日閲覧。
  4. ^ ペーパレス化を達成するために印刷機を減らすのは悪手 - TransRecog、2019年6月22日


「輻輳」の続きの解説一覧

「輻輳」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

輻輳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



輻輳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ輻輳の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの輻輳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS