分野とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 範囲 > 分野の意味・解説 

ぶん‐や【分野】

人間活動における、分化した一つ領域物事のある方面範囲。「新しい—の研究


分野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/31 11:40 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「分野」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「分野」を含むページの一覧/「分野」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「分野」が役に立つかも知れません。




分野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 08:43 UTC 版)

参照基準では、次の5つの項目によって、情報学中核部分体系化している。 情報一般原理 コンピュータで処理される情報の原理 情報を扱う機械および機構設計し実現するための技術 情報を扱う人間社会に関する理解 社会において情報を扱うシステム構築し活用するための技術制度組織 以下で各項目について、付録ア~付録オに示されている表を参考にそれぞれの分野を示す詳細出典文献を参照のこと。例示であって網羅するものではない。ウィキペディア記事名や構成の都合により調整してある箇所もある)。また、参考として示されている、国際学会ACMの Curricula Recommendations における5分類(CS: Computer Science, CE: Computer Engineering, IS: Information Systems, SE: Software Engineering日本でよく言われるSEシステムエンジニア とは全く異なるので注意), IT: Information Technology)との対応についても示す。 まず総論的な解説であるが、1は記号論サイバネティックス由来する概念含み情報情報学中核部分全体分類・体系化する指針を与える。2は計算理論情報理論含みコンピュータ科学としてはその基礎分野で、Curricula Recommendationsでは「CS」の基礎的な内容にあたるここでいう基礎」とは、「初歩」といったような意味ではない)。3はコンピュータ科学においてコンピュータシステム設計し実現する技術で、Curricula Recommendationsでは「CE」と、「CS」の一部にあたる。4はメディア論コミュニケーション論含み社会情報学等と呼ばれる諸分野である。5は情報システムなどと呼ばれている分野で、Curricula Recommendationsでは「IS」と「SE」と「IT」に対応する。さらに、情報学学修を通してComputational Thinking(「計算論的思考」、en:Computational thinking)などのジェネリックスキルの修得期待されている。

※この「分野」の解説は、「情報学」の解説の一部です。» 「情報学」の概要を見る


分野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 23:21 UTC 版)

分野は、貿易高速鉄道稀少資源に関する協力知的財産権弁護士医療保険通信郵政農業相手国規制など

※この「分野」の解説は、「日米経済調和対話」の解説の一部です。» 「日米経済調和対話」の概要を見る


分野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 06:13 UTC 版)

仏教心理学仏教論理学仏教民俗学仏教社会学仏教教育学仏教福祉学仏教看護学仏教経済学仏教経営学など。

※この「分野」の解説は、「応用仏教学」の解説の一部です。» 「応用仏教学」の概要を見る


分野


分野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 06:40 UTC 版)

各省庁に概ね対応しているインターネット報道について総務省裁判員制度法務省教育関係文部科学省鉄道住宅関係は国土交通省というふうに特に省庁指定しなくとも内閣総理大臣官房広報室から関係省庁へ「国民意見」として送られている

※この「分野」の解説は、「国政モニター」の解説の一部です。» 「国政モニター」の概要を見る


分野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 06:40 UTC 版)

各省庁に概ね対応しているインターネット報道について総務省裁判員制度法務省教育関係文部科学省鉄道住宅関係は国土交通省というふうに特に省庁指定しなくとも内閣総理大臣官房広報室から関係省庁へ「国民意見」として送られている

※この「分野」の解説は、「国政モニター」の解説の一部です。» 「国政モニター」の概要を見る


分野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 21:25 UTC 版)

主に、各種技術系エンジニア研究者経営全般法務財務など社業マネジメント社業一切を任せ社長の例もある)といった職種利用されており、これらは、初期から、民間による職業紹介事業扱われている。「人材バンク」や「転職エージェント」などと呼ぶ場合この分野職業紹介事業を指すことが多い。人材紹介に関するエージェントフィーは年俸3割程度高額であることから早期離職の場合(例え半年以内など)はフィー返還するなどの措置設けている事業者が多い。 上記の技術系経営管理以外の職種で、民間による職業紹介事業扱われる職種としては、看護師マネキン芸能関係などがある。看護師限ったものは「ナースバンク」などと称されていたこともあったが、現在はほとんど公益社団法人日本看護協会運営するナースセンター」の事を指す。民間看護師人材紹介会社2010年代以降急増してピーク迎えたが、今後は収れんされていくと予測されている。 また、家政婦特化した家政婦紹介所」、マネキン特化したマネキン紹介所」、配ぜん人特化した配膳人紹介所」(若しくは、サービスクリエーター)などがある。芸能プロダクションにおいてはモデル部門のみ、またはその部門併設しているところでは、有料職業紹介事業所にあたるが、芸能人俳優タレント歌手声優)などは、個人事業者であっても労働基準法における労働者には該当せず、労働時間規制など労働法上の多くの保護受けられない。しかし、芸能人未成年者である場合児童福祉法保護法制の対象となる。 技術系でも、医療関連職業紹介については、製薬メーカー医薬情報担当者除き規制緩和まで許認可下りなかったこともあり扱っている業者極めて少ないまた、いわゆる現業技能系のブルーカラー職種についても、医療関連同様に規制緩和遅かったため、扱っている業者極めて少ない職業紹介事業は、多くの場合市場価値未知数新卒者よりも転職者を対象として行われるが、近年では第二新卒新卒など若年層取り扱業者増えつつある。また、求人ありきの職業紹介これまでの慣習であったが、求職者ありきの職業紹介を行うジョブハンティング呼ばれる職業紹介事業登場してきた。 なお、職業安定法33条の12の規定により港湾運送業務(港湾労働法第2条第2号規定する港湾運送業務又は同条第1号規定する港湾以外の港湾において行われる当該業務相当する業務として厚生労省令定め業務をいう)、建設業務(土木建築その他工作物建設改造保存修理変更破壊若しくは解体作業又はこれらの作業準備作業に係る業務をいう)は紹介禁じられている。同条では「その他有料職業紹介事業においてその職業あつせんを行うことが当該職業に就労働者保護支障を及ぼおそれがあるものとして厚生労省令定め職業」も禁止対象だが、これについては2020年1月現在、省令定められていない

※この「分野」の解説は、「職業紹介事業」の解説の一部です。» 「職業紹介事業」の概要を見る


分野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 05:50 UTC 版)

百科事典いうのは広辞苑大辞泉などの説明にもあるよう基本的にさまざまな分野、あるいはあらゆる分野知識集めたものである百科全書派百科全書や『ブリタニカ百科事典』などもそのような範囲知識扱っている。(これが一般的であるが、次に説明するものとあえて区別する時は「総合百科」と呼ばれることがある)。ただし、あらかじめ特定の専門領域絞ったうえで、その領域内さまざまな知識集めた百科事典もある。例えば『薬学百科事典』『哲学百科事典等々で、「専門百科事典」などと呼ばれることがある

※この「分野」の解説は、「百科事典」の解説の一部です。» 「百科事典」の概要を見る


分野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 05:50 UTC 版)

百科事典いうのは広辞苑大辞泉などの説明にもあるよう基本的にさまざまな分野、あるいはあらゆる分野知識集めたものである百科全書派百科全書や『ブリタニカ百科事典』などもそのような範囲知識扱っている。(これが一般的であるが、次に説明するものとあえて区別する時は「総合百科」と呼ばれることがある)。ただし、あらかじめ特定の専門領域絞ったうえで、その領域内さまざまな知識集めた百科事典もある。例えば『薬学百科事典』『哲学百科事典等々で、「専門百科事典」などと呼ばれることがある

※この「分野」の解説は、「百科事典」の解説の一部です。» 「百科事典」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

分野

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 23:43 UTC 版)

名詞

(ぶんや)

  1. 諸々の学問領域のこと。また、職業専門技術領域のこと。美術音楽スポーツ、などがその例。ジャンルフィールドともいう。

発音(?)

ブ↘ンヤ

語源

古代中国で、国土区分した上で星宿それぞれの土地に対応づけたものを分野と呼んだことから


「分野」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



分野と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

分野のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



分野のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの分野 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの情報学 (改訂履歴)、日米経済調和対話 (改訂履歴)、応用仏教学 (改訂履歴)、国際規格分類 (改訂履歴)、国政モニター (改訂履歴)、国政モニター (改訂履歴)、職業紹介事業 (改訂履歴)、百科事典 (改訂履歴)、百科事典 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの分野 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS