SEとは? わかりやすく解説

エス‐イー【SE】

読み方:えすいー

systems engineer》⇒システムエンジニア


エス‐イー【SE】

読み方:えすいー

sales engineer》⇒セールスエンジニア


エス‐イー【SE】

読み方:えすいー

sound effects》⇒サウンドエフェクト


エス‐イー【SE】

読み方:えすいー

《(ラテン)Societas Europaea》⇒欧州会社


SE(サウンド・イフェクト) sound effect


SE 【Sound Effect】

効果音のこと。、波、嵐といった自然音動物鳴き声等の音を用いて演出効果上げるために使用する

SE

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

セレン

分子式Se
その他の名称Selenium、C.I.77805、セレン(Se)、Se
体系名:セレン


ヒドリドセレン

分子式Se
その他の名称Hydrideselenium
体系名:ヒドリドセレン


物質名
セレン
英語名
Selenium
元素記号
Se
原子番号
34
分子量
78.96
発見
1818年
原子半径(Å)
1.16
融点(℃)
220.2
沸点(℃)
684.9
密度(g/cm3
4.82
比熱(cal/g ℃)
0.084
イオン化エネルギー(eV)
9.752
電子親和力(eV)
2.0206


ブドウ球菌エンテロトキシン


実質的同等性

【英】: Substanial Equivalence, SE
「実質的同等性」とは、遺伝子組換え作物(食品)の安全性を評価する際に遺伝子組換え作物(食品)とこれまで人が食べてきた非組換え作物(食品)とを比べて組換え成分以外が同じかどうか判断するための考え方である。

私たちは、毎日いろいろな作物食べているが、これらの食べ物安全性は、人類長い間食べ続けるため工夫してきた調理法など経験確保されている。例えば、ジャガイモのように毒のあるものは皮をむいて毒のある部分取り除きダイズ生で食べると、おなかをこわしてしまうので加熱して食べる。このように作物(食品)にはさまざまな成分があり、含まれている成分すべてが安全というわけではない

このようなことがあるので、遺伝子組換え(作物)食品が安全かどうかこれまで安全に食べられてきた作物(食品)と比較する考え方である。つまり、遺伝子組換え作物(食品)と、これまで人が食べてきた非組換え作物(食品)とを比べて実質的に同じかどうか」が検討される。それは、
(1)遺伝的素材に関する事項
(2)広範囲なヒト安全な食経験に関する資料
(3)食品構成成分などに関する資料
(4)既存種と新品種使用方法相違に関する資料
各要素について検討し当該植物と、既存のものが全体として食品として同等性失っていない客観的に判断できるかどうかにより行う。

実質的に同等とみなせる」と客観的に判断され場合これまで安全に食べられてきた作物(食品)の知見などの蓄積十分であるから、同じ成分安全性評価されない。しかし、新しく生じ変化(新しく導入した遺伝子により変化した成分などの安全性など)については安全性が評価される

このように実質的に同等とみなすこと自体が、遺伝子組換え作物(食品)が安全であることを意味するわけではない実質的に同等な遺伝子組換え作物(食品)の安全性は、さらに新しく導入した遺伝子により変化した成分などの安全性などを比較評価して安全性判断している。

遺伝子組換え食品

遺伝子組換え技術


Se

名前 ソォ

SE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 03:00 UTC 版)

SE, se, Se




「SE」の続きの解説一覧

.se

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/21 08:32 UTC 版)

.seスウェーデン国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)で、インターネットでドメイン名として使用されている。NIC-SEが管理している。






「.se」の続きの解説一覧

SE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 02:00 UTC 版)

サウンドノベルツクール」の記事における「SE」の解説

雷鳴や風、歩く靴音笑い声電話、車の走行音などが収録されている。

※この「SE」の解説は、「サウンドノベルツクール」の解説の一部です。
「SE」を含む「サウンドノベルツクール」の記事については、「サウンドノベルツクール」の概要を参照ください。


SE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 08:44 UTC 版)

瞬感パズループ」の記事における「SE」の解説

効果音設定BGMと同様設定できる

※この「SE」の解説は、「瞬感パズループ」の解説の一部です。
「SE」を含む「瞬感パズループ」の記事については、「瞬感パズループ」の概要を参照ください。


SE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 10:45 UTC 版)

BUMP OF CHICKEN」の記事における「SE」の解説

ライブ時のSEは長らくザ・フーの「A Quick One While He's Away」を使用していたが、最近はオリジナル楽曲や「ボレロ」を使用することが多くなっている。以下の表は2008年以降のSEをまとめたものである開催ツアー/ライブタイトル曲名2008年 ホームシック衛星ホームシップ衛星 A Quick One While He's Awayザ・フー)〜 星の鳥 2011年 - 2012年 GOOD GLIDER TOUR ボレロモーリス・ラヴェル2012年 GOLD GLIDER TOUR 2013年 ベストアルバム発売記念ライブ 2013年 WILLPOLIS 2014年 WILLPOLIS 2014 ボレロ~WILL 2015年 Special Live 2015 A Quick One While He's Awayザ・フー2016年 結成20周年記念Special Live「20」 2016年 BFLY BFLY 2017年 - 2018年 PATHFINDER pathfinder 2019年 aurora ark aurora arc

※この「SE」の解説は、「BUMP OF CHICKEN」の解説の一部です。
「SE」を含む「BUMP OF CHICKEN」の記事については、「BUMP OF CHICKEN」の概要を参照ください。


SE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/01/28 14:50 UTC 版)

マツダ・Sプラットフォーム」の記事における「SE」の解説

SEは、SSベースにしたキャブオーバー型トラック用いられているプラットフォームである。 1983-1999 マツダ・ボンゴ 1983-?[要出典] フォード・J80ボンゴOEM) 1994-1999 日産・バネットボンゴOEM

※この「SE」の解説は、「マツダ・Sプラットフォーム」の解説の一部です。
「SE」を含む「マツダ・Sプラットフォーム」の記事については、「マツダ・Sプラットフォーム」の概要を参照ください。


S-E(スペシャル・イクイップメント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 10:42 UTC 版)

メタルマックス3」の記事における「S-E(スペシャル・イクイップメント)」の解説

重かった弾数少なかったりするが、高い攻撃力属性攻撃多段ヒットと言った強力な効果が多い。また、S-Eに「迎撃タイプ」が新設された。『2』ではアイテム扱いだったパーツ今作では迎撃用のS-Eに分類されている。

※この「S-E(スペシャル・イクイップメント)」の解説は、「メタルマックス3」の解説の一部です。
「S-E(スペシャル・イクイップメント)」を含む「メタルマックス3」の記事については、「メタルマックス3」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「SE」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「SE」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



SEと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「SE」に関係したコラム

  • バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧

    バイナリーオプションで取引される商品には、通貨ペア以外に日経225などの株価指数、東京証券取引所(東証)やニューヨーク証券取引所に上場している株式、そして、金、銀などの先物商品などがあります。以下は、...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

SEのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



SEのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSEの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2022 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2022 京浜河川事務所 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSE (改訂履歴)、.se (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサウンドノベルツクール (改訂履歴)、瞬感パズループ (改訂履歴)、BUMP OF CHICKEN (改訂履歴)、マツダ・Sプラットフォーム (改訂履歴)、メタルマックス3 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS