切り分けとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 切り分けの意味・解説 

切り分け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 07:50 UTC 版)

糞尿愛好症」の記事における「切り分け」の解説

糞尿いらないもの、汚いものなど社会的な意味付けなされる傾向あるためどこまで糞尿愛好症と言えるかは難しい。下記のように他の趣味嗜好変形見なせる場合もある。 大便そのものに興味がある 男性のもの女性のもの関わらず性的興奮覚えとすれば強い糞尿愛好症と言えるが、女性糞尿限定の場合、サドマゾヒズムなど別な嗜好変形とも見なすことが出来る。また食糞傾向を持つ場合マゾヒズムなどの変形とも考えること出来る。 汚いものに興味がある 汚物としての糞尿にこだわる場合は痰や鼻水など一般的にいとされるものに対する偏愛スカトロジーと言える。しかし汚物付着によってそのもの価値を損なう、という考えのもとではサドマゾヒズム変形とも考えることができる排泄行為を見たい 普段隠されるべき行為見たい、という場合窃視症変形とも考えること出来る。行為における対象の羞恥見たい場合サディズム変形とも考えること出来る。大便そのものには不快感覚え場合なおさらである。タブー犯すことに興味がある美しい女性排泄見たいという場合ニーチェのいうルサンチマン近しい概念であり、糞尿ではなく排泄行為により弱体化した女性見ることにより優越感を得るものとも考えることができる西洋社会の場合、糞尿肥料として利用する習慣がないことから排泄物には汚物としての負の側面強く付きまとっていた。一方明治までの日本では伝統的に糞尿肥料として用いていたこともあり排泄物には汚れたものとい見方以外に価値あるものとしての側面持っていた。そのため、排泄物直接取り扱うことのない上流階級除けば排泄行為への羞恥心今ほど大きなものではなかった。しかし、明治特に大正時代に入ると、西洋文化受容化学肥料普及により、次第排泄物利用価値失われていく。その結果排泄行為単なる恥ずかし劣った行為となり、下水道整備なども相まって社会の目から隠されるようになっていく。なかでも若い女性清潔感美しさ求めるため、排泄話題避け傾向が強い。このときバタイユによれば社会であることが禁止されると、その禁止侵して連続性取り戻すことへの希求と不安とがエロティシズムとして現れるという。つまり、排泄行為清潔なものとが社会線引きされ、前者話題に触れることが禁止されると、その禁止乗り越えようとする欲求現れる女性排泄行為を見たいという思いもこれに関連すると考えられる

※この「切り分け」の解説は、「糞尿愛好症」の解説の一部です。
「切り分け」を含む「糞尿愛好症」の記事については、「糞尿愛好症」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「切り分け」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「切り分け」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「切り分け」の関連用語

切り分けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



切り分けのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの糞尿愛好症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS