パンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > > パンの意味・解説 

パン

パン(韓国語)の意味

「パン」に相当する韓国語はいくつかある。「빵」は食品としての「パン(bread)」を指す語。「방」は「部屋」のこと。「반」は漢字の「半」や「潘」に対応する表記で、主に「半分」などを意味する語である。

「빵」と「방」の発音異なる。「빵」はいわゆる濃音」、つまり詰まった音であり、「ッパン」に近い発音をする。「방」の方は「パン」に近い発音をする。

≪韓国語≫パン

別表記:パン、빵、ppan

韓国語「パン」とは、「パン」の意味

韓国語で「パン」は、パンを意味する言葉で小麦粉主原料したものでこねて発酵させて焼いたものの総称である。日本ではポルトガルから伝来した食べ物をパンと呼びそのまま呼ばれている。日本でパンが広く食されるようになったのは戦後のころの話で、韓国が日本か距離的にも近いこともあり韓国広くパンが食べられるようになったのもそのころと言われている。そのため、日本でパンと呼ばれていた食べ物韓国でもそのまま同じように呼ぶようになったという説がある。韓国語の「パン」は、西洋日本の文化入り混じっ呼び方と言える

また、パンは日本ではご飯として、お米と同じように位置付けられているが、韓国では、お米以外の主食になる食べ物パンやフレーク)はご飯みなされない風潮がある。現在、若年層の間ではパンもご飯として扱われているが、多くの人からはご飯ではなく、「おかず」として扱われている。

韓国語「パン」のハングル表記

「パン」のハングル表記は「빵」である。たとえば、日本語食パンは「식빵」、あんパンは「단팥빵」と表記するそのほか「빵」(パン)を使った例文では、パンを食べる「빵을 먹다」、パンを焼く「빵을 굽다」などと表記される

韓国語「パン」の発音

パン「빵」は、日本語一般的に使われる「パン」の発音とは少し異なる。たとえば、同じように発音してしまうと、韓国語部屋意味する言葉「방(パン)」の発音になってしまうので、パン「빵」の発音には注意が必要だ。発音において、日本語には清音(か・た・は)などと濁音(が・だ・ば)などが区分けされているが、韓国語では清音に当たる平音とは別に激音」「濃音」が区分けされている。韓国語みられる平音」「激音」「濃音」のそれぞれの相違点は、息の出し方にある。同じ音を基本としてはいるが、それぞれの息の出し方によって発音仕方変化生じる。「빵」は「濃音に当たり、「詰まったような音」である。そのため、コツとしては「パン」の前に小さい「ッ」を入れて息を出さないようにイメージしながら発音するといい。

ただ、息を出さないように発音するが、息を出さないからといって音が小さというわけではなく、音としては強い音である。発音する際にきちんと正しく発音できていれば口の前にかざした薄い紙やティッシュがほとんど動くことはない。「パ」の音を出す前に少し息を飲みむようにして「ン」と発音するイメージである。パン「빵」と表記はされるが、正し読み方としてフリガナ付けるならば、「ッパン」とすると分かりやすいだろう。

パン【Pān】

読み方:ぱん

[一]ギリシャ神話で、牧人家畜の神。あご髪(ひげ)をたくわえ山羊の角と脚を持った半獣神山野走り回り好んで笛を吹いたという。ローマ神話ファウヌスにあたる

[二](Pan)土星の第18衛星1990年発見。名は[一]由来公転軌道衛星のなかで最も土星近く、環の「エンケすき間」にある。非球形平均直径は約30キロ


パン【pan】

読み方:ぱん

[名](スル)

映画テレビ撮影技法で、カメラを1か所据えたまま、レンズの方向を水平に動かすこと。上下に動かすことにもいう。「—させて町の全景を撮る」→チルト

スマートホンタブレット型端末で、拡大した画像などの一部だけが表示されているとき、画面を指で押したま上下左右に動かすこと。

「パン」に似た言葉

パン【pan】

読み方:ぱん

底が平らで取っ手付いている鍋。「フライ—」「シチュー—」


パン【PAN】


パン【PAN】

読み方:ぱん

personal area networkパソコン周辺機器接続するネットワークブルートゥースなどがある。

[補説] ネットワーク通信距離分類すると、距離が近いものから、PANLANMANWANとなる。


パン【pan】

読み方:ぱん

接頭他の外来語に付いて広くそのすべてにわたる、の意を表す。汎(はん)。「—アラブ主義


パン【幇/幫/帮】


はん【犯】

読み方:はん

接尾助数詞。刑を受けた回数を表すのに用いる。上に来る語によって「ぱん」ともなる。「前科三—」


はん【班】

読み方:はん

【一】[名]

一つ集団数人ずつに組み分けして、行動作業共にする単位したもの。「三つの—に分かれて討議する」「救護—」

仲間

「身は当世蔑視せらるる三文文学者の—に列すれ共」〈魯庵社会百面相

【二】接尾助数詞。組の数や順序数えるのに用いる。上に来る語によって「ぱん」ともなる。「全体を五—に分ける」「一—から三—までがこの車両乗る


パン【(ポルトガル)pão】

読み方:ぱん

小麦粉ライ麦粉などを主原料とし、少量の塩を入れてでこね、酵母発酵させてから天火などで焼いた食品

生活の糧(かて)。また、食べ物。「人は—のみにて生くるものにあらず」

[補説] 「麺麭」「麪包」とも書く。


パン(パンニング) 【pan】

カメラ位置変えないカメラの向き左右に振り広い場面を写すこと。上下に振る場合には、チルト称されるが、パンアップ、パンダウンなどとパンを使うことが多い。

また、カメラの向き変えないカメラ上下させることを、ブームアップ、ブームダウンという。

パン/スキャン

スクイーズ収録のDVDソフトを通常のテレビで楽しむ時に有効な機能だ。上下に黒帯が入るレターボックス変換が一般的だが、ソフトによっては画像を4対3のアスペクトに切りだすパン/スキャン変換も可能である。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 藤原陽祐)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


パン

名前 PangPinPanPamPengPun

パン

読み方:ぱん

  1. 〔犯〕懐中時計のこと、銀時計を「シロパン」といふ。「マンジユウ」「スコ」「テラ」「ケイチヤン」等に同じ。

分類

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

麺麭

読み方:パン(pan

作者 中村草田男

初出 昭和27年

ジャンル 随筆


麺麭

読み方:パン(pan

作者 前田河広一郎

初出 大正12年

ジャンル 小説集


パン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 15:29 UTC 版)

パン麺麭ポルトガル語: pão[注釈 1])とは、典型的には小麦粉ライ麦粉といった穀物粉に酵母などを加えて作った生地発酵により膨張させた後、焼く事でできあがる膨化食品で、世界の広い地域で主食となっている。肉類や野菜類などを挟んで食べることも盛んに行われている。甘いおやつ用のパン(菓子パン)もある。


注釈

  1. ^ ポルトガル語発音: [ˈpɐ̃w̃]パンウン
  2. ^ 平成16年家計調査 近畿第1位 年間57.8kg 関東は47.9kg、東北・沖縄は33kg台 県庁所在地別では、1位 大津66.0kg、2位 神戸62.5kg、3位 奈良58.8kg(総務省統計局)
  3. ^ 消しゴムは紙を傷めるため、美術デッサンでもパンを使用することがある。

出典

  1. ^ イーストの作り方”. オリエンタル酵母工業株式会社. 2018年8月8日閲覧。
  2. ^ a b 藤本章人、井藤隆之、井村聡明. “伝統的パン種のおいしさと微生物の関わりについて”. 公益社団法人日本生物工学会. 2018年8月8日閲覧。
  3. ^ a b 発酵種の利用と生成する有機酸の特性”. あいち産業科学技術総合センター. 2018年8月8日閲覧。pdf
  4. ^ マントウ”. 穀物屋(穀物のセレクトショップ). 2018年8月8日閲覧。
  5. ^ Boston Brown Bread”. Simply Recipes. 2018年8月8日閲覧。
  6. ^ 「パンの文化史」p64-65 舟田詠子 講談社学術文庫 2013年12月10日第1刷発行
  7. ^ 「パンの文化史」p65-68 舟田詠子 講談社学術文庫 2013年12月10日第1刷発行
  8. ^ 「パンの文化史」p65 舟田詠子 講談社学術文庫 2013年12月10日第1刷発行
  9. ^ ビル・ローズ著 柴田譲治訳『図説:世界史を変えた50の植物』 原書房、2012年、p224
  10. ^ ドライイーストって何?”. TOMIZ. 2020年3月9日閲覧。
  11. ^ 「パンシェルジュ検定3級公式テキスト」pp66-71 実業之日本社 2009年8月20日初版第1刷
  12. ^ a b 岡田早苗、パン生地発酵と乳酸菌[前編] 日本乳酸菌学会誌 Vol.9 (1998-1999) No.1 p.5-8, doi:10.4109/jslab1997.9.5
  13. ^ 岡田早苗、パン生地発酵と乳酸菌[後編] 日本乳酸菌学会誌 Vol.9 (1998-1999) No.2 p.82-86, doi:10.4109/jslab1997.9.82
  14. ^ a b c d e f g 天然酵母表示問題に関する見解 日本パン技術研究所 (PDF)
  15. ^ 渡邉悟、篠原尚子、金井節子 ほか、「レーズンから分離した天然酵母のパン酵母としての特性」 聖徳栄養短期大学紀要 36, 1-6, 2005-12-20, NAID 110006407761
  16. ^ オリエンタル ドライイースト オリエンタル酵母工業株式会社
  17. ^ 白神こだま酵母について 株式会社サラ秋田白神
  18. ^ 「パンシェルジュ検定3級公式テキスト」pp102-110 実業之日本社 2009年8月20日初版第1刷
  19. ^ a b こむぎ粉くらぶ パンを焼こう”. 日清製粉グループ. 2018年8月8日閲覧。
  20. ^ ベンチタイムとは”. コトバンク. 2018年8月8日閲覧。
  21. ^ 「料理と食シリーズ8 パン・パン料理・パン菓子」pp122-123 旭屋出版 平成6年5月25日初刷発行
  22. ^ 敬学堂主人、『西洋料理指南』下p38左、1872年、東京、東京書林雁金屋 [1]
  23. ^ オンライン版日本国語大辞典, JapanKnowledge (2015-05-25参照)
  24. ^ 田中秀央編『羅和辞典』研究社
  25. ^ 宇田川政喜; 遠藤智子; 加藤綾子; 橋村弘美 著、日仏料理協会 編 『フランス 食の事典(普及版)』株式会社白水社、2007年、495頁。ISBN 978-4-560-09202-6 
  26. ^ 三浦美鈴「県立図書館司書がお勧めする一冊: 恥ずかしい和製英語」『県立図書館だより : 秋田県立図書館広報紙』第20号、秋田県、2005年12月、 2頁、 NDLJP:10223366
  27. ^ 福利麺包台北市政府観光伝播局(2018年7月19日閲覧)
  28. ^ “Archaeobotanical evidence reveals the origins of bread 14,400 years ago in northeastern Jordan”米国科学アカデミー紀要』(PNAS,July 16, 2018)2018年7月19日閲覧。
  29. ^ 参考文献:池部誠『遥かなる野菜の起源を訪ねて〜イネ・ムギ・野菜 日本への道〜』ナショナル出版
  30. ^ 参考文献:舟田詠子『パンの文化史』朝日新聞社
  31. ^ 「中世ヨーロッパ 食の生活史」pp56-57 ブリュノ・ロリウー著 吉田春美訳 原書房 2003年10月4日第1刷
  32. ^ 「中世ヨーロッパ 食の生活史」pp105-106 ブリュノ・ロリウー著 吉田春美訳 原書房 2003年10月4日第1刷
  33. ^ 「中世を旅する人びと」pp118-123 阿部謹也 平凡社 1978年6月14日初版第1刷
  34. ^ 「商業史」p123 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫著 有斐閣 1980年11月20日初版第1刷
  35. ^ a b c d e 山梨のパンの歴史年表 山梨県パン協同組合
  36. ^ 米本良子「パン発祥地PR 全国・市組合 日本大通に石碑 伝統の逸品 写真も」『神奈川新聞』神奈川新聞社、2016年11月9日、16面。
  37. ^ 近代のパン発祥の地 記念碑の設置 横浜市綜合パン・米飯協同組合
  38. ^ 明治文化史生活編 開国百年記念文化事業会
  39. ^ a b 第三編 明治時代後期『パンの明治百年史』パンの明治百年史刊行会、1970年
  40. ^ 下川耿史 『環境史年表 明治・大正編(1868-1926)』310頁 河出書房新社刊 2003年11月30日刊 全国書誌番号:20522067
  41. ^ 「好きな店で買える」『朝日新聞』昭和22年8月3日,4面
  42. ^ 「料理と食シリーズ8 パン・パン料理・パン菓子」p115 旭屋出版 平成6年5月25日初刷発行
  43. ^ 法事でも…日本一パン好き岡山の事情”. 産経新聞 (2021年6月19日). 2021年6月21日閲覧。
  44. ^ 「パンの事典」p113 成美堂出版編集部編 成美堂出版 2006年10月20日発行
  45. ^ パン・その他小麦粉製品の生産量の推移 (PDF) 日本マーガリン工業会 2013年1月19日閲覧
  46. ^ 『パンの購入金額初めて米を上回る 総務省家計調査・JC総研の「米の消費行動に関する調査」』 全国農業新聞 2012-8-17 2013年1月19日閲覧
  47. ^ miche(コトバンク)
  48. ^ What Are the Differences Between Miche & Baguette Breads? (eHow)
  49. ^ [2]
  50. ^ a b [3]



パン(食パン・コッペパンなど)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 10:07 UTC 版)

日本の学校給食」の記事における「パン(食パン・コッペパンなど)」の解説

食パンコッペパンのほか、黒砂糖パン(黒コッペパン)、揚げパンレーズンパンクロワッサン、ソフトフランスパン(一般的な棒状硬いフランスパンとは形も粉も製法違い白くて丸いパン)、豆パン、ケーキパン(クリーム挟んだパン)、胚芽パン、米粉パンフォカッチャナンチャパティなど。

※この「パン(食パン・コッペパンなど)」の解説は、「日本の学校給食」の解説の一部です。
「パン(食パン・コッペパンなど)」を含む「日本の学校給食」の記事については、「日本の学校給食」の概要を参照ください。


パン (Pan)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 04:20 UTC 版)

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の記事における「パン (Pan)」の解説

大自然の神。

※この「パン (Pan)」の解説は、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の解説の一部です。
「パン (Pan)」を含む「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の記事については、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の概要を参照ください。


パン(→パンサー→パンサーファング→ラピッドパンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 19:17 UTC 版)

ボンバーマンジェッターズ〜伝説のボンバーマン〜」の記事における「パン(→パンサー→パンサーファング→ラピッドパンサー)」の解説

ヒョウの形をしたキャラボン能力ダッシュ成長すればダッシュする速度速くなる

※この「パン(→パンサー→パンサーファング→ラピッドパンサー)」の解説は、「ボンバーマンジェッターズ〜伝説のボンバーマン〜」の解説の一部です。
「パン(→パンサー→パンサーファング→ラピッドパンサー)」を含む「ボンバーマンジェッターズ〜伝説のボンバーマン〜」の記事については、「ボンバーマンジェッターズ〜伝説のボンバーマン〜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「パン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

パン

出典:『Wiktionary』 (2021/12/01 05:06 UTC 版)

名詞:食品

パン麺麭麵麭

  1. 小麦粉ライ麦粉などにイースト菌、塩などを加えて作った生地を、発酵させた後に焼いた食品古くから多くの国で主食であり、食糧食事といった日常生活象徴ともされる

語源

安土桃山期入ったポルトガル語 pão音写

発音

翻訳

名詞:鍋

パン

  1. 平たい鍋の総称

語源

英語 pan音写

派生語

名詞・動詞:撮影

パン

  1. カメラ固定したままフレーミング水平方向、または垂直方向移動させる撮影技法垂直方向のものを「ティルト」と呼んで区別することもある。パンニング

語源

英語 panoramano からの借用語。 の略称である pan音写

固有名詞

パン

  1. ギリシア神話登場する山羊のような角と四足獣のような臀部脚部をもつ半獣半神パーンとも。牧羊神牧神とされる
  2. (語義1より) 土星18衛星固有

関連語


「パン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



パンと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「パン」に関係したコラム

  • 株式の取引を有利に行える夜間取引とは

    2012年7月現在、東京証券取引所(東証)の株式の取引時間は、9時から11時30分までと12時30分から15時までとされています。例えば、1日の取引の終了した夕方に、上場企業が決算の増収増益の修正発表...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2022 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリPANの記事を利用しております。
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本の学校給食 (改訂履歴)、パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (改訂履歴)、ボンバーマンジェッターズ〜伝説のボンバーマン〜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのパン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS