麺麭とは?

パン【(ポルトガル)pão】

小麦粉ライ麦粉などを主原料とし、少量の塩を入れてでこね、酵母発酵させてから天火などで焼いた食品

生活の糧(かて)。また、食べ物。「人はパンのみにて生くるものにあらず」

[補説] 「麺麭」「麪包」とも書く。


めん‐ぽう〔‐パウ〕【麺×麭/×麪包】

パン。もと軍隊で用いた語。「乾(かん)麺麭」


麺麭

読み方:パンpan

作者 中村草田男

初出 昭和27年

ジャンル 随筆


麺麭

読み方:パンpan

作者 前田河広一郎

初出 大正12年

ジャンル 小説


パン

(麺麭 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 01:52 UTC 版)

パンポルトガル語: pão[注釈 1]中国語: 麵包)とは、典型的には小麦粉ライ麦粉といった穀物粉に酵母などを加えて作った生地発酵により膨張させた後、焼く事でできあがる膨化食品。世界の広い地域で主食となっているが、甘みをつけたおやつ用のパン(菓子パン)もある。




注釈

  1. ^ ポルトガル語発音: [ˈpɐ̃w̃]パンウン
  2. ^ そのため、小麦本来の味や香りを楽しむことが忘れられがちである[要出典]
  3. ^ 消しゴムは紙を傷めるため、美術デッサンでもパンを使用することがある。

出典

  1. ^ イーストの作り方”. オリエンタル酵母工業株式会社. 2018年8月8日閲覧。
  2. ^ a b 藤本章人、井藤隆之、井村聡明. “伝統的パン種のおいしさと微生物の関わりについて”. 公益社団法人日本生物工学会. 2018年8月8日閲覧。
  3. ^ a b 発酵種の利用と生成する有機酸の特性”. あいち産業科学技術総合センター. 2018年8月8日閲覧。pdf
  4. ^ マントウ”. 穀物屋(穀物のセレクトショップ). 2018年8月8日閲覧。
  5. ^ Boston Brown Bread”. Simply Recipes. 2018年8月8日閲覧。
  6. ^ a b こむぎ粉くらぶ パンを焼こう”. 日清製粉グループ. 2018年8月8日閲覧。
  7. ^ ベンチタイムとは”. コトバンク. 2018年8月8日閲覧。
  8. ^ ビル・ローズ著 柴田譲治訳『図説:世界史を変えた50の植物』 原書房、2012年、p224
  9. ^ ドライイーストって何?”. TOMIZ. 2020年3月9日閲覧。
  10. ^ 「パンシェルジュ検定3級公式テキスト」pp66-71 実業之日本社 2009年8月20日初版第1刷
  11. ^ a b 岡田早苗、パン生地発酵と乳酸菌[前編] 日本乳酸菌学会誌 Vol.9 (1998-1999) No.1 p.5-8, doi:10.4109/jslab1997.9.5
  12. ^ 岡田早苗、パン生地発酵と乳酸菌[後編] 日本乳酸菌学会誌 Vol.9 (1998-1999) No.2 p.82-86, doi:10.4109/jslab1997.9.82
  13. ^ a b c d e f g 天然酵母表示問題に関する見解 日本パン技術研究所 (PDF)
  14. ^ 渡邉悟、篠原尚子、金井節子 ほか、「レーズンから分離した天然酵母のパン酵母としての特性」 聖徳栄養短期大学紀要 36, 1-6, 2005-12-20, NAID 110006407761
  15. ^ オリエンタル ドライイースト オリエンタル酵母工業株式会社
  16. ^ 白神こだま酵母について 株式会社サラ秋田白神
  17. ^ 「パンシェルジュ検定3級公式テキスト」pp102-110 実業之日本社 2009年8月20日初版第1刷
  18. ^ 「料理と食シリーズ8 パン・パン料理・パン菓子」pp122-123 旭屋出版 平成6年5月25日初刷発行
  19. ^ “Archaeobotanical evidence reveals the origins of bread 14,400 years ago in northeastern Jordan”米国科学アカデミー紀要』(PNAS,July 16, 2018)2018年7月19日閲覧。
  20. ^ 参考文献:池部誠『遥かなる野菜の起源を訪ねて〜イネ・ムギ・野菜 日本への道〜』ナショナル出版
  21. ^ 参考文献:舟田詠子『パンの文化史』朝日新聞社
  22. ^ 「中世ヨーロッパ 食の生活史」pp56-57 ブリュノ・ロリウー著 吉田春美訳 原書房 2003年10月4日第1刷
  23. ^ 「中世ヨーロッパ 食の生活史」pp105-106 ブリュノ・ロリウー著 吉田春美訳 原書房 2003年10月4日第1刷
  24. ^ 「中世を旅する人びと」pp118-123 阿部謹也 平凡社 1978年6月14日初版第1刷
  25. ^ 「商業史」p123 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫著 有斐閣 1980年11月20日初版第1刷
  26. ^ 敬学堂主人、『西洋料理指南』下p38左、1872年、東京、東京書林雁金屋 [1]
  27. ^ オンライン版日本国語大辞典, JapanKnowledge (2015-05-25参照)
  28. ^ 田中秀央編『羅和辞典』研究社
  29. ^ 宇田川政喜; 遠藤智子; 加藤綾子; 橋村弘美、日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社、2007年、495頁。ISBN 978-4-560-09202-6 
  30. ^ 福利麺包台北市政府観光伝播局(2018年7月19日閲覧)
  31. ^ a b c d e 山梨のパンの歴史年表山梨県パン協同組合
  32. ^ 近代のパン発祥の地 記念碑の設置横浜市綜合パン・米飯協同組合
  33. ^ 明治文化史生活編 開国百年記念文化事業会
  34. ^ a b 第三編 明治時代後期『パンの明治百年史』パンの明治百年史刊行会、1970年
  35. ^ 「好きな店で買える」『朝日新聞』昭和22年8月3日,4面
  36. ^ 「料理と食シリーズ8 パン・パン料理・パン菓子」p115 旭屋出版 平成6年5月25日初刷発行
  37. ^ 平成16年家計調査 近畿第1位 年間57.8kg 関東は47.9kg、東北・沖縄は33kg台 県庁所在地別では、1位 大津66.0kg、2位 神戸62.5kg、3位 奈良58.8kg(総務省統計局)
  38. ^ 「パンの事典」p113 成美堂出版編集部編 成美堂出版 2006年10月20日発行
  39. ^ パン・その他小麦粉製品の生産量の推移 (PDF) 日本マーガリン工業会 2013年1月19日閲覧
  40. ^ 『パンの購入金額初めて米を上回る 総務省家計調査・JC総研の「米の消費行動に関する調査」』 全国農業新聞 2012-8-17 2013年1月19日閲覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「麺麭」の関連用語

麺麭のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



麺麭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS