製パンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 製パンの意味・解説 

製パン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/06 15:41 UTC 版)

製パン(せいパン)とは、パンを製造すること、作ることである。パン類(クッキー類も含む)を焼くことを職業としている人はbakerベーカー(パン焼き職人)、販売するためにパンを焼く場所・店舗をbakery ベーカリー(パン屋)という。


注釈

  1. ^ 食の安全#歴史にも関連情報が掲載されている。

出典

  1. ^ H. N., XVIII, 107-108.(大プリニウス著、博物誌 18章107-108節)
  2. ^ アウレリウス・ビクター, Caes., 13, 5.(アウレリウス・ビクター著。「Des Césars」 XIII. Ulpius Trajan. )
  3. ^ 18世紀後期から 19世紀における英国の不純物混和文化史序説(3)」『兵庫教育大学研究紀要』第39巻、2011年9月、145-158頁、NAID 40019042830 
  4. ^ 堀内俊洋 (2008-07). “パン産業の最近の構造についての一考察”. 早稲田政治経済学雑誌 372: 39-54. NAID 120002909737. https://hdl.handle.net/2065/31953. 
  5. ^ パン法令についてはLegifranceの「Décret n°93-1074 du 13 septembre 1993 pris pour l'application de la loi du 1er août 1905 en ce qui concerne certaines catégories de pains」
  6. ^ Certains boulangers nous roulent dans la farine, sur Bakchich, 10 mars 2008.
  7. ^ Le boulanger mieux loti en grande surface, sur ViteCV, 12 novembre 2011.
  8. ^ 農林水産省総合食料局食糧部消費流通課流通加工対策室作成・生産動態調査より
  9. ^ a b c d e 都道府県ランキングと統計でみる県民性
  10. ^ 中村美香子、野田順、村上隆 ほか、食パン中の残存臭素酸量に及ぼす製パン条件および還元剤の影響 食パン中の添加臭素酸カリウムの残存に関する研究(第1報) 日本食品科学工学会誌 Vol.51 (2004) No.5 P.229-237, doi:10.3136/nskkk.51.229
  11. ^ Code ROME: D1102
  12. ^ 1925年の夜業(パン焼工場)条約(第20号), ILO, (1925-06-08), http://www.ilo.org/tokyo/standards/list-of-conventions/WCMS_238216/lang--ja/index.htm 


「製パン」の続きの解説一覧

「製パン」の例文・使い方・用例・文例

  • 製パン所
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「製パン」の関連用語

製パンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



製パンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの製パン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS