小麦粉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 材料 > 麦粉 > 小麦粉の意味・解説 

こ むぎこ [0][3] 【小麦粉】

小麦種子をひいた粉。グルテンの量によって強力(きようりき)粉・薄力(はくりき)粉に分けられる。うどん・麩()・パン菓子などに加工する。メリケン粉


小麦粉

小麦の皮や胚芽取り除き胚乳を粉にしたもの。小麦粉中の蛋白質(グルテン)が多く弾力の強いものを“強力粉グルテン少ないものを“薄力粉“ その中間のものを“中力粉“という。強力粉パン用、中力粉は麺用、薄力粉クッキー洋菓子天婦羅等に主として用いられる。    

小麦粉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 15:02 UTC 版)

小麦粉(こむぎこ、wheat flour)とは、小麦を挽いて作られた穀粉である。うどん粉、メリケン粉という呼称については後述。英語では穀物の中でも最も多く製粉されるため単にflourと呼ぶことが多い。人類による利用は古代エジプトにみられ、西洋圏では広く利用され、日本でも粒食と並んで中世後期には利用された。


  1. ^ [どれ?]米国農務省食品成分データベース (英語)
  2. ^ a b c 長尾精一 『粉屋さんが書いた小麦粉の本』 三水社、1994年ISBN 4-915607-68-2
  3. ^ 東京都火災予防条例
  4. ^ ジェフリー・ハメルマン 2009, pp. 36-38.
  5. ^ 長尾精一編 『小麦の科学』朝倉書店、1995年、p.62。ISBN 978-4-254-43038-7
  6. ^ 小麦・小麦粉の商品知識、小麦粉のおはなし」製粉振興会。閲覧2017年5月30日
  7. ^ 小麦粉のはなし、小麦と小麦粉のはなし」木下製粉株式会社。閲覧2017年5月30日
  8. ^ プレミックスとは?」日本プレミックス協会。閲覧2017年5月30日
  9. ^ 長尾精一編 『小麦の科学』 朝倉書店、1995年、pp.187-188、ISBN 978-4-254-43038-7
  10. ^ 小麦粉の歴史・文化、小麦粉百科」日清製粉グループ、閲覧2017年5月30日
  11. ^ 粉砕部分に着目した製粉機の分類、製粉の歴史」木下製粉株式会社、閲覧2017年5月30日
  12. ^ 学校給食の歴史、学校給食について」全国学校給食会連合会。閲覧2017年5月30日
  13. ^ 「コメよりパン」になった日本人の食卓」ニッポンドットコム。閲覧2017年5月30日
  14. ^ 『広辞苑 第五版』 岩波書店、1998年ISBN 978-4000801119
  15. ^ 第10回 メリケン粉、洋菓子の世界」日本洋菓子協会連合会。閲覧2017年5月30日


「小麦粉」の続きの解説一覧



小麦粉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「小麦粉」に関係したコラム

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小麦粉」の関連用語

小麦粉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小麦粉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
イシハライシハラ
Copyright (C) 2019 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小麦粉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS