品種登録とは? わかりやすく解説

品種登録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 14:43 UTC 版)

品種登録(ひんしゅとうろく)は、種苗法によって定められた、日本制度の一つである。




「品種登録」の続きの解説一覧

品種登録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 01:18 UTC 版)

アパルーサ (馬)」の記事における「品種登録」の解説

アイダホ州モスコー本拠地とする ApHC はアパルーサ広めて保護する国際的な団体である。南アメリカ各地ヨーロッパにも支部置かれ南アフリカオーストラリアニュージーランドカナダメキシコイスラエルへと展開している。 このホース・クラブの会員数2010年時点で33000人・組織正会員に配る『アパルーサ・ジャーナル』Appaloosa Journal は32000部を数える (2008年)。一方、アメリカ・アパルーサ協会の設立1983年で、設立メンバーは ApHC が毛色規定変えて単色の馬を承認したことに反発する人々だった。本部ミズーリ州会員数2000を超えた (2008年)。ほかにも「アパルーサ専門」と名乗る登録団体は、豹文の出る遺伝子ありながら ApHC の審査不合格だった馬の登録を受け付けている。ところがこれらの団体には北アメリカアパルーサではないものを血統起源として、繁殖歴史をほかの国とするものも取り入れ傾向見える。いずれにしても ApHC がアパルーサ登録に関わる最大の組織であり、主催する品評会世界一規模アパルーサという品種は「ApHC が公認する血統条件適合、それを補う〈望まし毛色〉などの特徴をそなえる」ものとされている。これは言いかえるなら、アパルーサ血統限定され、どんな身体的な特徴と「毛色範囲」がそなわっていればよいか定めるとする考え方。ところがアパルーサ厳密には「毛色品種」ではない。ApHC 承認アパルーサ両親もしくは片方登録馬であり、規定にある アラビア種、クオーターホースサラブレッド血統とされている。どんな場合両親どちらか正規の条件適合するアパルーサでなければならないのだ。アパルーサ毛色ありながら血統不明なせん馬去勢した牝馬特別の例外とされ、これら血統以外の馬はオーナーから「履行困難登録」を申しこむことができるのだ。荷役馬、ポニーピント、ペインテッドは ApHCの承認受けられず、また成体馬高規定は蹄鉄履かない状態で142センチ (14ハンドもしくは56インチ)。斑文アパルーサ認め規定よりもかなり広く全身白色のもの (ピント品種確定なら合格) は登録した両親DNA 検査アパルーサ判明しなおかつ ApHC の登録馬である場合除くと審査不合格である。 「正規」の登録を判断する特徴は蹄の縦じま、眼を普通の状態にしたときに周り強膜白いこと、眼と鼻口生殖器のあたりの皮膚の斑 (斑点) 。皮膚まだらのある品種はまれで、アパルーサにこの特徴求めることは「(略) アパルーサ品種決め基本的重大な特徴とされる毛色斑文があり、または皮膚が斑でさらに特徴のうち最低ひとつに適合するアパルーサの仔は「正規」として登録され品評会繁殖において特権を与えられる血統証明できても規定の毛色特徴見られない仔は「条件付」として ApHC から承認を受けるオーナーDNA 検査証明し、かつ特別な出展料を払う場合例外として毛色単色で「条件付」のアパルーサは ApHC 主催パフォーマンス許可イベント (Performance Permit Program=PPP) に出せない。毛色単色の場合繁殖には不適格

※この「品種登録」の解説は、「アパルーサ (馬)」の解説の一部です。
「品種登録」を含む「アパルーサ (馬)」の記事については、「アパルーサ (馬)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「品種登録」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「品種登録」の関連用語

品種登録のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



品種登録のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの品種登録 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアパルーサ (馬) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS