アラビアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アラビアの意味・解説 

アラビア【Arabia】

読み方:あらびあ

アジア大陸南西部ペルシア湾アラビア海紅海囲まれ世界最大半島大部分は砂漠地帯石油埋蔵量が豊富。

[補説] 「亜剌比亜」とも書く。


アラビア 【Arabia 亜辣皮亜・亜刺比亜】


アラビア半島

(アラビア から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/28 23:37 UTC 版)

アラビア半島(アラビアはんとう、アラビア語: شبه الجزيرة العربية‎、単にアラビアとも)は、アジアアフリカを繋ぐ場所に位置する西アジア南西の巨大な半島である。アラビア語では「アラブの島」を意味するジャジーラ・アルアラブと呼ばれている[1]。半島としては世界最大である[2]。漢字表記は亜剌比亜。


  1. ^ アラビア半島”. コトバンク. 2014年5月4日閲覧。
  2. ^ アラビア”. goo辞書. 2014年5月4日閲覧。
  3. ^ a b c 徳永 (2012) 31-33頁。
  4. ^ サウジアラビアの農林水産業概況”. 農林水産省. 2014年5月4日閲覧。
  5. ^ الأخيرة / إسماعيل الشطي: حاولت إعادة بناء صورة صحيحة لإنسان هذه المنطقة”. 2022年9月29日閲覧。
  6. ^ إسلام ويب - حاشية الدسوقي على الشرح الكبير - باب موات الأرض وإحياءها- الجزء رقم4” (アラビア語). www.islamweb.net. 2022年9月28日閲覧。
  7. ^ 徳永 (2012) 36-37頁。
  8. ^ Searching for traces of the Southern Dispersal Archived 2012年5月10日, at the Wayback Machine., by Dr. Marta Mirazón Lahr, et. al.
  9. ^ 徳永 (2012) 38-40頁。
  10. ^ Crawford, Harriet E. W. (1998). Dilmun and its Gulf neighbours. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 5. ISBN 0521583489 
  11. ^ Jesper Eidema, Flemming Højlundb (1993). Trade or diplomacy? Assyria and Dilmun in the eighteenth century BC. 24. pp. 441–448. doi:10.1080/00438243.1993.9980218. http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/00438243.1993.9980218#.UyNb6vmSxfA. 
  12. ^ Dilmun and Its Gulf Neighbours”. Harriet E. W. Crawford. p. 9 (1998年). 2016年5月27日閲覧。
  13. ^ 徳永 (2012) 42頁。
  14. ^ 徳永 (2012) 54-55頁。
  15. ^ a b c 徳永 (2012) 49頁。
  16. ^ 徳永 (2012) 55頁。
  17. ^ 前田、近藤、蔀「古代オリエントの世界」『西アジア史』1、118頁
  18. ^ 徳永 (2012) 57頁。
  19. ^ 徳永 (2012) 199頁。


「アラビア半島」の続きの解説一覧

アラビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/29 09:47 UTC 版)

フランク・ホームズ」の記事における「アラビア」の解説

1920年ホームズロンドン中東における石油事業開発主な目的とする新しい会社イースタン・アンド・ジェネラル・シンジケーツ(the Eastern and General Syndicates)の設立関わった1922年ホームズはアラビアへ赴きアミール君主)としてアラビア半島東部各地支配していたアブドゥルアズィーズ・イブン・サウードから石油探索許可取り付けようと交渉した。イブン・サウードから許可を得たホームズは、4週間あまりにわたって沙漠の中で探索行ない石油痕跡を示す抜いた土壌サンプルだと称するものをフフーフ持ち帰ったイギリス当局疑念逸らすために、ホームズ希少な一種である「the Black Admiral of Qatif」を探しているのだと周り吹聴していたが、この偽装功を奏しなかったようである同年末にウカイルで国境画定ための会が行なわれた際、ホームズイブン・サウード掛け合い石油利権文書署名するよう求めたが、イギリスイラク派遣高等弁務官であったパーシー・コックス(Percy Cox)が署名しないようイブン・サウード説得し契約阻止された。翌1923年イギリスイブン・サウード毎年支払っていた給付金打ち切ると、もはやイギリスには拘束されない考えたイブン・サウードは、ホームズアルハサ地方利権与えた。しかし、その後の調査では石油が出る見込み立たず財政的に行き詰まったイースタン・アンド・ジェネラル・シンジケーツは採掘権獲得手を上げて入札する事業者見つけることが出来ずアルハサ利権失効してしまった。しかし、ホームズは、バーレーン石油見つけ見込みがあるとして同地における探索注力した。 1932年ホームズイブン・サウードがスタンダード・オイル・オブ・カリフォルニア(SOCAL)やイラク石油(Iraq Petroleum Company, IPC)とアルハサ地方新たな石油利権交渉をしていたジッダ赴いたイブン・サウード顧問となっていた、イギリスの元植民地官僚ジョン・セントジョン・フィルビーは、ホームズやってくるのを察知しこの交渉割り込ませないために「君はジッダではペルソナ・ノン・グラータ歓迎されざる人物)、アルハサ地方最初の石油利権一件開発失敗した人物として認識されている」とホームズ知らせたまた、ホームズイブン・サウードに対する地代負債6千ポンド残していた。しかしホームズはこれに臆することはなかった。「イブン・サウードホームズ快く思っていない、という皆が信じていることを、当のホームズ認識してないようだった」と、IPCの代表だったスティーヴン・ヘムズリー・ロングリッグ(Stephen Hemsley Longrigg)は書き残している。実際ホームズは、おそらく交渉割って入ることは初めから考えていなかったようで、ただサウジアラビアクウェート間の中立地帯交渉対象から外すことだけを求めていた滞在中サウジ財務大臣アブドュラ・スレイマン(Abdullah Suleiman)と会見はしたものの、到着から3日後にホームズジッダ離れアルハサ地方利権交渉には関わらなかった。中立地帯除いたアルハサ地方利権SOCALのものとなった同社運営会社としてカリフォルニア・アラビアン・スタンダード・オイル(CASOC)を設立しテキサス石油(Texas Oil Company)と協力して開発にあたり1938年3月ダンマーム商業性のある油田掘り当てた。CASOC は1944年社名 Arabian American Oil Company (Aramco)へと改称した

※この「アラビア」の解説は、「フランク・ホームズ」の解説の一部です。
「アラビア」を含む「フランク・ホームズ」の記事については、「フランク・ホームズ」の概要を参照ください。


アラビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 18:54 UTC 版)

科学史」の記事における「アラビア」の解説

アラビアでは強力なイスラム帝国集権国家のもとにアラビア科学発達するウマイヤ朝第二代のカリフであったハーリドの頃からギリシア科学文献積極的にアラビア語翻訳され研究された。学問の都市と成長しつつあったアッバース朝バグダードではギリシア科学文献収集した図書館知恵の館)が設立され多くの学者がここで研究行った主任翻訳官となったフナイン・イブン・イスハーク中心にネストリウス学派学者協力して組織的な翻訳作業行い100以上の文献アラビア語訳された。 数学では『シッダーンタ』が翻訳され代数学を始めアル=フワーリズミー紹介して広まっていった。アヴィケンナらによって医学発達するジャービル・イブン・ハイヤーン薬剤師としてバグダード研究医療活動続け錬金術基礎築いた。 しかし12世紀以降ファーティマ朝アッバース朝の滅亡スペイン人コルドバ侵攻などとともに学問衰えてゆく。その後イスラム圏では個人国家実益ありそうにないことに対して無関心の傾向強まり科学中心キリスト教圏に移る。

※この「アラビア」の解説は、「科学史」の解説の一部です。
「アラビア」を含む「科学史」の記事については、「科学史」の概要を参照ください。


アラビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 10:35 UTC 版)

月宿」の記事における「アラビア」の解説

アラビアにも月宿体系があり manzil([マンジル]、詳しくは manāzil al-qamar [マナージル・アル=カマル])といい、こちらも28宿である。

※この「アラビア」の解説は、「月宿」の解説の一部です。
「アラビア」を含む「月宿」の記事については、「月宿」の概要を参照ください。


アラビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 18:12 UTC 版)

知事」の記事における「アラビア」の解説

バーレーン・エジプト・イラク・ヨルダン・クウェート・レバノン・オマーン・シリア・イエメンの県の長のmohafaziは、知事と訳す。

※この「アラビア」の解説は、「知事」の解説の一部です。
「アラビア」を含む「知事」の記事については、「知事」の概要を参照ください。


アラビア(けんのまじん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 20:25 UTC 版)

リトルマスター2 雷光の騎士」の記事における「アラビア(けんのまじん)」の解説

魔剣「ガラバーニュ」を守る魔神前作口調異なる。ターバン巻き封印解放後は曲刀を振るってリイムとともに戦う。

※この「アラビア(けんのまじん)」の解説は、「リトルマスター2 雷光の騎士」の解説の一部です。
「アラビア(けんのまじん)」を含む「リトルマスター2 雷光の騎士」の記事については、「リトルマスター2 雷光の騎士」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アラビア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アラビア」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アラビアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アラビアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアラビア半島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランク・ホームズ (改訂履歴)、科学史 (改訂履歴)、月宿 (改訂履歴)、知事 (改訂履歴)、リトルマスター2 雷光の騎士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS