学派とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 団体 > 流派 > 学派の意味・解説 

がく‐は【学派】

読み方:がくは

学問上流派。「陽明―」


学派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 15:34 UTC 版)

資本主義」の記事における「学派」の解説

資本主義に関する経済理論や学派には以下がある。ただし多くの学派名は他称であり、その分類に議論がある。

※この「学派」の解説は、「資本主義」の解説の一部です。
「学派」を含む「資本主義」の記事については、「資本主義」の概要を参照ください。


学派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 22:27 UTC 版)

犯罪学」の記事における「学派」の解説

犯罪生物学派 「新ロンブローゾ学派」とも呼ばれ犯罪人類学を礎とする学派である。犯罪人類学は遺伝的見解生物学的特長を元に犯罪との関連性を究明したが、犯罪生物学派はそれを発展し遺伝的要因踏み込んで新し概念創出した。また、神経科学観点から脳画像スキャン利用した神経犯罪学存在する刑事犯罪学派刑事社会学派) 刑事犯罪学派20世紀初頭に成立し犯罪原因について生物学的関心から究明するではなく刑罰をより効率的に執行するために究明するところから始められた。その関係でドイツのフランツ・フォン・リスト多くの刑法学者が国境を越えて多く参加した刑事犯罪学派は、犯罪生物学派正反対の立場を採る。生来犯罪人説を否定し内的要因ではなく社会学的外的犯罪要因論を確立し累犯者初犯者の別偶発犯罪、計画犯罪の別など、犯罪者分け、その傾向適応した刑罰科すべきだと主張する。この学派が発展し今日刑事政策派生した犯罪社会学派 犯罪生物学的要因依存するではなく犯罪行動様式から犯罪者分類しどのような状況下で犯罪が行われるかを示した犯罪生物学派生来犯罪人説を唱えて犯罪素質について言及し刑事犯罪学派犯罪はその環境よるものであると言及するのに対して双方とは一定の距離を保ったことが特徴生来犯罪人説は否定したが、一定の性格傾向犯罪との因果関係否定しない。その傾向を「累犯」「職業犯罪」「慣習犯罪」という観点から受け入れる。 リヨン学派フランス環境学派) 社会的な環境化の境遇犯罪作り出す考える学派。刑事犯罪学派に近いがフランス社会学者エミール・デュルケーム等は「犯罪社会現象正常な1つ機能である」といった犯罪正常説という新し概念創出した。この考え方によれば犯罪は常に存在するが、その犯罪現出傾向その社会において平均的犯罪水準越えたときに、その行動犯罪として異常形態になる。とする。つまり、犯罪ではなかったことが、その度合いが増すことによって規制され犯罪規定されるのだから、犯罪社会進化と共に正常とも異常とも変容しうるとした。

※この「学派」の解説は、「犯罪学」の解説の一部です。
「学派」を含む「犯罪学」の記事については、「犯罪学」の概要を参照ください。


学派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 03:42 UTC 版)

法学」の記事における「学派」の解説

法思想その他によって、法学の学派を区別することがある註釈学派(Glossatoren)・後期註釈学派Postglossatoren)・復古学派(Humanisten) 歴史法学 ロマニスト(Romanist)・ゲルマニスト(Germanist) 国家学方法(staatswissenschaftliche Methode)・法学方法(juristische Methode自然法学実証主義法学純粋法学reine Rechtslehre) 近代法学・ポストモダン法学 リアリズム法学 自由法学利益法学 マルクス主義法学 フェミニズム法学

※この「学派」の解説は、「法学」の解説の一部です。
「学派」を含む「法学」の記事については、「法学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「学派」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

学派

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 07:58 UTC 版)

名詞

(がくは)

  1. 学問上の流派

発音(?)

が↗くは

「学派」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



学派と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「学派」の関連用語

学派のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



学派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの資本主義 (改訂履歴)、犯罪学 (改訂履歴)、法学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの学派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS