アリストテレスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 政治学者 > 政治学者 > アリストテレスの意味・解説 

アリストテレス【Aristotelēs】


アリストテレス

英訳・(英)同義/類義語:Aristoteles

古代ギリシャの哲学者、博物学者
「生物学用語辞典」の他の用語
人や施設・本の名前など:  Jackson研究所  アイメル  アベリー  アリストテレス  インゲンホウス  ウィルキンズ  オチョア

アリストテレス(ありすとてれす)

紀元前384~前322年古代ギリシア哲学者ワイン蒸留を初め記録した彼は土、空気、火という四つ要素間の変化は、温、冷、乾、湿という性質のうちの一つ共有しているもの同士間で容易に行われる考えた冷湿空気は温湿の性質を持つので温めれば空気水蒸気)となりこれを冷やせにもどる(上図参照)。すなわち蒸留であり、彼のによれば酒(オイノス)は水と土の二要素から成り蒸留水の要素分離すれば後に土(酒のエキス分)が残る。紀元前342年から七年招かれアレクサンドロス教育係となり、大王東征中にアリストテレスから贈られ『イーリアス』(まくら)の下に忍ばせた伝えられるほどの思想的影響及ぼした

アリストテレス


アリストテレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/06 05:07 UTC 版)

アリストテレス(アリストテレース、古希: Ἀριστοτέλης[注釈 1]: Aristotelēs前384年 - 前322年[1])は、古代ギリシア哲学者である。


注釈

  1. ^ 古代ギリシア語ラテン翻字: Aristotélēs
  2. ^ 古代ギリシア語: φιλοσοφία

出典

  1. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “アリストテレス” (日本語). コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年3月14日閲覧。
  2. ^ 「哲学者群像101」p36 木田元編 新書館 2003年5月5日初版発行
  3. ^ a b c 立花隆『脳を究める』(2001年3月1日 朝日文庫
  4. ^ Behind the Name: Meaning, Origin and History of the Name Aristotle”. behindthename.com. 2011年6月20日閲覧。
  5. ^ 山本光雄 『ギリシア・ローマ哲学者物語』 講談社〈講談社学術文庫〉、2003年、154頁。ISBN 9784061596184
  6. ^ 中畑正志「プラトンとアリストテレス」(『哲学の歴史 第1巻 哲学誕生 〔古代I〕』中央公論社、2008年、p641)
  7. ^ G・W・F・ヘーゲル 『哲学史講義Ⅱ』河出文庫、2016年、P.329頁。 
  8. ^ 『数学と理科の法則・定理集』アントレックス、2009年、150、151頁。
  9. ^ 世界の見方の転換1 天文学の復興と天地学の提唱. みすず書房. (2014) 
  10. ^ a b 堤之智. (2018). 気象学と気象予報の発達史. 丸善出版. ISBN 978-4-621-30335-1. OCLC 1061226259. https://www.maruzen-publishing.co.jp/item/b302957.html 
  11. ^ a b c d e 世界の見方の転換3 世界の一元化と天文学の改革. みすず書房. (2014) 
  12. ^ 河井徳治 2011, p. 1.
  13. ^ a b 河井徳治 2011, p. 2.
  14. ^ a b 世界の名著8『アリストテレス』. 中央公論社. (1979) 
  15. ^ 世界古典文学全集16アリストテレス. 筑摩書房. (1966/08) 
  16. ^ Aristoteles.; アリストテレス. (2018). Chosaku danpenshū : 2. Uchiyama, Katsutoshi., Kanzaki, Shigeru., Nakahata, Masashi., Kunikata, Eiji., 内山勝利., 神崎繁.. Tōkyō: Iwanamishoten. ISBN 978-4-00-092790-1. OCLC 1078647540. https://www.worldcat.org/oclc/1078647540 
  17. ^ 「キリスト教の歴史」p75 小田垣雅也 講談社学術文庫 1995年5月10日第1刷
  18. ^ アンナ・コムニニ(アンナ・コムネナ) 著、相野洋三 訳 『アレクシアス』悠書館、2019年。 p1
  19. ^ 井上浩一 『歴史学の慰め アンナ・コムネナの生涯と作品』白水社、2020年。 p137
  20. ^ 「医学の歴史」p140 梶田昭 講談社 2003年9月10日第1刷
  21. ^ 「キリスト教の歴史」p102 小田垣雅也 講談社学術文庫 1995年5月10日第1刷
  22. ^ ルイス・ハンケ 『アリストテレスとアメリカ・インディアン』佐々木昭夫訳、岩波書店岩波新書〉、1974年。
  23. ^ フランツ・ブレンターノ『経験的立場からの心理学』(Psychologie vom empirischen Standpunkt.)
  24. ^ 「ところで、ウニの口は始めと終りは連続的であるが、外見は連続的でなく、まわりに皮の張ってない提灯に似ている」(アリストテレース 『動物誌』 上、島崎三郎訳、岩波書店〈岩波文庫 青604-10〉、1998年12月16日、p. 174頁。ISBN 4-00-386011-Xhttp://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/38/X/3860110.html 


「アリストテレス」の続きの解説一覧

アリストテレス(B.C.384-B.C.322)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 22:06 UTC 版)

決してマネしないでください。」の記事における「アリストテレス(B.C.384-B.C.322)」の解説

空気」の材料空気と言い切った古代ギリシア哲学者。(Q.1に登場)

※この「アリストテレス(B.C.384-B.C.322)」の解説は、「決してマネしないでください。」の解説の一部です。
「アリストテレス(B.C.384-B.C.322)」を含む「決してマネしないでください。」の記事については、「決してマネしないでください。」の概要を参照ください。


アリストテレス (Aristotle)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/24 08:51 UTC 版)

特異なバグ」の記事における「アリストテレス (Aristotle)」の解説

アリストテレスは、バグのないプログラムからの不正な出力を指す。古代ギリシャの哲学者アリストテレスに由来するこのバグは、正しいと思い込んでいる不正な入力によって、そのまま不正な出力現れることを指している。プログラム自体バグではないが、コンピュータサイエンスではよくあることだ。入力チェックする前に複雑なアルゴリズム欠陥があるのではと考えてしまうことからいろいろな矛盾発覚するまで多くの人正しいと信じられていたアリストテレスの名が付いた。 軽い警句として、FIFOLIFOなどになぞらえて、ごみを入れればごみが出てくる「ガベージインガベージアウト」(「GIGO」)などとも言われる

※この「アリストテレス (Aristotle)」の解説は、「特異なバグ」の解説の一部です。
「アリストテレス (Aristotle)」を含む「特異なバグ」の記事については、「特異なバグ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アリストテレス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アリストテレス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アリストテレスと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アリストテレス」の関連用語

アリストテレスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アリストテレスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2022.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアリストテレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの決してマネしないでください。 (改訂履歴)、特異なバグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS