浄化とは?

じょう‐か〔ジヤウクワ〕【浄化】

[名](スル)

きれいにすること。清浄にすること。「空気を浄化する」

心身の罪やけがれを取り除くこと。社会悪弊などを除いて、あるべき状態にすること。「腐敗した政治を浄化する」

ある地域から他民族を排し、民族構成単一化すること。→民族浄化

カタルシス


じょう‐か ジャウクヮ 【浄化】

〔名〕

① きれいにすること。汚濁した水や空気などの汚れ除去して清浄にすること。〔近代語辞典(1923)〕

読書放浪(1933)〈内田魯庵モダーンを語る「此の沈澱した空気を浄化するオゾンを与へるのはモダーンである」

② 心のけがれ・罪・害悪などを除いて正常にすること。悪弊あらため正しい状態にすること。また、欲望などの束縛をはなれて神聖にすること。

桐畑1920)〈里見弴〉天変地異「この涙で何もかも、〈略〉浄化(ジャウクヮ)される、と云ふやうな」

③ =カタルシス

ブラリひょうたん(1950)〈高田保計算読書法「人間害うかもしれぬ危険な感情を浄化し、その後に悪影響を及ぼすことがないようにしてしまう」


浄化

作者クリストファー・ファウラー

収載図書白昼の闇
出版社東京創元社
刊行年月2006.6
シリーズ名海外文学セレクション


浄化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/02 04:53 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「浄化」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「浄化」を含むページの一覧/「浄化」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「浄化」が役に立つかも知れません。


浄化

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 04:00 UTC 版)

名詞

 じょうか

  1. きよめること。きよくすること。奇麗にすること。
  2. 不正悪弊取り除き正しい状態にすること。
  3. カタルシス

発音

じょ↗ーか

複合語

対義語

動詞

活用

サ行変格活用
浄化-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「浄化」に関係したコラム

  • CFDのパラジウム相場の見方

    パラジウムは、プラチナと同じ白金族金属(PGM)で自動車の排気ガス浄化触媒など工業用として用いられています。パラジウムは、ロシアと南アフリカで8割以上の生産量を占めています。次の図は、パラジウムの生産...

  • CFDのプラチナ相場の見方

    世界のプラチナ(白金)の年間採掘量は200トン前後です。金の年間採掘産量が4000トンなので、プラチナは金の約20分の1の量しか採掘されていません。下の図は、プラチナの生産量をグラフに表したものです。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浄化」の関連用語

浄化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



浄化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浄化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの浄化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS