精製とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 精製 > 精製の意味・解説 

せい‐せい【精製】

読み方:せいせい

[名](スル)

十分に念を入れてつくること。「材料選び—した品」

まじりもの除いて純良なものをつくりあげること。「原油を—する」


精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/05 03:06 UTC 版)

精製(せいせい、英語:refining)とは、混合物純物質にする工程、あるいはその技術。化学的に合成したり、抽出などにより得た化合物は、多くの場合、いくつかの化合物の混合物であるため、単一で純度の高いものにするために精製を行う。




「精製」の続きの解説一覧

精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/24 04:03 UTC 版)

採油 (油脂)」の記事における「精製」の解説

オリーブオイルごま油これらの粗油濾過したものを使用するが、通常植物油次の精製過程追加する。脱ガムガム質を、脱酸遊離脂肪酸取り除くそのままでは色や匂い強すぎるため、活性白土によって脱色高温水蒸気によって脱臭を行う。ここまでJAS規格における精製油になる。サラダ油の場合はこの後固まりやすいロウ分を取り除く(脱ロウ)。

※この「精製」の解説は、「採油 (油脂)」の解説の一部です。
「精製」を含む「採油 (油脂)」の記事については、「採油 (油脂)」の概要を参照ください。


精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/04 09:59 UTC 版)

塩化ハフニウム(IV)」の記事における「精製」の解説

ハフニウムジルコニウムともに同じ数のd軌道電子持ち原子半径わずかな違い(Hf:156.4 pmZr:160 pm)でしかなく、それに起因する反応性類似化合物物性類似により、ハフニウム化合物の精製は困難である傾向があるしかしながら四塩化においてはジルコニウムハフニウム還元性違い基い分離することが可能である。すなわち、塩化ジルコニウム(IV)還元させると塩素数の少な塩化ジルコニウム(III)から金属ジルコニウムまで選択的に還元され塩化ハフニウム(IV)大体において還元されない。また、塩化ハフニウム(IV)揮発性であり、塩化ジルコニウム(III)不揮発性あるためこれらの性質利用して簡単に分離することができる。

※この「精製」の解説は、「塩化ハフニウム(IV)」の解説の一部です。
「精製」を含む「塩化ハフニウム(IV)」の記事については、「塩化ハフニウム(IV)」の概要を参照ください。


精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 22:12 UTC 版)

単鎖可変領域フラグメント」の記事における「精製」の解説

単鎖可変領域フラグメントは、完全な抗体分子見られる定常Fc領域英語版)を持たないため、共通の結合部位プロテインGなど)を使用して抗体精製することはできないプロテインLはκ軽鎖カッパ軽鎖)の可変領域相互作用するため、これらのフラグメントプロテインL(英語版)を使用して精製または固定化することがよくあるより一般的には、scFv分子C末端6つのヒスチジンタグを組み込み固定化金属アフィニティークロマトグラフィーIMAC)を使用してそれらを精製するヒトVH3ドメインを含む一部scFvも、プロテインA(英語版)によって捕捉される。

※この「精製」の解説は、「単鎖可変領域フラグメント」の解説の一部です。
「精製」を含む「単鎖可変領域フラグメント」の記事については、「単鎖可変領域フラグメント」の概要を参照ください。


精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 09:44 UTC 版)

ノーベリウム」の記事における「精製」の解説

ノーベリウムの同位体は、262Lrの娘粒子として生成される262Noを除き、そのほとんどがアクチノイド標的粒子ウランプルトニウムキュリウムカリホルニウムアインスタイニウム)に衝突させることにより生成されるが、最も一般的に使用される同位体の255Noは248Cmや249Cfに12Cを照射することにより生成される後者の方の方がより一般的であるとされ、249Cfの350μg cm−2ターゲット毎秒3兆個(3 × 1012)の73MeVの12Cイオン10分照射することで、約1200個の255No原子生成することができる。 255Noが生成されると、隣のアクチノイドであるメンデレビウム精製するために使われると同様の方法で分離することができる。生成された255No原子反跳運動量はそれらが生成されターゲットから物理的に遠ざけるために使われ真空中ターゲットのすぐ後ろにある金属通常ベリリウムアルミニウム白金、金)の薄い箔の上に移動する。これは通常雰囲気ガス(しばしばヘリウム)でノーベリウム原子トラップし、反応チャンバー小さな開口部からガスジェットとともにそれを運ぶことにより結合される長い毛細管使用しヘリウムガス中に塩化カリウムエアロゾル含めることでノーベリウム原子数十メートルにわたって運ぶことができる。箔上に集められたノーベリウム薄層は箔を完全に溶解させずに希酸で除去することができる。他の3価のアクチノイドとは異な2価の状態を形成する傾向利用してノーベリウム分離することができる。典型的に使われる溶出条件固定有機相としてビス-(2-エチルヘキシル)リン酸(HDEHP)、移動水相として0.05M塩酸、または陽イオン交換樹脂カラムからの溶離剤として3M塩酸使用)では、ノーベリウムカラム通過して溶出するが、他の3価のアクチノイドカラムに残る。ただし、直接キャッチャー金箔使用する場合は、HDEHPを使用するクロマトグラフィー抽出カラムから溶出してノーベリウム分離する前に陰イオン交換クロマトグラフィー使用して金を分離する必要があるため、その過程複雑になる

※この「精製」の解説は、「ノーベリウム」の解説の一部です。
「精製」を含む「ノーベリウム」の記事については、「ノーベリウム」の概要を参照ください。


精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 07:09 UTC 版)

消化ガス」の記事における「精製」の解説

下水処理場沈殿地で分離され汚泥は、消化タンク発酵処理される。その過程では消化ガス発生と同時に汚泥減容化される。メタン菌の種により、20以下、25 - 3545以上の環境いずれかもしくはこれらを組み合わせた多段階での発酵が行われるが、後述のとおり加温には消化ガス燃焼した熱が利用される場合がある。ここで発生する有機酸アンモニアは、発酵阻害要因となる。 1980年代以降消化タンクにはドイツのディビダーク英語版)社で開発されプレストレスト・コンクリート卵型タンク広く採用されている。嫌気性発酵特性上、曝気のための動力を必要とせず、周囲への匂い拡散わずかである二酸化炭素は、下水処理場内で消費する場合には除去しないこともあるが、自動車燃料都市ガス原料などとして高度利用する場合には、吸収塔内で消化ガス下水処理気液接触させる湿式吸収法、または高圧にしたへのメタン二酸化炭素溶解度の差を応用した高圧水吸収法除去する下水由来消化ガスでは、生活廃棄物畜産系のバイオガスに比べ豊富な利用しての処理がしやすい特徴がある硫化水素は、酸化鉄に通するなどの脱硫方法採られるが、上記の二酸化炭素除去水処理によっても除去されるほか、硫黄酸化細菌利用研究されている。 シロキサンシャンプー化粧品など含まれるシリコンオイルに起因するものであり、燃焼により生じ二酸化ケイ素エンジン点火プラグ触媒ボイラー排気管などに堆積して機能損なことから除去必須であり、吸着材で除去するどの方法が採られる。

※この「精製」の解説は、「消化ガス」の解説の一部です。
「精製」を含む「消化ガス」の記事については、「消化ガス」の概要を参照ください。


精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 00:52 UTC 版)

ケイ素」の記事における「精製」の解説

金属グレードMGシリコン ケイ素単体カーボン電極使用したアーク炉用いて二酸化ケイ素還元して得る。この際精製されたケイ素純度99 %程度ものであるSiO 2 + C ⟶ Si + CO 2 {\displaystyle {\ce {SiO2 + C -> Si + CO2}}} SiO 2 + 2 CSi + 2 CO {\displaystyle {\ce {SiO2 + 2C -> Si + 2CO}}} 高純度ポリシリコン さらに純度高めるには、塩素反応させ四塩化ケイ素にする。これは揮発性の高い液体なので、これを蒸留して純度高める。そうして得られ純度の高い四塩化ケイ素水素ガス反応させて分解することで金属単体シリコンを得る。 Si + 2 Cl 2 ⟶ SiCl 4 {\displaystyle {\ce {Si + 2Cl2 -> SiCl4}}} SiCl 4 + 2 H 2Si + 4 HCl {\displaystyle {\ce {SiCl4 + 2H2 -> Si + 4HCl}}} 半導体グレードSEGシリコン 集積回路使用する半導体素子用の超高純度ケイ素純度11N以上)は、上記の高純度シリコンから、さらにFZ(フローティングゾーン)法のゾーンメルティングCz(チョクラルスキー)法の単結晶成長法による析出工程を経ることで製造されるゾーンメルト法では、結晶中の不純物融解帯に掃き出され濃縮する過程繰り返すことで、高純度ケイ素を得る。Cz法においては偏析利用して高純度化するため、原料であるポリシリコン多結晶珪素)には、非常に純度の高いものが要求される半導体利用するには基本的に結晶欠陥転位)のない単結晶が必要とされ、FZ法(フローティングゾーン)においてもCz法(チョクラルスキー)においても単結晶回転させながらいったん細くし、転位外に追い出した段階結晶の径を大きくすることにより、所定の大きさ結晶を得る。FZ法大口径化に向かないため、産業用使用されているシリコンウェーハ大部分はCz法によって製造されている。現在製品化されているシリコンウェーハの径は直径300 mmまでである。なお、半導体メーカー数社によるコンソーシアムG450C」による直径450 mmシリコンウェハー開発が現在検討中である。 太陽電池グレードSOGシリコン 再生可能エネルギー発電需要増大起き前はソーラーパネル製造および需要事情は、半導体グレードSEG)ほどの需要応えられるような超高純度必要なく、7N程度純度済み、また多結晶でも充分目的果たせられる。このため上記の単結晶シリコンインゴットの端材などが原料利用されてきた。 しかし、再生エネルギー発電需要増大にともない専用の太電池グレード(ソーラーグレード)シリコン生産法開発されている。手順としては上記の半導体グレードSEG)の精製工程を簡略化た方法のほか、下記のような手法用いられる半導体グレードSEGに比べ使用するエネルギー製造費用数分1以下になるとされる手法が多い(ソーラーグレードシリコンを参照)。流動床炉(FBR)法:種結晶気流巻き上げながら、表面シリコン析出させる。 冶金法:金属グレードシリコンから冶金学手法によって直接ソーラーグレードシリコン製造する水ガラス化法珪石(SiO2)を水ガラス化した態で高純度化してから還元するNEDO溶融精製法金属グレードシリコン電子ビームプラズマ溶融させて特定の不純物除いたあと、一方向凝固させるソーラーグレードシリコン2006年平成18年)ごろには高純度シリコン市場約半分占め今後もその割合拡大する見られている今後はソーラーグレードが高純度シリコン生産量大部分占め半導体級は特殊品になっていくと予測されている。また太陽電池シリコン原料2008年平成20年)までは供給逼迫価格高止まりしていたが、2009年平成21年)からは価格低下予測されている。 実験室的製法 しばし授業趣味の一環で、マグネシウムなどのアルカリ金属使用したテルミット反応利用して金属ケイ素精製することがあるSiO 2 + 2 MgSi + 2 Mgo {\displaystyle {\ce {SiO2 + 2Mg -> Si +2Mgo}}} 4 Mg + SiO 2 ⟶ 2 MgO + Mg 2 Si {\displaystyle {\ce {4Mg + SiO2 -> 2MgO +Mg2Si}}} しかし、この反応でできたケイ素マグネシウム反応してケイ化マグネシウム形成されることがある。 この反応防げないため、純粋なケイ素だけを得るためには塩酸反応させる必要があるMg 2 Si + 2 HCL ⟶ 2 MgCl 2 + H 4 Si {\displaystyle {\ce {Mg2Si +2HCL -> 2MgCl2 +H4Si}}}

※この「精製」の解説は、「ケイ素」の解説の一部です。
「精製」を含む「ケイ素」の記事については、「ケイ素」の概要を参照ください。


精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 08:15 UTC 版)

モノクローナル抗体」の記事における「精製」の解説

培養したハイブリドーマ培地サンプルまたは腹水サンプルいずれか入手した後、目的抗体抽出する必要がある細胞培養サンプル夾雑物きょうざつぶつ)は、主に成長因子ホルモントランスフェリンなどの培地成分構成されている。一方生体内in vivoサンプルには、宿主抗体プロテアーゼヌクレアーゼ核酸ウイルス含まれている可能性がある。どちらの場合も、サイトカインのようなハイブリドーマによる他の分泌物存在する可能性があるまた、細菌汚染があり、その結果細菌分泌する内毒素存在する可能性もある。細胞培養必要な培地複雑さひいては混入物に応じてどちらか一方の方法(in vivoまたはin vitro)が好まし場合があるサンプルは、まず前処理をするか精製の準備をする最初に細胞細胞組織片、脂質、および凝固物を通常遠心分離によって除去しその後に0.45 µmフィルターろ過するこれらの大きな粒子は、後の精製工程で膜ファウリング(英語版)と呼ばれる現象引き起こすことがある。さらに、特に分泌量の少な細胞株目的抗体作られている場合サンプル中の生成物濃度十分でない可能性もある。そのため、サンプル限外濾過または透析によって濃縮する帯電した不純物多くは、核酸エンドトキシンなどの陰イオンである。これらは、イオン交換クロマトグラフィーによって分離することができる。目的抗体カラム結合しながら陰イオン流れるような低いpH陽イオン交換クロマトグラフィー使用し目的抗体カラム結合しながら流れるような高いpH陰イオン交換クロマトグラフィー英語版)を使用するまた、さまざまなタンパク質を、その等電点pIに基づいて陰イオンとともに分離することができる。タンパク質では、等電点pI)は、タンパク質正味の電荷持たないpH定義されるpH > pIの場合、タンパク質正味の負電荷持ちpH < pIの場合、タンパク質正味の正電荷を持つ。たとえば、アルブミンpIは4.8であり、ほとんどのモノクローナル抗体pIが6.1であるのと比べて著しく低い。したがって、pHが4.8から6.1の間では、アルブミン分子平均電荷はより負になる可能性高く、mAbs分子正に帯電しているため、両者分離することができる。一方トランスフェリンpIは5.9なので、この方法では簡単には分離できない良好な分離のためには、少なくともpIの差は1を必要とするその代わりにトランスフェリンは、サイズ排除クロマトグラフィーによって除去することができる。この方法は、より信頼性の高いクロマトグラフィー技術一つである。タンパク質扱っているので、電荷親和性などの特性一貫しておらず、pHによって分子プロトン化および脱プロトン化されるため変化するが、サイズ比較一定保たれるそれでもなお、低分解能低容量、低溶出時間などの欠点があるはるかに迅速な単一ステップ分離方法として、プロテインA/G(英語版アフィニティークロマトグラフィーがある。この抗体は、プロテインA/Gに選択的に結合するため、高レベル純度通常80%以上)が得られる。しかし、この方法は一般的に過酷な条件行われるため、損傷受けやすい抗体には問題がある可能性があるpHが低いと、結合切断され抗体カラムから外れることがある。製品影響を与える可能性があることに加えpHが低いとプロテインA/G自体カラムから漏れ出し溶出したサンプル混入する可能性がある敏感な抗体が低pHさらされるのを防ぐために、高塩濃度採用した穏やかな溶出バッファーシステムを利用できる固定化プロテインA/Gはより高価な樹脂あるためこの方法ではコスト重要な考慮事項となる。 単一の工程最大の純度達成するために、抗体特異性持たせるために抗原使用してアフィニティ精製を行うことができる。この方法では、抗体生成するために用い抗原は、アガロース担体共有結合する。抗原ペプチドの場合、一般的には末端システインを持つように合成されるこれにより開発時にKLH英語版)などのキャリアタンパク質に選択的に結合させ、精製を保持することができる。その後抗体含有培地を、固定化された抗原インキュベートする。このとき、抗体バッチ式またはカラム通過させることにより選択的に結合し不純物洗い流す保持されるその後、低pHバッファーまたはより穏やかな高塩濃度溶出バッファー溶出し、担体から精製された抗体回収する

※この「精製」の解説は、「モノクローナル抗体」の解説の一部です。
「精製」を含む「モノクローナル抗体」の記事については、「モノクローナル抗体」の概要を参照ください。


精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:45 UTC 版)

「米」の記事における「精製」の解説

イネ科果実である穎果は厚い外皮(籾)に覆われており、脱穀によりまずこの籾殻除去する除去したの場合は玄米」と呼ばれ胚乳92%)、胚芽(3%)、果皮(5%)から成っている。麦に比べ吸水性良いため、麦のように粉状にせずに粒米のまま食用にするが、さらに胚乳デンプン質加熱により糊化することで栄養価高くなる。しかし、果皮によって加熱不良になりやすいため果皮除去する必要がある玄米表面を覆う糠層(ぬかそう、主として果皮糊粉層)を取り去ることを精白精米搗精とうせい〉)という。糠層も胚芽取り去った米を白米精白米精米)といい、糠を除去したものを精米白米という。このとき糠と同時に胚芽除かれしまうため、栄養バランス逆に悪くなる古く丈夫な臼に玄米入れ上からで叩くようにして糠を取り除いていた。日本ではこの作業を「搗(つ)く」「舂(つ)く」、白米にすることを「毇(しら)ぐ」「研ぐと言い得られ精米を「舂米(つきしね、しょうまい)」と言った古代日本では朝廷豪族部民専門職業集団)として「舂米部(つきしねべ)」を置いていた。得られ精米後の臼には糠とともに粒食適さないさらに小さい米や割れた米、粉が残ったが、これらも水や他の食材と合わせて調理することで食用とした。日本ではいわゆる搗き餅」とは異なる餅として独自の発展遂げている。

※この「精製」の解説は、「米」の解説の一部です。
「精製」を含む「米」の記事については、「米」の概要を参照ください。


精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 06:15 UTC 版)

ニトロセルロース」の記事における「精製」の解説

硝化反応終わったら大量ので煮洗を10回、流水洗を5回くり返し念入りに酸を取り除く。この工程繊維裁断同時に行う。一般に、洗うのに60時間裁断5時間を要する洗浄終わったらふるいにかけたり磁石金属取り除いたりして不純物除去する最後に脱水機にかけて水分取り除く

※この「精製」の解説は、「ニトロセルロース」の解説の一部です。
「精製」を含む「ニトロセルロース」の記事については、「ニトロセルロース」の概要を参照ください。


精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/24 09:56 UTC 版)

五酸化タンタル」の記事における「精製」の解説

タンタル鉱石にはかなりの量のニオブ含まれていることが多くそれ自体有価金属である。そのため、両方金属抽出され販売される全体過程湿式製錬1つであり、浸出段階から始まる。この段階では鉱石フッ化水素酸硫酸処理され、へプタフルオロタンタル酸塩(英語版)などの水溶性フッ化水素生成されるこれにより金属岩石さまざまな非金属不純物から分離できる。 (FeMn)(NbTa)2O6 + 16 HFH2[TaF7] + H2[NbOF5] + FeF2 + MnF2 + 6 H2O タンタルニオブフッ化水素は、シクロヘキサンメチルイソブチルケトンなどの有機溶媒使用した液液抽出により水溶液から取り除かれるこの段階では水相フッ化物形で残っているさまざまな金属不純物マンガンなど)を簡単に取り除くことができる。タンタルニオブ分離pH調整により行われるニオブ有機相で溶解したまであるには高いレベル酸性度必要とするため、酸性度の低い抽出することで選択的に取り除くことができる。次に純粋なフッ化水素タンタル溶液アンモニア水中和し水和タンタル酸化物(Ta2O5(H2O)x)が生成される。これは次の理想的な式で説明されるように、五酸化タンタル(Ta2O5)に焼成される。 H2[TaF7] + 5 H2O + 7 NH3 → .mw-parser-output .sfrac{white-space:nowrap}.mw-parser-output .sfrac.tion,.mw-parser-output .sfrac .tion{display:inline-block;vertical-align:-0.5em;font-size:85%;text-align:center}.mw-parser-output .sfrac .num,.mw-parser-output .sfrac .den{display:block;line-height:1em;margin:0 0.1em}.mw-parser-output .sfrac .den{border-top:1px solid}.mw-parser-output .sr-only{border:0;clip:rect(0,0,0,0);height:1px;margin:-1px;overflow:hidden;padding:0;position:absolute;width:1px}1/2 Ta2O5(H2O)5 + 7 NH4F Ta2O5(H2O)5 → Ta2O5 + 5 H2O 自然界純粋な酸化タンタル鉱物タンタイトとして知られているが、非常に希少である。

※この「精製」の解説は、「五酸化タンタル」の解説の一部です。
「精製」を含む「五酸化タンタル」の記事については、「五酸化タンタル」の概要を参照ください。


精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 21:45 UTC 版)

コレステロール」の記事における「精製」の解説

コレステロール多く含む天然物から抽出すると、ヒドロキシ基OH基)の部分脂肪酸結合したエステル体であるアシルコレステロール、さらに他のステロイドコレスタノール7-デヒドロコレステロール)のアシル体などが含まれる精製物得られる。この混合物から純粋なコレステロール取り出すには、脂肪酸鹸化し取り除いたあと、鹸化されない分画抽出しアセトンあるいはアルコール用いて再結晶する。二重結合持たないコレスタノール7-デヒドロコレステロールなどを取り除くために、臭素付加してコレステロールの二臭素体とすることがある。二臭素体は難溶性を示すので再結晶などで容易に精製することが可能でありそのあと臭化物脱臭化してコレステロールに戻すことにより、純粋なコレステロールを得る。

※この「精製」の解説は、「コレステロール」の解説の一部です。
「精製」を含む「コレステロール」の記事については、「コレステロール」の概要を参照ください。


精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 10:55 UTC 版)

ファイナルファンタジーVIII」の記事における「精製」の解説

精製とは、G.F.アビリティによりカードからアイテム作成したり、アイテムからより強力なアイテム魔法作成したり、下級中級魔法から上位の魔法作成するシステムである。カードからアイテム作成する事は「カード変化」とよばれ正確には精製ではないが、実際にはカード」→「アイテム」→「魔法」という流れで精製をすることが可能であるため、「カード変化」も一種の精製行為である。 G.F.アビリティ依存こそするが、精製を上手に使うことにより、非常に手間のかかるドロー」の回数減らし手軽に魔法補充することができる。また精製を駆使することで、序盤一部最強クラス武器魔法手に入れられるなど、精製を最大まで活用できた場合利点が多い。

※この「精製」の解説は、「ファイナルファンタジーVIII」の解説の一部です。
「精製」を含む「ファイナルファンタジーVIII」の記事については、「ファイナルファンタジーVIII」の概要を参照ください。


精製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 02:08 UTC 版)

抽出」の記事における「精製」の解説

詳細は「精製」を参照 一般に抽出によって得られ物質は、目的物質けでない他の化合物も含むことが多い。したがって、純度の高いものが必要な場合には、さらに別の精製法を行う必要があり、蒸留、逆抽出カラムクロマトグラフィー再結晶が行われる。

※この「精製」の解説は、「抽出」の解説の一部です。
「精製」を含む「抽出」の記事については、「抽出」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「精製」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

精製

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 09:30 UTC 版)

発音

名詞

(せいせい)

  1. 粗製品加えて、一層良い品質のものにすること。
  2. 入れて作ること。

動詞

活用


「精製」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



精製と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

精製のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



精製のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
UCCUCC
(C) 2022 UCC UESHIMA COFFEE CO.,LTD. All Rights Reserved
UCC上島珈琲コーヒー用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの精製 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの採油 (油脂) (改訂履歴)、塩化ハフニウム(IV) (改訂履歴)、単鎖可変領域フラグメント (改訂履歴)、ノーベリウム (改訂履歴)、消化ガス (改訂履歴)、ケイ素 (改訂履歴)、モノクローナル抗体 (改訂履歴)、米 (改訂履歴)、ニトロセルロース (改訂履歴)、五酸化タンタル (改訂履歴)、コレステロール (改訂履歴)、ファイナルファンタジーVIII (改訂履歴)、抽出 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの精製 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS