運動量とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 物理量 > 運動量の意味・解説 

うんどう‐りょう〔‐リヤウ〕【運動量】

読み方:うんどうりょう

からだを動か度合い

物体運動の激しさを示す量。物体質量速度との積で表される


速度、運動量、エネルギー

 これらは、素粒子観測者運動の状態により変化する量であり、 素粒子に「固有の特性」ではないが、素粒子特性測定する際に必要 となるのでここで説明する
 速度は、2つ以上の検出器用いて素粒子通過時間を計り、それで 距離を割ることにより求める。これは、飛行時間(TOF)測定呼ばれる 方法である。ほかに、物質中を進んだ時の電離量(電荷の項を 参照)を用い方法(dE/dx検出器)、チェレンコフ光放出利用する方法チェレンコフカウンター)がある。
 運動量は、荷電粒子の場合、一様な磁場中を進むときローレンツ力により カーブ円弧)を描くのであるが、この曲率半径が運動量に比例することを 利用するこういう検出器磁気スペクトロメーターと呼ぶ。 ただし、この場合素粒子電荷知っていないといけない。 電荷を持つ素粒子電荷は、ほとんどの場合電子電荷と絶対値が等しいが、 電荷の項にある方法測定することも可能である
 エネルギーは、電子光子高エネルギーハドロンの場合、 粒子十分な厚さ物質当てると、そのほとんどすべてエネルギー物質中に 放出する。このエネルギーを光の明るさ電流量(物質中の電離し電子の全電荷を通じて測定するこういう測定器カロリメーター と呼ぶ
 直ち崩壊する粒子の運動量(またはエネルギー)は、崩壊後粒子すべて の運動量(またはエネルギー)の和である(運動量の場合は ベクトル和)。速度は、崩壊後粒子系の重心の速度に等しい

運動量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 05:48 UTC 版)

運動量うんどうりょう: momentum)とは、初等的には物体運動状態を表す物理量で、質量速度として定義される。この意味の運動量は後述する一般化された運動量と区別して、運動学的運動量(あるいは動的運動量[注釈 1])と呼ばれる。また、角運動量[注釈 2]という運動量とは異なる量と対比する上で、線型運動量[注釈 3]などと呼ばれることもある。


注釈

  1. ^ : kinetic momentumdynamical momentum
  2. ^ : angular momentum
  3. ^ : linear momentumtranslational momentum
  4. ^ : generalized momentum
  5. ^ : canonical momentum
  6. ^ : conjugate momentum

出典

  1. ^ 松田 1993, p. 21.
  2. ^ Newton 1729, Axioms, or Laws of Motion; Law II.
  3. ^ 須藤 2008, pp. 42–43, 48–51, §5 ハミルトン形式と正準変換.
  4. ^ 須藤 2008, pp. 42, 51, §5 ハミルトン形式と正準変換.
  5. ^ a b c 須藤 2008, pp. 202–204, 付録 A 電磁場の古典論.
  6. ^ 砂川 1987, p. 234, 第 5 章 §2 電磁場のエネルギーと運動量.
  7. ^ 砂川 1987, pp. 156–160, 234–240, 第 3 章 §5 定常電流間に作用する力; 第 5 章 §2 電磁場のエネルギーと運動量.
  8. ^ 須藤 2008, pp. 45–47, 5.2 ルジャンドル変換.
  9. ^ 田崎 2000, pp. 259–270, 270–278, 付録 G. 凸関数; H. Legendre 変換.
  10. ^ ランダウ & リフシッツ 2008.



運動量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 15:52 UTC 版)

フィットネス」の記事における「運動量」の解説

過剰な運動健康を損なう度が過ぎる運動は、以下のような事態につながる。 カゼ気管支炎にかかりやすくなる 運動性貧血おこしやすい 同じ部位繰り返し動かすことで、炎症疲労骨折につながる 有酸素運動1回につき1時間程度で、週に5回まで、筋力トレーニングは同じ部位トレーニング間に1日上空ける。 度が過ぎる運動ミトコンドリア(Mitochondria)の機能障害惹き起こし耐糖能(Glucose Tolerance, 上昇した血糖値下げる、血糖値正常に保つ能力)も低下させてしまう。

※この「運動量」の解説は、「フィットネス」の解説の一部です。
「運動量」を含む「フィットネス」の記事については、「フィットネス」の概要を参照ください。


運動量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/30 09:29 UTC 版)

ローレンツ因子」の記事における「運動量」の解説

上記の相対論的運動量の関係式を γ について解くと以下を得る。 γ = 1 + ( p m 0 c ) 2 {\displaystyle \gamma ={\sqrt {1+\left({\frac {p}{m_{0}c}}\right)^{2}}}} この表式用いられることはほとんどないが、マクスウェル・ユトナー分布英語版)に用いられる

※この「運動量」の解説は、「ローレンツ因子」の解説の一部です。
「運動量」を含む「ローレンツ因子」の記事については、「ローレンツ因子」の概要を参照ください。


運動量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/11 07:48 UTC 版)

からだサポート研究所 糖尿病編」の記事における「運動量」の解説

運動の種類と、運動時間入力することにより、消費エネルギー入力管理する

※この「運動量」の解説は、「からだサポート研究所 糖尿病編」の解説の一部です。
「運動量」を含む「からだサポート研究所 糖尿病編」の記事については、「からだサポート研究所 糖尿病編」の概要を参照ください。


運動量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 01:14 UTC 版)

フォノン」の記事における「運動量」の解説

詳細は「結晶運動量を参照 フォノン振動そのもの量子化したものであり、質量持たない一方で運動量は持っており p = ℏ k {\displaystyle \mathbf {p} =\hbar \mathbf {k} } で表される。ただしフォノンの運動量は、一様な空間にある粒子の運動量とは性質異なる。ネーターの定理によると運動量は系の並進対称性から導出されるため、この違い並進対称性違い由来する一様な空間連続的な並進対称性を持つが、結晶では離散的な並進対称性を持っている。この離散的な並進対称性から導かれる広義の)運動量は、通常の運動量とは区別して結晶運動量呼ばれる。この違いにより、たとえば運動量保存則は、フォノンの運動量だけでなく結晶逆格子ベクトル含まれた形となる。 フォノンによる弾性的中性子散乱では、エネルギーとともに運動量も保存される非弾性中性子散乱では中性子入射角散乱角、およびエネルギー変化調べることでフォノン波数と各周波数求まる

※この「運動量」の解説は、「フォノン」の解説の一部です。
「運動量」を含む「フォノン」の記事については、「フォノン」の概要を参照ください。


運動量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 08:32 UTC 版)

ラグランジュ力学」の記事における「運動量」の解説

一般化座標共役一般化運動量は、ラグランジアン一般化速度による偏微分 p i ≡ ∂ L ∂ q ˙ i {\displaystyle p_{i}\equiv {\frac {\partial L}{\partial {\dot {q}}_{i}}}} によって定義される。これは並進対称性から導かれる保存量である。 一般化運動量を用いると、ラグランジュの運動方程式は p ˙ i = ∂ L ∂ q i {\displaystyle {\dot {p}}_{i}={\frac {\partial L}{\partial q_{i}}}} となる。ニュートンの運動方程式との比較から、右辺一般化された力と見ること出来る。 ハミルトン形式では一般化座標一般化運動量によって記述されている。一般化運動量は正準共役量であり、共役運動量や正準運動量呼ばれることもある。

※この「運動量」の解説は、「ラグランジュ力学」の解説の一部です。
「運動量」を含む「ラグランジュ力学」の記事については、「ラグランジュ力学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「運動量」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

運動量

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 12:12 UTC 版)

名詞

運動 (うんどうりょう)

  1. スポーツ日常動作動かし
  2. (力学) 物体質量速度ベクトル掛け合わせた
  3. (政治) 選挙運動行った

複合語

翻訳

語義2


「運動量」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



運動量と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「運動量」の関連用語

運動量のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



運動量のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
素粒子事典素粒子事典
(C) Copyright 2023 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
この記事は、「素粒子事典」の2006年8月3日版を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの運動量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフィットネス (改訂履歴)、ローレンツ因子 (改訂履歴)、からだサポート研究所 糖尿病編 (改訂履歴)、フォノン (改訂履歴)、ラグランジュ力学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの運動量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS