空間とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 空間 > 空間の意味・解説 

くう かん [0]空間

物がなく、あいているところ。 せまい-を有効に活用する
上下四方広がり生活- 都市
時間とともに世界成立させる基本形式。その客観的実在認め立場主として唯物論)や、先天的直観形式とする主観的解釈カント)などがある。
物質存在し、諸現象生起する場。物質時間から独立した、無限の容器としてのニュートン絶対空間三次元ユークリッド空間)が古典物理学前提となっていたが、相対性理論では時間を含めた四次元リーマン空間導入された。
通常ユークリッド的三次元空間をいうが、広義には、ある集合でその要素の間もしくはその部分集合の間に一定の数学的構造考えるとき、その集合をいう。 n 次元空間・位相空間など。哲学字彙1881年)に英語 space訳語として載り、哲学用語として広まる


空間

読み方:スキマ(sukima)

物がなく、あいているところ


くうかん 【空間】

宗教世界では、空間に対して聖なる空間と、俗なる空間、との意識を持つ。聖なる空間は、他の空間とは異な固有の価値内容をそなえた場所と解されている。例えば神が住むと考えている場所などである。

空間

非常に頻繁に使う言葉だが、実はとても奥が深い絵画においては一般的に三次元的な奥行きを指すことが多いが、画面中に線が引かれたり絵の具が置かれたりした結果として生まれる、効果そのものを指すこともあれば、画面中に構築された仮象空間全体を指すこともある。ちなみに哲学世界では、アリストテレスは、空間を個々のものが占有する場所と定義し、ニュートンは、物体とは別に存在する実体とし、ライプニッツは、物体間の関係に過ぎないと定義した。人がどういう意味を込めて空間という言葉を使っているかは、十分注意を払って理解する必要がある

空間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/29 04:41 UTC 版)

空間(くうかん、: space)とは、




  1. ^ ニュートン力学を整理・発展させた物理学・力学を古典物理学古典力学でも空間の扱いは基本的にニュートン力学と同様である。
  2. ^ [誰?]どちらかというと思想として[要出典]
  3. ^ 進土五十八(1977):東京の緑:東京都造園建設業協同組合『私はこれまで「造園作品」と「造園空間」を区別して考えるべきだと話してきた。額縁の中に収めた立体絵画が「造園作品」である。「造園作品」の中に利用者が多数入り込むとその良さは半減する。「造園空間」はこの逆に人間のいる風景である。多数の利用者が入り込むことで活気が生じ好ましい雰囲気が醸成する。そんな構成が要件である。この二つの違いは,私園と公園の差に典型的であるが,和洋の違いや,観賞式の室町期の庭に対する廻遊式の江戸期との違いとも対応する。これを各空間構成の相違として考察すると,「作品」は定位置からの高い注視密度に耐えうるためか造形的構成が緻密で次第に芸術性や高踏的な美の追及へとエスカレートしやすい。「空間」は多方面からの眺望が前提なので各部分は余り注視されない。むしろ変化に重きが置かれ,全体的編成と各種利用目的に対する空間分割のバランスが重視される。これはまた,精巧に組みたてられた細部をつないで出来上がった庭と全体構成(全体のフレーム)が構成されていて細部が後から続く庭との違いとも言える。…中略…よい立地環境の中で,よい材料を用いて,よい技術者を集めて,しかもただひたすらに造形的な美を構成するのは容易であろう。…中略…「作品づくり」に対して「空間づくり」をまとめるには美しさが弱いだけ大変だとも言える。…中略…多目的の機能を満たしながら有機的な空間を構成しなければならないのである。』
  1. ^ C・ロヴェッリ『すごい物理学講義』河出文庫、2019年、P.104。
  2. ^ a b c Julian Barbour, The Discovery of Dynamics: A Study from a Machian Point of View of the Discovery and the Structure of Dynamical Theories 2001. ISBN 0-19-513202-5ジュリアン・バーバー『動力学の発見』)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 内井惣七 『空間の謎・時間の謎 - 宇宙の始まりに迫る物理学と哲学』 中公新書、2006年、ISBN 412101829X
  4. ^ 「このようなことが手際よく処理されているということは、物質的ではなく、生きており、知性があり、何処にでも遍在する神のいることが諸現象によって示されているのではないだろうか。神は、いわば彼の感覚器官とでも言える無限の空間において、すべてのものごとが彼に対して直接に立ち現れていることから、それらを深く見通し、完璧に知覚し、完全に理解なさる。」(アイザック・ニュートン『光学』1704年。「問い28」)
  5. ^ それは、自然物や経済・社会関係の容器として機能する。例えば、みかん箱は、みかんの容器であり、絶対空間として機能している。[要出典] しかし、このニュートンの説は、空間の存在論を、神の感覚中枢であるとみなす中世的世界観に立って近代科学から十分説明しなかった。[要出典]という。
  6. ^ 日本語訳あり。『マッハ力学』
  7. ^ 関連:アドホックな仮説
  8. ^ a b c 京都大学基礎物理学研究所杉本茂樹「超弦理論の魅力」



空間




空間と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「空間」の関連用語

空間のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



空間のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2020 横浜美術学院 AllRights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの空間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの空間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS