カントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 職業 > 哲学者 > カントの意味・解説 

カン‐トー【Can Tho】


カント【cant】

読み方:かんと

斜面の意》鉄道線路道路曲線部における、外側部分内側部分との高さの差。遠心力車両外側に出るのを防ぐために設ける。


カント【Immanuel Kant】


かん‐と【×奸徒/×姦徒】

読み方:かんと

悪者ども。悪徒

「速(すみや)かに—の罪状糺明(きゅうめい)し」〈藤村夜明け前


かん‐と〔クワン‐〕【官途】

読み方:かんと

古くは「かんど」》

官吏職務、または地位官職

鎌倉時代受領(ずりょう)に対して京官の称。


かん‐と〔クワン‐〕【環×堵】

読み方:かんと

家の周囲取り巻いている垣根

小さな家狭い部屋また、貧しい家。


カント


カント

道路又は道路遠心力が働く部分カーブ部)につけられた軌面、路面傾斜高低差


片勾配(カント)

曲線部を走行するとき、遠心力によって車両外側に飛び出そうとするが、その働き減らす為、道路外側高くした内向き傾斜の事。


勘渡


官途

読み方:カント(kanto

官吏職務地位のこと、また官吏となること。


カント

名前 KantCantCanthKanteKanto

カント(Cunt)

読み方:かんと

  1. 〔英〕女竅。猥褻語。カント・ハツト(Cunt-hat)毛製の中折帽子の略。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

イマヌエル・カント

(カント から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 08:59 UTC 版)

イマヌエル・カント(Immanuel Kant ドイツ語: [ɪˈmaːnu̯eːl ˈkant, -nu̯ɛl -]、当て字は「韓圖」[1]1724年4月22日 - 1804年2月12日)は、プロイセンドイツ)の哲学者であり、ケーニヒスベルク大学哲学教授である。


  1. ^ 井上円了『哲学要領 前編』哲学書院、1887年、96頁”. 哲学要領. 前編 (2022年1月30日). 2022年1月30日閲覧。
  2. ^ 以下は、Manfred Kuehn, Kant. A Biography. Cambridge: Cambridge University Press, 2001. また菅沢龍文・小谷英生「カント年譜:物語風に」牧野英二編『新・カント読本』法政大学出版局、2018年、348-68頁を参考にしている(というかすべきである)。とりわけ「カント年譜」は簡便である。以下では煩雑を避けるため、引用以外は注として記さない。
  3. ^ アカデミー版全集20:44。
  4. ^ アカデミー版全集10:56。
  5. ^ 坂部恵『カント』講談社学術文庫、2001年、152-3頁。
  6. ^ アカデミー版全集18:69。
  7. ^ この書評はクリスティアン・ガルヴェの元原稿にヨハン・ゲオルク・ハインリッヒ・フェーダーが手を加えたものであり、「ゲッティンゲン書評」や「ガルヴェ・フェーダー書評」と呼ばれ、『純理』の受容過程を見るために重要である。同書評については、小谷英生「隠された友情 : 『ゲッティンゲン書評』をめぐるカント‐ガルヴェ往復書簡について」『群馬大学教育学部紀要:人文・社会科学編』第63号、2014年、55-68頁。
  8. ^ アカデミー版全集8:35。
  9. ^ 「啓蒙とはなにか」という問いに対しては、メンデルスゾーンを含め、様々な著述家が解答を与えようとしていた。そうした議論のきっかけの一つとなったのは、フリードリヒ大王がベルリン王立アカデミーに出させたという懸賞課題であった。Hans Adler (Hg.), Nützt es dem Volke, betrogen zu werden? Est-il utile au Peuple d'être trompé? 2 Bände. Stuttgart: Frommann-Holzboog, 2007.
  10. ^ 例えば坂部恵『理性の不安:カント哲学の生成と構造』(勁草書房、1976)は、『視霊者の夢』(1766)にその一契機を見る。
  11. ^ アカデミー版全集6:224。
  12. ^ アカデミー版全集6:230。
  13. ^ アカデミー版全集6:237。
  14. ^ アカデミー版全集6:312。
  15. ^ アカデミー版全集6:313。
  16. ^ アカデミー版全集6:315。
  17. ^ アカデミー版全集6:330、また『永遠平和のために』「第二確定条項」を参照。
  18. ^ 「だから中国と日本が、そのような(極悪非道な)客人たちを試した上で、以下の措置を取ったことは賢明であった。すなわち中国は来航は許したが入国は許さなかった、日本はそれどころか来航さえもオランダ人というただ一つのヨーロッパ民族にしか許容しなかったし、しかも日本人はそのオランダ人さえ捕虜のように扱い、自国民との共同関係から排除しているのである」 平子友長「カント『永遠平和のために』のアクチュアリティ : ヨーロッパ帝国主義批判の書として」『唯物論 : 東京唯物論研究会会報』第79号、東京唯物論研究会、2005年、 27-42頁、 NAID 120001009884
  19. ^ a b c d #ポリアコフ III,p.248-251.
  20. ^ 下村 1972, p.111-112.
  21. ^ #ポリアコフ III,p.249. カント「たんなる理性の限界内の宗教について」カント全集10巻、岩波書店、p168-169.
  22. ^ カント「実用的見地における人類学」カント全集15、p138-139.カントはユダヤ人を「パレスティナ人」と表記している。
  23. ^ #ポリアコフ III,p.249-250.
  24. ^ カント全集18巻、岩波書店、p.73-74.
  25. ^ a b c 青野(1970):4ページ
  26. ^ 青野(1970):246ページ
  27. ^ a b Jon M. Mikkelsen 2013, p. 3.
  28. ^ a b c d Charles W. Mills 2017, p. 716.
  29. ^ a b Julie K. Ward 2016.
  30. ^ a b c d e Beobachtungen über das Gefühl des Schönen und Erhabenen, Ch,4-III.久保光志訳「美と崇高の感情にかんする観察」第4章、#カント 2000,p.378-380。
  31. ^ a b c d e Pauline Kleningeld 2007.
  32. ^ 高田紘二 2002, pp. 91–92.
  33. ^ Aaron Garrett 2004, pp. 130–132.
  34. ^ Aaron Garrett 2000, pp. 171–177.
  35. ^ Andrew Vallis 2005, pp. 132–139.
  36. ^ a b c #カント 2000,p.381-382.
  37. ^ #カント 2000,p.383.
  38. ^ Von den verschiedenen Racen der Menschen 1777(福田喜一郎訳「様々な人種について」『カント全集 第3巻』岩波書店 2001年
  39. ^ Bestimmung des Begriffs einer Menschenrace 1785.(望月俊孝訳「人種概念の規定」『カント全集 14』岩波書店 2000年)
  40. ^ #カント自然地理学,p.227.
  41. ^ Jon M. Mikkelsen 2013.
  42. ^ Charles W. Mills 2017.
  43. ^ 「人間の黒い色に関するいくつかの注目すべき点」(自然地理学 第2部第1編第2節)、#カント自然地理学、p.223.
  44. ^ 「この色の原因についての考察」(自然地理学第2部第1編第3節)、#カント自然地理学、p.225.
  45. ^ Todd Hedrick 2008, p. 263.
  46. ^ a b Jon M. Mikkelsen 2013, pp. 4–5.
  47. ^ Emmanuel Chukwudi Eze 1997.
  48. ^ Tsenay Serequeberhan 1996.
  49. ^ Jon M. Mikkelsen 2013, p. 6.
  50. ^ 加藤将之 1957, p. 27.
  51. ^ 広瀬悠三 2010, p. 71.
  52. ^ a b Persson Anders (2006). “Hadley's Principle: Understanding and Misunderstanding the Trade Winds.”. History of Meteorology (International Commission on the History of Meteorology) 3. 
  53. ^ 気象学と気象予報の発達史: 気象予測の考え方の主な変遷(4)大航海時代と科学革命”. 気象学と気象予報の発達史 (2020年4月8日). 2020年10月7日閲覧。
  54. ^ 堤之智. (2018). 気象学と気象予報の発達史 初期の風の力学理論. 丸善出版. ISBN 978-4-621-30335-1. OCLC 1061226259. https://www.maruzen-publishing.co.jp/item/?book_no=302957 
  55. ^ アカデミー版全集20:44。
  56. ^ ヤハマン『カントの生涯』(木場深定訳、弘文堂、1947年/角川文庫、1953年/理想社(改版)、1978年)



カント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 02:57 UTC 版)

「時間」記事における「カント」の解説

イマヌエル・カント1724年1804年)は、ニュートン後の時代の人で、ニュートン体系学び大学講義した人物である。彼は時間空間直観形式でもって人間様々な現象認識する考えた。カントにおいて経験的な認識は、現象からの刺激をまず外官外的なものからの刺激受け取感覚器官)によって空間的に内官内的なものの感じをうけとる感覚器官)によって時間的に受け取り、それに純粋悟性概念適用することによって成立する空間外官によって直観され、時間内官によって直観される。この場合時間空間メタファーとして捉える見方もあるが、それは『純粋理性批判解釈の大変難し課題である。時間空間の一体どちらが根源的な認識様式であるかという問いに関しては、どちらかといえば時間であるという見解純粋理性批判には見出される西洋の伝統では、事象空間的視覚的に捉えられる事が多い。

※この「カント」の解説は、「時間」の解説の一部です。
「カント」を含む「時間」の記事については、「時間」の概要を参照ください。


カント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 03:57 UTC 版)

観念論」の記事における「カント」の解説

合理主義的なidealistらは、人間知性神の無限の知性結び付けて説明し世界認識する知性限界はない、と見なした。それに対してカントは、そのような合理化には限界があると述べ決定されないものが残るとし、それが実在する、という実在論展開した外界の諸現象は、カントの場合でも現象でしかないのだが、神の知性という上部構造採用せず、人間知性には限界がある、と考えたのである。神という絶対的なものの援護失った我々の認識でとらえられない現象根拠を物自体」と呼んだ。この物自体は、実在するが、経験の内容にはなりえない、とされ、人間認識限界指し示すことになった。カントによる人間理性の限界画定によって啓蒙時代終わりを告げることになったという。

※この「カント」の解説は、「観念論」の解説の一部です。
「カント」を含む「観念論」の記事については、「観念論」の概要を参照ください。


カント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 10:16 UTC 版)

悟性」の記事における「カント」の解説

イマヌエル・カント悟性論は『純粋理性批判』で展開される悟性感性共同して認識を行う人間認識能力のひとつであり、概念把握能力である。詳述すれば、物自体触発されて直観による表象を行う下級認識能力である感性に対して悟性理性判断力とともに上級認識能力のひとつであるとされる人間悟性には固有の形式があり、すべての可能な人間的認識に際してはこの形式適用され悟性による表象可能になる。この固有の形式が、純粋悟性概念カテゴリーであって、量・質・関係・様態それぞれ3つ合計12の純粋悟性概念指摘される。カント以前に懐疑論人間認識確実性を問うたが、カントにおいては人間外界物を認識する際に発見する因果性は、純粋悟性概念によって保証されており、人間認識諸法に沿うために確実なものである。これによってエウクレイデス幾何学ニュートン力学は、確実な認識である事が保証される一方カテゴリー悟性対象なるもののみに当てはまる。すなわち感性認識対象とならず、単に思惟のみが可能な理性概念には当てはまらないこのためカントは従来哲学扱ってきた神や存在について命題否定する。しかし人間理性には形而上学への素質があり、本来当てはめることが出来ない対象へも悟性概念適用しようとする。これは哲学推進する主要な動機であり人間本性として否定する事が出来ないが、しかしあくまでも悟性誤用であって人間正し悟性使用知らなければならないとされる

※この「カント」の解説は、「悟性」の解説の一部です。
「カント」を含む「悟性」の記事については、「悟性」の概要を参照ください。


カント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 18:48 UTC 版)

目的論」の記事における「カント」の解説

18世紀代表する哲学者であるイマヌエル・カントは、形而上学における、曖昧な了解基づ超越的(transcendent)言説乱立による無秩序状況終止符を打つべく、人間はその能力に従い何を適正に知り得るか、語り得るかを、感性悟性理性吟味批判を通して秩序立て、その適正なルール則った、あくまで内在的(非超越的)な立場からの、超越論的先験的、transcedental)な言及可能にする環境整備企図した、批判哲学創始者として知られる。 その議論の中で彼は感性悟性による経験的現象的・因果律機械論)的・必然的な認識対応する理論理性には回収され切らない、そして(その対象ならないがゆえに)それらと両立可能な物自体・自由を背景とする、経験不可能で自律的な当為義務規範)によって成り立つ、実践理性余地認める。 この議論則った彼の社会論では、自身の実践的規範格率)が「普遍的な立法原理として妥当する」ことを要請しつつ、その道法則則って自律した各人格が、互い人格目的として尊重し共同する目的王国」が目指される。

※この「カント」の解説は、「目的論」の解説の一部です。
「カント」を含む「目的論」の記事については、「目的論」の概要を参照ください。


カント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 09:20 UTC 版)

存在」の記事における「カント」の解説

カントは、「物自体」は決して知ることが出来ない、とした。

※この「カント」の解説は、「存在」の解説の一部です。
「カント」を含む「存在」の記事については、「存在」の概要を参照ください。


カント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 23:59 UTC 版)

ミニ四トップ」の記事における「カント」の解説

ワールドカップミニ四駆世界選手権イタリア代表

※この「カント」の解説は、「ミニ四トップ」の解説の一部です。
「カント」を含む「ミニ四トップ」の記事については、「ミニ四トップ」の概要を参照ください。


(B)カント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/31 00:55 UTC 版)

第26回全日本吹奏楽コンクール課題曲」の記事における「(B)カント」の解説

作曲者のW.F.マクベスは、「マスク」「カディッシュ」などの作品で、当時吹奏楽作曲者として知られていた。 この作品の題名は「歌」という意味である。 作曲者は、小中学生バンドでも容易に吹奏できるように、やさしい形式作曲した主題としては「さくらさくら」用いている。また手拍子加わる。 ただし、この年全国大会ではどの団体演奏していない。これは吹奏楽コンクール歴史上極めて稀な例である。

※この「(B)カント」の解説は、「第26回全日本吹奏楽コンクール課題曲」の解説の一部です。
「(B)カント」を含む「第26回全日本吹奏楽コンクール課題曲」の記事については、「第26回全日本吹奏楽コンクール課題曲」の概要を参照ください。


カント(Canto)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/01 21:19 UTC 版)

4台のティンパニのための8つの小品」の記事における「カント(Canto)」の解説

1966年作曲されたこの作品は、スネアドラムスティック用いて演奏するメロディックだが、ペダル調整頻繁に必要な曲である。

※この「カント(Canto)」の解説は、「4台のティンパニのための8つの小品」の解説の一部です。
「カント(Canto)」を含む「4台のティンパニのための8つの小品」の記事については、「4台のティンパニのための8つの小品」の概要を参照ください。


カント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/07 07:56 UTC 版)

近世哲学」の記事における「カント」の解説

詳細は「カント」を参照 イマヌエル・カントは、観念発生経験と共にあること明らかであるとして合理主義批判し逆にすべての観念経験由来するけでないとして経験主義批判し、二派の対立統合したデカルトは、外界にある対象知覚することによって得る内的な対象意味する語としてidéeの語を充てていたが、このような構造に関して経験主義に立つロック同様の見解とっていた。カントは、これらの受動的に与えられる内的対象観念ないし概念短絡させる見方批判し表象Vorstellung)を自己の認識論体系中心に置いた。カントは、表象それ自体説明不能な概念であるとした上で表象一般はその下位カテゴリー意識を伴う表象があり、その下位には二種知覚主観的知覚感覚と、客観的知覚認識があるとした。人間認識能力には感性悟性二種認識形式アプリオリそなわっているが、これが主観的知覚客観的知覚それぞれ対応する感覚直感によりいわば受動的に与えられるものであるが、認識悟性作用によって自発的に思考する意識感性悟性綜合により初めて「ある対象」を表象するが、これが現象構成するのであるこのような考え方彼は自ら「コペルニクス的転回」と呼んだ。カントによれば「時間」と「空間」、「因果関係」など限られた少数概念人間の思考にあらかじめ備わったものであり、そうした概念用いつつ、経験を通じて与えられた認識内容処理して更に概念知識獲得していくのが人間の思考あり方ということになる。ヒュームによれば因果関係習慣によって生じたものにすぎないが、カントは、これを否定しニュートン力学基礎づけ求めたのである。 この項目は、哲学関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(Portal:哲学)。 表 話 編 歴 哲学西洋哲学 - 東洋哲学 歴史 古代哲学 インド哲学ヒンドゥー哲学 - ジャイナ哲学) - 仏教哲学 - 中国哲学 - ギリシア哲学 - ヘレニズム哲学 - ペルシア哲学 中世哲学 キリスト教哲学スコラ学) - イスラーム哲学初期イスラーム哲学英語版)) - ユダヤ哲学(ユダヤ・イスラーム伝統哲学英語版)) 近世哲学 経験論 - 合理論 現代哲学 大陸哲学 - 分析哲学 一覧 概要 - 一覧(英語版) - 学派英語版) - 用語(英語版) - 哲学者 - 運動英語版分野 形而上学 - 存在論 - 認識論 - 真理論- 論理学 - 倫理学 - 美学 - 自然哲学 テーマ別 行動英語版) - 芸術 - 生物学 - 化学 - 映画英語版) - 教育 - 経済学 - 環境 - 地理 - 情報 - 医療英語版) - 歴史 - 人類学 - ユーモア英語版) - 言語 - 法 - 文学(英語版) - 数学 - 心 - 音楽 - 存在 - 哲学 - 物理学 - 政治 - 心理学 - 宗教 - 科学 - 社会科学 - テクノロジー英語版) - 戦争 学ソクラテス以前 - アカデメイア派 - プラトニズム - 新プラトン主義 - 逍遙学派 - アリストテレス主義 - ストア派 - キュニコス派 - 懐疑論 - エピクロス派 - アヴェロエス主義英語版) - アヴィケンナ主義英語版) - スコラ学 - トマス主義 - ユマニスム - 義務論 - 快楽主義 - 功利主義 - 倫理的利己主義 - 個別主義 - ニヒリズム - 実存主義 - ヒューマニズム博愛主義) - フェミニズム哲学フェミニズム) - 反出生主義 - 一元論 - 二元論 - 独我論 - 実在論 - 理神論 - 唯物論 - ヘーゲル学派 - 現象学 - 解釈学 - 新カント派 - 京都学派 - 法実証主義 - 論理実証主義 - 古典的自由主義 - マルクス主義 - 唯物弁証法 - アナキズム - 新哲学者 - 批判理論 - モダニズム - 自然主義英語版) - 精神分析学 - 日常言語学派 - ポストヒューマニズム(英語版) - プラグマティズム - プロセス哲学 - 相対主義 - 脱構築主義 - ポストモダニズム - 構造主義 - ポスト構造主義 - 随伴現象説 - 機能主義 - スコットランド常識学派 - アメリカ合衆国の哲学 - アフリカ系哲学英語版) - 一覧(英語版ポータル - カテゴリ - 関係記事履歴 典拠管理LCCN: sh85100960 NDL: 00565815

※この「カント」の解説は、「近世哲学」の解説の一部です。
「カント」を含む「近世哲学」の記事については、「近世哲学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カント」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「カント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



カントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2022 (社)日本民営鉄道協会
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイマヌエル・カント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの時間 (改訂履歴)、観念論 (改訂履歴)、悟性 (改訂履歴)、目的論 (改訂履歴)、存在 (改訂履歴)、ミニ四トップ (改訂履歴)、第26回全日本吹奏楽コンクール課題曲 (改訂履歴)、4台のティンパニのための8つの小品 (改訂履歴)、近世哲学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS