カントとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 職業 > 哲学者 > カントの意味・解説 

カント 【Immanuel Kant】 ○


かん と [1] 【奸徒・姦徒】

悪人一味悪徒。 「 -を討つ」

かん と くわん- [1] 【官途】

〔「かんど」とも〕
官吏としての仕事地位。 「 -に就く」

かん と くわん- [1] 【還都】

都をうつすこと。
もと都であった場所に再び都をもどすこと。

カント [1] 【cant】


カント [1] 【cunt】

女性の性器。

カント

カーブを走る列車は、遠心力作用によってカーブ外側押されるになります。そこで遠心力影響少なくするため、カーブ外側レール内側よりもやや高くします。このように2つのレール頭部上面高低差を設けることをカントといいます。この設計によって乗客の体に感じカーブ影響少なくなります。

カントは曲線半径列車速度軌間による計算式で算出できます遠心力は、列車速度速いほど大きく、また曲線半径小さいほど大きいので、それに応じてカントも大きくなければなりませんが、安全面から限度あります


カント

道路又は道路遠心力が働く部分カーブ部)につけられた軌面、路面傾斜高低差。


片勾配(カント)

曲線部を走行するとき、遠心力によって車両外側飛びそうとするが、その働きを減らす為、道路外側を高くした内向き傾斜の事。


勘渡

読み方:カント(kanto

(1)調査計算して引渡すこと。
(2)中世地頭年貢未進抑留行為に対し、荘園領主から年貢完済をするよう申入れること。


官途

読み方:カント(kanto

官吏職務地位のこと、また官吏となること。


カント 【Kant】

Immanuel Kant西欧近世哲学界を代表するドイツ哲学者ケーニヒスベルク教授認識対象主観が従うのではなく、むしろ主観意識一般)における先天的形式対象認識成立させると主張、この認識論を自ら「コペルニクス的転回」と呼んだ。超経験的なもの(不滅霊魂自由意志・神など)は科学的認識対象ではなく信仰対象であるとして、伝統的形而上学否定し、道徳の学としての形而上学意義づけた。宗教道徳的理性宗教説く。ために宗教側からは「彼の宗教論道徳地平超出し得ず、そこに限界をもつ」などと批判される(『キリスト教大事典』)。著『理性限界内における宗教』他。(一七二四~一八〇四)

カント

名前 KantCantCanthKanteKanto

カント(Cunt)

読み方:かんと

  1. 〔英〕女竅。猥褻語。カント・ハツト(Cunt-hat)毛製の中折帽子の略。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

イマヌエル・カント

(カント から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/08 05:15 UTC 版)

イマヌエル・カント(Immanuel Kant、1724年4月22日 - 1804年2月12日)は、プロイセン王国ドイツ)の哲学者であり、ケーニヒスベルク大学哲学教授である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらした。フィヒテシェリング、そしてヘーゲルへと続くドイツ古典主義哲学(ドイツ観念論哲学)の祖とされる。彼が定めた超越論哲学の枠組みは、以後の西洋哲学全体に強い影響を及ぼしている。




  1. ^ 以下は、Manfred Kuehn, Kant. A Biography. Cambridge: Cambridge University Press, 2001. また菅沢龍文・小谷英生「カント年譜:物語風に」牧野英二編『新・カント読本』法政大学出版局、2018年、348-68頁を参考にしている(というかすべきである)。とりわけ「カント年譜」は簡便である。以下では煩雑を避けるため、引用以外は注として記さない。
  2. ^ アカデミー版全集20:44。
  3. ^ アカデミー版全集10:56。
  4. ^ 坂部恵『カント』講談社学術文庫、2001年、152-3頁。
  5. ^ アカデミー版全集18:69。
  6. ^ この書評はクリスティアン・ガルヴェの元原稿にヨハン・ゲオルク・ハインリッヒ・フェーダーが手を加えたものであり、「ゲッティンゲン書評」や「ガルヴェ・フェーダー書評」と呼ばれ、『純理』の受容過程を見るために重要である。同書評については、小谷英生「隠された友情 : 『ゲッティンゲン書評』をめぐるカント‐ガルヴェ往復書簡について」『群馬大学教育学部紀要:人文・社会科学編』第63号、2014年、55-68頁。
  7. ^ アカデミー版全集8:35。
  8. ^ 「啓蒙とはなにか」という問いに対しては、メンデルスゾーンを含め、様々な著述家が解答を与えようとしていた。そうした議論のきっかけの一つとなったのは、フリードリヒ大王がベルリン王立アカデミーに出させたという懸賞課題であった。Hans Adler (Hg.), Nützt es dem Volke, betrogen zu werden? Est-il utile au Peuple d'être trompé? 2 Bände. Stuttgart: Frommann-Holzboog, 2007.
  9. ^ 例えば坂部恵『理性の不安:カント哲学の生成と構造』(勁草書房、1976)は、『視霊者の夢』(1766)にその一契機を見る。
  10. ^ アカデミー版全集6:224。
  11. ^ アカデミー版全集6:230。
  12. ^ アカデミー版全集6:237。
  13. ^ アカデミー版全集6:312。
  14. ^ アカデミー版全集6:313。
  15. ^ アカデミー版全集6:315。
  16. ^ アカデミー版全集6:330、また『永遠平和のために』「第二確定条項」を参照。
  17. ^ 「だから中国と日本が、そのような(極悪非道な)客人たちを試した上で、以下の措置を取ったことは賢明であった。すなわち中国は来航は許したが入国は許さなかった、日本はそれどころか来航さえもオランダ人というただ一つのヨーロッパ民族にしか許容しなかったし、しかも日本人はそのオランダ人さえ捕虜のように扱い、自国民との共同関係から排除しているのである」「カント『永遠平和のために』のアクチュアリティ」平子友長(東京唯物論研究会会報2005-12 一橋大学機関リポジトリ)[1]PDF-P.4
  18. ^ a b c d #ポリアコフ III,p.248-251.
  19. ^ 下村 1972, p.111-112.
  20. ^ #ポリアコフ III,p.249. カント「たんなる理性の限界内の宗教について」カント全集10巻、岩波書店、p168-169.
  21. ^ カント「実用的見地における人類学」カント全集15、p138-139.カントはユダヤ人を「パレスティナ人」と表記している。
  22. ^ #ポリアコフ III,p.249-250. 
  23. ^ カント全集18巻、岩波書店、p.73-74.
  24. ^ a b c 青野(1970):4ページ
  25. ^ 青野(1970):246ページ
  26. ^ a b Jon M. Mikkelsen 2013, p. 3.
  27. ^ a b c d Charles W. Mills 2017, p. 716.
  28. ^ a b Julie K. Ward 2016.
  29. ^ a b c d e Beobachtungen über das Gefühl des Schönen und Erhabenen, Ch,4-III.久保光志訳「美と崇高の感情にかんする観察」第4章、#カント 2000,p.378-380。
  30. ^ a b c d e Pauline Kleningeld 2007.
  31. ^ 高田紘二 2002, pp. 91-92.
  32. ^ Aaron Garrett 2004, pp. 130-132.
  33. ^ Aaron Garrett 2000, pp. 171-177.
  34. ^ Andrew Vallis 2005, pp. 132-139.
  35. ^ a b c #カント 2000,p.381-382.
  36. ^ #カント 2000,p.383.
  37. ^ Von den verschiedenen Racen der Menschen 1777(福田喜一郎訳「様々な人種について」『カント全集 第3巻』岩波書店 2001年
  38. ^ Bestimmung des Begriffs einer Menschenrace 1785.(望月俊孝訳「人種概念の規定」『カント全集 14』岩波書店 2000年)
  39. ^ #カント自然地理学,p.227.
  40. ^ Jon M. Mikkelsen 2013.
  41. ^ Charles W. Mills 2017.
  42. ^ 「人間の黒い色に関するいくつかの注目すべき点」(自然地理学 第2部第1編第2節)、#カント自然地理学、p.223.
  43. ^ 「この色の原因についての考察」(自然地理学第2部第1編第3節)、#カント自然地理学、p.225.
  44. ^ Todd Hedrick 2008, p. 263.
  45. ^ a b Jon M. Mikkelsen 2013, pp. 4-5.
  46. ^ Emmanuel Chukwudi Eze 1997.
  47. ^ Tsenay Serequeberhan 1996.
  48. ^ Jon M. Mikkelsen 2013, p. 6.
  49. ^ 加藤将之 1957, p. 27.
  50. ^ 広瀬悠三 2010, p. 71.
  51. ^ アカデミー版全集20:44。
  52. ^ ヤハマン『カントの生涯』(木場深定訳、弘文堂、1947年/角川文庫、1953年/理想社(改版)、1978年)





カントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カント」の関連用語

カントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2019 (社)日本民営鉄道協会
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2019 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2019 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイマヌエル・カント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS