難聴とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 状態 > 難聴の意味・解説 

なん ちょう -ちやう [0]難聴

聴力低下してはいるが、聴力音声言語受容言語獲得の手段として使うことは可能な状態。音波伝達路(外耳中耳)に障害が生じた時(伝音性難聴)、内耳から中枢に至る聴覚神経系が冒された時(感音性難聴)にみられる中耳炎メニエール病ストレプトマイシン副作用などのほか、遺伝外傷老化によっても起こる。
「難聴」に似た言葉
  聾唖


難聴 (なんちょう)

「難聴」は文字通り「聴こえにくい」という状態ですが、程度状況は人によってさまざまで、聞こえ程度によって、軽度難聴中等度難聴、高度難聴重度難聴と区分されており、また片耳だけ聞こえない一側性難聴の場合あります生まれつき(先天性)の難聴や新生児期発症する聴覚障害は1,000人に1~2人といわれていますが、これまでは2歳を過ぎてからの「ことばの遅れ」によってようやく発見され、支援開始3歳以降になることがしばしばありました。しかし難聴や聴覚障害は、早期発見し、早期適切な療育始めることで言語習得への影響最小限におさえられる可能性ありますこのため多く医療機関実施されているのが「新生児聴覚スクリーニング検査」です。出生後すぐ(おおむね3日以内)、赤ちゃんが眠っている間に行う検査です。必ず受けておきましょう
link_out.png参考:「新生児聴覚スクリーニング」をご存知ですか?
link_out.png参考:妊娠期に知っておきたい感染症と予防接種情報

難聴

作者高井信

収載図書ショートショート日本語あそぼう
出版社筑摩書房
刊行年月2003.12
シリーズ名ちくま文庫


難聴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/22 18:23 UTC 版)

難聴(なんちょう、英語: hearing impairment)とは、聴覚が低下した状態のこと。耳科学的には、聴覚の諸機能の感度や精度が若年健聴者、即ち、耳科学的に正常な18歳から30歳までの多数の評定者の聴覚閾(域)値の最頻値 (0dB HL) よりも劣っている事とされる。そのレベルは30dB HLとされている。




  1. ^ (Excel) Disease burden and mortality estimates (Report). 世界保健機関. (2018-06). GLOBAL AND BY REGION>DALY estimates, 2000–2016>Global summary estimates>Global Health Estimates 2016: 20 Leading Causes of DALY globally, 2016 and 2000. https://www.who.int/healthinfo/global_burden_disease/estimates/en/index1.html. 
  2. ^ 日本聴覚医学会, 編纂.「日本聴覚医学会用語集(2010.4.1 改訂)」『Audiology Japan』第53号、2010年、 295-300頁。
  3. ^ a b ブロモバレリル尿素 KEGG
  4. ^ a b 橋田英俊, 本田俊雄, 森本尚孝, 相原泰, 「市販鎮痛剤常用量の服用による慢性ブロム中毒の1例」『日本老年医学会雑誌』 38巻 5号 2001年 p.700-703, doi:10.3143/geriatrics.38.700
  5. ^ 聴覚・平衡機能障害 さいたま市 (PDF)
  6. ^ ロモバレリル尿素 大正製薬製品カタログ
  7. ^ 上田英雄, 山本英雄, 権平達二郎 ほか, 「ブロム酸カリウム(コールドパーマ第2液)中毒による急性腎不全の1例」『日本内科学会雑誌』 54巻 12号 1965-1966年 p.1408-1414, doi:10.2169/naika.54.1408
  8. ^ Oishi, N.; Schacht, J. (June 2011). “Emerging treatments for noise-induced hearing loss”. Expert opinion on emerging drugs 16 (2): 235–45. doi:10.1517/14728214.2011.552427. PMC: 3102156. PMID 21247358. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3102156/. 
  9. ^ WHO (2008). The global burden of disease: 2004 update. Geneva, Switzerland: World Health Organization. pp. 35. ISBN 9789241563710. http://www.who.int/healthinfo/global_burden_disease/GBD_report_2004update_full.pdf 
  10. ^ a b Elzouki, Abdelaziz Y (2012). Textbook of clinical pediatrics (2 ed.). Berlin: Springer. pp. 602. ISBN 9783642022012. https://books.google.com/books?id=FEf4EMjYSrgC&pg=PA602 
  11. ^ Lasak, JM; Allen, P; McVay, T; Lewis, D (Mar 2014). “Hearing loss: diagnosis and management.”. Primary care 41 (1): 19–31. doi:10.1016/j.pop.2013.10.003. PMID 24439878. 
  12. ^ 加藤榮司, 東野哲也、「【原著】剣道による聴覚障害 -—高等学校剣道部員に対する18年間にわたる聴覚健診の成果-」 『日本耳鼻咽喉科学会会報』 2012年 115巻 9号 p.842-848, doi:10.3950/jibiinkoka.115.842
  1. ^ ヒトの音の感度は周波数によって異なっているので、例えば、250 [Hz] の断続音の結果と、4000 [Hz] の連続音の結果を比べても何の意味もない。あくまで、250 [Hz] の断続音と250 [Hz] の連続音といったように、周波数を揃える必要がある。なお、周波数とヒトの音の感度の相関については、「等ラウドネス曲線」の記事を参照のこと。





難聴と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「難聴」の関連用語

難聴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



難聴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2020 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの難聴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS