ラジオとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ラジオ > ラジオの意味・解説 

radio

別表記:ラジオ

「radio」の意味

「radio」とは、無線通信技術用いて音声音楽など情報送受信するシステムである。また、放送局制作送信する番組や、それを受信する機器も指すことがある無線通信技術は、電磁波使って情報伝達するため、ケーブル配線不要である。

「radio」の発音・読み方

「radio」の発音は、IPA表記では/ˈreɪdioʊ/であり、カタカナ表記では「レイディオ」となる。日本人発音するカタカナ英語では「ラジオ」と読むことが一般的である。

「radio」の定義を英語で解説

A radio is a system that uses electromagnetic waves to transmit and receive information such as sound and music without the need for wires or cables. It can also refer to the programs produced and transmitted by broadcasting stations, as well as the devices used to receive them.

「radio」の類語

「radio」の類語には、「wireless」という言葉がある。これは、無線通信技術を指す言葉であり、「radio」と同様にケーブル配線不要な通信手段を示す。ただし、「wireless」は、一般的にはインターネット接続無線化を指すことが多い。

「radio」に関連する用語・表現

「radio」に関連する用語表現として、「AM radio」、「FM radio」、「shortwave radio」などがある。「AM radio」は、振幅変調方式用いた無線通信であり、遠距離伝送適している。「FM radio」は、周波数変調方式用いた無線通信であり、音質良いことが特徴である。「shortwave radio」は、短波利用した無線通信であり、国際間の通信利用されることが多い。

「radio」の例文

1. I listen to the radio every morning.(毎朝ラジオを聞く。)
2. She works at a local radio station.(彼女は地元ラジオ局働いている。)
3. The radio signal is weak in this area.(この地域ではラジオの信号が弱い。)
4. He bought a new radio for his car.(彼は車用の新しいラジオを買った。)
5. The radio program is broadcast nationwide.(そのラジオ番組全国放送されている。)
6. The news was announced on the radio.(そのニュースはラジオで発表された。)
7. The radio is tuned to an FM station.(ラジオはFM局合わせられている。)
8. The radio waves can travel long distances.(ラジオ波長距離を伝わることができる。)
9. The radio was playing soft music.(ラジオからは柔らかな音楽流れていた。)
10. The emergency broadcast system uses radio communication.(緊急放送システム無線通信利用している。)

ラジオ【radio】

読み方:らじお

電波利用して放送局から送る報道音楽など音声放送また、その受信装置広くは、無線をさす。

他の語付いて放射、また無線の意を表す。

ラジオの画像
昭和26年発売のラジオ

ラジオ

作者山際淳司

収載図書気まぐれフリースロウ
出版社講談社
刊行年月1988.3

収載図書気まぐれフリースロウ
出版社講談社
刊行年月1991.6
シリーズ名講談社文庫


ラジオ

作者竹下文子

収載図書窓のそばで
出版社偕成社
刊行年月1990.8


ラジオ

作者アガサ・クリスティ

収載図書アガサ・クリスティー探偵名作集 9 青い壺のなぞ
出版社岩崎書店
刊行年月1992.2


ラジオ

作者アガサ・クリスティー

収載図書検察側の証人 新版
出版社東京創元社
刊行年月2004.1
シリーズ名創元推理文庫

収載図書死の猟犬
出版社早川書房
刊行年月2004.2
シリーズ名ハヤカワ文庫


ラジオ

作者Yoshihito

収載図書あいから始まるショートストーリーin other words,I love you
出版社新風舎
刊行年月2005.8


ラジオ

作者秋吉由美子

収載図書迷走劇場―青いガラスごしに見る君はオレンジ
出版社日本文学館
刊行年月2006.6


ラジオ

作者羽生達雄

収載図書竜子の宿―信州舞台にした短編集
出版社信毎書籍出版センター
刊行年月2007.2


ラジオ

作者ジョージ・マッカイ・ブラウン

収載図書守る時―短編集
出版社あるば書房
刊行年月2007.5


ラジオ

作者石田千

収載図書部屋にて
出版社角川書店
刊行年月2007.6


ラジオ

名前 Raggio

ラジオ

読み方:らじお

  1. 〔的・不〕学生間にて云ふ言葉無線から無銭の意に使ひ、又無銭飲食のことにも云ふ。「ヨツコウ」に同じ。
  2. ラヂオ・テレグラム(Radio-telegram)の略、無線電信無線電話日本語化してラヂオ隠語無線無銭通じ小遣銭なしの義。
  3. 無銭飲食弘前 不良青少年仲間
  4. 無銭のこと。本来の無線電信電話の義から転用して無銭通じさせたもの。不良仲間では、なお転じて無銭飲食のことをいう。
  5. 無銭飲食。〔一般犯罪
  6. 無銭飲食。〔香具師不良
  7. 無銭飲食無銭無線通ずる。〔不〕
  8. 無銭飲食のこと。「無線」を通わせたもの。

分類 不、不良不良青少年仲間犯罪、的/不、香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/28 19:16 UTC 版)

ラジオ: radio


注釈

  1. ^ 戦前は多く用いられた。日本放送協会(NHK)編『放送五十年史 資料編』(日本放送出版協会、1977年3月10日発行)p.686によれば、1941年昭和16年)4月1日文部省の用語・用字統一方針に従い、NHKでは「ラヂオ」を「ラジオ」、「スタヂオ」を「スタジオ」表記に改定した、としている。日本放送出版協会発行の『ラヂオ年鑑』は、昭和16年(1941年)版 以前は「ラヂオ年鑑」表記であったが、昭和17年(1942年)版 からは「ラジオ年鑑」表記に改められている。
    朝日新聞』では1941年4月1日夕刊2面に「ラヂオはラジオに 国民学校教科書も国語音へ」という見出しの記事が掲載されて以降「ラジオ」という表記が増えたという(『朝日新聞』2015年2月5日朝刊、10面)。
  2. ^ 振幅変調に比べ占有周波数帯幅が10倍必要なので超短波未満での運用はきわめて困難である。
  3. ^ FM東海が動き出したのが1958年末、NHK-FMが動き出したのが1969年
  4. ^ 当時は火花放電による電波。
  5. ^ コヒーラは電波の有無を検出するだけで音声を取り出せない。
  6. ^ 1912年12月に施行された無線通信取締法(Radio Act of 1912)により、無線をするにはオペレーター資格試験と無線局の免許状が必要となり、1905年から1911年頃までアメリカで発売されていた大衆無線機テリムコは、無資格・無免許では使えなくなった。
  7. ^ アマチュア無線の送信解禁は同年10月1日。
  8. ^ アマチュア無線家は1,500kHz以上の任意の周波数を申請し、許可を受けることができた。許可される最下限の1,500kHzに人気が集中し大変混雑していたところへ、無線電話も参入したため1,500kHzは大混信となった。
  9. ^ 日曜午前は教会に出向けないリスナーのために、KDKAなど多くの局が教会から生中継し、人気番組となっていた。
  10. ^ この思想は現在も放送法の第15条に残っている。
  11. ^ ただし、FM東海は当時実用化試験局として運用されており、民間企業によるFM放送は1969年開局の愛知音楽エフエム放送(現在のエフエム愛知)が最初となる。また放送免許ではないが1953年から長岡教育放送が超短波放送を実施していた。
  12. ^ 但し、大都市圏の一部の県域ラジオ局では当初から近隣のエリア外でも無料配信を実施している。
  13. ^ 作:内村直也、作曲及び音楽指揮:芥川也寸志、演奏:NHKサロン・アンサンブル、演出:山口淳、出演:尾崎勝子、須永宏、佐藤美恵子、名古屋章、ほか。
  14. ^ 各放送局のスピーカーを聴き手の左・中央・右にそれぞれ置いて行うもの。
  15. ^ スピーカー位置 左:KR、中央:LF、右:QR
  16. ^ スピーカー位置 左:LF、中央:KR、右:QR
  17. ^ スピーカー位置 左:LF、中央:QR、右:KR

出典

  1. ^ a b c Merriam Webster, radio (noun 名詞)
  2. ^ a b 日本大百科全書』【ラジオ】
  3. ^ 『広辞苑』「ラジオ」
  4. ^ 精選版 日本国語大辞典【放送無線電話】[1]
  5. ^ ラジコム「今更聞けない!AMとFMの違いとは?」[2]
  6. ^ 長波帯で受信出来るもの”. 2022年2月9日閲覧。
  7. ^ 大音量&高音質!便利なLEDライトもついたステレオホームラジオ”. tlet.co.jp. tlet.co.jp. 2021年6月20日閲覧。
  8. ^ 短波ラジオ”. www.ando-catalogue.com. 2019年1月24日閲覧。
  9. ^ Tecsun pl-660”. www.tecsunradios.com.au. 2019年3月13日閲覧。
  10. ^ Xhdata D-808”. swl.net.ru. 2019年3月13日閲覧。
  11. ^ RADIWOW R-108”. radiwow.com. 2019年3月13日閲覧。
  12. ^ ER-C57WR”. www.elpa.co.jp (2019年3月11日). 2019年3月12日閲覧。
  13. ^ Thomas Matthew "Home-Made Coherers" Wireless Telegraphy For Amateurs and Students 1906 Thomas M.ST.JOHN pp125-136
  14. ^ T.E. O'donnell "The Amateur's Workshop:An Experimental Wireless Telegraph Outfit" Electrician and Mechanic Aug.1907 Sampson Publishing Co. pp41-42
  15. ^ V.H. Laughter "Wireless Telegraphy Made Simple - Part 1: Construction of a Simple Wireless Telegraph Set" Popular Electricity May 1908 Popular Electricity Publishing Co. pp32-36
  16. ^ James D. Thomas "A Silicon Detector" Modern Electrics Dec.1909 Modern Electrics Publication pp426-427
  17. ^ C. Austin ”The Romance of the Radio Telephone” Radio Broadcast May,1922 p16
  18. ^ 栄谷平八郎 『ラジオ発展史』 1947 通信教育振興会 p48
  19. ^ S.R.Winters The Passing of "NOF" As a Broadcasting Station Radio News Mar.1923 p1623
  20. ^ "Regulations Governing General and Restricted Amateur Radio Stations and Amateur Operators" Radio Service Bulletin(No.75) July.2,1923 Department of Commerce p16
  21. ^ a b c d e f g 高木利弘『スマートTVと動画ビジネス 次世代メディアをデザインするのは誰か?』2012年、インプレスジャパン、205頁
  22. ^ a b 高木利弘『スマートTVと動画ビジネス 次世代メディアをデザインするのは誰か?』2012年、インプレスジャパン、206頁
  23. ^ a b c d 溝尻真也 飯田豊(編)「声を伝える/技術を楽しむ」『メディア技術史:デジタル社会の系譜と行方』 改訂版第1刷 北樹出版 2017 pp.76 - 81.
  24. ^ 『学研まんがでよくわかるシリーズ94 正露丸のひみつ』(2014年3月31日、学研パブリッシングコミュニケーション発行)62ページより。
  25. ^ a b c 日本放送史 日本放送協会編
  26. ^ a b c d e f g h i 放送90年シンポジウム「ラジオは未来の夢を見る」”. 日本放送協会. 2019年9月10日閲覧。
  27. ^ 1932年5月1日、放送協会は第1回全国ラジオ調査を実施した。嗜好番組の1位は浪花節57%、以下講談・落語・人情噺・義太夫・民謡など。日本放送史 日本放送協会編。
  28. ^ NHK広島放送局開局80年ラジオドラマ「放送を続けよ ―広島中央放送局の8月6日―」
  29. ^ 白井久夫「幻の声 ―NHK広島8月6日―」岩波新書
  30. ^ 「新たにラジオ東京 新聞関係一本で申請」『朝日新聞』昭和26年1月11日
  31. ^ 中村禎昭、「中波放送用周波数の変更」『テレビジョン学会誌』 1978年 32巻 10号 p.902 - 904, NAID 110003697789, doi:10.3169/itej1978.32.902
  32. ^ “IPラジオ「radiko」好反響、初日聴取人数105万人、急きょシステム増強”. 文化通信.com. (2010年3月17日). オリジナルの2010年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100322213450/http://www.bunkatsushin.com/modules/bulletin/article.php?storyid=38868 2022年12月11日閲覧。 
  33. ^ AMステレオ終了のお知らせ”. www.mbs1179.com. 2019年1月22日閲覧。
  34. ^ a b c “全国の民放AMラジオ、令和10年までにFM転換”. 産経ニュース (産経デジタル). (2021年6月15日). https://www.sankei.com/article/20210615-7LYQHU44IVJTHLII7DXG6QCDZU/ 2021年6月15日閲覧。 
  35. ^ a b c d “民間AM局の大半、7年後までにFM化へ 対応端末必要”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2021年6月15日). https://www.asahi.com/articles/ASP6H5R4MP6HUCLV009.html 2021年6月15日閲覧。 
  36. ^ a b 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部『NHK年鑑'54』日本放送出版協会、1954年、191頁。 
  37. ^ 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部『NHK年鑑'54』日本放送出版協会、1954年、192頁。 
  38. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部『NHK年鑑'54』日本放送出版協会、1954年、28,31頁。 
  39. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部『NHK年鑑'55』日本放送出版協会、1955年、204,235頁。 
  40. ^ 朝日新聞 1953年8月23日 朝刊 P.5 ラジオ・プログラム 番組表 及び「ききもの『音のロケに大苦労 立体放送 内村作の「死んだにわとり」』」(朝日新聞クロスサーチにて閲覧)
  41. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部『NHK年鑑'56』日本放送出版協会、1956年、131,132頁。 
  42. ^ 宮坂榮一「放送の音声方式 : アナログ放送からディジタル放送まで」『日本音響学会誌 57巻9号』 日本音響学会、2001年9月、p.597-603、doi:10.20697/jasj.57.9_597
  43. ^ 東京放送 社史編集室『東京放送のあゆみ』東京放送、1965年5月10日、583頁。 
  44. ^ 朝日新聞 1954年11月27日 朝刊P.5 ラジオ・プログラム 番組表、「聴きもの見もの」番組紹介欄 及び 文化放送(JOQR)番組広告「三元立体放送」(朝日新聞クロスサーチにて閲覧)
  45. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部『NHK年鑑'56』日本放送出版協会、1956年、131,132,274,275頁。 
  46. ^ 朝日新聞 1958年9月15日 朝刊P.6 ラジオ・プログラム 番組表 及び「ききものみもの」番組紹介欄(朝日新聞クロスサーチにて閲覧)
  47. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部『NHK年鑑'60』日本放送出版協会、1960年、351,352頁。 
  48. ^ 朝日新聞 1959年11月9日 朝刊P.5 ラジオ・テレビ欄(朝日新聞クロスサーチにて閲覧)
  49. ^ 朝日新聞 1964年6月19日 朝刊P.7 ラジオ・テレビ欄(朝日新聞クロスサーチにて閲覧)
  50. ^ 朝日新聞 1965年10月24日 朝刊P.9 ラジオ・テレビ欄(朝日新聞クロスサーチにて閲覧)
  51. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部『NHK年鑑'64』日本放送出版協会、1964年、206頁。 
  52. ^ 番組制作における多様な雇用形態 -中堅ラジオ局の事例を中心に- - 2008年5月 久本憲夫(京都大学大学院経済学研究科 教授)、川島広明(日本民間放送労働組合連合会 近畿地方連合会 執行委員)
  53. ^ 片手にラヂヲ♪Kraftwerk
  54. ^ 明石政紀『ドイツのロック音楽 またはカン、ファウスト、クラフトワーク』 p.139。



ラジオ@

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/31 23:04 UTC 版)

ラジオ@(ラジオアットマーク)は、FM OSAKAで放送されていたラジオ番組。




「ラジオ@」の続きの解説一覧

ラジオ(アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 13:46 UTC 版)

あんさんぶるスターズ!」の記事における「ラジオ(アニメ)」の解説

あんさんぶるスターズ! THE ANIMATION に〜ちゃん☆忍の放課後RADIO アニメイトチャンネルにて2017年より配信メインパーソナリティ米内佑希(仁兎なずな 役)、新田杏樹仙石忍 役)。本配信先駆けて2016年11月12日には「あんさんぶるスターズ! THE ANIMATION」に〜ちゃん☆忍の放課後RADIO in アニメイト新宿タイトルライブ配信された。

※この「ラジオ(アニメ)」の解説は、「あんさんぶるスターズ!」の解説の一部です。
「ラジオ(アニメ)」を含む「あんさんぶるスターズ!」の記事については、「あんさんぶるスターズ!」の概要を参照ください。


ラジオ(2016 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 17:12 UTC 版)

笠原涼二」の記事における「ラジオ(2016 - )」の解説

2016年8月4日からFMカオンにて、元猿岩石森脇和成尾上一平炎上上等で、赤裸々語り!歌う!ラジオ番組森尾笠の秘密基地(仮)を開始ラジオパーソナリティとして活躍もしている。

※この「ラジオ(2016 - )」の解説は、「笠原涼二」の解説の一部です。
「ラジオ(2016 - )」を含む「笠原涼二」の記事については、「笠原涼二」の概要を参照ください。


ラジオ(大垣翔)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 14:40 UTC 版)

トリプルファイヤー」の記事における「ラジオ(大垣翔)」の解説

『ハリエンタルラジオ』張江浩司(ハリエンタル / 来来チーム) ヒノテツヤ(otori) 大垣トリプルファイヤーヤマダEmily Likes Tennis)によるラジオ番組当初ポッドキャストによる配信であったが、2017年11月1日よりYouTubeチャンネルにて公開2017年1月2日2017年6月21日までの放送分(15回)ハリエンタルラジオポッドキャスト iTunesプレビュー 2017年11月1日公開 2017年11月9日公開 2017年11月16日公開 2017年11月29日公開 2017年12月7日公開 2017年12月18日公開 2018年3月2日公開 2018年3月10日公開 2018年3月17日公開 2018年4月2日公開ゲストマーライオン2018年4月9日公開ゲストマーライオン

※この「ラジオ(大垣翔)」の解説は、「トリプルファイヤー」の解説の一部です。
「ラジオ(大垣翔)」を含む「トリプルファイヤー」の記事については、「トリプルファイヤー」の概要を参照ください。


ラジオ(Wireless)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 19:49 UTC 版)

死の猟犬」の記事における「ラジオ(Wireless)」の解説

ハーター夫人診察した医者は、彼女とその甥チャールズ生活上の注意を行う。彼女に何よりも精神的な気晴らし大切なのだと。チャールズはハーター夫人に、気晴らしのため部屋ラジオ受信機設置してはどうかと提案し夫人渋りながらもお気に入りの甥の言う通りにする。しかしそのラジオから夫人亡き夫の声が聞こえるようになり……。

※この「ラジオ(Wireless)」の解説は、「死の猟犬」の解説の一部です。
「ラジオ(Wireless)」を含む「死の猟犬」の記事については、「死の猟犬」の概要を参照ください。


ラジオ(いずれもRSKラジオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/10 08:36 UTC 版)

岩根宏行」の記事における「ラジオ(いずれもRSKラジオ)」の解説

サンデーベスト初代パーソナリティパーソナリティ降板後も同番組内映画コーナー長年出演こんにちは!岩根宏行です 岩根宏行モーニングサラダ 岩根宏行花も嵐も 岩根宏行の"きょうも元気にしてますか" クラブ50 アンクル岩根のラジオおもしろ講座 ^ かつてはRSKテレビ土曜18:0018:15単独番組として放送1990年代後半)、その後イブニングDonDonなど平日の夕方ローカルワイド内で毎週1回のコーナーとして2008年3月まで放送された。

※この「ラジオ(いずれもRSKラジオ)」の解説は、「岩根宏行」の解説の一部です。
「ラジオ(いずれもRSKラジオ)」を含む「岩根宏行」の記事については、「岩根宏行」の概要を参照ください。


ラジオ(OBS時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 22:24 UTC 版)

山崎唯衣」の記事における「ラジオ(OBS時代)」の解説

唯衣麻衣の#タイムライン おはようサンデー 山崎唯衣教えて!農業 OBSニュース(随時) ラジオdeミュージックナイト(随時) つよしまさし(2014年2月6日)- ミス日本コンテスト九州地区ファイナリスト時代出演みんなのラジオ。2015年4月6日 - 2016年9月20日)- 学生パーソナリティ4期生)として出演リスナーから募集した番組でのニックネーム(みんラジネーム)は『ゆいもん』。 花キューピットFlower for you~ いつか同じ星空の下でSecond trip

※この「ラジオ(OBS時代)」の解説は、「山崎唯衣」の解説の一部です。
「ラジオ(OBS時代)」を含む「山崎唯衣」の記事については、「山崎唯衣」の概要を参照ください。


ラジオ(1920年代以降)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 05:08 UTC 版)

伝道師」の記事における「ラジオ(1920年代以降)」の解説

キリスト教は、大宣教命令啓発として福音教義世界じゅうに説くことを常に強調してきた。 歴史的に、これは十二使徒拡散に始まる宣教師派遣によって行われ後年には印刷機発明後の聖書および宗教トラクト配布なども含まれた。1920年代に始まるラジオの急速な普及はこの任務にとって強力な新しい道具になると一部キリスト教徒理解して、彼らはラジオ番組最初プロデューサーになったラジオ放送伝統的な宣教師補完する活動と見なされ、比較低コスト膨大な人数教義届けられるようになり、違法として宣教師禁止された国でもキリスト教説くことが可能になった。クリスチャンラジオの目的は、人々キリスト教改宗させて信徒達に教義支援を施すことだった。これらの活動は特に発展途上圏で現在も続いている。世界規模放送されているキリスト教構成短波放送局には、エクアドルHCJBアンデスの声知られる)、ファミリーラジオのWYFR、BBN聖書放送などがある。 米国では、1930年代世界恐慌により中西部南部改宗テントでの説教復活したのが確認され巡回移動する説教師は町から町へと巡って寄付金生活していた。幾人かの説教師自身人気結果としてラジオ番組始めた。ラジオを大々的使った最初牧師1人が、1923年番組始めたS・パークス・キャドマンだった。1928年には、毎週日曜午後にキャドマンがNBCラジオ網でラジオ放送をしており、彼の強力な演説全米500万人聴衆届けられた。 より多く聴衆届けるため即座にラジオに鞍替えしたもう一人先駆的なテント改宗説教師がエイミー・センプル・マクファーソンだった。1920年代と1930年代のラジオは最終的には彼女に全米的な評判与えペンテコステ派最初期メガチャーチ1つ建設するまでになった1930年代当時有名なラジオ伝道師はローマカトリック教会司祭チャールズ・カフリンだった。彼の強力な反共産主義反ユダヤ主義ラジオ番組は何百万人もの聴衆届いた1920年代から1930年代にかけて米国全国放送されたその他の初期クリスチャンラジオ(カッコ放送年度)には、ボブ・ジョーンズ・シニア(1927-1962)、ラルフ・W・ソックマン(1928-1962)、G・Eロウマン(1930-1965)、チャールズ・E・フラー (1937-1968)などが出演番組では『Music & the Spoken Word』(1929-現在)、『The Lutheran Hour』(1930-現在)、などがあった。タイム誌1946年、ラルフ・ソックマン牧師出演NBC放送番組全国ラジオ講壇(National Radio Pulpit)』が毎週4000の手紙を受け取っており、ローマ・カトリック教会フルトン・J・シーン大司教毎週3000-6000通を受け取った報じた。その年の米国でラジオ牧師たちのラジオ番組聴いていた人達の合計は、1000万人と推定された。

※この「ラジオ(1920年代以降)」の解説は、「伝道師」の解説の一部です。
「ラジオ(1920年代以降)」を含む「伝道師」の記事については、「伝道師」の概要を参照ください。


ラジオ(TBSラジオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:02 UTC 版)

出水麻衣」の記事における「ラジオ(TBSラジオ)」の解説

エキサイトベースボールマネージャーズ2008年10月3日 - 2009年3月27日金曜担当相棒同期入社伊藤隆佑別のアナウンサー出演した放送回あり) 池山隆寛BUNBUN radio2010年10月5日 - 2010年12月31日角田信朗 〜傾いて候〜 よっしゃあ!アシスタント2011年1月31日 - 2012年2月20日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響2011年3月14日TBSラジオ放送分より休止5月9日から再開悠と渚のハツラツサンデー2011年1月9日鈴木あきえ向けてコメント出演 鈴木おさむ 考えるラジオ2011年4月9日 - 2012年9月29日出水麻衣のエクスキューズミー(2011年6月18日TBSが「鈴木おさむ 考えるラジオ」を野球中継差し替えたことに伴い、同番組ネット局の裏送りとして放送ザ・トップ5シーズン4金曜日2014年10月3日 - 2015年3月20日17:5020:00 ラジオブックス2006年12月18日 - 22日2007年5月14日 - 18日11月26日 - 30日城島茂のどっち派?!2006年9月8日豊田綾乃代役出演赤江珠緒 たまむすび2012年9月24日2015年8月3日2020年5月4日5月18日いずれも赤江珠緒代役夏季休暇もしくは病気療養などのため) 森本毅郎・スタンバイ!2014年9月22日遠藤泰子夏季休暇時の代役 荒川強啓 デイ・キャッチ!2014年9月29日片桐千晶夏季休暇時の代役 笹川友里 プレシャスサンデー2015年8月23日笹川友里夏季休暇時の代役 おぎやはぎのクルマびいき2015年10月3日 - 2022年3月26日ジェーン・スー 生活は踊る2018年3月14日長峰由紀代役

※この「ラジオ(TBSラジオ)」の解説は、「出水麻衣」の解説の一部です。
「ラジオ(TBSラジオ)」を含む「出水麻衣」の記事については、「出水麻衣」の概要を参照ください。


ラジオ (2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 23:12 UTC 版)

抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?」の記事における「ラジオ (2)」の解説

抜きゲーみたいな島で流れるラジオはどうすりゃいいですか?2』 2019年2月2日からYouTubeにて不定期配信パーソナリティ橘麻沙音役のそらまめ。と琴寄文乃役の沢野ぽぷら。

※この「ラジオ (2)」の解説は、「抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?」の解説の一部です。
「ラジオ (2)」を含む「抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?」の記事については、「抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?」の概要を参照ください。


ラジオ(冠番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 13:49 UTC 版)

平原誠之」の記事における「ラジオ(冠番組)」の解説

平原誠之音楽おもてなし毎週日曜21:0022:00ラジオ局「レディオ・バルーン」の看板番組としてパーソナリティ務める。 主な番組ゲスト泉谷しげる歌手)、今井清隆ミュージカル俳優)、大西幸仁(画家元 吉興業 漫才師ちゃらんぽらん など。 2018年5月2018年12月2019年1月より、活動スケジュール都合上休止

※この「ラジオ(冠番組)」の解説は、「平原誠之」の解説の一部です。
「ラジオ(冠番組)」を含む「平原誠之」の記事については、「平原誠之」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ラジオ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ラジオ

出典:『Wiktionary』 (2021/06/21 12:49 UTC 版)

語源1

英語 radio

名詞

ラジオ

  1. 音声その他の音響を送る放送であってテレビジョン放送及び多重放送該当しないもの。(日本国放送法における定義)
  2. 電波受信し、それを音声にして音楽情報流す機械ラジオ受信機
関連語
派生語
翻訳

語源2

英語 radio- 又は、ドイツ語 Radio-

接頭辞 

ラジオ

  1. 放射する」「放射性の」「無線の」などに関する語を作る

「ラジオ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ラジオと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ラジオ」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラジオ」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラジオのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラジオ (改訂履歴)、ラジオ@ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのあんさんぶるスターズ! (改訂履歴)、笠原涼二 (改訂履歴)、トリプルファイヤー (改訂履歴)、死の猟犬 (改訂履歴)、岩根宏行 (改訂履歴)、山崎唯衣 (改訂履歴)、伝道師 (改訂履歴)、出水麻衣 (改訂履歴)、抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? (改訂履歴)、平原誠之 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのラジオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS