2018年12月とは? わかりやすく解説

2018年12月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 08:20 UTC 版)

2018年度の将棋界」の記事における「2018年12月」の解説

3日 - 第68期王将戦挑戦者決定リーグ戦プレーオフが行われ、渡辺明棋王糸谷哲郎八段破り久保利明王将への挑戦決める。 4・5日 - 第31期竜王戦七番勝負第5局が行われ、羽生善治竜王が勝ち、タイトル100期に王手(羽生善治竜王 3-2 広瀬章人八段)。 8日 - 第69回1dayトーナメントMinervaカップ2018が行われ、渡部愛女流王位上川香織女流二段破り13回目優勝12日ヒューリック日本将棋連盟共催する形で新しい女タイトル戦であるヒューリック杯清麗戦2019年から開催することを発表女流タイトル戦7つとなる。 藤井聡太七段がこの日行われた第27期銀河戦本戦Eブロック6回戦(対阿部健治郎七段、2019年3月5日放送)に勝利し最速2年2ヶ月11日)・最年少16歳4ヶ月23日)・最高勝率(.847)での公式戦通算100勝を達成12・13日 - 第31期竜王戦七番勝負第6局が行われ、広瀬章人八段が勝ち勝負最終局に(広瀬章人八段 3-3 羽生善治竜王)。 14日 - 王将戦へのイートアンド大阪王将運営企業)の特別協賛に伴い、第69期より棋戦名が「大阪王将杯王将戦」となる。 17日 - 第44期棋王戦挑戦者決定トーナメント挑戦者決定二番勝負第1局が行われ、決勝勝者広瀬章人八段敗者復活戦勝者佐藤天彦名人に勝ち、渡辺明棋王への挑戦決める。 20・21日 - 第31期竜王戦七番勝負最終第7局が行われ、広瀬章人八段が勝ち、竜王獲得羽生善治27年ぶりの無冠となった

※この「2018年12月」の解説は、「2018年度の将棋界」の解説の一部です。
「2018年12月」を含む「2018年度の将棋界」の記事については、「2018年度の将棋界」の概要を参照ください。


2018年12月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 06:31 UTC 版)

トヨタ・プリウス」の記事における「2018年12月」の解説

ボディカラー設定変更公式発表なし)。

※この「2018年12月」の解説は、「トヨタ・プリウス」の解説の一部です。
「2018年12月」を含む「トヨタ・プリウス」の記事については、「トヨタ・プリウス」の概要を参照ください。


2018年12月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 07:27 UTC 版)

大学芸会」の記事における「2018年12月」の解説

2018年12月にライブクリスマス大学芸会2018」を3日間、千葉幕張イベントホール開催したライブタイトルは、12月23日が「クリスマス大学芸会2018〜スイートハニーサンデー〜」、12月24日が「クリスマス大学芸会2018〜ビターフローズンロール〜」、12月25日が「クリスマス大学芸会2018〜スペシャルロイヤルケーキ〜」。 6thアルバムplaylist」(初回生産限定盤A)にライブ映像収録ユニット曲5thアルバムMUSiC」(初回生産限定盤B)のCD2収録されている。

※この「2018年12月」の解説は、「大学芸会」の解説の一部です。
「2018年12月」を含む「大学芸会」の記事については、「大学芸会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2018年12月」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2018年12月」の関連用語

2018年12月のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2018年12月のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2018年度の将棋界 (改訂履歴)、トヨタ・プリウス (改訂履歴)、大学芸会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS