挑戦とは? わかりやすく解説

ちょう‐せん〔テウ‐〕【挑戦】

読み方:ちょうせん

[名](スル)

戦い試合をいどむこと。「―に応じる」「世界チャンピオンに―する」「―状」

困難な物事新し記録など立ち向かうこと。「世界記録に―する」「エベレスト登頂に―する」


挑戦


挑戦

作者宮唯雄

収載図書フレッシュマン物語
出版社りん書房
刊行年月2006.5


挑戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 07:19 UTC 版)

挑戦(ちょうせん)




「挑戦」の続きの解説一覧

挑戦!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/21 09:25 UTC 版)

挑戦!!』(ちょうせん)は、1974年4月6日から同年9月28日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のバラエティ番組である。全12回。


  1. ^ 『読売新聞』 読売新聞社、1974年4月6日付のラジオ・テレビ欄。 
  2. ^ a b 『北國新聞』1974年4月6日付朝刊、テレビ欄。


「挑戦!!」の続きの解説一覧

挑戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 15:55 UTC 版)

ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)」の記事における「挑戦」の解説

率先してリトアニアキリスト教化進めヴワディスワフ2世ヴィリニュス異教の神殿を破壊しかつては神として崇められていた神聖な伐採し殺害したヴワディスワフ2世信仰放棄に対するリトアニア人反乱起こらずリトアニアでは短期間のうちに貴族とその一族洗礼受けた騎士団ヴワディスワフ2世改宗見せかけであり、ことによると異端ですらあると主張し異教リトアニア残っていることを口実として再度リトアニア侵入した。しかし、騎士団十字軍大義名分を掲げることが困難になり、ポーランド王国真のキリスト教国となったリトアニア大公国同盟は一層脅威増したヴワディスワフ2世は、かつてはエリベタの聴罪司祭であったアンドリュス・ヴァシラ司教によるヴィリニュス管区創設後援した当時次第ドイツ騎士団によって支配されていったジェマイティアをも含む管区グニェズノ管区のもとに置いたが、ドイツ騎士団ケーニヒスベルク管区のもとに置かれなかった。 この決定ヴワディスワフ2世ドイツ騎士団との関係を改善しなかったであろうが、ポーランド教会リトアニア教会自由に助言する権限を与えることでリトアニアポーランドの間をより緊密に結び付けることには役に立った1389年ヴワディスワフ2世統治するところのリトアニアは、同国における自らの世襲財産犠牲にしてスキルガイラ権力与えたことに憤るヴィータウタスによる再度息を吹き返した挑戦に直面することになったヴィータウタス大公位を獲得するために内戦開始した1394年9月4日ヴィータウタス及びドイツ騎士団総長コンラート・フォン・ヴァレンローデに参加した軍勢は、ヴワディスワフ2世摂政であるスキルガイラ並びにポーランドリトアニアルーシ混成軍によって支配されたヴュリニュスの包囲に取りかかかった1ヶ月後にドイツ騎士団が城包囲解除したものの街の郊外を殆ど荒廃させた。この血みどろの抗争最終的にヴワディスワフ2世和平代償としてリトアニア統治権ヴィータウタス移譲するという(ヴィータウタスは、ポーランド国王代わりに最上位の公(dux supremus)の大君主のもと、自身死ぬまで大公(magnus dux)としてリトアニア統治することとなった1392年オストロフ和約という形で一時休戦もたらすこととなったスキルガイラトラカイ公からキエフ公鞍替えとなったヴィータウタス率先して自らの地位受け入れたものの程なくしてポーランドからのリトアニア独立求め始めたリトアニアドイツ騎士団との長きに渡る争い1398年10月12日サリナス条約英語版)で終止符打たれた。リトアニアは、ジェマイティヤドイツ騎士団への譲渡ドイツ騎士団プスコフ遠征への協力約束しドイツ騎士団リトアニアノヴゴロド遠征協力することに同意した。その直後ヴィータウタスリトアニア貴族によって国王として戴冠されるが、翌1399年ヴィータウタスジョチ・ウルストクタミシュ連合軍はヴォルスクラ河の戦いでティムール朝大敗し東方への進出諦めたヴィータウタスヴワディスワフ2世支配認めざるを得なくなった。

※この「挑戦」の解説は、「ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)」の解説の一部です。
「挑戦」を含む「ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)」の記事については、「ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)」の概要を参照ください。


挑戦(最初のハードル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 08:30 UTC 版)

あかなぎ」の記事における「挑戦(最初のハードル)」の解説

2006年11月15日よりエンターテイメント系の投資信託にてCD制作のための原資公募同時にインターネットテレビネットラジオ日経BPデジタルARENA」、読売ウイークリーなど、各媒体露出を展開。なお投資信託については公募期間40日のところを19日目(2006年12月4日)で目標金額達成した

※この「挑戦(最初のハードル)」の解説は、「あかなぎ」の解説の一部です。
「挑戦(最初のハードル)」を含む「あかなぎ」の記事については、「あかなぎ」の概要を参照ください。


挑戦(トライ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 14:50 UTC 版)

獣王星」の記事における「挑戦(トライ)」の解説

トップ決闘挑むこと。トップ勝利した者がその輪のトップとなれる。

※この「挑戦(トライ)」の解説は、「獣王星」の解説の一部です。
「挑戦(トライ)」を含む「獣王星」の記事については、「獣王星」の概要を参照ください。


挑戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 02:33 UTC 版)

GISHWHES」の記事における「挑戦」の解説

GISHWHESチャレンジは、その焦点多岐にわたり、時にはメディアの注目集めることもある。ロサンゼルス中心としたOCウィークリーは、2013年課題アイスクリームパーラーあなたのチーム新しアイスクリームフレーバー販売してください」のカスタムアイスクリームの作成依頼したGISHWHESチームに対する地元アイスクリームショップ反応報じている。 もう一つ課題は、参加者がabnosome(アブノサム)という言葉使ってコリンズの「アブノーマル」と「アメージング」を組み合わせて広めることだった。 2013年ハントでは、DCコミックスキャラクターフラッシュ」のコスプレをして、機能する粒子加速器の横で写真撮ってもらうことが求められたその結果トーマス・ジェファーソン国立加速器施設フェルミラボには、GISHWHES参加者から多数メール届き来場者向けの特別ツアー設定された。 ディーン・ゴレンベスキは、フェルミラボSLAC国立加速器研究所機関誌Symmetry』に、今回訪問歓迎され国立研究所目標研究内容をより多くの人知ってもらう機会とし捉えられていると報告している。 コリンズによると、GISHWHES数多くある課題は、ほとんどが少なくとも1つチームによって正常に完了しているそうだ例え2012年コンテスト中、成功しなかったのは1つで、お題は「市販飛行船秋の葉コーティングしたもの」だった。 コリンズ物理的な限界あったために失敗したではないか推測している。 リベラシオン運営するフランスウェブサイト「Écrans」が指摘した2013年課題は、国際宇宙ステーションにいる宇宙飛行士チーム名入った看板を持って写真を撮るように説得することを競うのだった宇宙飛行士はその公式Twitterアカウント参加できなかったため、参加者取り組みNASA中心となって行った

※この「挑戦」の解説は、「GISHWHES」の解説の一部です。
「挑戦」を含む「GISHWHES」の記事については、「GISHWHES」の概要を参照ください。


挑戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 04:30 UTC 版)

ロマンシング サガ リ・ユニバース」の記事における「挑戦」の解説

裏道場 2019年3月27日実装常設毎日リセット)。難易度が5段階の「死合」に挑戦するクリア報酬2種類の「裏道場の証」が入手でき、裏ステータス上昇必要なアイテム交換が可能。 R杯ロビンはい) トーナメント形式で、3人×3組(先鋒中堅大将)のパーティ編成して挑むBP扱いなど通常の戦闘とは異な部分多く先に出撃した味方技術閃くといった特徴もある。クリア報酬で「ロビンメダル」が入手でき、様々なアイテム交換が可能。 2019年6月26日実装当初は常設毎週月曜日リセットされていたが、「最果ての決戦島実装後は隔週交互に開催され2021年11月27日アップデート以降休止中最果ての決戦島 隔週開催2020年7月13日実装。5人×3組でそれぞれで異な「井戸」挑戦し合計スコアに応じて様々な報酬入手可能スコア行動回数や被ダメージ量等に応じて増減する。各井戸3段階の難易度設定されている。 追憶の幻闘場 常設2021年11月27日実装武器種限定したパーティで、ギミック設けられモンスター挑む難易度は各武器種ごとに20段階入手できるアイテム消費して強力なアビリティ付与された「追憶武器」を強化する2021年11月27日に「クジンシー」「リアルクィーン」が実装され、2022年4月4日に「デスマスター」が追加されている。

※この「挑戦」の解説は、「ロマンシング サガ リ・ユニバース」の解説の一部です。
「挑戦」を含む「ロマンシング サガ リ・ユニバース」の記事については、「ロマンシング サガ リ・ユニバース」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「挑戦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

挑戦

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 09:22 UTC 版)

名詞

ちょうせん

  1. 戦い挑むこと。
  2. 困難物事新しい記録立ち向かうこと。意欲をもって試みること。

発音(?)

ちょ↗ーせん

動詞

活用

サ行変格活用
挑戦-する

「挑戦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「挑戦」の関連用語

挑戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



挑戦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの挑戦 (改訂履歴)、挑戦!! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴワディスワフ2世 (ポーランド王) (改訂履歴)、あかなぎ (改訂履歴)、獣王星 (改訂履歴)、GISHWHES (改訂履歴)、ロマンシング サガ リ・ユニバース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの挑戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS