脅威とは? わかりやすく解説

きょう‐い〔ケフヰ〕【脅威】

読み方:きょうい

強い力勢いでおびやかすこと。また、おびやかされて感じ恐ろしさ。「戦争の—にさらされる」「—を与える」「—を感じる」


脅威


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 07:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「脅威」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「脅威」を含むページの一覧/「脅威」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「脅威」が役に立つかも知れません。

関連項目



脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 16:42 UTC 版)

国家安全保障」の記事における「脅威」の解説

脅威とは安全保障において敵または潜在的な敵を指して使用する。脅威には政治的思想的経済的なものが各種存在するが、純粋に軍事的な脅威は「能力」と「意思」から判断されるのが一般的である。すなわち、ある国が自国に対して侵略する国家意思有していたとしても、それを実行するための軍事力存在しないであれば、また自国軍事力圧倒している場合は、その国は脅威ではない。またある国が膨大な軍事力保有していたとしても、非常に友好的な関係があり、侵略国家意思ない場合はこれも脅威とはならない。 また非対称脅威という言葉がある。これは従来国家国家という対称的な脅威ではなく国家対非国家という対称ではない脅威を言う。つまり対称脅威とは国家体と国家体の間に生じる脅威を言うが、非対称脅威とは、国家体と非国家体の間に生じる脅威について言う。

※この「脅威」の解説は、「国家安全保障」の解説の一部です。
「脅威」を含む「国家安全保障」の記事については、「国家安全保障」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 09:18 UTC 版)

サンガ川流域の3か国保護地域」の記事における「脅威」の解説

しばしば観光客の増加自然環境脅かすが、この世界遺産の場合、さしたる脅威となっていない。隔絶した環境あることなども影響し2010年観光客数ザンガ=ンドキ国立公園350人、ヌアバレ=ンドキ国立公園120人、ロベケ国立公園55人にとどまった。 これに対し主要な脅威となっているのが、象牙ブッシュミートなどを目的とした密猟である。象牙求めて狩られるのがマルミミゾウである。象牙アフリカゾウから取ることも可能だが、マルミミゾウ象牙の方がより硬く日本の印章三味線の撥に好まれる日本直接密猟者繰り出したり、大規模な買い付け行っているわけではないが、その需要存在が国市場価値上げ密猟影響している可能性は指摘されている。 もうひとつ懸念ブッシュミートである。ブッシュミート野生生物の肉で、畜肉に比べ安価な蛋白源として、地元で流通している。もともとは持続可能な開発枠内収ま流通だったが、特に1990年代コンゴ共和国内戦英語版)を経験した同国では、内戦終了後人口増加が、違法なブッシュミート流通急増させた。コンゴ共和国では特に希少な種の密猟には刑事罰課し監視強化しているものの、ニシローランドゴリラマルミミゾウなどの肉も流通している

※この「脅威」の解説は、「サンガ川流域の3か国保護地域」の解説の一部です。
「脅威」を含む「サンガ川流域の3か国保護地域」の記事については、「サンガ川流域の3か国保護地域」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 15:46 UTC 版)

タテジマフクロウ」の記事における「脅威」の解説

タテジマフクロウ分布域は非常に広く個体数安定している考えられている。特定の脅威にも直面しておらず、その結果国際自然保護連合は「低危険種」と分類している。

※この「脅威」の解説は、「タテジマフクロウ」の解説の一部です。
「脅威」を含む「タテジマフクロウ」の記事については、「タテジマフクロウ」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 14:17 UTC 版)

プトラナ台地」の記事における「脅威」の解説

プトラナ台地はほとんど人が足を踏み入れていない。ソ連時代には、狩猟釣り渓流下りなど、様々な目的で訪れ人々がいたというが、ソ連解体以降は測量などを目的とする専門家や、一部冒険家などが訪れるくらいになっている2005年には観光客専門家などをあわせて437人が訪れただけであり、観光客及ぼ悪影響きわめて限定的考えられている。 他方最も近い居住地閉鎖都市ノリリスクであり、一帯世界屈指の埋蔵量を持つニッケル鉱床存在知られているこの町鉱工業大気汚染深刻な発生源となっており、西暦2000年時点でロシア国内大気汚染物質の8 %にあたる量を排出していたとされる風向き台地標高豊かな自然汚染から守ってはいるものの、2010年時点で世界遺産緩衝地域には汚染被害見られていた。そこで世界遺産への推薦に先立ちノリリスク・ニッケル社は、汚染物質排出軽減していく意向表明した

※この「脅威」の解説は、「プトラナ台地」の解説の一部です。
「脅威」を含む「プトラナ台地」の記事については、「プトラナ台地」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 07:43 UTC 版)

シマワラビー」の記事における「脅威」の解説

数々の原因の組み合わせによりシマワラビーは数を減らし最終的には絶滅至った。最も大きな要因一つは生息地破壊である。というのも湿地帯生息地として重要な部分占めており、一旦湿地帯無くなってしまうと湿地帯植生のほとんども共に無くなってしまったのである生息地破壊だけでなく、ヨーロッパ産アカギツネのような捕食者導入も、同様にこの種絶滅追いやった加えて、この動物はその毛皮目当てスポーツハンティングのために狩猟対象にもなっていた。この種絶滅におけるあまり知られていない事実は、アボリジニによる直接的な捕食と、先史時代行われたカンガルー類が広く生息していた地域へのアボリジニによるディンゴ導入である。

※この「脅威」の解説は、「シマワラビー」の解説の一部です。
「脅威」を含む「シマワラビー」の記事については、「シマワラビー」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 04:29 UTC 版)

シャナイ-ティンピシュカ」の記事における「脅威」の解説

シャナイ-ティンピシュカ森林破壊の脅威に直面している。ナショナルジオグラフィックによると、それは実際には地元先住民である。彼らは地域じゅうに森林破壊大部分実行している。沸騰川(the Boiling River)周辺の森林破壊最大99%は、地元民より大きく、より高価な木を倒し残りきれいに燃やすことによって引き起こされている。Maple Energy称する地元石油・ガス会社は、実際この地周辺のジャングル一部保護専心してきた。

※この「脅威」の解説は、「シャナイ-ティンピシュカ」の解説の一部です。
「脅威」を含む「シャナイ-ティンピシュカ」の記事については、「シャナイ-ティンピシュカ」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/20 18:20 UTC 版)

シアン・カアン生物圏保護区」の記事における「脅威」の解説

キンタナ・ロー州はこの数十年のうちに、メキシコ屈指の主要観光地変貌したまた、シアン・カアンの北には、高級リゾート地として国際的に著名なカンクンもある。そうした中でシアン・カアンその周辺でも開発進み海洋汚染樹木乱伐焼畑拡大などが問題となった

※この「脅威」の解説は、「シアン・カアン生物圏保護区」の解説の一部です。
「脅威」を含む「シアン・カアン生物圏保護区」の記事については、「シアン・カアン生物圏保護区」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 06:38 UTC 版)

コモンツパイ」の記事における「脅威」の解説

森林破壊トレンチャー用いた農業プランテーション商業伐採等の人間活動により、脅威に晒されている。さらに食糧調達スポーツ目的とした狩りこの種存続にとって圧力となっている。

※この「脅威」の解説は、「コモンツパイ」の解説の一部です。
「脅威」を含む「コモンツパイ」の記事については、「コモンツパイ」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 03:09 UTC 版)

タラフマラ族」の記事における「脅威」の解説

タラフマラ族アステカ征服されず、スペイン人フランス人アメリカ人との戦争にも生き抜いた近年では、彼らはメキシコ軍薬物取締官、彼らの土地鉱物資源搾取もくろむ企業から土地おびやかされている。

※この「脅威」の解説は、「タラフマラ族」の解説の一部です。
「脅威」を含む「タラフマラ族」の記事については、「タラフマラ族」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 07:29 UTC 版)

クレ環礁」の記事における「脅威」の解説

Green島には元々ハワイ諸島にはいないアリ一種ツヤオオズアリ(英語版)が多数生息し島元来の生態系を脅威にさらしている。この島に生え侵略的な帰化植物ヴェルベシナ・エンケリオイデス(英語版)にはカイガラムシ繁殖していて、このアリはのこの体液をえさとしている。さらに、この島は太平洋主要な海流中にあるため、何トンもの漁業網や海洋デブリサンゴ礁海岸流れつき、アザラシウミガメ海鳥エビ生息おびやかしている。

※この「脅威」の解説は、「クレ環礁」の解説の一部です。
「脅威」を含む「クレ環礁」の記事については、「クレ環礁」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 05:20 UTC 版)

アポカリプス・ウィッチ 飽食時代の【最強】たちへ」の記事における「脅威」の解説

人類を襲う正体不明の災厄の敵。金属由来自律発祥高次生体戦闘兵器とも称される情報統制により一般市民存在知らずかつては難問排除五人組が対応にあたっていた。米国スマートアームズ社が訓練用デコイ製造しているが、実物とは本質的に異なる自軍被害が出ると機能停止した個体取り込み機能拡張行っていく。

※この「脅威」の解説は、「アポカリプス・ウィッチ 飽食時代の【最強】たちへ」の解説の一部です。
「脅威」を含む「アポカリプス・ウィッチ 飽食時代の【最強】たちへ」の記事については、「アポカリプス・ウィッチ 飽食時代の【最強】たちへ」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/15 06:54 UTC 版)

ソウゲンライチョウ」の記事における「脅威」の解説

雪が厚く積る厳しい冬気候にも耐えることができるが、びしょ濡れになる春の雨は、雛にとって大きな脅威となるまた、旱魃によって食料失われ、雛の生存難しくなる。しかし最も大きな脅威は、人間による影響である。原生プレーリー農地転換することは、ソウゲンライチョウにとって大変な損害となる。カンザス州立大学による無線遠隔測定法研究において、ほとんどのメスは、配電線4分の1マイル以内舗装され道路3分の1マイル以内では、巣を作らず、雛を育てようとしないことがわかった。またテレビ塔農地の近くでも、コミュニケーション避けることわかっている。ボトルネック効果の後、人間による個体数管理によって、ソウゲンライチョウ遺伝的変異遺伝的多様性喪失引き起こされた。

※この「脅威」の解説は、「ソウゲンライチョウ」の解説の一部です。
「脅威」を含む「ソウゲンライチョウ」の記事については、「ソウゲンライチョウ」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 09:59 UTC 版)

キングダム ハーツ シリーズ」の記事における「脅威」の解説

世界脅か危険な存在ハートレス心無き者」とも呼ばれる、闇に心を囚われた者が心を失うことで生まれる、心が変質した存在詳細は「ハートレスを参照 ノーバディ存在しない者」「抜け殻」とも呼ばれ強い心持ち主ハートレスとなった時に残された身体魂が意思を持つことで生まれる。 詳細は「XIII機関#ノーバディを参照 アンヴァース イェン・シッドにより「生命精通しない者」と名付けられた、人々負の感情憎悪嫉妬悲しみ恐怖など)に芽生える魔物。 その正体純粋な闇の心を持つヴァニタスから生まれた存在であり、彼の感情一部でもあるまた、生命として「精通していない」という点は、1つ心としては不完全であるヴァニタスそのもの示しているとも言える。また倒されアンヴァース感情ヴァニタスへと還元されるので、倒して彼の手によって再び誕生してしまう。 マスター・ゼアノート計画の元、ヴェントゥスたち3人をさらに強くさせる目的で世界中にばら撒かれた。このアンヴァース発生源となる負の感情は、純粋な光の心を持つセブンプリンセス例外ではなくシンデレラ悲壮感白雪姫恐怖心媒体にしてアンヴァース発生している。またこの力を逆に利用するのは、ハートレス使役するのと同義であり、トレメイン夫人のように力に溺れた者は心の闇によって押し潰されてしまう。 発生源であるヴァニタスヴェントゥス倒されたことによって後の世界に現れなくなった。しかし『KH3』ではヴァニタス復活した事で再び出現するドリームイーター眠りに閉ざされた世界」に巣食うハートレスとは別の闇の存在で、ハートレスのいないこの世界で彼らは人の夢を貪り続けている。 ドリームイーターにはナイトメアスピリット二種類がある。ナイトメアは人の夢を喰らって悪夢植え付ける力があり、ソラリク敵対することとなる。それに対しスピリット悪夢だけを喰らう習性があり、こちらは逆にソラリクに力を与えてくれる存在となる。エンブレムは、ハート型ユリイメージしてつけたデザインで、ナイトメアスピリットのものより少し尖っている

※この「脅威」の解説は、「キングダム ハーツ シリーズ」の解説の一部です。
「脅威」を含む「キングダム ハーツ シリーズ」の記事については、「キングダム ハーツ シリーズ」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 09:39 UTC 版)

カドマット島」の記事における「脅威」の解説

人工的な影響により、珊瑚礁10%失われていること(1976年IUCN評価)や気候変動による脅威にさらされている。島へ出入りのために潟が浚渫されたり浚渫した物質を潟内に放出することが、珊瑚生態影響もたらしている。海岸珊瑚ブロック平板として生活資材使用することが、海岸砂浜浸食という形で島の重大な土地形態学的変化を起こすかもしれない海水温度上昇に伴って珊瑚種類45から9に減っている。

※この「脅威」の解説は、「カドマット島」の解説の一部です。
「脅威」を含む「カドマット島」の記事については、「カドマット島」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/06 08:38 UTC 版)

クライアント/サーバー ランタイム サブシステム」の記事における「脅威」の解説

csrss.exe類似したファイルパスファイル名による偽装を行うマルウェアいくつか確認されている。 Nimda.E W32/Netsky.ab@MM W32/VBMania 正規のファイルはC:\Windows\System32に格納されており、その他の場所にある同名ファイルマルウェアである疑いが強い。

※この「脅威」の解説は、「クライアント/サーバー ランタイム サブシステム」の解説の一部です。
「脅威」を含む「クライアント/サーバー ランタイム サブシステム」の記事については、「クライアント/サーバー ランタイム サブシステム」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/06 01:14 UTC 版)

ネルソンレイヨウジリス」の記事における「脅威」の解説

農地開発都市開発増加は、本種にとって増えつつある問題である。本種は、耕され土地ではコロニー作らないため、農地の増加は彼らの生息地奪い代わり選択肢残してくれない家畜放牧は、残された生息地をさらに破壊し外来植物は、本種が食料にしたり日陰覆いとして頼ったりする在来植物乗っ取ってしまう。また、近く農場から漂ってくる殺虫剤生息地侵害するこれらの行為は、本種の個体数害を及ぼすだけではなくサンホアキン・バレー他の在来生物植物にも問題引き起こしている。アオイ科kern mallow Eremalche parryi、キク科San Joaquin woolly threads Monolopia congdonii、アブラナ科California jewel flower Caulanthus californicus、そしてサボテン一種の Bakersfield cactus Opuntia basilaris などの在来植物は、外来植物追いやられており、すべてアメリカ連邦政府絶滅危惧植物となっている。

※この「脅威」の解説は、「ネルソンレイヨウジリス」の解説の一部です。
「脅威」を含む「ネルソンレイヨウジリス」の記事については、「ネルソンレイヨウジリス」の概要を参照ください。


脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 19:06 UTC 版)

特別自然美観地域」の記事における「脅威」の解説

環境および田舎のグループの間でAONBの地位がますます開発の脅威にさらされているという懸念高まっている。 イングランド農村保護キャンペーン2006年7月多くのAONBがかつてないほど大きな脅威にさらされていると発表し 特定の3つのサイト挙げる道路計画によって脅かされているドーセットAONB 、 サセックスダウンズAONBのサッカースタジアムの脅威、そして他のどの地域よりも大きいのが£1 インペリアルカレッジロンドンによる、 ワイの ケントダウンズの数百エーカーのAONB土地数千住宅オフィス建設する10億計画2007年9月に、政府はサセックスダウンズAONBの境界内にあるブライトンとホーブアルビオンの新しサッカー場開発について、環境保護主義者による激しい戦いの後、ついに承認された。 ファルマースタジアムとして知られるその後の開発は、2011年7月正式にオープンしたドーセットウェイマス救済道路は、環境団体がその建設阻止するための高等裁判所提訴権利失った後、2008年から2011年間に建設されたもの。 2006年Adrian Phillips教授は、AONBが直面する脅威をリスト化。 彼は明らかな大きな脅威が、将来土地管理への支援開発圧力増大グローバル化影響気候変動に対する不確実性であると発表。 より微妙な脅威には、忍び寄る郊外化と「 園芸Glossary of equestrian termsもある。

※この「脅威」の解説は、「特別自然美観地域」の解説の一部です。
「脅威」を含む「特別自然美観地域」の記事については、「特別自然美観地域」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「脅威」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

脅威

出典:『Wiktionary』 (2021/07/30 09:21 UTC 版)

名詞

  (きょうい)

  1. 強い勢い脅かすこと。脅かされたり、脅されると感じ恐れ

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
脅威-する

「脅威」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



脅威のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JMCJMC
2022 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシー情報セキュリティ用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脅威 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの国家安全保障 (改訂履歴)、サンガ川流域の3か国保護地域 (改訂履歴)、タテジマフクロウ (改訂履歴)、プトラナ台地 (改訂履歴)、シマワラビー (改訂履歴)、シャナイ-ティンピシュカ (改訂履歴)、シアン・カアン生物圏保護区 (改訂履歴)、コモンツパイ (改訂履歴)、タラフマラ族 (改訂履歴)、クレ環礁 (改訂履歴)、アポカリプス・ウィッチ 飽食時代の【最強】たちへ (改訂履歴)、ソウゲンライチョウ (改訂履歴)、キングダム ハーツ シリーズ (改訂履歴)、カドマット島 (改訂履歴)、クライアント/サーバー ランタイム サブシステム (改訂履歴)、ネルソンレイヨウジリス (改訂履歴)、特別自然美観地域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの脅威 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS