地球温暖化とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 地球温暖化 > 地球温暖化の意味・解説 

ち きゅうおんだんか -きうをんだんくわ [0] 【地球温暖化】

二酸化炭素などの温室効果ガス主因となって地球表面気温が急速に上昇すること。

地球温暖化

地球取り巻く大気中の二酸化炭素メタン等の微量ガスは,地表から宇宙放射される赤外線吸収する性質をもち,地表気温生物生存適当な程度に保っています。これらのガス大気中の濃度着実に増加していることが広く観察されていますが,このような増加は,地球温暖化をもたらし,人間をはじめ広く生態系大きな影響を及ぼすことになるものと懸念されています。

地球温暖化


地球温暖化 (ちきゅうおんだんか)

 温室効果気体人為的排出により、大気中の温室効果気体増加し、温室効果が強まることによって地球平均気温上昇することです。近年、地球温暖化が進行しているとされます。

地球温暖化

大気熱収支大きな影響与え二酸化炭素メタン一酸化二窒素代替フロンオゾンなどの濃度増加することによって、地球全体平均気温上昇する現象のこと。観測データ100年間で、すでに摂氏0.5程度温暖化進んでいる。国連の「気候変動に関する政府間パネル」によると、2100年には全地球平均気温が現在より、1.4~5.8度上昇海水面が9~88センチ上がる予想生態系や人の健康に多大影響があると警告している。

地球温暖化

【英】:Global warming

 大気中の二酸化炭素CO2)などの温室効果ガスGHG: Greenhouse Gases)の濃度が高くなることを主な原因として、地球表面平均気温地上気温海面水温)が上昇する現象を地球温暖化と呼ぶ。温暖化影響は、気象変化海水面上昇など自然生態系から、農業生産水資源、健康など人々社会生活まで、多岐分野におよぶ。人の健康への直接的影響としては、夏の気温上昇による熱中症増加循環器系呼吸器系疾患による死亡率変化が挙げられる。間接的影響としては、マラリアデング熱媒介するなどの生息地域の拡大による動物媒介性疾病増加都市部での大気汚染増加による喘息アレルギー疾患増加洪水による下痢などの水系伝染病増加などが懸念されている。IPCC気候変動に関する政府間パネル:Intergovernmental Panel on Climate Change)は、気候変動見通し影響評価実施しており、2007年第四次評報告書公表した。各国地球温暖化対策は、1994年発効された気候変動枠組条約基づいて実施されている。その第三締約国会議(1997年)で採択された京都議定書は、先進国における温室効果ガス削減のための数値目標200812年)を定めた。先進国途上国を問わず、すべての排出国が参加する枠組み構築することが、今後課題となっている。(西村実子

参考IPCCホームページ http://www.ipcc.ch/

地球温暖化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/17 04:14 UTC 版)

地球温暖化(ちきゅうおんだんか、英語: Global warming)とは、地球の気候系の平均気温が長期的に上昇することである。これは気候変動の主要な側面であり、気温の直接測定や、温暖化の様々な影響の測定によって実証されている[4]。地球温暖化と気候変動はしばしば交換可能に使われる[5]が、より正確には地球温暖化とは、主に人為的な地球表面温度の上昇とその継続が予測されることであり[6]、気候変動とは、地球温暖化とその影響(降水量の変化など)の両方を含むものである[7]。地球温暖化は有史以前からあった[8]が、20世紀半ば以降の変化はかつてないほどの速度と規模で推移している[9]




注釈

出典

  1. ^ Global Annual Mean Surface Air Temperature Change”. NASA. 2020年2月23日閲覧。
  2. ^ IPCC AR5 SYR Glossary 2014.
  3. ^ USGCRP Chapter 3 2017, p. 119.
  4. ^ IPCC AR5 WG1 Summary for Policymakers 2013, p. 4; EPA 2016
  5. ^ Shaftel 2016: "'Climate change' and 'global warming' are often used interchangeably but have distinct meanings. .... Global warming refers to the upward temperature trend across the entire Earth since the early 20th century .... Climate change refers to a broad range of global phenomena ...[which] include the increased temperature trends described by global warming."
  6. ^ IPCC AR5 SYR Glossary 2014; IPCC SR15 Ch1 2018, p. 51: "Global warming is defined in this report as an increase in combined surface air and sea surface temperatures averaged over the globe and over a 30-year period. Unless otherwise specified, warming is expressed relative to the period 1850–1900, used as an approximation of pre-industrial temperatures in AR5.".
  7. ^ Shaftel 2016; Associated Press, 22 September 2015: "The terms global warming and climate change can be used interchangeably. Climate change is more accurate scientifically to describe the various effects of greenhouse gases on the world because it includes extreme weather, storms and changes in rainfall patterns, ocean acidification and sea level.".
  8. ^ IPCC AR5 WG1 Ch5 2013
  9. ^ IPCC AR5 WG1 Summary for Policymakers 2013, p. 4; IPCC SR15 Ch1 2018, p. 54
  10. ^ IPCC AR5 WG1 Summary for Policymakers 2013, p. 17.
  11. ^ US EPA 2019.
  12. ^ Scientific consensus: Earth's climate is warming”. Climate Change: Vital Signs of the Planet prevent dangerous anthropogenic climate change. NASA. 2018年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月7日閲覧。
  13. ^ List of Organizations”. The Governor's Office of Planning & Research, State of California. 2017年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月7日閲覧。
  14. ^ IPCC AR5 WG2 Technical Summary 2014, pp. 44–46; D'Odorico et al. 2013.
  15. ^ National Geographic 2019; NPR 2010.
  16. ^ Campbella et al. 2016; National Research Council 2012, pp. 26–27.
  17. ^ EPA (2017年1月19日). “Climate Impacts on Ecosystems”. 2019年2月5日閲覧。
  18. ^ Met Office 2016.
  19. ^ UNFCCC 1992, Article 2, "Objective".
  20. ^ Decision 1/CP.16, paragraph 4, in UNFCCC: Cancun 2010: "deep cuts in global greenhouse gas emissions are required according to science, and as documented in the Fourth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change, with a view to reducing global greenhouse gas emissions so as to hold the increase in global average temperature below 2 °C above preindustrial levels".
  21. ^ CNN, 12 December 2015; The Guardian, 12 December 2015; Paris Agreement 2015, Article 2, Section 1(a).
  22. ^ IPCC SR15 Ch1 2018, p. 51,
  23. ^ Climate Action Tracker 2019, p. 1; United Nations Environment Programme 2019, p. 27.
  24. ^ IPCC SR15 Summary for Policymakers 2018, p. 7:Future climate-related risks (...) are larger if global warming exceeds 1.5°C before returning to that level by 2100 than if global warming gradually stabilizes at 1.5°C. (...) Some impacts may be long-lasting or irreversible, such as the loss of some ecosystems (high confidence).
  25. ^ Mercator Institute 2020; IPCC SR15 Ch2 2018, p. 96: This assessment suggests a remaining budget of about 420 GtTemplate:CO2 for a twothirds chance of limiting warming to 1.5°C, and of about 580 GtTemplate:CO2 for an even chance (medium confidence).
  26. ^ 世界の年平均気温の偏差の経年変化、気象庁
  27. ^ a b c IPCC第4次評価報告書 統合報告書 概要 日本語訳
  28. ^ Climate Change 2007: Synthesis Report
  29. ^ Intergovernmental Panel on Climate Change
  30. ^ 温室効果ガスに関する基礎知識 気象庁。
  31. ^ a b c d e IEA, World Energy Outlook 2011 日本語エグゼクティブサマリー
  32. ^ 第15回気候変動枠組条約締約国会議#コペンハーゲン合意を参照
  33. ^ Peterson, Thomas & Connolley, William. “The Myth of the 1970s Global Cooling Scientific Consensus(1970年代の地球寒冷化の科学的な一致に関する伝説)”. American Meteorological Society. 2008年4月12日閲覧。
  34. ^ 2018年の気温、過去4番目の高さ WMO「温暖化進行の証拠」”. 毎日新聞. 毎日新聞社 (2019年2月7日). 2019年2月7日閲覧。
  35. ^ 2015〜18年の世界気温は観測史上最高 国連WMOが報告”. www.afpbb.com. AFP (2019年2月7日). 2019年2月7日閲覧。
  36. ^ Stern Review Archived 2006年12月9日, at the Wayback Machine.
  37. ^ IPCC SREX Summary for Policymakers, IPCC, 2011 CLIMATE EXTREMES AND IMPACTS
  38. ^ “世界で異常気象深刻”報告書、NHK、2011年11月19日
  39. ^ 温暖化影響総合予測プロジェクト報告書”地球温暖化 日本への影響-最新の科学的知見-”国立環境研究所など14機関、2008年5月29日(温暖化影響総合予測プロジェクト(環境省)の前期三年間の成果報告書)
  40. ^ 日本沿岸の海面水位の長期変化傾向、気象庁、2007年2月13日
  41. ^ Table10.7, Figure 10.33
  42. ^ A new view on sea level rise,Stefan Rahmstorf,6 April 2010
  43. ^ UNEP, Bloomberg, Frankfurt School, Global Trends in Renewable Energy Investment 2011(要登録)、Figure 24.
  44. ^ Position Statement(AAPG)
  45. ^ Petroleum Geologists Award to Novelist Crichton Is Inappropriate (AGU)
  46. ^ Q&A ココが知りたい温暖化国立環境研究所
  47. ^ 環境問題のウソと正解安井至、日経エコロミー、2007年7月



地球温暖化

出典:『Wiktionary』 (2011/08/29 08:04 UTC 版)

名詞

地球温暖・化、ちきゅうおんだんか

  1. 地球表面大気海洋平均温度上昇する現象。特に近年観測されている(更に将来的予想される)19世紀後半からの温暖化について指すことが多い。単に「温暖化と言うこともある。

翻訳

関連語




地球温暖化と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地球温暖化」の関連用語

地球温暖化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



地球温暖化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2020 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2020 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2020 Sanko-estate,All Rights Reserved.
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2020.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球温暖化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの地球温暖化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS