球とは? わかりやすく解説

たま【玉/球/珠】

読み方:たま

【一】[名]

球体楕円体、またはそれに類した形のもの。

球形をなすもの。「―の汗」「露の―」「目の―」

丸くとめられひとかたまり。「毛糸の―」「うどんの―」

レンズ。「眼鏡の―をぬぐう」「長い―で撮る」

㋓(球)球技などに用いボール。まり。また、投球などの種類。「遅い―」「―を打つ」「―をとる」

㋔(球)玉突きの球。転じてビリヤードや、そのゲームをいう。「友人と―を突く」

㋕(球)電球。「切れた―を取り替える

そろばんで、はじく丸い粒。そろばんだま。「帳簿開いて―を置く」

㋗(「弾」「弾丸」とも書く)銃砲弾丸(だんがん)。「―が飛びかう」「―を込める」

鶏卵玉子。「掻(か)き―」

㋐丸い形の美しい石の総称宝石真珠など。「―を磨く」「―で飾る」

きわめて大切に思う貴重なもの。「掌中の―」

張りがあって美しく清らかなもの。「―の肌」

人を丸め込むために策略の手段として使う品物現金。「ゴルフ会員権贈賄の―に使う」

美しい女性また、転じて芸者・遊女。「上―」

あざけり気持ちで、人をその程度人物であるときめつける語。やつ。「あいつもたいした―だよ」

《「金玉(きんたま)」の略》睾丸(こうがん)。

紋所の名。2㋐を図案化したもの

【二】接頭名詞に付く

神事高貴な物事に付いて、それを褒めたたえる意を添える。「―垣」「―襷(だすき)」

玉のように美しいもの、玉をちりばめたものなどの意を添える。「―」「―櫛笥(くしげ)」

[下接句] 傷無き玉・傷玉・衣(ころも)の裏の珠・掌中の珠・掌(たなごころ)の玉・手内の珠・驪竜(りりょう)頷下(がんか)の珠・連城の璧(たま)


きゅう【球】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) [訓]たま

学習漢字3年

まるい形のもの。「球形球根球体眼球気球血球結球地球天球電球

まり。ボールまた、ボール用い競技。「球威球技球戯硬球蹴球送球速球卓球庭球捕球野球

野球。「球界球場球団


きゅう〔キウ〕【球】

読み方:きゅう

丸いもの。たま。

空間一定点か一定の距離にある点の軌跡。その定点を球の中心一定距離を球の半径という。


定点Oから一定の距離rにある点の軌跡を球という。

Oを中心、rを半径とよぶ。

参考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 02:12 UTC 版)

(きゅう、: ball)とは、


  1. ^ a b c d 広辞苑第六版【球 (きゅう)】


「球」の続きの解説一覧

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「球」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



球と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「球」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「球」の関連用語

球のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



球のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2023 数理検定協会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS