球根とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 球根の意味・解説 

きゅう こん きう- [0] 【球根】

園芸上、地下にある植物体の一部根・茎)がいも)状に肥大し、養分蓄えものをいうダリア塊根かいこん)・ユリ鱗茎りんけい)・グラジオラス球茎など。。 〔オランダ語 bol-wortel を bol (球)と wortel (根)とに分け漢字当てた訳。「厚生新編」(1811年)にある〕


球根

作者宮寺清一

収載図書雷鳴
出版社日本民主主義文学同盟
刊行年月1998.8
シリーズ名民主文学自選叢書


球根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/10 07:42 UTC 版)

球根(きゅうこん)とは、宿根草のうち、根、茎、葉の一部に養分がたまってふくらんだ貯蔵器官のこと[1]園芸農学分野で用いられる用語である。


  1. ^ a b c d 『これだけは知っておきたい園芸の知識』 16頁。
  2. ^ a b c d e 『これだけは知っておきたい園芸の知識』 17頁。
  3. ^ 『これだけは知っておきたい 園芸の知識』 16-17頁。


「球根」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「球根」の関連用語

球根のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



球根のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの球根 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS