ヤマノイモとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 野菜 > イモ > ヤマノイモの意味・解説 

やま‐の‐いも【山の芋/薯蕷】

ヤマノイモ科蔓性(つるせい)の多年草山野自生円柱形ナガイモより細く長さ1メートルにもなる。は先がとがり、基部心臓形で、対生する雌雄異株。夏、付け根に花をつけ、雄花穂は直立し雌花穂は垂れ下がる。実は3枚の翼をもつ。のわきにむかごができ、地面落ちて増える粘り強く、とろろや芋がゆにし、漢方では山薬(さんやく)・薯蕷(しょよ)といい滋養強壮とする。ヤマノイモ科単子葉植物熱帯から暖帯にかけ750種が分布し、ナガイモ・トコロなども含まれるじねんじょじねんじょうやまいも。《 秋》

山の芋/薯蕷の画像

ヤマノイモ ヤマノイモ科

ヤマノイモ
ヤマノイモ科
収穫時期 食べられる部位 清見町での呼び名
イモ・ムカゴ

ジネンジョ・ヤマイモ


ムカゴ
葉 葉 葉

採取法・注意とマナー

イモ掘った穴はそのままにしておく危険です。必ず埋め戻しください

味わう

イモトロロ汁や、山かけ天ぷらなどに。
ムカゴ煮物ムカゴ飯にする。

薬効

多肉根を棒状整形乾燥したものが「山薬さんやく)」といい、滋養強壮強精止瀉薬に。
は「山薬さんやくとう)」といい、煎液を湿疹等に外用
ムカゴは「零余子れいよし)」といい、用途山菜準じる


DATA
山芋ではなくヤマノイモ、山に自生するジネンジョのこと。
山中雑木林ややぶ、荒れ地生えつる性多年草地中にある円柱形の根が主に食用となる。

山のいも

読み方:ヤマノイモ(yamanoimo

ナガイモ野生種いたるところ山野自生するつる性多年草

季節

分類 植物


山の芋

読み方:ヤマノイモ(yamanoimo

ながいも野生種山野自生する蔓性多年草

季節

分類 植物


ヤマノイモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/20 15:01 UTC 版)

ヤマノイモ(山の芋、学名:Dioscorea japonica)は、ヤマノイモ科ヤマノイモ属のつる性多年草。または、この植物のとして発達した担根体のこと。ジネンジョウ自然生)、ジネンジョ自然薯)、ヤマイモ山芋)ともよばれ、とろろは粘性が非常に高い。また、ヤマノイモ属の食用種の総称ヤム(yam)をヤマノイモ、ヤマイモと訳すことがある。


注釈

  1. ^ あえて薬味の青のりをふりかけなかった、とも描写されている。
  2. ^ 箱根の「はつはな」など。

出典

  1. ^ a b c d e 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 124.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 貝津好孝 1995, p. 73.
  3. ^ 北海道南西部桧山地域に生育するヤマノイモの遺伝的特性
  4. ^ a b c d 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2012, p. 220.
  5. ^ a b c d e 近田文弘監修 亀田龍吉・有沢重雄著 2010, p. 214.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 馬場篤 1996, p. 112.
  7. ^ a b c d e f g h i j 田中孝治 1995, p. 211.
  8. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  9. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  10. ^ a b c d 田中孝治 1995, p. 212.
  11. ^ 団野源一、「ヤマノイモを生で食することができる理由は生でんぷんの消化性によるものではない」『大阪青山大学紀要』 2009年 2巻 p.29-31, 大阪青山大学『大阪青山大学紀要』編集委員会
  12. ^ 徳力富吉郎 『東海道53次』 保育社、1992年、37頁https://books.google.com/books?id=FLeXGx7AGLMC&pg=PA37 
  13. ^ a b c 清水茂雄 「静岡市とその周辺の文学」 『国文学年次別論文集 国文学一般平成10(1998)年』 、42–43頁、2000年https://books.google.com/books?id=oFAjAQAAMAAJ 
  14. ^ 岡本かの子『東海道五十三次』1939年
  15. ^ 見坊豪紀 「山かけ」 『三省堂国語辞典』 、1152頁、1982年https://books.google.com/books?id=Hge5AAAAIAAJ 
  16. ^ a b 植原路郎 『蕎麦談義』 東京堂出版、1973年、61頁https://books.google.com/books?id=b6YCAAAAMAAJ 
  17. ^ 「マグロ祭りきょうから 都留」 『読売新聞』 、2019年3月16日https://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/20190315-OYTNT50101/ 
  18. ^ 「自然薯の栽培を10年前に始め自然薯料理店「みや古」、玉城町に」 『伊勢志摩経済新聞』 、2014年2月23日https://iseshima.keizai.biz/headline/1968/ 
  19. ^ 赤井達郎 『京の美術と芸能: 浄土から浮世へ』 京都新聞出版センター、1985年、89頁https://books.google.com/books?id=f9BMAAAAMAAJ 
  20. ^ 谷口歌子 「′85短歌セミナ--2-古典文学にみる食物--奈良・平安期を中心として」 『短歌研究』 42巻2号、313頁、1990年https://books.google.com/books?id=nCtmAAAAIAAJ 
  21. ^ 『群書類従 厨事類記』国立公文書館デジタルアーカイブ
  22. ^ 林文子 「『日葡辞書』が語る食の風景(1)」 『東京女子大学紀要論集』 58巻2号、134頁、2008年http://id.nii.ac.jp/1632/00025245/ 
  23. ^ 歴史民俗用語辞典「薯蕷麺イモメン(imomen)」 日外アソシエーツ 2015年09月19日閲覧
  24. ^ 第十八改正日本薬局方”. 厚生労働省. p. 生薬-166. 2021年4月5日閲覧。
  25. ^ 『作りおきおかずで朝ラクチン!基本のお弁当300選』180頁。
  26. ^ 自然毒のリスクプロファイル:高等植物:グロリオサ 厚生労働省
  27. ^ 主婦の友社編『野菜まるごと大図鑑』主婦の友社、2011年2月20日、204 - 205頁。ISBN 978-4-07-273608-1
  28. ^ a b 近田文弘監修 亀田龍吉・有沢重雄著 2010, p. 215.


「ヤマノイモ」の続きの解説一覧

ヤマノイモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 17:58 UTC 版)

ヤマノイモ(山芋)は、自然薯じねんじょ)ともいい、ヤマノイモ科ヤマノイモ属つる性多年草である。マレー半島原産地と思われるサトイモ中国原産ナガイモとは異なり日本原産であり、学名Dioscorea japonicaという。すりおろしてとろろにして生食するのが一般的であるが、ナガイモよりはるかに粘性富み、むかごも食用可能であるかるかんなど和菓子素材となったり、生薬材料となることもある。

※この「ヤマノイモ」の解説は、「日本原産の食用栽培植物」の解説の一部です。» 「日本原産の食用栽培植物」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ヤマノイモ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ヤマノイモと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヤマノイモのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヤマノイモのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2022, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ひだ清見観光協会ひだ清見観光協会
(C)2022 ひだ清見観光協会
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤマノイモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本原産の食用栽培植物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS