原産地とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 原産地 > 原産地の意味・解説 

げんさん‐ち【原産地】

読み方:げんさんち

最初に産出した土地。特に、動植物のもともとの産地

原料製品生産地または製造地。

「原産地」に似た言葉

原産

(原産地 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/23 10:30 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「原産」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「原産」を含むページの一覧/「原産」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「原産」が役に立つかも知れません。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:09 UTC 版)

キンカチョウ」の記事における「原産地」の解説

オーストラリアインドネシア東ティモール比較乾燥した地域

※この「原産地」の解説は、「キンカチョウ」の解説の一部です。
「原産地」を含む「キンカチョウ」の記事については、「キンカチョウ」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 15:54 UTC 版)

ベチバー」の記事における「原産地」の解説

インドブラジルハイチミャンマーインドネシアマレーシア中国最大の生産地インドである。

※この「原産地」の解説は、「ベチバー」の解説の一部です。
「原産地」を含む「ベチバー」の記事については、「ベチバー」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/05 23:35 UTC 版)

サイシン (中国野菜)」の記事における「原産地」の解説

ヨーロッパ原産中国では唐代普及し中国野菜となっている。

※この「原産地」の解説は、「サイシン (中国野菜)」の解説の一部です。
「原産地」を含む「サイシン (中国野菜)」の記事については、「サイシン (中国野菜)」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/26 14:08 UTC 版)

アスティ (ワイン)」の記事における「原産地」の解説

最初のアスティ生産地域1932年遡る。以下の45コムーネ該当:アックイ・テルメ (AL)、アーリチェ・ベル・コッレ (AL) 、アスティビスターニョ (AL)、 ブッビオ (AT)、 カラマンドラーナ (AT)、 カロッソ (AT)、カーモ (CN)、 カネッリ (AT)、 カッシナスコ (AT)、 カッシーネ (AL)、 カスタニョーレ・デッレ・ランツェ (AT)、 カステル・ボリオーネ (AT)、 カステル・ロッケーロ (AT)、 カステッレット・モリーナ (AL)、 カステルヌオーヴォ・ベルボ (AT)、 カスティリオーネ・ティネッラ (CN)、 チェッソレ (AT)、 コアッツォーロ (AT)、 コッサーノ・ベルボ (CN)、 コスティリオーレ・ダスティ (AT)、フォンタニーレ (AT)、 グロニャルド (AL)、 インチーザ・スカパッチーノ (AT)、 ロアッツォーロ (AT)、 マンゴ (CN)、 マランツァーナ (AT)、 モアスカ (AT)、 モンバルッツォ (AT)、 モナステーロ・ボルミダ (AT)、 モンタボーネ (AT)、 ネイヴェ (CN)、 ネヴィーリエ (CN)、 ニッツァ・モンフェッラート (AT)、 クアランティ (AT)、 リカルドーネ (AL)、 ロッケッタ・ベルボ (CN)、 サン・マルツァーノ・オリヴェート (AT)、 サント・ステーファノ・ベルボ (CN)、 セッサーメ (AT)、 ストレーヴィ (AL)、 テルツォ (AL)、 トレイゾ (CN)、 トレッツォ・ティネッラ (CN)、 ヴェージメ (AT)、 ヴィゾーネ (AL)。 以下は後に追加されたもの:ロッケッタ・パラフェーア(AT)、 アルバサンタ・ヴィットーリア・ダルバ(CN)、 セッラルンガ・ダルバ (CN) (以上1967年)および カスティノ (CN)、ペルレット (CN)、サン・ジョルジョ・スカランピ(AT) (以上1976年)。

※この「原産地」の解説は、「アスティ (ワイン)」の解説の一部です。
「原産地」を含む「アスティ (ワイン)」の記事については、「アスティ (ワイン)」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 17:46 UTC 版)

ノラニンジン」の記事における「原産地」の解説

西アジア地中海沿岸ヨーロッパ

※この「原産地」の解説は、「ノラニンジン」の解説の一部です。
「原産地」を含む「ノラニンジン」の記事については、「ノラニンジン」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 23:35 UTC 版)

カンフェリア・ロットンダ」の記事における「原産地」の解説

インドネシアカリマンタン島が原産地と言われているが厳密に不確定古くからジャムウ呼ばれる先住民伝承医学薬草として用いられていたために、そこがケンプフェリア・ロツンダの原産地と考えられていた。

※この「原産地」の解説は、「カンフェリア・ロットンダ」の解説の一部です。
「原産地」を含む「カンフェリア・ロットンダ」の記事については、「カンフェリア・ロットンダ」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 15:21 UTC 版)

プーアル茶」の記事における「原産地」の解説

普洱雲南省西双版納州普洱市及び、臨滄市3つ主な生産エリア。但し、これらの地域国境隣接するラオスミャンマーベトナムタイ王国にもお茶老樹残っており、同様の方法で普洱生産されている。なお、普洱市は2007年4月8日思茅市から改名された。

※この「原産地」の解説は、「プーアル茶」の解説の一部です。
「原産地」を含む「プーアル茶」の記事については、「プーアル茶」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 00:38 UTC 版)

キダチタバコ」の記事における「原産地」の解説

キダチタバコの原産地は南アメリカだが、今ではアメリカ合衆国南西部道路脇でもよく見られるインディオ薬草喫煙用に使っている。バイオ燃料としての利用検討されている。

※この「原産地」の解説は、「キダチタバコ」の解説の一部です。
「原産地」を含む「キダチタバコ」の記事については、「キダチタバコ」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 00:05 UTC 版)

ソバ」の記事における「原産地」の解説

ド・カンドルは、ソバの原産地は中国北部からバイカル湖付近であるという説を唱え1世紀以上にわたってこれが信じられていた。1980年代から2000年代にかけて植物学者大西近江らは、インドチベット四川省西部など各地に自生するソバ採集し集団遺伝学研究行ったその結果中国南部野生祖先Fagopyrum esculentum ssp. ancestraleなど、ソバ属植物自生していることなどを見出し、「ソバの原産地は雲南省北部三江併流呼ばれる地域」であると唱えた。現在、これが有力視されている

※この「原産地」の解説は、「ソバ」の解説の一部です。
「原産地」を含む「ソバ」の記事については、「ソバ」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 12:39 UTC 版)

ダイズ」の記事における「原産地」の解説

原産地は東アジアである。日本にも自生しているツルマメ原種考えられている。 遺伝学的研究によれば東アジア複数地域野生ツルマメからの栽培化進行し日本起源地のひとつである。2010年代考古学的研究では、アジアでも他の地域先駆けてダイズ栽培化進行した可能性判明しており他の起源地中国朝鮮半島である。縄文時代中期紀元前4000年後半より日本列島での栽培見られることが2015年研究判明しこの時以降に野生種からの人為的な栽培特徴的な種子大型化みられる2007年には、縄文時代後期中頃日本列島においては縄文時代においてアズキリョクトウなどの炭化種実検出されているためマメ類利用が行われていたことが判明していた。山梨県酒呑場遺跡から出土した土器ダイズ圧痕蛇体装飾把手部分から検出されており、これは偶然混入したものではなく意図的に練りこまれた可能性想定されており、その祭祀意図をめぐって注目されている中国日本などでは米・麦・粟・稗(ひえ)・豆(大豆)が五穀として重用されている。

※この「原産地」の解説は、「ダイズ」の解説の一部です。
「原産地」を含む「ダイズ」の記事については、「ダイズ」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 09:20 UTC 版)

イネ」の記事における「原産地」の解説

原産地の研究2017年時点、考古学的な調査野生稲の約350系統のDNA解析結果約1万年前中国長江流域湖南省周辺地域考えられている。かつては雲南省遺跡から発掘され4400年前試料遺伝情報多様性といった状況から雲南省周辺からインドアッサム州周辺にかけて地域発祥地されていた長江流域にある草鞋遺跡プラント・オパール分析によれば、約6000年前にその地ではジャポニカ米栽培されており、インディカ米出現はずっと下るという。野生集団からジャポニカ米系統生まれ後にその集団に対して異な野生系統複数回交配した結果インディカ米系統生じた考えられている。

※この「原産地」の解説は、「イネ」の解説の一部です。
「原産地」を含む「イネ」の記事については、「イネ」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 06:16 UTC 版)

ドブネズミ」の記事における「原産地」の解説

原産地は、中央アジア、あるいはシベリア南部湿地帯考えられている[誰によって?]。記録によれば1737年ドブネズミ大群ヴォルガ川渡ってヨーロッパ侵入以後西進し20年後1757年には島国であるイギリスロンドンにまで現れたアメリカ大陸での記録は、1775年から始まる。[要出典]

※この「原産地」の解説は、「ドブネズミ」の解説の一部です。
「原産地」を含む「ドブネズミ」の記事については、「ドブネズミ」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 21:06 UTC 版)

ユーストマ」の記事における「原産地」の解説

アメリカ合衆国テキサス州周辺中心で、高地から低地まで広く生息する乾燥した地域生育をするが、地下水の高い、湿った所に生える。原種多く紫色花をつけるが、稀に白、ピンク黄などのものが見出される高地生えるものは若干耐寒性があると考えられるほとんどは一年枯死する。それに対し低地では越冬して何年生きる個体もあるという。

※この「原産地」の解説は、「ユーストマ」の解説の一部です。
「原産地」を含む「ユーストマ」の記事については、「ユーストマ」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 05:01 UTC 版)

ソケイ」の記事における「原産地」の解説

南アジアインドや、パキスタンSalt Rangeという山とラワルピンディ地区500-1500mの標高自生ヨーロッパへ古代ペルシャを、日本へは中国通って伝わった

※この「原産地」の解説は、「ソケイ」の解説の一部です。
「原産地」を含む「ソケイ」の記事については、「ソケイ」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 02:27 UTC 版)

エヒメアヤメ」の記事における「原産地」の解説

エヒメアヤメは、アジア温帯地域自生している。

※この「原産地」の解説は、「エヒメアヤメ」の解説の一部です。
「原産地」を含む「エヒメアヤメ」の記事については、「エヒメアヤメ」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 14:01 UTC 版)

メキシコトビマメ」の記事における「原産地」の解説

メキシコトビマメ寄生する Laspeyresia Saltitans は、メキシコソノラ州シナロア州チワワ州原産であるが、ソノラ州アラモスは同地が「メキシコトビマメの原産地」であると主張している。この宿主となる樹木 Sebastiana Pavoniana が生えている約30×100マイル地域生息している。春になるとこの昨年に卵が産み付けられた豆から羽化し、次の世代宿主となる樹木の花に卵を産み付ける

※この「原産地」の解説は、「メキシコトビマメ」の解説の一部です。
「原産地」を含む「メキシコトビマメ」の記事については、「メキシコトビマメ」の概要を参照ください。


原産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ()

ナルトオレンジ」の記事における「原産地」の解説

ナルトオレンジ起源について諸説あるものの、その原産地淡路島である。淡路島気候帯区分温帯であり、さらに冬期シベリア気団影響で吹く寒冷な季節風中国山地にぶつかるため、冬は比較温暖で晴天になる場合が多い。つまり中国山地日本海側降らせて中国山地越えた風はフェーン現象起こすのである。さらに淡路島海に囲まれていることも、最低気温低下を防ぐ要因である。 淡路島では棚田作ってまで水田稲作行ってきた。さらに三原郡では三毛作、つまり、水稲白菜レタスなどの葉物野菜タマネギ1年間栽培するといったことも行われてきた。しかし淡路島全域水田作れたわけではなく水田にできなかった場所を果樹栽培利用してきた。このため淡路島果樹園谷筋点在しており、淡路島を通る国道主要な県道からは、柑橘類栽培している果樹園が、ほとんど見当たらない。それでも淡路島果樹栽培において、柑橘類栽培重要な地位占めてきた。日本における柑橘類収穫量占める、淡路島産の柑橘類割合知れているものの、兵庫県内栽培される柑橘類大部分淡路島だけで収穫してたように淡路島柑橘類栽培盛んな地域であったこのような背景もあり、ナルトオレンジ兵庫県外では、ほとんど栽培されていないナルトオレンジ主産地としては、淡路市洲本市名を連ねている。

※この「原産地」の解説は、「ナルトオレンジ」の解説の一部です。
「原産地」を含む「ナルトオレンジ」の記事については、「ナルトオレンジ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「原産地」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「原産地」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



原産地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

原産地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



原産地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキンカチョウ (改訂履歴)、ベチバー (改訂履歴)、サイシン (中国野菜) (改訂履歴)、アスティ (ワイン) (改訂履歴)、ノラニンジン (改訂履歴)、カンフェリア・ロットンダ (改訂履歴)、プーアル茶 (改訂履歴)、キダチタバコ (改訂履歴)、ソバ (改訂履歴)、ダイズ (改訂履歴)、イネ (改訂履歴)、ドブネズミ (改訂履歴)、ユーストマ (改訂履歴)、ソケイ (改訂履歴)、エヒメアヤメ (改訂履歴)、メキシコトビマメ (改訂履歴)、ナルトオレンジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS