産地直送とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > 産地 > 産地直送の意味・解説 

産地直送

農産物対象に、消費者団体小売業者卸売業者などの既存流通経路を通さずに生産者直接取引をするもので、産地直取引ともいう。新鮮で安価な農産物販売あるいは購入目的したものであり、商品高品質価格低廉さが同時に達成されることになる。

産地直送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/14 16:41 UTC 版)

産地直送(さんちちょくそう)とは流通形式の一つであり、生産者消費者が直接に取引を行うことで、生産者から直接消費者の下へと製品が届けられるという形式。産直と略されている。これが行われることで製品は卸売業小売業を通さないで消費者に届けられることから、消費者は安い価格で製品を入手することが可能となる。産地直送の農産物ならば価格が安いことに加えて新鮮な状態の製品が消費者の元に届けられるというメリットも有る。




「産地直送」の続きの解説一覧



産地直送と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「産地直送」の関連用語

産地直送のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



産地直送のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2021by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの産地直送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS