消費者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 消費者 > 消費者の意味・解説 

しょうひ‐しゃ〔セウヒ‐〕【消費者】

読み方:しょうひしゃ

商品・サービス消費する人。→生産者1

生態系における食物連鎖で、光合成を行う生産者である植物依存して生活する生物直接に緑色植物食べ草食動物第一次一次)消費者、草食動物食べ肉食動物第二次二次)消費者とよぶ。→生産者2分解者


消費者 consumer

商品消費し使用する人間のことである。近代的な資本主義社会誕生した19世紀末から消費者概念が登場したといわれている。消費者は人間の持つ一面しかとらえていないという理由から「生活者と言う名称を用い識者もいる。

消費者

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

消費者

英訳・(英)同義/類義語:consumer

生態系の中で生産者食物とする生物群総称

消費者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/14 08:01 UTC 版)

消費者(しょうひしゃ、英語: consumer、コンシューマー)とは、サービス消費する主体のことである。


注釈

  1. ^ 主婦連合会でも確認可能。
  2. ^ 転嫁先として挙げられているのは、主として行政政府

出典

  1. ^ a b c 『クレームに学ぶ 食の安全』p.15
  2. ^ 『消費者法講義 第3版』p.21
  3. ^ 『クレームに学ぶ 食の安全』p.15〜16
  4. ^ 和歌山県県消費者センターHP
  5. ^ a b 『コンシューマリズム』
  6. ^ 【はじまりを歩く】消費者運動・原宿(東京都)粗悪なマッチ 主婦が動いた『朝日新聞』土曜朝刊別刷り「be」2020年10月17日(6-7面)2020年11月1日閲覧
  7. ^ 『クレームに学ぶ 食の安全』p.17
  8. ^ 『安全な暮らし方事典』
  9. ^ 恐かつ未遂は無罪 消費者運動事件に判決『朝日新聞』1979年(昭和54年)9月20日朝刊 13版 22面
  10. ^ 『クレームに学ぶ 食の安全』p.22
  11. ^ 『クレームに学ぶ 食の安全』p.22〜23
  12. ^ 『食の安全システムをつくる事典』p.265〜273
  13. ^ a b c d 『食の安全システムをつくる事典』p.273
  14. ^ 『日本の食と農』p.30
  15. ^ 『日本の食と農』p.68
  16. ^ 消費者害する約款無効=民法改正案、来月提出―法制審部会[リンク切れ]時事通信Yahoo!ニュース 2015年2月10日(火)18時14分配信


「消費者」の続きの解説一覧

消費者(consumer)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 02:46 UTC 版)

食物連鎖」の記事における「消費者(consumer)」の解説

植物生産者)をえさにする草食動物(シマウマなど)が第一次消費者で、草食動物食べ肉食動物(ライオンなど)が第二次消費者である。以後第三次第四次…… となるが、第三次消費者が第一次消費者捕食することもおこりうるし、雑食動物もいるので、消費者間の捕食被食の関係はとても複雑である一般に高次の消費者ほど個体数少ない。

※この「消費者(consumer)」の解説は、「食物連鎖」の解説の一部です。
「消費者(consumer)」を含む「食物連鎖」の記事については、「食物連鎖」の概要を参照ください。


消費者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:01 UTC 版)

リンゴ」の記事における「消費者」の解説

水分蒸発抑えるため、できるだけ密閉し冷蔵庫野菜室などに入れることが望ましい。

※この「消費者」の解説は、「リンゴ」の解説の一部です。
「消費者」を含む「リンゴ」の記事については、「リンゴ」の概要を参照ください。


消費者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 09:52 UTC 版)

ダッカ近郊ビル崩落事故」の記事における「消費者」の解説

合衆国オーストラリア何十もの消費者が、工場建物見つかる不安全労条件反対した。人々また、その特定の建物何の関係もないがバングラデシュにある諸工場から調達していることが知られる小売業者らに、怒り表明した

※この「消費者」の解説は、「ダッカ近郊ビル崩落事故」の解説の一部です。
「消費者」を含む「ダッカ近郊ビル崩落事故」の記事については、「ダッカ近郊ビル崩落事故」の概要を参照ください。


消費者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/14 14:13 UTC 版)

石鎚黒茶」の記事における「消費者」の解説

石鎚黒茶生産地周辺ではほとんど飲まれず、瀬戸内船主たちに一括購入され飲用に、茶粥用に、また漁網などの茶渋染めなどに用いられた。また塩分混じりがちな瀬戸内地方の井戸水黒茶相性良かった。しかし昭和30年代ごろから化学染料水道普及していくと黒茶需要減少した

※この「消費者」の解説は、「石鎚黒茶」の解説の一部です。
「消費者」を含む「石鎚黒茶」の記事については、「石鎚黒茶」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「消費者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

消費者

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 04:16 UTC 版)

名詞

消費 しょうひしゃ

  1. (生物学)有機物食べて有機物排泄する生物。主に動物のこと。

関連語


「消費者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



消費者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「消費者」に関係したコラム

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「消費者」の関連用語

消費者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消費者のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2023 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消費者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの食物連鎖 (改訂履歴)、リンゴ (改訂履歴)、ダッカ近郊ビル崩落事故 (改訂履歴)、石鎚黒茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの消費者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS