消費税転嫁法とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 消費税転嫁法の意味・解説 

消費税転嫁対策特別措置法

読み方:しょうひぜいてんかたいさくとくべつそちほう
別名:消費税転嫁法、消費税転嫁対策法

2014年4月から予定されている消費税段階的増税合わせて消費税商品価格へ適切に転嫁するためにつくられた法律2013年6月5日参議院本会議可決され、成立した。

消費税転嫁対策特別措置法では、増税還元セールといった消費税転嫁阻害する行為禁止する。具体的には消費税還元セールなどの文句使用した広告宣伝などを取り締まる。また大手小売業者商品納入する中小企業などが、消費増税分を価格上乗せする「価格カルテル」などを例外的認める。

消費税転嫁対策特別措置法案に対しては、小売業界からは「自由競争阻害する」といった反対声ががっていた。そのため、消費税転嫁対策特別措置法は「消費税」などの言葉使用しないセール原則として認め方針である。

関連サイト
消費税の転嫁対策 - 参議院

しょうひぜいてんか‐ほう〔セウヒゼイテンカハフ〕【消費税転嫁法】



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「消費税転嫁法」の関連用語

消費税転嫁法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消費税転嫁法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS