中小企業とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 企業 > 中小企業の意味・解説 

ちゅうしょう‐きぎょう〔チユウセウキゲフ〕【中小企業】

読み方:ちゅうしょうきぎょう

経営規模中程度下の企業中小企業基本法によると、小売業では資本金5000万円以下、従業員50人以下、サービス業では資本金5000万円以下、従業員100人以下、卸売業では資本金1億円以下、従業員100人以下、工業・鉱業運送業などでは資本金3億円以下、従業員300人下の企業をさす。

「中小企業」に似た言葉

中小企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 07:29 UTC 版)

中小企業(ちゅうしょうきぎょう)は、経営規模が規定以内の中小規模の企業


  1. ^ 令和元年度表彰企業の紹介 | これまでの受賞企業 | 製品安全対策優良企業表彰” (日本語). www.meti.go.jp. 2020年5月27日閲覧。
  2. ^ シャープ:「減資1億円」を5億円に 節税手法批判で毎日新聞、2015年5月13日
  3. ^ 800万円 * (23.2% - 15%)
  4. ^ No.5759 法人税の税率|国税庁
  5. ^ <税金の種類><法人事業税・法人都民税> | 東京都主税局
  6. ^ No.5408 中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例|国税庁
  7. ^ 米国中小企業の実態と中小企業政策”. 中小企業基盤整備機構. 2020年6月28日閲覧。
  8. ^ 第13回「ドイツ経済を支える強い中小企業『ミッテルシュタンド(Mittelstand)』」”. 経済産業研究所 (2016年). 2022年9月24日閲覧。
  9. ^ アングル:ドイツを襲うエネルギー危機、広がる企業倒産の波”. ロイター (2022年9月24日). 2022年9月24日閲覧。
  10. ^ a b c d e 2007年7月号『人材教育』(日本能率協会マネジメントセンター
  11. ^ a b 『製造業崩壊-苦悩する工場ワーキングプア』北見昌朗 東洋経済新報社 2006年12月
  12. ^ 人事ジャーナリストの吉田典史は、このような理由から「新卒者が年商50億円以下の中小企業に入社することはお勧めできない」としている[1]
  13. ^ "30인 미만 업체에 지원금 준다니"… 35명 中企, 6명 감원 계획


「中小企業」の続きの解説一覧

中小企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 09:22 UTC 版)

日本共産党」の記事における「中小企業」の解説

中小企業は、企業数99%、雇用の7割を支え日本経済根幹であり、下請け単価の買いたたきや一的な発注中止・変更などの無法やめさせるために、下請け2法、独占禁止法改正強化おこない大企業と中小企業との公正な取引ルールをつくる、としている。 中小企業予算1兆円に増額するなど本格的な支援に国があげてとりくむとしている。 高い技術力をもつ「日本の宝」=町工場を守るために、家賃リース料などの固定費補助緊急支援などをすすめるとしている。

※この「中小企業」の解説は、「日本共産党」の解説の一部です。
「中小企業」を含む「日本共産党」の記事については、「日本共産党」の概要を参照ください。


中小企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 05:11 UTC 版)

楠町 (三重県)」の記事における「中小企業」の解説

宮崎本店本社工場(南五味塚で酒類生産従業員50人) 三鈴工機(北五味塚で食品機械装置生産従業員100人) エーピーアイコーポレーション(旧吉富ファインケミカル。北五味塚で化学製薬事業をする。従業員60人) 近畿日本コンクリート工株式会社吉崎コンクリート製品生産従業員40人江南化工株式会社(北五味塚で化学医薬品原料生産従業員50人) 東四工株式会社(南五味塚で機械類生産従業員50人) 平和コンクリート工株式会社吉崎コンクリート製品生産従業員40人三重機械鉄工株式会社小倉化学機械装置生産従業員50人) 四日市コンビナート昭和シェル石油株式会社三重プラント北伊勢工業地域

※この「中小企業」の解説は、「楠町 (三重県)」の解説の一部です。
「中小企業」を含む「楠町 (三重県)」の記事については、「楠町 (三重県)」の概要を参照ください。


中小企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 06:07 UTC 版)

日本の職場環境」の記事における「中小企業」の解説

中小企業であるとすべての労働者このような雇用慣行職場環境恩恵を受けているわけではない1985年世帯64%が収入大部分賃金給与頼っていたが、こうした労働者ほとんどは恩恵を受けるべく最善尽くしてきたにもかかわらず業績不振大企業つながっていると、正社員臨時従業員という区別により、多くの臨時労働者とりわけ多くの場合女性は、給付昇進対象外となったこれらの労働者また、困難な事業環境の中で解雇されていく最初の人たちとなっていった。 日系学者ドリン・K・コンドウDorinne K. Kondo)は、社内社外といった常勤労働者臨時労働者地位を「家」(日本の家族も参照)という観念で、常任者と臨時雇員というBachnikの区別比較して学位論文生み出している。起業家精神生計手段において相続/後を継ぐという伝統商売人職人農民漁師の間では続いており、1985年には労働力20%近く占めている。これらの労働者自活保障放棄し経済的に必要なときに家計収入出稼賃金補っていた。 伝統的にそのような業は無給家族労働利用しているが、妻や夫でさえも工場職場で働くために出勤し農場で働くために配偶者隠居した親を残すこともある。一方では地方分権化政策パートタイム農場を営む家族のために工場での雇用地元提供し他方では 脱工業化による空洞化からの失業が、農村部都市部労働者にも影響を与える日本では失業率他の先進国と比べて低い(1980年代後半まで3%未満)のに対し推定400,000人もの労働者は、自身の生涯雇用給付で、従業員享受うるはずの安心保障または豊かさ、などは有することができていない日本の労働力1970年代から1980年代にかけて年率1%未満成長した1991年には15歳以上の人口の62.4%を占め1970年以来少しだけ変化をみている。 労働力参加は、年齢性別による分類異なり一次二次三次産業間の相対的な分布は他先進工業国とも近似している。 第一次産業農業、林業、漁業)で雇用されている人々割合は、1970年の17.4から1990年の7.2に低下し2000年までに4.9に減少する予測された。 1970年重工業雇用されている日本の労働力割合は33.7であった1987年に33.1に低下し2000年には27.7になると予想されいました軽工業1970年労働力47%、1987年58%を雇用していた。 この部門2000年まで62%を雇用する予想されていた。 1970年代から1980年代にかけて25歳から54歳までの全男性95%をはるかに超える労働人口働いていたが、通常の55歳定年1990年までの定年)を過ぎると急激に減少。ほとんどの男性60歳になってからである女性は、20代前半35歳から54歳までの間、最も積極的に就業参加しており( 日本の働く女性を 参照失業率1992年2.2%)は他の先進国よりもかなり低かったが、 日本の資産価格バブル崩壊以来、それは約2倍になった。若者失業率今や多くの地域大きな問題となっている。 賃金産業雇用種類によって異なり賃金が高いのは30人以上の従業員抱え企業正社員であり、金融不動産公共サービス石油出版、そして新興ハイテク産業労働者高水準賃金稼いでいる。最も支払われていないのは、織物産業衣料品家具皮革製品業界で、平均的な農業労働者賃金はさらに悪化しているが、彼らの土地保有に対する恩恵自民党との強力な政治的結びつきからある利益得ているかもしれない1960年から1973年にかけて力強経済成長期には、賃金水準急速に上昇名目賃金年平均13上昇し実質賃金は年7%上昇したその後経済成長鈍化するにつれて賃金水準低迷した1973年から1987年間に名目賃金実質賃金年間増加率それぞれ8%と2%低下そこから円の価値急上昇したので賃金1987年上昇し始める。1989年前年比で最も高い平均昇給率を得た給与労働者新聞業界従業員(6.7%)であり、次に小売および卸売労働者(6%)およびホテル従業員(5.7%)であった鉄鋼業2.5%)および造船業4.2%)の労働者はさらに悪化した管理職および技術職の労働者給与は、生産労働者給与よりも約20%高かった1980年代後半には、500人以上の労働者を持つ製造業賃金100とすると、100から499人の従業員を持つ企業7999から30人従業員をもつそれは64、5人から29人の従業員働いている企業が56.6である。 中等教育出身者大学卒業生に支払われる賃金の差はわずかであるが、従業員が年をとるにつれて広がった賃金前者後者賃金6080%しか受け取っていないが、55歳ピークに達する標準モデルでは、労働者には2つ期にかなりの額になる賞与通常給与とが支払われる1988年に、大企業労働者1.9ヶ月分の給与相当する賞与受け取ったが、中小企業の労働者では1.2ヶ月分の給与に等しい賞与得ていた。賞与に加えて日本の労働者は生活手当奨励金特別な職条件に対する報酬出張に対する十分な手当、および生活費手当などの多くの福利厚生手当受領した

※この「中小企業」の解説は、「日本の職場環境」の解説の一部です。
「中小企業」を含む「日本の職場環境」の記事については、「日本の職場環境」の概要を参照ください。


中小企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 09:09 UTC 版)

入社試験」の記事における「中小企業」の解説

中小企業もバブルの頃は、大企業を受けて落ちた学生をたくさん採用していた。現在では大半一定の条件付きながらも、学歴に関わらずやる気があり、企業求め人材であれば採用するように変わってきている。また、中堅企業中心に大企業同じくエントリーシート書かせるたりもする。主な試験の流れ次のようになる。 エントリーシートまたは履歴書記入エントリーシートまたは履歴書送付会社説明会筆記試験面接おおむね2、3度)→内定 中小企業の場合は面接だけのところもあるが、履歴書エントリーシート提出はどの企業でも求められるまた、論文作文といった方法を取り入れているところもある。 筆記言語非言語一般常識教養試験)と適性検査になる。商社などでは英語の試験もある。 面接個人面接集団面接があり、最後役員面接になる。小規模な会社では、面接入学試験同様1度だけのところも多い。この場合人事担当者と役員2人面接に当たることがほとんどである。

※この「中小企業」の解説は、「入社試験」の解説の一部です。
「中小企業」を含む「入社試験」の記事については、「入社試験」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「中小企業」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「中小企業」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



中小企業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

中小企業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中小企業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中小企業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本共産党 (改訂履歴)、楠町 (三重県) (改訂履歴)、日本の職場環境 (改訂履歴)、入社試験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS