日本経済とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本経済の意味・解説 

日本の経済

(日本経済 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 22:58 UTC 版)

日本の経済(にほんのけいざい、: Economy of Japan)では、日本国民経済について述べる。2020年の日本経済の規模は、自国通貨建て名目GDPを対米ドル市場為替レートによって単位換算することで計算される米ドル建てGDP(MERベースGDP)で米国経済及び中国経済に次いで世界第3位であり、自国通貨建て名目GDPを対米ドル購買力平価によって単位換算することで計算される国際ドル建てGDP(PPPベースGDP)で中国経済、米国経済及びインド経済に次いで世界第4位であった。


注釈

  1. ^ 先進国で人口が一億人を超えるのはアメリカ合衆国と日本のみである。

出典

  1. ^ a b c d e World Economic Outlook Database”. 国際通貨基金. 2021年8月11日閲覧。
  2. ^ a b c d World Economic Outlook Database”. 国際通貨基金. 2021年8月11日閲覧。
  3. ^ a b c 令和2年度国民経済計算年次推計 生産(産業別GDP等)”. 内閣府. 2021年12月28日閲覧。
  4. ^ a b c 2015年基準 消費者物価指数 全国 2021年(令和3年)6月分 (2021年7月20日公表)”. 総務省. 2021年8月11日閲覧。
  5. ^ a b c d 表 産業別就業者数(Excel:54KB)”. 厚生労働省. 2021年8月11日閲覧。
  6. ^ 労働力調査(基本集計) 2021年(令和3年)6月分結果”. 総務省. 2021年8月11日閲覧。
  7. ^ a b 財務省貿易統計 報道発表 令和2年分(確々報)”. 財務省. 2021年8月11日閲覧。
  8. ^ 国及び地方の長期債務残高”. 財務省. 2021年8月11日閲覧。
  9. ^ 一般会計ODA当初予算の推移(政府全体)”. 外務省. 2021年8月11日閲覧。
  10. ^ 外貨準備等の状況(令和3年3月末現在)”. 財務省. 2021年8月11日閲覧。
  11. ^ 世界首位を30年譲らないわが国産業の優位性”. 2021年7月9日閲覧。
  12. ^ 金森・香西・加藤編 (2007) pp.44-53
  13. ^ a b 内閣府『国民経済計算』〜昭和30年からの需要項目別一覧〜旧68SNA・平成2年基準のGDP_実質暦年(前年比)”. 2008年4月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年9月15日閲覧。
  14. ^ a b 金森・香西・加藤編 (2007) pp.30-32
  15. ^ 内閣府経済社会総合研究所_景気基準日付について”. 2008年11月22日閲覧。
  16. ^ 金森・香西・加藤編 (2007) pp.187-190
  17. ^ 1997年から続く「給料デフレ」 - 日本人の貧富拡大”. 2009年3月21日閲覧。
  18. ^ 景気動向指数研究会”. 2009年1月30日閲覧。内閣府経済動向指数研究会は2009年1月29日に、第14循環の景気の山を暫定的に2007年10月と決定した。
  19. ^ 日本の名目GDPは世界第3位”. 日本生命. 2022年7月10日閲覧。
  20. ^ 貿易相手国上位10カ国の推移(輸出入総額:年ベース)”. 税関. 2021年12月29日閲覧。
  21. ^ 平成26年1月中 国際収支状況(速報)の概要 財務省
  22. ^ 国土交通省第5回自立地域社会専門委員会議事概要
  23. ^ 『日本は硬直的かもしれない しかし非効率ではない』2008年4月30日付配信 ファイナンシャルタイム
  24. ^ 総務省統計局HP 労働力調査 長期時系列データ 職業別就業者数
  25. ^ 経営体に関する統計”. 農林水産省. 2021年10月11日閲覧。
  26. ^ 農業労働力に関する統計”. 農林水産省. 2021年10月11日閲覧。
  27. ^ 農地に関する統計”. 農林水産省. 2022年7月10日閲覧。
  28. ^ a b c d 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.146 表14-1 わが国の農作物収穫量
  29. ^ 令和2年産水陸稲の収穫量”. 農林水産省. 2021年5月25日閲覧。
  30. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.148 表14-3 米の収穫量(水陸稲合計)(2007年産)
  31. ^ 令和2年産4麦の収穫量”. 農林水産省. 2021年5月25日閲覧。
  32. ^ 小麦はどこの国から輸入(ゆにゅう)されているのかおしえてください”. 農林水産省. 2020年12月20日閲覧。
  33. ^ 大豆のまめ知識”. 農林水産省. 2020年12月20日閲覧。
  34. ^ 大豆の豆知識”. 農林水産省. 2021年5月30日閲覧。
  35. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.139 表13-13 食料の自給率の推移
  36. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) pp.161-162 表14-32 野菜の主産地の生産量(2006年産)
  37. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.158
  38. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) pp.159-160 表14-30 果物の生産量(2006年産)
  39. ^ 都道府県別りんご生産量”. 一般社団法人 青森県りんご対策協議会. 2020年12月20日閲覧。
  40. ^ 農林水産省 畜産統計(平成19年2月1日現在)〈平成19年7月20日公表〉p.47 大本は農林水産省統計部『畜産統計』による”. 2008年10月11日閲覧。
  41. ^ 畜産統計(平成 30 年2月1日現在)乳用牛、肉用牛、豚、採卵鶏及びブロイラーの1戸当たり飼養頭羽数は前年に比べ増加”. 2018年7月19日閲覧。
  42. ^ a b 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.172
  43. ^ a b c d e 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.169 表15-2 家畜の府県別頭数(2007年2月1日現在)
  44. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.170 図15 - 1 わが国の肉類供給量
  45. ^ 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) p.171 表15-6 わが国の生乳生産高
  46. ^ 生乳生産量、17年度は0.7%減 北海道除き減少”. 2018年7月19日閲覧。
  47. ^ 農林水産省 平成19年牛乳乳製品統計調査(基礎調査)結果の概要 p.2”. 2008年10月11日閲覧。
  48. ^ a b 2018年度の肉類自給率は数量ベース51% 牛肉36%、豚肉48%、鶏肉64%で3畜種とも微減”. 食品産業新聞. 2020年2月13日閲覧。
  49. ^ 森林面積・蓄積の推移”. 林野庁. 2020年12月20日閲覧。
  50. ^ 木材供給量及び木材自給率の推移”. 林野庁. 2020年12月20日閲覧。
  51. ^ 木材輸出額が増加 38年ぶりの水準に”. 農林中金総合研究所. 2022年6月16日閲覧。
  52. ^ a b c d e f g h 日本の長期統計系列 第7章 農林水産業 7-43 漁業部門別生産量および生産額(昭和31年〜平成16年)”. 2008年10月11日閲覧。
  53. ^ 農林水産省 漁業生産額”. 2009年3月21日閲覧。
  54. ^ 農林水産省 平成19年漁業・養殖業生産統計”. 2009年3月21日閲覧。
  55. ^ 日本の長期統計系列 第7章 農林水産業 7-39 海面漁業の世帯数、世帯員数および就業者数(昭和28年〜平成15年)”. 2008年10月11日閲覧。 大本は〔資料〕 農林水産省大臣官房統計部経営・構造統計課「漁業動態統計年報」「漁業センサス」「漁業就業動向統計年報」
  56. ^ 農林水産省 平成19年漁業就業動向調査結果の概要(平成19年11月1日現在)(平成20年3月31日公表)”. 2008年10月11日閲覧。
  57. ^ a b c 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.179 表17-1 漁業種類別生産量と生産額
  58. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.184 表17-11 世界の漁獲量 大本のデータはFAO Fishstat "Capture prodution 1950-2005"
  59. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.181 表17-4 わが国の養殖業の魚種別収穫量
  60. ^ 財団法人矢野恒太記念会 pp.179-180
  61. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.182
  62. ^ 財団法人矢野恒太記念会 p.182 表17 - 6 わが国の主要水産物輸入高(2006年,2007年)
  63. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.192 工業製品出荷額に見る工業地帯の変化(大本は経済産業省「工業統計表 産業編」
  64. ^ 三菱総合研究所産業・市場戦略研究本部編 (2007) pp.166-167
  65. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.246
  66. ^ 三菱総合研究所産業・市場戦略研究本部編 (2007) pp.139-148
  67. ^ 震災で見直しを迫られる製油所の過剰設備削減(3) - 週刊東洋経済(2011年4月2日)、2011年9月16日閲覧
  68. ^ 新基準で「設備投資か削減か」迫られるエクソンやコスモ石油 - ブルームバーグ(2010年7月6日)、2011年9月16日閲覧
  69. ^ 令和2年度末揮発油販売業者数及び給油所数を取りまとめました”. 経済産業省. 2021年8月22日閲覧。
  70. ^ 石油(3)減少続くGS-経済ナビゲーター - 朝日新聞(2011年3月19日)、2011年9月16日閲覧
  71. ^ 【世界の製薬企業ランキング】減収もファイザーがトップ守る - 武田薬品が「100億ドルクラブ」に”. 2008年8月17日閲覧。
  72. ^ 繊維産業の課題と経済産業省の取組”. 経済産業省. 2020年12月20日閲覧。
  73. ^ 2018年の粗鋼生産量は史上最高の9億トン台、前年比6.6%増”. JETRO. 2019年3月26日閲覧。
  74. ^ 18年の世界粗鋼生産 中国勢が躍進、10社中6社”. 日本経済新聞. 2020年2月13日閲覧。
  75. ^ 三菱総合研究所産業・市場戦略研究本部編 (2007) pp.153-154
  76. ^ a b c 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) pp.271-273 表24-2 窯業・土石製品製造業の構成 (2007)
  77. ^ 読売新聞オンライン(2006年2月28日)「日本板硝子 英大手買収を発表”. 2008年10月4日閲覧。
  78. ^ a b 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) p.275
  79. ^ 17年のセメント需給/生産量3・1%増、3年ぶり増/協会 [2018年2月1日2面]”. 2018年8月2日閲覧。
  80. ^ 財団法人矢野恒太記念会編 (2008) p.273 表24-6 セメントの生産と輸出
  81. ^ "日本の長期統計系列 第8章 鉱工業 8-9-i 主要品目の生産量及び生産額 - セメント及び窯業製品の生産量及び販売額(昭和60年 - 平成15年)”. 2008年10月18日閲覧。
  82. ^ 印刷産業の現状と課題 (pdf) - 経済産業省商務情報政策局文化情報関連産業課(平成16年1月)、2011年9月17日閲覧
  83. ^ 印刷市場の動向”. 2018年8月2日閲覧。
  84. ^ 『平成21年工業統計表』、経済産業省
  85. ^ 対世界主要輸出品の推移(年ベース)”. 税関. 2020年12月20日閲覧。
  86. ^ 経済産業省HP 電気・電子分野の通商政策
  87. ^ 財務省 法人企業統計年次別調査”. 2008年10月17日閲覧。 電気機械器具製造業10億円以上より算出
  88. ^ 佐藤文昭 (2006) p.25 大手電機メーカー10社はNEC富士通日立製作所東芝三菱電機ソニー松下電器産業シャープ三洋電機パイオニア。大本の出所は日経NEEDSの情報を元にドイツ証券作成。
  89. ^ 日本半導体産業・復活への提言 - 経営者も技術者も「もうける決意」が必要だ - (日経エレクトロニクス2006年10月9日号)
  90. ^ 日本半導体産業のジレンマ (3) - 技術とは何か?Technologyとは何か? - (前編)
  91. ^ a b 橋本・長谷川・宮島 (2006) p.128
  92. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.236 表20-31 民生用電子機器の生産
  93. ^ 財団法人矢野恒太記念会 (2008) p.239 表20-34 日系企業による家電製品の海外生産(会計年度)
  94. ^ 日経エレクトロニクス2008年1月14日号「液晶軸にテレビ・メーカー再編、次の焦点はPDPの動向か」”. 2008年11月8日閲覧。
  95. ^ 東芝、シャープにPC事業売却 子会社株式80%を約40億円で”. ITメディア. 2020年7月19日閲覧。
  96. ^ 富士通も撤退… 携帯市場、国産メーカー凋落 残る3社も生き残り厳しく (1/2ページ)”. 2019年3月26日閲覧。
  97. ^ 国内携帯シェア、Appleが6年連続1位 SIMフリーはHuaweiが1位”. 2019年3月26日閲覧。
  98. ^ 三菱UFJ銀行 経済・産業レポートとマーケット情報 2007年度:自動車
  99. ^ ウォッチ・ザ・カンパンニー(ラジオ NIKKEI)
  100. ^ 造船市場の現状”. 国土交通省. 2020年2月13日閲覧。
  101. ^ 橋本・長谷川・宮島 (2006) pp.92-99
  102. ^ 日本経済新聞(2008年7月18日)ゼファーが民事再生法を申請 負債総額949億円”. 2008年8月24日閲覧。
  103. ^ 日本経済新聞(2008年8月14日)アーバンコーポが再生法申請 負債2558億円、08年最大の倒産”. 2008年8月24日閲覧。
  104. ^ 日本経済新聞(2008年10月9日)上場REIT、初の破綻 ニューシティ、負債1123億円”. 2008年10月25日閲覧。
  105. ^ CGC加入企業の売上規模は4兆2,428億円(2011年6月1日現在)。
  106. ^ 販売額、前年比 (pdf) - 日本チェーンストア協会(2011年4月25日)、2012年1月21日閲覧。
  107. ^ イオン、マルナカを440億円で買収 - 産経新聞(2011年10月5日)、2012年1月21日閲覧。
  108. ^ 「日本航空の経営改善のための有識者会議」の開催について”. 日本航空 (2009年8月18日). 2010年1月30日閲覧。
  109. ^ 株式会社企業再生支援機構による支援決定及び会社更生手続の開始決定等に関するお知らせ”. 日本航空 (2010年1月19日). 2010年1月19日閲覧。
  110. ^ 株式会社企業再生支援機構に対する再生支援申し込み及び支援決定、並びに会社更生手続開始申立て及び開始決定に関するお知らせ”. 日本航空、企業再生支援機構 (2010年1月19日). 2010年1月19日閲覧。
  111. ^ JALが会社更生法適用を申請、事業会社で戦後最大の破たん”. ロイター (2010年1月19日). 2010年1月19日閲覧。[リンク切れ]
  112. ^ 更生計画の認可決定について”. 日本航空 (2010年11月30日). 2011年6月25日閲覧。
  113. ^ 日本航空等に対する出資決定について”. 企業再生支援機構 (2010年8月31日). 2011年6月25日閲覧。
  114. ^ 更生手続の終結決定について”. 日本航空 (2011年3月28日). 2011年6月25日閲覧。
  115. ^ 電気事業連合会統計委員会編 (2010) pp.45-45 1.発電電力量 9電力の発電量は昭和26年度(1951年度)には水力32,227百万kWh、火力7,011百万kWhだったが昭和40年度(1965年度)には水力55,335百万kWh、火力88,011百万kWhと逆転している
  116. ^ 首相、「原発推進」明記の意向 温暖化基本法案で”. 共同通信原子力安全・保安院 (2010年3月6日). 2011年6月25日閲覧。
  117. ^ 浜岡原子力発電所の津波に対する防護対策の確実な実施とそれまでの間の運転の停止について”. 経済産業省原子力安全・保安院 (2011年5月6日). 2011年6月25日閲覧。
  118. ^ 浜岡原子力発電所の運転停止要請への対応について”. 中部電力 (2011年5月9日). 2011年6月25日閲覧。
  119. ^ 川内原子力発電所1号機の原子炉起動について”. 九州電力. 2019年3月26日閲覧。
  120. ^ ガスの小売全面自由化とは”. 2018年8月2日閲覧。
  121. ^ 全国で水道管の老朽化が進む。全体の6.2%が耐用年数超え - 世界の水事情、2010年5月12日(2011年9月11日閲覧)
  122. ^ 第1部 特集 ICTがもたらす世界規模でのパラダイムシフト”. 総務省. 2021年5月30日閲覧。
  123. ^ ●世帯におけるスマートフォンの保有割合が8割を超えた”. 総務省. 2021年5月30日閲覧。
  124. ^ mixiユーザー数2000万人突破 - J-CASTニュース、2010年4月14日
  125. ^ 『ファミ通モバイルゲーム白書2021』が2月18日刊行。モバイルゲーム市場はコロナ下でも成長を続け、2020年は前年比7.5%増に”. 角川. 2021年5月30日閲覧。
  126. ^ 新聞の流通・取引慣行の現状 - 公正取引委員会 (PDF) (2008年6月19日)、2011年9月20日閲覧
  127. ^ 新聞の発行部数と世帯数の推移”. 日本新聞協会. 2021年2月5日閲覧。
  128. ^ 新聞の発行部数と世帯数の推移 アーカイブ 2006年7月16日 - ウェイバックマシン - 社団法人日本新聞協会、2011年9月20日閲覧
  129. ^ テレビ視聴率とメディアの利用の現在(1) - NHK文化研究所(2010年8月号)、2011年9月21日閲覧
  130. ^ 2010年の日本の広告費は5兆8,427億円、前年比1.5%減 - 電通(2011年2月23日)、2011年9月21日
  131. ^ 出版物販売、13年連続減少=雑誌激減、電子は好調”. 2018年7月19日閲覧。
  132. ^ 『会社四季報業界地図 2012年版』92・93ページ、東洋経済新報社(2011年9月15日)
  133. ^ 9 コンテンツ市場の動向”. 総務省. 2021年10月11日閲覧。
  134. ^ コンテンツ産業政策 2000年、経済産業省資料
  135. ^ パチンコホールの売上、参加人口、活動回数”. 2019年3月26日閲覧。
  136. ^ コト消費追い風 問われる新鮮さ 遊園地・テーマパーク”. 日本経済新聞. 2020年7月19日閲覧。
  137. ^ デリヘルの経済学 - すべてのビジネスに応用できる究極のマーケティングノウハウ極秘公開!. こう書房. (2007年7月1日). ISBN 9784769609445 
  138. ^ 労働力調査(基本集計) 全国 年次 2019年 (Report). 総務省統計局. (2019-01-31). 基本集計 第II-10表. https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200531&tstat=000000110001&cycle=7&year=20190&month=0&tclass1=000001040276&tclass2=000001040283&tclass3=000001040284&result_back=1. 
  139. ^ a b c d e f g h OECD Labour Force Statistics 2020, OECD, (2020), doi:10.1787/23083387 
  140. ^ Gender wage gap, OECD, (2017-11-15), doi:10.1787/7cee77aa-en 
  141. ^ Education at a Glance 2018, OECD, (2018-09), p77, Table.A3.a, doi:10.1787/eag-2018-en 
  142. ^ 『新平等社会』著:山田昌弘 文藝春秋 2006年9月
  143. ^ a b c d e OECD (2006-07-20). Economic Survey of Japan 2006 (Report). doi:10.1787/16097513. オリジナルの2015年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150924130801/http://www.oecd.org/document/55/0,3343,en_2649_33733_37127031_1_1_1_1,00.html. 
  144. ^ 生産性改革 今後の方向性を読む (Report). 経済産業研究所. (2017-01-15). https://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/morikawa/08.html. 
  145. ^ 『労働経済白書』厚生労働省、2018年https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/roudou/18/18-1.html 
  146. ^ a b OECD Economic Surveys: Japan 2019, OECD, (2019), doi:10.1787/fd63f374-en 
  147. ^ 経団連会長「外国人労働者受け入れ拡大を」”. 日本テレビ. 2021年5月30日閲覧。
  148. ^ OECD Economic Surveys: Japan 2017. OECD. (2017). doi:10.1787/eco_surveys-jpn-2017-en. ISBN 9789264272187. 
  149. ^ Income inequality”. OECD. 2020年12月20日閲覧。
  150. ^ 家計貯蓄率マイナスをどう考えるか”. 2019年3月26日閲覧。
  151. ^ 平成29年度国民経済計算年次推計”. 2019年3月26日閲覧。
  152. ^ 第一生命経済研究所調査部 レポート
  153. ^ 株式会社アイ・アールジャパン 平成26年度対内直接投資促進体制整備事業(外国投資ファンド等の動向調査)に関する報告書 p.7.



「日本経済」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

日本経済のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本経済のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の経済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS