電子部品とは? わかりやすく解説

電子部品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 23:50 UTC 版)

電子部品(でんしぶひん、: electronic component)とは、電子回路部品のことである。


  1. ^ a b 後閑哲也『電子工作の素』技術評論社、2007、pp.30-32.
  2. ^ 回路の基礎と回路を構成するモノたち”. d-engineer.com. 2021年7月18日閲覧。
  3. ^ 相良 (2004)、1頁, 6-8頁
  4. ^ 実装の際にチップが立ち上る現象(ツームストーン現象・マンハッタン現象)のメカニズムとその予防対策ポイントを教えてください。 - 村田製作所
  5. ^ 積層セラミックチップコンデンサ - TDK
  6. ^ 相良(2004)、70-72頁, 116-117頁
  7. ^ 相良(2004)、142頁
  8. ^ 株式会社エクス コラム「電子部品の調達競争を「EDI」で勝ち抜く!」 2018年3月7日閲覧


「電子部品」の続きの解説一覧

電子部品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 04:27 UTC 版)

秋葉原」の記事における「電子部品」の解説

.mw-parser-output .thumbinner{display:flex;flex-direction:column}.mw-parser-output .trow{display:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box}.mw-parser-output .tsingle{margin:1px;float:left}.mw-parser-output .theader{clear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%}.mw-parser-output .thumbcaption{background-color:transparent}.mw-parser-output .text-align-left{text-align:left}.mw-parser-output .text-align-right{text-align:right}.mw-parser-output .text-align-center{text-align:center}@media all and (max-width:720px){.mw-parser-output .thumbinner{width:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center}.mw-parser-output .trow{justify-content:center}.mw-parser-output .tsingle{float:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center}.mw-parser-output .trow>.thumbcaption{text-align:center}} 総武線ガード下には複数の電子部品販売店入居する(上)、販売店一角(下)(秋葉原ラジオセンター2008年10月電気街元祖ともいうべき、戦後ラジオ部品販売初期には日本軍アメリカ軍からの真空管などの電子部品のみならず戦車転輪等の放出品があったという)に由来する総武線ガード下に並ぶ店舗は僅か2畳程度の店もあり、派手さこそないもののICコンデンサスイッチコネクタといった小物などの販売店営業中であり、特定の部品のみ扱う専門店見られる一見した限りでは零細商店に見える店舗も、事業発展により部品卸業者として発展し現在では本社機構近隣ビル構えて各種企業相手ビジネス展開し電気街店舗パイロット店・個人向け販売店ホビー向けの色彩の強い店として営業行っていることも珍しくない様々な部品一つずつ購入できるので、学生研究者実験などに使う部品調達したり、メーカー技術者開発中商品用の試作調整用としてちょっとした部品秋葉原調達することも多い。 電子部品調達という点では、秋葉原今でも世界一の「電気街と言っても過言ではない。電子部品に限らず工具測定器ら線材・ネジ・ケース類・結束用部材などの、電気工作工事に必要と思われるものは、およそ何でも調達でき、電気・電子関係と目される機器製作においては、ほぼ秋葉原内の店舗を巡るだけで、必要な工具資材入手可能である。時代の変化と共に一般向け生産終了している真空管であっても、主にロシア製の同等品が陳列販売されている一方廃番の中で需要根強い部品特定型番のゲルマニウムトランジスタなど)については品薄となり、今では入手不可能となったものも存在しているが、このようなものについては「秋葉原入手できないものは諦めしかない」という状況起き一方逆に店舗メーカー棚卸などで少量発見され廃番品が在庫処分品として売り出されることもある。

※この「電子部品」の解説は、「秋葉原」の解説の一部です。
「電子部品」を含む「秋葉原」の記事については、「秋葉原」の概要を参照ください。


電子部品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 03:53 UTC 版)

日本電気」の記事における「電子部品」の解説

詳細は「トーキンを参照 (旧・NECトーキンコンデンサリレーRFIDタグ・リーダ/ライタ各種センサ等のデバイス製品生産しているNECの子会社だったが、2017年4月19日KEMET Corporationへと売却された。

※この「電子部品」の解説は、「日本電気」の解説の一部です。
「電子部品」を含む「日本電気」の記事については、「日本電気」の概要を参照ください。


電子部品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 10:29 UTC 版)

TDK」の記事における「電子部品」の解説

フェライト誘電体圧電体といった電子材料ベースとした電子部品全般世界的に高いシェアを持つ。車載用の積層セラミックコンデンサでは村田製作所次いで第2位シェアインダクタトランス高周波積層フィルタ等も高いシェアを誇る。その他、EMC対策部品アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ、各種センサアクチュエータ等を製造・販売する。

※この「電子部品」の解説は、「TDK」の解説の一部です。
「電子部品」を含む「TDK」の記事については、「TDK」の概要を参照ください。


電子部品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 16:58 UTC 版)

太陽誘電」の記事における「電子部品」の解説

誘電体セラミック使用したコンデンサや、フェライトセラミックを使用したインダクタなどの受動電子部品、および電子部品技術生かした高密度実装によるBluetoothモジュールなどを主力商品としている。 2001年平成13年)には群馬県群馬郡現・高崎市)に電波暗室棟を設立関連ノイズ対策部品販売拡大狙い、10m暗室アンテナ評価設備Bluetooth認証設備近傍電磁界同時測定設備兼ね備えた運営を行っている

※この「電子部品」の解説は、「太陽誘電」の解説の一部です。
「電子部品」を含む「太陽誘電」の記事については、「太陽誘電」の概要を参照ください。


電子部品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 05:38 UTC 版)

秋月電子通商」の記事における「電子部品」の解説

ICトランジスタ抵抗器コンデンサLED・スイッチ・センサー・ステッピングモーター・ユニバーサル基板電池など、部品単体である。購入時に、データシートが付くものもある。

※この「電子部品」の解説は、「秋月電子通商」の解説の一部です。
「電子部品」を含む「秋月電子通商」の記事については、「秋月電子通商」の概要を参照ください。


電子部品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 23:04 UTC 版)

クリップ」の記事における「電子部品」の解説

電子回路において端子リード線を挟むことによって電線接続するための電子部品としてのクリップについて紹介するみの虫クリップ 端子リード線挟んで接続するための本体に、(基本的には)ビニールなどの覆いかぶせた形状クリップ外観蓑虫に似ていることから、この名がある。主に弱電用いられるワニグチクリップ 端子リード線挟んで接続するための、本体むき出しになった形状クリップ。つまむ部分絶縁体覆ったものもある。名前は外観ワニの口に似ていることから弱電用の小型から、ブースターケーブル先端用いるような大型のものまであるICテストクリップ 電子基板上に実装された DIP タイプIC両側から挟み細く間隔が狭い ICリード(足)へ、オシロスコープなどの測定プローブ接続しやすくするための工具。Jの字型に曲がった先端部分内側に持つ接点を、他端に並ぶ金属製ピン導いてある。ピン先端は釘の頭と同じく鍔がついており、プローブ外れにくい工夫されているみの虫クリップ ワニグチクリップ(赤)と、みの虫クリップ(黄、銀) ICテストクリップ

※この「電子部品」の解説は、「クリップ」の解説の一部です。
「電子部品」を含む「クリップ」の記事については、「クリップ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「電子部品」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

電子部品

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 11:25 UTC 版)

名詞

   (でんしぶひん)

  1. 電子回路用いられる部品パーツ)。

関連語

翻訳


「電子部品」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電子部品」の関連用語

電子部品のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電子部品のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子部品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの秋葉原 (改訂履歴)、日本電気 (改訂履歴)、TDK (改訂履歴)、太陽誘電 (改訂履歴)、秋月電子通商 (改訂履歴)、クリップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの電子部品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS