アンテナとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > アンテナの意味・解説 

アンテナ【antenna】


アンテナ(Antenna)


アンテナ

名前 Antena

アンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/01 04:48 UTC 版)

アンテナ: antenna)とは、電流電波を相互に変換する導体で出来た構造を持つ装置である。


  1. ^ 第一級陸上特殊無線技士無線工学試験 JZ02A


「アンテナ」の続きの解説一覧

アンテナ+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 06:20 UTC 版)

アンテナ+(アンテナプラス)は、2010年度まで地上デジタルラジオ超!A&G+で放送され、2011年度から同配信元で配信していたエンタメ情報番組


  1. ^ 最終回リピートは改編を挟んだためリピートなし
  2. ^ 昭和27年(1952年)3月30日の「文化放送開局前夜祭」にて放送
  3. ^ アニメ記者「M」が文化放送に生出演! - 芸能ニュース : nikkansports.com
  4. ^ びんびんGilrs2枚目リリースを発表



アンテナ(旧)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 01:13 UTC 版)

中型ゾイド」の記事における「アンテナ(旧)」の解説

レドラー後頭部突起

※この「アンテナ(旧)」の解説は、「中型ゾイド」の解説の一部です。
「アンテナ(旧)」を含む「中型ゾイド」の記事については、「中型ゾイド」の概要を参照ください。


アンテナ(MG)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 14:59 UTC 版)

メタルギアシリーズの装備一覧」の記事における「アンテナ(MG)」の解説

敵の妨害電波回避することができるアイテムこれをもっていないとビル2でトランシーバー使えない

※この「アンテナ(MG)」の解説は、「メタルギアシリーズの装備一覧」の解説の一部です。
「アンテナ(MG)」を含む「メタルギアシリーズの装備一覧」の記事については、「メタルギアシリーズの装備一覧」の概要を参照ください。


アンテナ(2003年 - 2004年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 15:42 UTC 版)

「くるり」の記事における「アンテナ(2003年 - 2004年)」の解説

2003年5月、スコットランド・グラスゴーに渡ったくるりはエンジニア・プロデューサーであるトニー・ドゥーガンのもとレコーディング開始。サポートドラマーには後にくるりのツアー参加することとなるクリフ・アーモンドを迎えてRACE」や「グッドモーニング」、「HOW TO GO 」をレコーディングした帰国後、くるりのプライベートスタジオであるペンタトニックにて「HOW TO GO」をリテイクした。同年の夏からはクリストファー・マグワイアをサポートドラマーに迎えてフジロック・フェスティバルホワイトステージ出演したそのほかにも夏のフェスティバル出演している。9月1年半ぶりとなるシングルHOW TO GOをリリースそのままマグワイアとともに次回作に向けてセッションレコーディング重ねていき、11月にはマグワイアの正式加入発表された2004年2月シングルロックンロールをリリース。そして3月5thアルバムである『アンテナ』をリリースした。3月30日より京都磔磔からくるワンマンライブツアー2004安心しろ秘孔はずしてある〜をスタート初の日本武道館公演を含むツアーとなった7月には初のビデオクリップ集である「くるくる鮨」を、9月にはツアードキュメンタリーフィルムである「くるくる節」を発売したさらなるレコーディングライブ行おうとするも、10月クリストファー・マグワイア脱退した。再び臺太郎をサポートドラマーに迎えて学園祭ツアーを行う。12月京都大学西部講堂にて岸田京都大学学生たちが第1回みやこ音楽祭開催

※この「アンテナ(2003年 - 2004年)」の解説は、「くるり」の解説の一部です。
「アンテナ(2003年 - 2004年)」を含む「くるり」の記事については、「くるり」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アンテナ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アンテナ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 07:34 UTC 版)

語源

英語:antenna転写

名詞

  1. 無線通信空中線
  2. 昆虫触角

関連語


「アンテナ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アンテナと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アンテナのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アンテナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
株式会社EMC鹿島株式会社EMC鹿島
© Copyright EMC Kashima all right reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンテナ (改訂履歴)、アンテナ+ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中型ゾイド (改訂履歴)、メタルギアシリーズの装備一覧 (改訂履歴)、くるり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアンテナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS