スペクトルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > スペクトル > スペクトルの意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


スペクトル [2]フランス spectre】

〘物〙 可視光線その他の電磁波分光器によって波長順に分解したもの。 → 線スペクトル帯(たい)スペクトル連続スペクトル
ある複雑な量を単純な成分分け、ある特定の量の大小によって分布示したもの。

スペクトル

スペクトルとは、光や電波X線、音など、一定の周期振幅繰り返す情報信号を、その波長の順に並べた強度分布のことである。

スペクトルは、横軸波長をとり、縦軸強度をとって図示されることが多い。

光や音、物質などは、それぞれの組成により、特有の波長を持つことから、スペクトルを使って、色や音色成分などを特定することができる。半導体化学分野においては物質レーザー光照射し、跳ね返ってきた反射光のスペクトルをもとに物質成分特定する成分分析手法広く利用されている。

無線通信のほかの用語一覧
電波:  山岳回折  周波数帯域  周波数  スペクトル  スピルオーバー  大気の窓  電磁波

(L2,L3),(M4,M5)…スペクトル

【英】:(L2L3),(M4M5)…spectra

EELSスペクトルの50eV以上の領域現れる元素固有の吸収端。内殻電子自由電子帯への励起によって生じ、励起する内殻によって、K、L、M...殻励起スペクトル呼ばれる内殻電子準位は、スピン軌道相互作用により、さらに細かく別れており、K (1s1/2), L1 (2s1/2), L2 (2p1/2), L3 (2p3/2), M1(3s1/2), M2(3p1/2), M3(3p3/2), M4(3d3/2), M5(3d5/2), …と表される。3d遷移金属元素の(L2, L3)および(M4, M5)スペクトルはエネルギー的に近いので、似た形状のスペクトル(自由電子帯の形状)が、エネルギー的にずれて足し合わせた形でEELSスペクトルに現れるSiAlでは(L2, L3)スペクトルが観測されるが、L2L3準位分離が1eV以下と小さいために一つ吸収端スペクトルとみなされ、L2,3とかかれることが多い。EELS自由電子帯の形状測定する方法であるから、これらのペア近似的には同じ情報与えるのみであることに注意

関連する用語


スペクトル

電磁波波長別の強度分布変換したものをスペクトルという。

スペクトル

英訳・(英)同義/類義語:spectrum

一般的には、ある事象強さ大きさが、それに関係する量や事象変化に応じて変わる様子を表した図。電磁波スペクトルなどが例。

スペクトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/30 10:09 UTC 版)

スペクトル英語: spectrum[1])とは、複雑な情報信号をその成分に分解し、成分ごとの大小に従って配列したもののことである。2次元以上で図示されることが多く、その自体のことをスペクトルと呼ぶこともある。


  1. ^ 文部省日本物理学会編 『学術用語集 物理学編』 培風館1990年ISBN 4-563-02195-4[リンク切れ]
  2. ^ 竹本喜一、金岡喜久子 『化学語源ものがたり』 化学同人1986年ISBN 4-7598-0131-6


「スペクトル」の続きの解説一覧



スペクトルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スペクトル」の関連用語

スペクトルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スペクトルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリスペクトルの記事を利用しております。
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2019 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2019.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスペクトル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS