一つとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 一つ > 一つの意味・解説 

ひと‐つ【一つ】

【一】[名]

数の名。自然数のはじめ。いち。

㋐物などを数えるときの、1個。「りんごを—食べる」「—二つ間違ってもかまわない」「に—の可能性

㋑1杯。器に入った酒・水などにいう。また、少しの量。「冷たを—召し上がれ

「—参りさうなお顔でござる」〈虎明狂・鍋八撥

年齢の、1歳。「—年を取る」「—半の幼児

行為や状態のひとまとまり副詞的に用いて、少し、の意をも表す。「今日は—気分がすぐれない」「今—調子が出ない

同一なこと。同一にすること。「家計を—にする」「—屋根の下に暮らす」

形や表現は違っていても中身は同じであること。また、似ていること。一体。「全員が心を—にする」「世界は—だ」

厳密にいえば違うものでも、考えようによってはその範疇に入ること。一種。「これも人生の—だ」「それも—の考えだ」

他と比べて、一方また、ある側面一面。「—にはこういう解釈成り立つ」

いくつかの事項列挙するときに見出しとして用いる語。「—、本会社員をもって構成する」「—、金(きん)壱万円也

名詞の下に付いて、それ以外にはないことを強調する語。…だけ。「身—で脱出する」「母の手—で育てられる」「行くか行かないかは自分決心—だ」

10打消しの語を伴って)あるものを代表させて、類似の事柄のすべてを否定する語。…さえも。「ごみ—落ちていない」「あいさつできない」「風邪—ひかない」

11 奈良平安時代定時法で、十二辰刻の一つを四等したもの第一

12 第1。順序数の1番目。

「—には御手を習ひ給へ次にはきんの御琴を」〈二三

【二】[副]

これから行動を起こそうとするときに用いる語。ちょっと。さあ。試しに。「—やってみよう」「—歌でもいかがですか

軽く依頼するときに用いる語。どうか。「—よろしくお願いします

[下接句] 此処(ここ)は一つ千に一つ百に一つ百日説法屁(へ)一つ・二つに一つ


ひっと‐つ【一━】

〔名〕 (「ひとつ(一━)」に促音添加した語) ほんのわずかの量や程度をいう。多くひっとつも」の形で打消表現呼応して用いる。

杜詩続翠抄(1439頃)三「風に吹升られたとをもったれば、ひっとつもさではなし」


ひて‐つ【一━】

〔名〕 「ひとつ(一━)」の変化した語か。

(10C終)一九五「ひてつ車にといひし人もありき」


ひと‐つ【一━】

(「つ」は接尾語

1⃣ 〔名〕

[一] 数としての一。一個単一なもの。それだけであること。

① 物や物事数えるときにいう。一個また、一歳助数詞伴わないで、単に「ひとつ」数えることが多い。

書紀720神武即位甲寅年一〇月「一柱騰宮を造りて饗(みあへ)奉る〈一阿斯毗徒鞅餓離能宮(あしヒトツあがりのみや)と云ふ〉」

容器一個の量。特に酒など飲食物について、副詞的に用いる。

(イ) 一杯、またはすこしの意を表わす

謡曲一角仙人(1520頃)「酒(しゅ)をひとつ持ちて候、ひとつ聞こしめされ候へ

(ロ) なみなみといっぱいであることを表わす

*虎寛本狂言樋の酒室町末‐近世初)「『何と酒が行か』『中中、はや一有るは』」

行為や状態などひとまとまり事柄数え場合にいう。副詞的に用いて、すこしの意をも表わす

東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「一(ヒトツ)の行(しわざ)の端を以て百の行を知りぬ」

更級日記(1059頃)「この文(ふみ)に書かれたりし、ひとつたがはず、この国の守ありしままなるを」

④ =ひとつつみ一包)②

黄表紙奇妙頂来地蔵の道行(1832)「百両二百両(ヒトツふたつ)もまうけるさんだん

(5) 名詞の後にあって、それを限定、または強調するのに用いる。

(イ) 後に否定の語を伴って強調する。すこしも。…さえ。「物音一つしない」「ちり一つない」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「守(もり)が一つ出来ねへのに」

(ロ) (心などが)ひとすじであること。また、それだけが重要であること、それ次第であることを表わす

万葉(8C後)一一・二六〇二「黒髪の白髪までと結びてし心一(ひとつ)を今解かめやも」

源氏100114頃)夕顔御心ざしひとつの浅からぬに、よろづの罪許さるるなめりかし」

(ハ) 一個の物や物事挙げて、それをすこしでも、という気持表わす。「文句一つも言ってやりたい

高野平家13C前)四「那智新宮の物共に、矢一(ヒトツ)いかけて、平家子細を申さん」

(6) 名詞直前にあって、その物だけで孤立していることを表わす。「一つ松」「一つ星

(7) (「わが身ひとつ」の意) 他の誰でもない自分

浮世草子西鶴織留(1694)三「ひとつの心から女良買のなれの果」

(8) (「…のひとつ」の形で) ある範囲に属しているものであることを表わす

現代経済考える(1973)〈伊東光晴〉 III.「今日的無政府生産表現形態のひとつといってもよい」

[二] 異な二つ上の物が同一になること、複数の者が一つの物共用することを表わす同一なこと。名詞の上に付いて複合語をつくることが多い。

同一の物や場所を示す。二つ上の物が、その場所などを共有するような場合にいう。「ひとつ后腹(きさいばら)」「ひとつ家(や)」など。

更級日記(1059頃)「姪どもも、生まれしよりひとつにて、夜は左右に臥しおきするも」

いくつかの物事が、あたかも単一物のように、いっしょになって同一の状態をなすさま。一体化したもの。「ひとつ心」「ひとつ事」など。

万葉(8C後)三・二七六「妹も我れも一(ひとつ)なれかも三河なる二見の道別れかねつる」

同一種類であることをいう。「ひとつ色」「ひとつ涙」

古今(905‐914)秋上・二四五「みどりなるひととぞ春は見し秋は色々の花にぞありけるよみ人しらず〉」

一種ある種厳密にいえばその範疇(はんちゅう)にははいらないが、考えようによっては、これもその中に入れてもよい、というよう場合にいう。

滑稽本浮世床(1813‐23)二「姑婆も、〈略〉慳貪邪見の角を折らば、これもひとつ済度なるべし

[三] 第一

順序数としての第一番目を表わす一番目

*竹取(9C末‐10C初)「其時ひとつの宝なりける鍛冶匠(かぢたくみ)六人召しとりて」

古今(905‐914)仮名序「そのむくさのひとつには、そへうた」

奈良平安時代定時法における十二辰刻の一つを四等したもの第一

伊勢物語(10C前)六九「子(ね)ひとつ許に、をとこのもとにきたりけり

[四] (「ひとつは」または「ひとつには」の形で用いる) 他と対比して、一方

謡曲檜垣(1430頃)「われに言葉を交はしけるぞや、ひとつは末世奇特ぞと、思ひながらも尋ね行けば」

2⃣ 〔副〕

思いたって何かを始めたり、試みたりする気持表わす語。試みに。ちょっと。

人情本春色梅美婦禰(1841‐42頃)二「お前まア性根をすへて一つ思案をしてお呉な

軽く人に物を依頼するときに用いる。どうか。「ひとつよろしくお願いします

医師高間一氏1941)〈田畑修一郎〉一「これは一つ、どうしても今後こちらのお力にすがらないことには立っていけないと」

あるべき状態から少しそれているさまを表わす。「今ひとつぴんと来ない

良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉続「白井馬鹿に堅過ぎたんですよ、其が一つ逸れたから堪らない端まで行って仕舞ったんですね」


一つ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 01:42 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. ひとつ 参照



一つと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一つ」の関連用語

一つのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一つのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの一つ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS