教訓とは?

きょう‐くん〔ケウ‐〕【教訓】

[名](スル)教えさとすこと。また、その内容言葉。「教訓をたれる」「教訓を得る」


教訓

作者ビリー・スー・モウザーマン

収載図書現代ミステリー収穫 2 壁
出版社扶桑社
刊行年月1997.11
シリーズ名扶桑社ミステリー


教訓

作者唯川恵

収載図書愛に似たもの
出版社集英社
刊行年月2007.9


教訓

作者常盤奈津子

収載図書ショートショートの広場 20
出版社講談社
刊行年月2008.3
シリーズ名講談社文庫


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 03:47 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「教訓」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「教訓」を含むページの一覧/「教訓」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「教訓」が役に立つかも知れません。


教訓

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 22:40 UTC 版)

名詞

きょうくん

  1. 教え諭すこと。また、その内容良くないことの経験によって得た戒めなどにも用いる。

発音

きょ↗-くん

翻訳

動詞

  1. 教え諭す

活用

サ行変格活用
教訓-する

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「教訓」の関連用語

教訓のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



教訓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの教訓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの教訓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS