教訓とは? わかりやすく解説

きょう‐くん〔ケウ‐〕【教訓】

読み方:きょうくん

[名](スル)教えさとすこと。また、その内容言葉。「—をたれる」「—を得る」

「教訓」に似た言葉

教訓

作者ビリー・スー・モウザーマン

収載図書現代ミステリー収穫 2 壁
出版社扶桑社
刊行年月1997.11
シリーズ名扶桑社ミステリー


教訓

作者唯川恵

収載図書愛に似たもの
出版社集英社
刊行年月2007.9


教訓

作者常盤奈津子

収載図書ショートショートの広場 20
出版社講談社
刊行年月2008.3
シリーズ名講談社文庫


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 03:47 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「教訓」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「教訓」を含むページの一覧/「教訓」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「教訓」が役に立つかも知れません。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 15:29 UTC 版)

東日本大震災による帰宅困難者」の記事における「教訓」の解説

帰宅者の殺到による交通混乱抑えるため、東京都は既に条例によって環状7号線内側を走る車両について震災時全面通行止めおよび出入禁止などの大規模交通規制定めている。しかし本震においては道路渋滞緊急車両通行妨げになった例が多数あったとこから、東京都警視庁では、2011年平成23年9月1日防災の日に、初め大規模な交通規制訓練実施した訓練では、実際に警察官環状7号線等の要所97か所午前9時から10分間にわたって封鎖し一般車両迂回路誘導した東京都では、仮に東京都内震度6弱上が観測される震災発生した場合は、直ち車両全面通行止等の厳し交通規制が行われることが条例定められている。条例では、帰宅困難者等が緊急車両通行妨げることのないよう一般車両について警視庁の行う交通規制に従う義務課している。また、神奈川県警察千葉県警察埼玉県警察でも、震災発生した場合厳し交通規制を行う方針である。 震災を受けて首都直下地震対策検討する首都直下地震帰宅困難者対策協議会」では、会社帰宅指示により、交通機関能力を超え帰宅者が集中する事などを避けるため、基本的に企業学校に対して一斉帰宅抑制するよう」要請する方針とした。東京都この方を踏まえ会社従業員数日間待機する事を念頭に置いて企業に対して従業員のため3日分の食料飲料などの備蓄努力義務とするほか、鉄道集客施設では、利用者保護努めることなどを定めた東京都帰宅困難者対策条例案』を2012年2月東京都議会提出し成立2013年平成25年4月1日から施行した2011年平成23年9月21日には、平成23年台風第15号暴風雨による交通機関停止2012年平成24年4月3日には、発達した低気圧暴風雨による交通機関停止発生管理者利用者双方で対応の変化がみられた。 また、東北地方太平洋沖地震際には、首都圏地震による直接の被害顕著ではなかったものの、南関東直下地震などの直下型地震或いは関東地震などの海溝型地震などが発生した場合には、建物被害落下物液状化津波による浸水などの被害顕著になり、自治体などが事前に指定する退避避難場所使用できなくなる事態や、帰宅経路障害発生する事態考えられ、より多くの混乱来す可能性がある

※この「教訓」の解説は、「東日本大震災による帰宅困難者」の解説の一部です。
「教訓」を含む「東日本大震災による帰宅困難者」の記事については、「東日本大震災による帰宅困難者」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/02 13:58 UTC 版)

犬と肉」の記事における「教訓」の解説

欲張ると、元も子も無くす。

※この「教訓」の解説は、「犬と肉」の解説の一部です。
「教訓」を含む「犬と肉」の記事については、「犬と肉」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 17:17 UTC 版)

バッタを捕まえる少年とサソリ」の記事における「教訓」の解説

友人作る時は、見極めなければならない見誤るとすべてを一瞬にして失うことになる。

※この「教訓」の解説は、「バッタを捕まえる少年とサソリ」の解説の一部です。
「教訓」を含む「バッタを捕まえる少年とサソリ」の記事については、「バッタを捕まえる少年とサソリ」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 07:20 UTC 版)

1997年アイシン火災」の記事における「教訓」の解説

ジャストインタイム生産システム実装機能していること、トヨタが「効率リスク適切なバランス」を持ち合わせていたことを示しトヨタ生産簡易化リスク軽減のためには部品種類減らすという教訓を得たトヨタへ部品供給を担う各社にとっては、生産効率の向上および製造方法冗長性組み込むことを学んだ。 その性能生産体制再構築し、日本的な企業系列システム価値示したまた、トヨタ部品供給を行う企業同社示した忠誠心は、長期的なビジネス関係の価値示しているサプライヤーは、Pバルブ急造のために掛かったコスト請求しなかったと伝えられているアイシンおよびトヨタは、関係取引先に対して残業代機械の補修費用などを含んだ1億円を支払った

※この「教訓」の解説は、「1997年アイシン火災」の解説の一部です。
「教訓」を含む「1997年アイシン火災」の記事については、「1997年アイシン火災」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 05:31 UTC 版)

街灯の下で鍵を探す」の記事における「教訓」の解説

この譬え話は、さまざまな教訓として解釈されており、特に学問研究に関するものが多い。その場合、次の状態を揶揄するものと理解されている。 本当に重要なところはどこか分かっているが、そこは分析する方法がない。そこで、光が当っているところばかりが研究されている。 これを経済学当てはめると、次の寓意生まれる。 新古典派経済学は、最大化均衡などの理論枠組みによって数学的な定式化進んでおり、社会科学としては最も理論的科学的であるという理解がある。しかし、実際には数学使って定式化できるところだけが研究されているのであって本当に重要なところは研究されていない。 たとえば、Martin Shubikは、次のように引用している。 一般均衡理論は、間違いなく素晴らし知的成果である。しかし、それは、いかなる意味でもニュートン力学水準にはない。何千という財とサービス(しばしばシステム全体までも)が売られている巨大で複雑な企業世界では、われわれが(最善の場合でも単純な極限事例カバーするにすぎない単純なモデル固執しているのは、滑稽なことだ。わたしは、あの酔っ払いの話を思い出す。彼は夜に鍵をなくして、それを探すために街灯の下で時間費やしていた。鍵を失くしたのはそこから50ヤード離れていたが、街灯の下は、何かを見ることのできる唯一の場所だったのである

※この「教訓」の解説は、「街灯の下で鍵を探す」の解説の一部です。
「教訓」を含む「街灯の下で鍵を探す」の記事については、「街灯の下で鍵を探す」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 14:07 UTC 版)

高砂市立荒井中学校」の記事における「教訓」の解説

自主」: 主体的に行動し、自ら学び続け生徒育てる。 「連帯」: 思いやり心をもち助け合って生きる生徒育てる。 「活力」: たくましく気力充実した生徒育てる。

※この「教訓」の解説は、「高砂市立荒井中学校」の解説の一部です。
「教訓」を含む「高砂市立荒井中学校」の記事については、「高砂市立荒井中学校」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 09:38 UTC 版)

ガチョウと黄金の卵」の記事における「教訓」の解説

欲張り過ぎて一度大きな利益を得ようとすると、その利益生み出す資源まで失ってしまうことがある利益を生み出す資源をも考慮に入れる事により長期的に大きな利益を得ることができる。

※この「教訓」の解説は、「ガチョウと黄金の卵」の解説の一部です。
「教訓」を含む「ガチョウと黄金の卵」の記事については、「ガチョウと黄金の卵」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 06:31 UTC 版)

狩人と樵」の記事における「教訓」の解説

口先だけでは、英雄はなれない

※この「教訓」の解説は、「狩人と樵」の解説の一部です。
「教訓」を含む「狩人と樵」の記事については、「狩人と樵」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 01:39 UTC 版)

ゴイアニア被曝事故」の記事における「教訓」の解説

放射線照射装置トレーサビリティの厳重化。貧し地域において、放置された機械盗難遭うのは避けようがないし、そうでなくてもテロ行為や、あるいは年月間に腐食して放射性物質漏洩起きる。 プライマリ・ケア携わる医師は、他で説明できない症状を呈する患者がいた場合、いつでも放射線障害を疑うべきである。 除染作業対象閾値とそれに基づ立ち入り禁止区域設定線量計測除染作業進めるには地域住民理解協力不可欠である決定過程とその根拠をすべてオープンにし、現代水準で「危険か安全かわからない」水準についてどうするかどこまでリスク許容してその地域住みたいのか、そして地元産業風評被害天秤にかけてどこまで存続させるある程度地元住民決定参加させる

※この「教訓」の解説は、「ゴイアニア被曝事故」の解説の一部です。
「教訓」を含む「ゴイアニア被曝事故」の記事については、「ゴイアニア被曝事故」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 20:19 UTC 版)

福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の記事における「教訓」の解説

野生動物研究家の木盛武は次の指摘をしている。 ヒグマあさった荷物取り返してはいけない。彼らは最初にヒグマ遭遇した際、ヒグマあさられ荷物取り返したため、ヒグマから敵と看做された。ヒグマは非常に執着心が強い動物であるため一度ヒグマ所有物になったものを取り返すのは無謀な行為である。 ヒグマ遭遇したらすぐに下山しなければいけない。彼らはヒグマ遭遇したものの、身の危険すぐには感じず下山しなかった。Aの母は北海道放送インタビューで「カムイエクウチカウシ山はAが日頃から行たがっていた山だったので、どうしても登頂したかったのかもしれない」と述べている。 ヒグマ背を向けて逃げてはいけない。ヒグマ背を向けて逃げるものをイヌのように追いかける習性がある。たとえ敵ではない認識していても、背を向けて逃げると本能的に追いかけるため、非常に危険である事前にヒグマ出会ったときの対処法チェックしておかなければならない。彼らはクマ生息しない九州からの登山客だったこともありヒグマにあまり詳しくなかったので間違った対処をした。 ヒグマ時間天候関係なく行動する。彼らを襲った時間朝から夜まで規則的ではなく濃霧でも行動した

※この「教訓」の解説は、「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の解説の一部です。
「教訓」を含む「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の記事については、「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 12:24 UTC 版)

泉のほとりの牡鹿とライオン」の記事における「教訓」の解説

長所と短所紙一重であり、見かけ判断するのは誤りである。

※この「教訓」の解説は、「泉のほとりの牡鹿とライオン」の解説の一部です。
「教訓」を含む「泉のほとりの牡鹿とライオン」の記事については、「泉のほとりの牡鹿とライオン」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 06:09 UTC 版)

丹那トンネル」の記事における「教訓」の解説

丹那トンネル難工事は、地質分かっていない所へ遮二無二トンネルを掘ろうとした結果だった。その後トンネル工事事前にできるだけ調査実施し難工事予想される箇所避け地質に合った掘削方法準備するようになった次の長大トンネル関門トンネル事前調査結果地盤軟弱な九州側の主要工法としてシールド工法採用され工事推進の原動力となった北伊豆地震震源となった丹那断層は、その後の調査活動周期が約700年判明し当分の間地震無いと判定され東海道新幹線新丹那トンネル丹那断層横切って建設された。

※この「教訓」の解説は、「丹那トンネル」の解説の一部です。
「教訓」を含む「丹那トンネル」の記事については、「丹那トンネル」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 15:14 UTC 版)

王様を求めるカエルたち」の記事における「教訓」の解説

他者依存して良い結果得られない良い結果自分の手で獲得することこそが肝要である

※この「教訓」の解説は、「王様を求めるカエルたち」の解説の一部です。
「教訓」を含む「王様を求めるカエルたち」の記事については、「王様を求めるカエルたち」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/01 10:19 UTC 版)

3本の棒」の記事における「教訓」の解説

一人一人物事を行うよりも、協力して行う方が、大きな効果を得ることができる。

※この「教訓」の解説は、「3本の棒」の解説の一部です。
「教訓」を含む「3本の棒」の記事については、「3本の棒」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/21 02:59 UTC 版)

ありとはと」の記事における「教訓」の解説

他人に親切にていればいずれは巡って自分に返ってくる(別のイソップ寓話である「ねずみの恩がえし」にも同様の教訓がある)。

※この「教訓」の解説は、「ありとはと」の解説の一部です。
「教訓」を含む「ありとはと」の記事については、「ありとはと」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/27 08:53 UTC 版)

からすときつね」の記事における「教訓」の解説

褒められいい気になりすぎると、痛い目をみることになる。

※この「教訓」の解説は、「からすときつね」の解説の一部です。
「教訓」を含む「からすときつね」の記事については、「からすときつね」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/27 08:54 UTC 版)

カラスと水差し」の記事における「教訓」の解説

工夫凝らして挑戦する事こそが、大きな成功への近道となる。

※この「教訓」の解説は、「カラスと水差し」の解説の一部です。
「教訓」を含む「カラスと水差し」の記事については、「カラスと水差し」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/27 08:55 UTC 版)

虚飾で彩られたカラス」の記事における「教訓」の解説

どんなに着飾った見た目良くしても、上辺だけの嘘や偽りはなんの意味もない。 己を受け容れ、己で努力することが大切。 他人の力でのし上がろうと企めば、初めは良くても、後には必ず暴かれる。

※この「教訓」の解説は、「虚飾で彩られたカラス」の解説の一部です。
「教訓」を含む「虚飾で彩られたカラス」の記事については、「虚飾で彩られたカラス」の概要を参照ください。


教訓


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/02 09:05 UTC 版)

狐と鶴のご馳走」の記事における「教訓」の解説

他人傷つけた者は、いつか自分同じように傷つけられる。 たとえ善意からくる行動であっても思慮が足りない相手受け入れられず、互いに傷つく。

※この「教訓」の解説は、「狐と鶴のご馳走」の解説の一部です。
「教訓」を含む「狐と鶴のご馳走」の記事については、「狐と鶴のご馳走」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/08 04:05 UTC 版)

ネズミの相談」の記事における「教訓」の解説

いくら素晴らしい案でも、実行できなければ絵に描いた餅であり、無意味である

※この「教訓」の解説は、「ネズミの相談」の解説の一部です。
「教訓」を含む「ネズミの相談」の記事については、「ネズミの相談」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/07 03:54 UTC 版)

豊橋市立下地小学校」の記事における「教訓」の解説

体も元気心も元気。校舎看板は、平成27年度全国健康づくり推進学校表彰式にて最優秀賞記念に修復された。

※この「教訓」の解説は、「豊橋市立下地小学校」の解説の一部です。
「教訓」を含む「豊橋市立下地小学校」の記事については、「豊橋市立下地小学校」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 03:47 UTC 版)

卑怯なコウモリ」の記事における「教訓」の解説

何度も人に背く者は、やがて誰からも信用されなくなる

※この「教訓」の解説は、「卑怯なコウモリ」の解説の一部です。
「教訓」を含む「卑怯なコウモリ」の記事については、「卑怯なコウモリ」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 11:39 UTC 版)

三匹の子豚」の記事における「教訓」の解説

ものを作る時は、手早く仕上げるよりも、時間手間をかけた方が、安全なものとなり、いざという時役に立つことがあることもの作りに限らず言えば勤勉な人間であるほど、最後には大きな結果残し頂点立てる、ということである。 材料フル活用すること 運は大事

※この「教訓」の解説は、「三匹の子豚」の解説の一部です。
「教訓」を含む「三匹の子豚」の記事については、「三匹の子豚」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 10:16 UTC 版)

OS/360」の記事における「教訓」の解説

System/360OS/360プロジェクト率いた経験の後、フレデリック・ブルックスFrederick P. Brooks1931年昭和6年4月19日 - )は有名な人月の神話』("The Mythical Man-Month") を書いた彼は自身のOS/360経験から、ブルックスの法則セカンドシステム症候群英語版)、など多くの教訓を書き記している。

※この「教訓」の解説は、「OS/360」の解説の一部です。
「教訓」を含む「OS/360」の記事については、「OS/360」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 06:16 UTC 版)

馬をうらやんだろば」の記事における「教訓」の解説

隣の芝生は青い他人立場とは自分の立場よりもよく見えるものである金持ち地位ある人が、幸せとは限らない外見では、とても分からないが、上にいけばいくほど別の大きな苦しみ増えていく。

※この「教訓」の解説は、「馬をうらやんだろば」の解説の一部です。
「教訓」を含む「馬をうらやんだろば」の記事については、「馬をうらやんだろば」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 06:22 UTC 版)

北海道南西沖地震」の記事における「教訓」の解説

この地震では、震源奥尻島すぐ近く海底であった事により地震発生直後に大津波来襲したため情報伝達迅速化図っても、震源地点によっては津波警報がどうしても間に合わない場合がある技術限界)という厳しい現実突きつけられた形となった。さらに、当時大津波警報予報文が「高いところでおよそ3 m以上に達する」という曖昧な表現だったため、「(津波は)3メートルくらい」という誤った解釈をした住民避難せず、津波巻き込まれ亡くなってしまうケース出たそのため、海岸部居住する人は、大きな揺れ感じたら津波警報を待つことなく直ち高台頑丈な高い建物の上に退避するべきであるという教訓を残した一方で津波警報間に合わなかったこと、さらに津波の高さについて誤った解釈した住民多数出たことを受けて気象庁NHKでは、さらなる津波情報送り出し迅速化とともに予報文の大幅な変更なされた。特に予報に関しては、これまで気象庁から出た予報文をそのまま発表していたが、これに「場所によって予想より高い津波が襲う」、「津波第1波よりも第2波以降高くなることもある」、「津波何回も襲う」などといった文言追加された。その教訓が生きたのか、この地発生翌年北海道東方沖地震発生して根室市173 cmという高い津波押し寄せたが、地震発生後ほどなくして津波警報発表緊急警報放送実施され予報文の文言追加されこともあり結果として津波による犠牲者は、北海道本土では全く出なかった(ただし、択捉島などの北方四島では犠牲者多数発生)。 地震発生当時は震源に近い奥尻町など、地震計置かれていなかった市町村多かったため、これらの市町村では市役所町村役場職員体感などで震度推定する方法取られていた。そのため、奥尻町推定震度報道されていたが、その後全市町村震度計が設置されることになり、震度計による震度測定に完全移行した地震による火災だったにもかかわらず火災保険にしか入っていない住民多かったことから損害保険に対する扱い大きな問題となった。特に住宅ローンを組む際に火災保険に関する扱い地震保険に入るか入らないということが話に出ることなく地震保険入らない扱いにされたことが大きな問題になった。 津波予報迅速化目的として、津波地震早期検知網呼ばれる地震観測網整備が行われた。 津波漂流物のうち港湾施設内に漂着した自動車について被害程度確認および撤去関わる所有者確認所有者保険会社同意手間がかかる問題提起されたが、2011年平成23年3月11日東北地方太平洋沖地震際には、東日本大震災により生じた災害廃棄物の処理に関する特別措置法平成23年法律99号)と処理マニュアルにより処理された。 津波警戒広報活動 奥尻町役場などで地震発生からわずか3 - 4後に津波警戒する広報活動実施を独自判断で行ったが、その後調べ奥尻島においては警報基づ住民避難活動全域でほとんど見られず、避難生存した住民警報発報以前から住民が独自判断で自主避難したことがわかっている。この事例に関する防災教訓として屋外設置拡声器音声聞き取りづらかったこと」「津波警報発報する前に第1波到達し住民無警戒被災したこと」などが挙げられている。 避難時に車両を使用しない 避難生存者地震発生から高台避難終了まで時間自家用車使用寄与した事実認められておらず高齢者でもほとんどが徒歩または走って移動生還していることから避難時に車の使用控えるという「災害文化徹底」が望まれる北海道南西沖地震東京都調査報告書記述している。また、奥尻町稲穂小学校当時小学生児童らによる『体験文集 災害乗り越えて』では避難時に親の運転する車両乗車して避難中、車ごと波にさらわれた事例複数書かれている避難時に靴を履く余裕などはまずない 地震津波研究会発行の『津波ハンドブック』には「靴を履いて歩いて逃げましょう」とあるが、地震直後襲来するような時間的余裕のない津波あり得る以上これは余計なお節介誤った指示ですらある、と岩手東海新聞2004年11月29日刊)は強く非難している。 仮設住宅の立地、設備 7月27日よりバス・トイレ付きの1DKで約3年に渡って応急仮設住宅暮らすこととなった330世帯899人の被災者からは応急仮設住宅立地内装規模にかかる問題点として「家財道具等の保管場所がない」「仕事に不便」「買い物に不便」「隣家騒音」「すきま風」「敷地水はけ」「夏暑く冬寒い」「音が伝わりやすい」などの声が挙がっており、これらは後の仮設住宅設置時への問題提起とされた。 島外者の訪問による被災者の再建意欲醸成効果 島外者の災害見舞訪問による被災者再建意欲醸成報告なされており、これは被災者親族・友人知人のみならず政府関係者などによる訪問でも効果上がったことが確認されており、特に天皇夫妻お見舞い訪問が最も効果高かったことが認められている。

※この「教訓」の解説は、「北海道南西沖地震」の解説の一部です。
「教訓」を含む「北海道南西沖地震」の記事については、「北海道南西沖地震」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 06:34 UTC 版)

デバルツェボの戦い」の記事における「教訓」の解説

ロシア軍偵察ドローン特殊部隊パルチザン部隊前線部隊等から多くの情報収集を行うとともに、それを迅速に砲迫部隊伝達適切に火力配当する要領確立し効果的にウクライナ軍損耗させたと評価されている。ここから逆説的にウクライナ軍は敵の偵察部隊排除失敗したことが敗因一つであったといえる

※この「教訓」の解説は、「デバルツェボの戦い」の解説の一部です。
「教訓」を含む「デバルツェボの戦い」の記事については、「デバルツェボの戦い」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/26 17:47 UTC 版)

ビコリム戦争」の記事における「教訓」の解説

これらの事例をもってウィキペディア信用できないと言うのは簡単だ。しかし実のところこの種悪ふざけネット上情報全般につきまとう問題であり、ウィキペディアに対するコミットメントについて企業など対象コンサルタントをつとめる William Beutler は、この「ビコリム戦争」について Yahoo! Newsインタビューでこう述べている。 “ それらしい情報源でっち上げる賢くてもっともらしい記事作るだけの時間手間惜しまないような人なら誰にでもインターネット全体欺くことは可能ですよ……少なくともしばらくの間は。 ” 全言語を合わせるウィキペディアには1000万以上の記事があり、それらから「上手く書かれた嘘」を見つけるのは至難の業だ。そして、たとえ見つけてウィキペディア上から除去しても、コピーサイトによってそれらの嘘は長くネット上残り続ける。2010年8月時点の『ビコリム戦争』の記事インターネット・アーカイブ保存されている。

※この「教訓」の解説は、「ビコリム戦争」の解説の一部です。
「教訓」を含む「ビコリム戦争」の記事については、「ビコリム戦争」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/28 15:17 UTC 版)

田舎のネズミと町のネズミ」の記事における「教訓」の解説

幸せ人それぞれで、満足できる形や安心できる場所は異なる。

※この「教訓」の解説は、「田舎のネズミと町のネズミ」の解説の一部です。
「教訓」を含む「田舎のネズミと町のネズミ」の記事については、「田舎のネズミと町のネズミ」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/11 16:26 UTC 版)

ずるい狐」の記事における「教訓」の解説

無益な争い第三者私腹を肥やす

※この「教訓」の解説は、「ずるい狐」の解説の一部です。
「教訓」を含む「ずるい狐」の記事については、「ずるい狐」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/04 03:52 UTC 版)

ねずみの恩がえし」の記事における「教訓」の解説

たとえ小さなことでも、他人に施した恩は自分の身に帰ってくるもの。(別のイソップ寓話である「ありとはと」にも同様の教訓がある。) 強者弱者助け必要とする状況起こり得る

※この「教訓」の解説は、「ねずみの恩がえし」の解説の一部です。
「教訓」を含む「ねずみの恩がえし」の記事については、「ねずみの恩がえし」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/24 03:49 UTC 版)

農夫とその子どもたち」の記事における「教訓」の解説

労働こそが宝である。労働尊さ教え

※この「教訓」の解説は、「農夫とその子どもたち」の解説の一部です。
「教訓」を含む「農夫とその子どもたち」の記事については、「農夫とその子どもたち」の概要を参照ください。


教訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/24 03:44 UTC 版)

獅子の分け前」の記事における「教訓」の解説

身近な者の不運災難は、人に分別或いは処世知恵)を与える。 またこの話は、強い者、権力のある者が利益独り占めするという、古今東西不変の真理表現でもある。英語の熟語Lion's Share語源

※この「教訓」の解説は、「獅子の分け前」の解説の一部です。
「教訓」を含む「獅子の分け前」の記事については、「獅子の分け前」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「教訓」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

教訓

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:38 UTC 版)

名詞

きょうくん

  1. 教え諭すこと。また、その内容良くないことの経験によって得た戒めなどにも用いる。

発音(?)

きょ↗-くん

翻訳

動詞

  1. 教え諭す

活用

サ行変格活用
教訓-する

翻訳


「教訓」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



教訓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの教訓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東日本大震災による帰宅困難者 (改訂履歴)、犬と肉 (改訂履歴)、バッタを捕まえる少年とサソリ (改訂履歴)、1997年アイシン火災 (改訂履歴)、街灯の下で鍵を探す (改訂履歴)、高砂市立荒井中学校 (改訂履歴)、ガチョウと黄金の卵 (改訂履歴)、狩人と樵 (改訂履歴)、ゴイアニア被曝事故 (改訂履歴)、福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件 (改訂履歴)、泉のほとりの牡鹿とライオン (改訂履歴)、丹那トンネル (改訂履歴)、王様を求めるカエルたち (改訂履歴)、3本の棒 (改訂履歴)、ありとはと (改訂履歴)、からすときつね (改訂履歴)、カラスと水差し (改訂履歴)、虚飾で彩られたカラス (改訂履歴)、雄鶏と宝石 (改訂履歴)、狐と鶴のご馳走 (改訂履歴)、ネズミの相談 (改訂履歴)、豊橋市立下地小学校 (改訂履歴)、卑怯なコウモリ (改訂履歴)、三匹の子豚 (改訂履歴)、OS/360 (改訂履歴)、馬をうらやんだろば (改訂履歴)、北海道南西沖地震 (改訂履歴)、デバルツェボの戦い (改訂履歴)、ビコリム戦争 (改訂履歴)、田舎のネズミと町のネズミ (改訂履歴)、ずるい狐 (改訂履歴)、ねずみの恩がえし (改訂履歴)、農夫とその子どもたち (改訂履歴)、獅子の分け前 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの教訓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS