教訓とは?

きょう くん けう- [0] 【教訓】

( 名 ) スル
教えさとすこと。また、その教え。 「貴重な-を得る」 「様々に-しこしらへられける/保元


教訓

作者ビリー・スー・モウザーマン

収載図書現代ミステリー収穫 2 壁
出版社扶桑社
刊行年月1997.11
シリーズ名扶桑社ミステリー


教訓

作者唯川恵

収載図書愛に似たもの
出版社集英社
刊行年月2007.9


教訓

作者常盤奈津子

収載図書ショートショートの広場 20
出版社講談社
刊行年月2008.3
シリーズ名講談社文庫


教訓

出典:『Wiktionary』 (2012/04/11 03:12 UTC 版)

名詞

きょうくん

  1. 教え諭すこと。
    この敗局は、彼のために、よい教訓であったと思う。 (坂口安吾呉清源』)
    其処に並んでいたから、恐らく一生受用しても尽きることを知らぬ教訓を学んだ。(芥川龍之介僻見』)

発音

きょ↗-くん

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
教訓-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「教訓」の関連用語

教訓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



教訓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの教訓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS