関東地震とは?

関東地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/21 07:51 UTC 版)

関東地震(かんとうじしん)は、1923年(大正12年)9月1日に南関東を中心に発生した巨大地震であり[10][11]関東大震災を引き起こしたことで知られる[12]関東大地震(かんとうおおじしん、かんとうだいじしん)とも呼称される[13][14]




注釈

  1. ^ 東大教授 纐纈一起によれば、震度7の地域は、神奈川県南部の広い地域、東京都東部、千葉県南部の各地域に存在し、面積は阪神淡路大震災の数倍になる。
  2. ^ 気象庁の記録では、12:01に伊豆大島近海でM6.5の余震が発生したとされている。気象庁震度データベース検索”. 気象庁. 2012年5月17日閲覧。
  3. ^ 気象庁の記録では、12:03に相模湾でM7.3の余震が発生したとされている。気象庁震度データベース検索”. 気象庁. 2012年5月17日閲覧。

出典

  1. ^ Reiji Kobayashi, Kazuki Koketsu (2005年). “Source process of the 1923 Kanto earthquake inferred from historical geodetic, teleseismic, and strong motion data”. Earth, Planets and Space. 2016年3月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 金森博雄、宮村摂三「Seismomentricak Re-Evalution of the Great Kanto Earthquake of September 1, 1923」、『東京大学地震研究所彙報』第48冊第2号、東京大学地震研究所、1970年6月10日、 115-125頁、 ISSN 09150862
  3. ^ a b c 1923年関東地震の震源の深さについて 浜田信生 験震時報50巻 pp.1-6, 昭和61年度 (PDF)
  4. ^ a b c 池田徹郎(1925): 伊豆安房方面津浪並ニ初島地變調査報告, 震災豫防調査會報告, 第100號(乙), pp.97-112.
  5. ^ a b c d e 羽鳥 徳太郎 (1984年). “28. 熱海・初島における1923年関東地震津波の挙動”. 東京大学地震研究所彙報. 第58冊第3号, 1984.1.14, pp. 683-689. 2016年3月19日閲覧。
  6. ^ a b c 佐藤良輔, 阿部勝征, 岡田義光, 島崎邦彦, 鈴木保典 『日本の地震断層パラメーター・ハンドブック』 鹿島出版会、1989年, pp141-151.
  7. ^ 武村雅之(1994):1923年関東地震の本震直後の余震活動 地震 第2輯 1994年 46巻 4号 p.439-455, doi:10.4294/zisin1948.46.4_439
  8. ^ 諸井孝文、武村雅之 (2004年). “関東地震 (1923年9月1日) による被害要因別死者数の推定”. 日本地震工学会論文集 Vol.4 (2004) No.4 P.21-45. doi:10.5610/jaee.4.4_21. 2016年3月19日閲覧。
  9. ^ 関東大震災発生後における政策的対応国立国会図書館, 2011-04-28, 2016-03-11閲覧。 (PDF)
  10. ^ 宇津徳治 『地震学』 p125, p179, p218.
  11. ^ 気象庁 過去の地震津波災害
  12. ^ a b 那須信治『地学事典』「関東地震」(地学団体研究会編、平成8年(1996年) 平凡社発行、ISBN 4-582-11506-3
  13. ^ a b 今村明恒(1925):關東大地震調査報告(1), 震災豫防調査會報告, 第100號(甲), 21-65.
  14. ^ a b 宇佐美龍夫 『最新版 日本被害地震総覧』 p272.
  15. ^ a b 石橋克彦(1977): 1703年元祿関東地震の震源域と相模湾における大地震の再来周期 (第1報), 地震 第2輯 1977年 30巻 3号 p.369-374, doi:10.4294/zisin1948.30.3_369
  16. ^ 寒川旭『地震の日本史 -大地は何を語るのか-』 p137, p213.
  17. ^ 福和伸夫. “繰り返しやってくる巨大地震 (HTML)”. 2008年8月1日閲覧。
  18. ^ 宇津徳治 『地震の事典』 p588, p615.
  19. ^ 石橋克彦 『大地動乱の時代 -地震学者は警告する-』 岩波新書、1994年, pp125-129.
  20. ^ 井元政二郎, 森川信之, 藤原広行(2015): M8クラス関東地震発生確率の不確定性について, 日本地震工学会論文集 2015年 15巻 7号 p.7_173-7_179, doi:10.5610/jaee.15.7_173
  21. ^ a b c d 金森博雄(1971): 関東地震(1923年)の断層モデル, 東京大学地震研究所彙報. 第49冊第1/3号, 1971.9.30, pp.13-18.
  22. ^ 武村雅之, 浜田信生(1996): 近地観測点における1923年関東地震によるP波波形の特徴, 地震 第2輯 1996年 49巻 2号 p.141-168, doi:10.4294/zisin1948.49.2_141
  23. ^ 相模トラフ沿いの地震活動の長期評価 (PDF) 地震調査研究推進本部地震調査委員会 平成16年8月23日
  24. ^ 松浦律子(2014): [講演要旨]1605年慶長地震は南海トラフの地震か? (PDF) , 歴史地震, 第29号, 263.
  25. ^ 島村英紀 (2010年3月). “4-1.大森房吉の失意と悔恨”. 4.今村の予言どおり起きた関東大震災、地震予知の語り部・今村明恒の悲劇. 2014年10月7日閲覧。
  26. ^ 石本巳四雄 『地震と其の研究古今書院1935年、102-115頁。 
  27. ^ “関東大震災、ウィーンに地震記録 オーストリア気象庁が保存”. 共同通信. 47NEWS. (2014年3月10日). http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014031001001369.html 2014年3月14日閲覧。 
  28. ^ Imamura, A., Preliminary note on the Great aerthquake of S. E. Japan on Sept. 1, 1923, Seismological Notes of Imp. Earthquake Invest. Comm. No.6, 1-22, 1924.
  29. ^ TURNER, H.H., International Seismological Summary for 1923, 201-203, University Observatory, Oxford, 1927.
  30. ^ 宇津徳治(1979): 1885年~1925年の日本の地震活動 : M6以上の地震および被害地震の再調査, 東京大学地震研究所彙報. 第54冊, pp. 253-308.
  31. ^ 松澤武雄(1928): 最近の二三の大地震の観測及其走時曲線(第一回) 東京帝国大学地震研究所彙報. 第5冊, 1928.8.24, pp.1-28.
  32. ^ Beno Gutenberg, Charles Richter, Seismicity of the Earth and Associated Phenomena, 2nd edition, Princeton University Press, Princeton, 1954.
  33. ^ 宇佐美龍夫(1966): 日本付近のおもな被害地震の表, 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第4号, 1967.3.31, pp. 1571-1622.
  34. ^ 平野烈介(1924): 關東大地震の初動傳播速度と震源域, 気象集誌 第2輯 1924年 2巻 4号 p.116-121, doi:10.2151/jmsj1923.2.4_116
  35. ^ 國富信一「關東大地震の驗震學的考察 (PDF) 」 、『驗震時報』第3巻第2号、中央気象台、1929年11月、 211-242頁、2016年3月15日閲覧。
  36. ^ 国立天文台編 『理科年表 平成28年丸善2015年ISBN 978-4-621-08965-1
  37. ^ Kawasumi(1951): 有史以來の地震活動より見たる我國各地の地震危險度及び最高震度の期待値, 東京大學地震研究所彙報. 第29冊第3号, 1951.10.5, pp.469-482.
  38. ^ a b 武村雅之、池浦友則、野澤貴(1999-2000)、関東地震のマグニチュード 地震 第2輯 Vol.52 (1999-2000) No.4 P.425-444, doi:10.4294/zisin1948.52.4_425
  39. ^ Tsuboi, C., 1964, Time Rate of Energy Release by Earthquakes in and near Japan-Its General Uniformity and Variability, J. Phys. Earth., 12, 25-36.
  40. ^ Gutenberg, B., and C. F. Richter, 1954, Seismicity of the Earth, Hafner Publishing Company, New York.
  41. ^ Richter, C. F., 1958, Elementary Seismology, W. H. Freeman Co., San Francisco.
  42. ^ Duda, S. J., 1965, Secular Seismic Energy Release in the Circum-Pacific Belt, Tectonophysics, 2, 409-452.
  43. ^ 『中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書』2章, p36.
  44. ^ Kanamori, H., 1977, The energy release of great earthquakes, J. Geophys. Res. 82, 2981-2987.
  45. ^ 行谷佑一、佐竹健治、宍倉正展(2011): 南関東沿岸の地殻上下変動から推定した1703年元禄関東地震と1923年大正関東地震の断層モデル (PDF) , 活断層・古地震研究報告, 第11号 産業技術総合研究所
  46. ^ 首都直下地震モデル検討会 (PDF) 首都直下のM7クラスの地震及び相模トラフ沿いのM8クラスの地震等の震源断層モデルと震度分布・津波高等に関する報告書
  47. ^ 石橋克彦 『大地動乱の時代 -地震学者は警告する-』 岩波新書、1994年, pp125-126.
  48. ^ Ando, M.(1971):A Fault-Origin Model of the Great Kanto Earthquake of 1923 as Deduced from Geodetic Data, Bulletin of the Earthquake Research Institute, 49, 19-32.
  49. ^ Ando, M.(1974):Seismo-Tectonics of the 1923 Kanto Earthquake, Journal of Physics of the Earth, 22, 263-277.
  50. ^ 石橋克彦(1980):伊豆半島をめぐる現在のテクトニクス, 月刊地球, 2, No.2, 110-119.
  51. ^ Matsu'ura, M., T. Iwasaki, Y. Suzuki and R. Sato(1980):Statical and Dynamical Study on Faulting Mechanism of the 1923 Kanto Earthquake, Journal of Physics of the Earth, 28, 119-143., doi:10.4294/jpe1952.28.119
  52. ^ a b 今村明恒(1929): 大正十二年關東大地震震原の多元性と此地震に關聯せる斷層系との關係に就いて, 地震 第1輯 1929年 1巻 11号 p.783-792, doi:10.14834/zisin1929.1.783
  53. ^ a b c 武村雅之(1998): 体験談から推定される1923年関東大地震の東京都における強震動, 地震 第2輯 1998年 50巻 4号 p.377-396, doi:10.4294/zisin1948.50.4_377
  54. ^ a b c d e 武村雅之, 池浦友則(1995): 短周期データから見た1923年関東地震の多重震源性 体験談と地震記象の解釈, 地震 第2輯 1995年 47巻 4号 p.351-364, doi:10.4294/zisin1948.47.4_351
  55. ^ 武村雅之, 池浦友則, 工藤一嘉, 大沼啓人(1994): 岐阜測候所で観測された1923年関東地震の本震・余震の記録, 地震 第2輯 1994年 47巻 2号 p.193-200, doi:10.4294/zisin1948.47.2_193
  56. ^ 中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書 平成18年7月 1923 関東大震災 中央防災会議
  57. ^ 中央気象台月別全国地震調査原稿大正12年9月
  58. ^ 特集:関東大震災を知る 3度揺れた首都・東京
  59. ^ 1923年9月1日関東地震の関東地方における震度分布 (武村『関東大震災 -大東京圏の揺れを知る』,2003)
  60. ^ 『中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書』3章, pp96-97.
  61. ^ 警察庁(1923): 静岡県大正震災誌
  62. ^ 『中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書』3章, p94.
  63. ^ a b 羽鳥徳太郎(1976):南房総における元禄16年(1703年)津波の供養碑 : 元禄津波の推定波高と大正地震津波との比較, 東京大学地震研究所 地震研究所彙報. 第51冊第2号, 1976, pp. 63-81.
  64. ^ 『中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書』3章, p99.
  65. ^ 石橋克彦 『大地動乱の時代 -地震学者は警告する-』 岩波新書、1994年, p125.
  66. ^ 宍倉正展ほか(2005): 房総半島南西部における離水浜堤列の調査 -大正型関東地震の発生年代の推定- (PDF) , 活断層・古地震研究報告, 第5号, 51-68.
  67. ^ 田中舘秀三(1926): 關東大地震と海岸の昇降運動 (其一) , 地學雜誌, Vol.38, No.3, 130-135.
  68. ^ 田中舘秀三(1926): 關東大地震と海岸の昇降運動 (其三) , 地學雜誌, Vol.38, No.4, 188-201.
  69. ^ 田中舘秀三(1926): 關東大地震と海岸の昇降運動 (其三) , 地學雜誌, Vol.38, No.6, 324-329.
  70. ^ 田中舘秀三(1926): 關東大地震と海岸の昇降運動 (其四) , 地學雜誌, Vol.38, No.7, 374-390.
  71. ^ 松田時彦(2015)ほか、神奈川県江の島の離水波食棚と1703年元禄関東地震時の隆起量 地学雑誌 Vol.124 (2015) No.4 p.657-664
  72. ^ 日本の群発地震 1923年 群発地震研究会
  73. ^ a b c d 1923年関東地震の本震直後の2つの大規模余震 -強震動と震源位置-武村雅之 地學雜誌 1999年 108巻 4号 p.440-457,doi:10.5026/jgeography.108.4_440


「関東地震」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「関東地震」の関連用語

関東地震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



関東地震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの関東地震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS