周期とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > 周期 > 周期の意味・解説 

しゅう‐き〔シウ‐〕【周期】

読み方:しゅうき

循環して起こる現象動作が、ひと回りして前と同じ状態になるまでの時間・期間。「月経の—」「地球の自転—」


周期

分野
波浪に関する用語
意味:
波の山(谷)が来てから次の波の山(谷)が来るまでの時間

周期

教育制度 1には、国内教育提供する公立私立あらゆる機関含まれる両方タイプ存在する場合は、学校教育 2私教育 3分れる就学前教育 4の後は、三つ教育水準 5分けるのが普通である。下から、初等教育 6幾つかの周期 8または進路 8分けられる中等教育 7、および高等教育 9である。後者中でも大学での学士号 11につながる学科課程を含む。技術教育 12または職業教育 12中等教育または高等教育レベル提供される


周期

【英】:period

リズムで、特定の位相あらわれ間隔リズムの1サイクルの長さ。普通、生物リズムの周期はτ(タウ)で、環境サイクル長さはTであらわす。

周期

作者林京子

収載図書輪舞
出版社新潮社
刊行年月1989.2

収載図書輪舞 の木のテーブル
出版社日本図書センター
刊行年月2005.6
シリーズ名林京子全集


周期

作者中貝里子

収載図書足あと―中貝里子
出版社近代文芸社
刊行年月1990.12
シリーズ名日本短編小説文庫


周期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/07 10:32 UTC 版)

周期(しゅうき)は、定期的に同じことが繰り返される事象において、任意のある時点の状態に一度循環して戻るまでの期間(時間)または段数のことである。




「周期」の続きの解説一覧

周期 (Orbital period) ( P {\displaystyle P} )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/04 05:25 UTC 版)

軌道要素」の記事における「周期 (Orbital period) ( P {\displaystyle P} )」の解説

軌道一周するのに要する時間ケプラーの法則により軌道長半径aと直接関係する放物線軌道では無限大双曲線軌道では虚数になるので用いない

※この「周期 (Orbital period) ( P {\displaystyle P} )」の解説は、「軌道要素」の解説の一部です。
「周期 (Orbital period) ( P {\displaystyle P} )」を含む「軌道要素」の記事については、「軌道要素」の概要を参照ください。


周期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 08:33 UTC 版)

周期表」の記事における「周期」の解説

詳細は「元素の周期」を参照 周期(period)は、周期表のおける横方向集合である。基本的に元素特性に族で示される程の似かよった所は無いが、例外的な箇所もある。これは、遷移金属と、特にランタノイドアクチノイドにおいて、平方向で近似性を持つ特徴相当する。この周期は、最外電子殻内側から何番目であるかを表している。 同じ周期にある元素原子半径イオン化エネルギー電子親和力電気陰性度パターン似た傾向を示す。左から右に行くにつれ、一般に原子半径小さくなる。これは、元素含まれる陽子の数は段々と増えるため、それに応じて電子原子核ひきつけられるためである。これに伴ってイオン化エネルギー大きくなり、貴ガス最大となる。原子半径小さくなる全体捉える力が強まり電子引き剥がすために必要なエネルギー大きくなる電気陰性度同じくによる電子牽引力が増すため大きくなる電子親和力の周期内による変化傾向はわずかである。周期表左側にある金属元素一般に貴ガス除いて右側非金属元素よりも電子親和力は低い。

※この「周期」の解説は、「周期表」の解説の一部です。
「周期」を含む「周期表」の記事については、「周期表」の概要を参照ください。


周期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 03:01 UTC 版)

太陽」の記事における「周期」の解説

太陽黒点太陽周期増減する。これは黒点の数で観測され多くなれば活発な極大期へ向かう。このサイクルは古い磁場一方から引き剥がされてもう一方まで達する周期に対応しており、1周期ごとに太陽磁場反転する太陽活動の周期には1755年から始まった周期を第1周期とする通し番号付けられており、2008年1月から第24周期に入っている。この他マウンダー極小期のようなさらに長い周期での変化もある。なお、11年周期は磁場極性変動片方例え北から南)へ動く期間であり、一周する期間で考えれば22年周期とも言える。 この周期は、太陽磁場差動回転対流3つ対流層相互作用起こした結果という説明1950年代アメリカユージン・パーカー提唱したダイナモ機構」で行われた。ただし太陽周期正確に説明するダイナモモデルは完成されておらず、これには対流層での差動回転様子解明しなければならない

※この「周期」の解説は、「太陽」の解説の一部です。
「周期」を含む「太陽」の記事については、「太陽」の概要を参照ください。


周期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 08:07 UTC 版)

アフマディーヤ」の記事における「周期」の解説

宗教の歴史周期的であり、七千年ごとに更新される聖書アダム時代から現代までの周期は七つの時代に分割されるミルザ・グラーム・アハマド第七時代人類最後時代告げ第六時代約束された救世主として登場した彼によると、週の六日目がジュムア(会衆礼拝)のために保持されているのと同様に彼の時代世界一つ普遍的な宗教の下で結束する人類世界的終結向けられている。

※この「周期」の解説は、「アフマディーヤ」の解説の一部です。
「周期」を含む「アフマディーヤ」の記事については、「アフマディーヤ」の概要を参照ください。


周期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/30 04:21 UTC 版)

水星の太陽面通過 (金星)」の記事における「周期」の解説

金星における水星の太陽面通過はある時期10年数回、ある時期長い隔たりがあるなど不規則な周期で起こっている。紀元前125000年から125000年までの25万年間では30,165起こり、これは地球における水星の太陽面通過40,540回)に比べると起こる頻度は低い。 なお金星における水星の太陽面通過確認した地球上人類2016年現在存在しないまた、仮に金星行けたとしても、地表では硫酸の粒などで構成され分厚い阻まれ太陽からの光が直接地表到達することはなく、観測不能であると考えられる

※この「周期」の解説は、「水星の太陽面通過 (金星)」の解説の一部です。
「周期」を含む「水星の太陽面通過 (金星)」の記事については、「水星の太陽面通過 (金星)」の概要を参照ください。


周期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/30 06:58 UTC 版)

茶園」の記事における「周期」の解説

茶園1年ごとに計画立てて行う。 1月年間茶園計画立て2月土壌調整行い収穫4月ら行う。4月に摘むお茶を1番茶5月に摘むお茶2番茶呼び6月から7月3番4番収穫する8月から9月にかけて台風対策と整木などが始まり10月になると茶園ではチャノキに花がつくため、茶葉への栄養が花に行かないよう様子見対策が行われる。この頃から根の生育幼木生育準備始まり11月これまでの茶園記録整理幼木生育12月寒害対策へと移っていく。

※この「周期」の解説は、「茶園」の解説の一部です。
「周期」を含む「茶園」の記事については、「茶園」の概要を参照ください。


周期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 07:22 UTC 版)

子宮内膜」の記事における「周期」の解説

月経周期に伴い変化し、以下の各時期分類される増殖期 月経により前周期の子宮内膜が排出された後、次の排卵向けて再び増殖していく時期。 この増殖は、卵巣内で育っていく卵胞から分泌される卵胞ホルモンエストロゲン)によってもたらされる排卵日ごろまでに約10mm余りへと急速に増殖する分泌期 増殖した子宮内膜成熟し着床適した状態を整えて受精卵待ち受ける時期。約2週間続く。 排卵後、卵胞黄体変化し卵胞ホルモン加えて黄体ホルモンプロゲステロン)を分泌する。この黄体ホルモンによって子宮内膜の成熟化がもたらされる月経期 月経によって子宮内膜剥がれ落ち体外排出される時期待機期間を過ぎて妊娠成立しなかった場合黄体寿命尽きて卵胞ホルモン黄体ホルモン分泌止まり保持できなくなった子宮内膜脱落する

※この「周期」の解説は、「子宮内膜」の解説の一部です。
「周期」を含む「子宮内膜」の記事については、「子宮内膜」の概要を参照ください。


周期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 01:45 UTC 版)

クリスタニア」の記事における「周期」の解説

周期は神獣フェネスつくったもので、1日にあたるものは小周期、1ヶ月にあたるものは月周期、1年にあたるものは太陽周期呼ばれる。小周期は、日中にあたるものを光の半周期、夜にあたるものを闇の半周期と呼ぶ。太陽周期四季にあたるものがあり、氷の季節水の季節、炎の季節、風の季節の4つ順番に巡る。通常は周期と言えば太陽周期か大周期を指す。 大周期は数百単位長い周期で、神獣の民は死後次の周期がめぐれば数百年の周期の中で予定された同じ境遇生まれ変わって同じ人生過ごして同じ死を迎えることになる。災厄なども予定されたものが発生する。しかし周期は完全ではなく様々な要因によって少し違った出来事が起こる。そのため大蛇部族封印部族は、周期を乱すと思われる物を混沌と呼んで排除する。また神獣たちは周期の終わりのたびに会合開いて次の周期を定めにあたって話し合う。

※この「周期」の解説は、「クリスタニア」の解説の一部です。
「周期」を含む「クリスタニア」の記事については、「クリスタニア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「周期」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

周期

出典:『Wiktionary』 (2021/12/06 07:24 UTC 版)

この単語漢字
しゅう
第四学年

第三学年
漢音

異表記・別形

発音

名詞

(しゅうき)

  1. (物理学, 化学) 一定時間置いて同じ運動現象繰り返される時、ある時点と同じ状態循環して戻るまでの時間。またその循環1回とする一連の事象
  2. 周期表上での横の

複合語


「周期」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



周期と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「周期」に関係したコラム

  • 株式やFX、CFDのエリオット波動とは

    株式やFX、CFDのエリオット波動とは、R・N・エリオットの考案したテクニカル理論のことで、1つの相場の動きを表したものです。下の図は相場の周期をエリオット波動により色分けして分類したものです。エリオ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「周期」の関連用語

周期のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



周期のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2024 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日本時間生物学会日本時間生物学会
Copyright © Japanese Society for Chronobiology | All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの周期 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの軌道要素 (改訂履歴)、周期表 (改訂履歴)、太陽 (改訂履歴)、アフマディーヤ (改訂履歴)、水星の太陽面通過 (金星) (改訂履歴)、茶園 (改訂履歴)、子宮内膜 (改訂履歴)、クリスタニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの周期 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS