就学前教育とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 人口統計学辞書 > 就学前教育の意味・解説 

就学前教育

教育制度 1には、国内教育提供する公立私立あらゆる機関含まれる両方タイプ存在する場合は、学校教育 2私教育 3に分れる。就学前教育 4の後は、三つ教育水準 5分けるのが普通である。下から、初等教育 6幾つかの周期 8または進路 8分けられる中等教育 7、および高等教育 9である。後者中でも大学での学士号 11につながる学科課程を含む。技術教育 12または職業教育 12中等教育または高等教育レベルで提供される。


就学前教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/10 07:07 UTC 版)

就学前教育(しゅうがくぜんきょういく, Pre-primary education)とは、一般に教育段階において、小学校などの初等教育よりの段階にある教育のことを指して使われている言葉である[1]幼年教育(ようねんきょういく, Pre-school education)とも呼ばれる[2]。また、幼児を対象とするため幼児教育(ようじきょういく, Early childhood education)とも呼ばれる。






「就学前教育」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「就学前教育」の関連用語

就学前教育のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



就学前教育のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの就学前教育 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS