前とは?

まえ〔まへ〕【前】

【一】[名]《「目(ま)方(へ)」の意》

普通の状態で顔または視線向いている方向。おもて。前方。「まっすぐ前を向く」⇔後ろ

他人のいるところ。面前。「子供の前でそんなことは話すな」

建物などの正面。表の方。「駅の前の大通り」「像の前で記念写真をとる」⇔後ろ

その事柄に対した時の状況。「新企画前に立ちはだかる難問」「厳格な規則前に手も足も出なかった」

連続するものの初め部分。さき。「行列の前を歩く」「前から八番目の席につく」⇔後ろ

㋐ある時点より前。「三〇分ほど前に電話があった」

以前。むかし。「前に会ったことがある」「前のこと持ち出す

順序先のほう。「前からの約束」「前のページ

身体の正面部分また、陰部。「前をはだける」「前を隠す

前歴。特に、前科。「前がある」

10 正面の庭。前庭

ひとりしていかにせましとわびつればそよとも—のぞこたふる」〈大和・一四八

11 神の御身。神を直接指すのを避け付ける語。

能く我が—を治めば」〈記・上〉

12 神・貴人敬っていう語。

「御—にも、えさはあらじとおぼしめしたり」〈・八七〉

13前神」の略。

「社一百九十八所…—一百六座」〈延喜式四時祭上〉

14 連歌俳諧で、前句のこと。

「この—出でて、座中暫(しばら)く付けあぐみたり」〈去来抄先師評〉

15 女性の名の下に付いて、尊敬の意を表す。

千手(せんじゅ)の—」〈平家・一〇〉

【二】接尾

名詞動詞連用形などに付いて、それに相当する分量部分などを表す。「五人前」「分け前

名詞に付いて、その属性機能などを強調する意を表す。「男前」「腕前

[下接語] 朝飯(あさめし)前・当たり前・言前・板前・一人(いちにん)前・一丁前・居(い)前・後ろ前・腕前・上(うわ)前・江戸前男前落とし前・御(お)前・御(おん)前・片前気前切り前口前・小(こ)前・差し前・下前・自前錠前新前足し前出し前立ち前立て前・点(たて)前・建前手前出前戸前取り前・名前・鉢前半人前左前人前昼前前前真ん前右前向こう前目の前持ち前厄前両前分け前・業(わざ)前・割り

[補説]  
2014年6月実施した「あなたの言葉辞書に載せよう。2014キャンペーンでの「前」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆目や顔、又は腹やつま先向いている方向時間的に昔のこと。未来ポジティブ思考を意味する向き
こつぶさん

◆動くものにおいてはそのものが進む方向動かないものにおいては、他から眺めてもらいたい方の面。
shunさん

使い方によっては「過去」にも「未来」にもなる言葉
カワサッキーナさん

夢や目標存在する方向
チラミンさん

◆まだ自分足跡がない場所。
ちりちりさん

これからの人生において、未来のある方向これまでの人生における、過去ひととき
神月ゆうさん


ぜん【前】

[音]ゼン(呉) セン(漢) [訓]まえ さき

学習漢字2年

[一]ゼン

空間的にまえの方。進んでいく方向。「前後前進前途前方前面前輪眼前現前敵前風前仏前面前目前門前

ある時点よりもまえ。「前回前期前日前代前兆前歴以前空前午前最前産前事前従前食前生前戦前

順序先に出たほう。「前記前項前者前述前編前略

[二]〈まえ〉「前髪前金腕前手前出前・名前」

名のり]くま・さき・すすむ・ちか

難読前栽(せんざい)・点前(てまえ)


ぜ【前】

接尾《「ごぜ(御前)」の略》人を表す語に付いて、尊敬の意を添える。「尼前


ぜん【前】

【一】[名]ある時点より早い時。順序として早く現れるほう。まえ。さき。

【二】[接頭]

いまより一つまえの意を表す。「前議長」「前世紀

現状になるまえの、の意を表す。「前近代的

二つ分けたもののまえのほうの意を表す。「前半生

【三】接尾

名詞に付いて、それ以前である意を表す。「使用前」「第二次大戦前」

助数詞

脇息懸盤(かけばん)などを数えるのに用いる。

「一—の閼伽(あか)を備へて」〈今昔一一・七

㋑神や社殿などを数えるのに用いる。

摂社末社すべて三十余—、巍々(ぎぎ)としてつらなれり」〈滑・膝栗毛・八〉


さき【先/前】

元から遠い、突き出ている部分先端突端。「岬の—」「針の—で突く」「鼻の—」

長いものの末端。はし。「ひもの—」

いているものなどの一番はじめ。先頭。「列の—」「みんなの—に立って歩く」

ある点や線を基準にして、その前方。「仙台から—は不通」「三軒—の家」「駅は目と鼻の—だ」「—を行く車に追いつく」

金額数量などが、ある額・量を超えること。「千円から—の品はない」

継続している物事残り部分。「話の—を聞こう」「—を急いでいる」

行き着く所。目的の場所。「—へ着いてからのことだ」「行く—」

未来のある時点将来前途。「—を見通しての計画」「—の楽しみな青年

時間的に前。あることより前。「代金を払うのが—だ」「ひと足—に帰る」⇔あと。

10 現在からそう遠くない過去以前。「—の台風被害」「—の大臣

11 順序の前の方。「名簿の—の方に出ている」「だれが—に入りますか」「お—にどうぞ」⇔あと。

12 優先すべき事柄。「地震のときは何より火を消すのが—だ」「あいさつより用件が—だ」

13 交渉相手方先方。「—の出方しだいだ」

14 相場で、「先物」の略。

15 行列先導をする役。さきおいさきばらい

「—なるをのこども、疾(と)う、促せや、など行ふ」〈かげろふ・上〉

16先駆け」の略。先陣

内々は—に心を掛けたりければ」〈平家・九〉

17幸先(さいさき)」の略。

其様な—の悪い事をおしゃるぞ」〈虎寛狂・河原太郎

[下接語] 明かり先・宛(あて)先・後(あと)先・売り先・売れ先・襟先縁先生い先老い先・衽(おくみ)先・(かい)先・肩先・門(かど)先・気先切っ先口先下馬先玄関先剣先小手先・此(こ)の先・幸(さい)先・潮先仕事先舌先・正(しょう)先・太刀先・旅先使い先筒先勤め先・爪(つま)先・褄(つま)先・手先・出先・手羽先得意先嫁ぎ先・突(とつ)先・届け先供先取引先庭先軒先刃先鼻先鼻の先馬場先春先筆先・舳(へ)先・ペン先棒先・矛(ほこ)先・火(ほ)先・穂先真っ先水先店先・胸(むな)先・目先矢先(やり)先・行き先・行く先・指先(ざき)先先


ぜ【前】

接尾〕 (「ごぜ(御前)」の略) 人を表わす語に付いて、尊敬の意を添える。→尼前(あまぜ)


ぜん【前】

1 〔名〕 ある時点より早い時。まえ。さき。以前。現在、法令では基準となる日を含んでいる「以前」に対し、含まない場合にいう。

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「四五日前(ゼン)何かの小言序(ついで)に」〔儀礼‐士冠礼

2語素

地位身分役職を示す名詞の上について、現在の人より一代まえに、または、現在の位置のまえにその位置占めたことを表わす。「前大臣」「前代議士」など。

源氏100114頃)明石「かのせむ大王御手に、かよひて侍れ」

時代を示す名詞の上について、それより先立つことを表わす。「前近代」など。

3接尾

脇息(きょうそく)、懸盤(かけばん)、衝重(ついがさね)などを数えるのに用いる。

西大寺資財流記帳宝亀一一年(780)「居漆牙床一前〈各長二尺八寸一尺五寸一尺五寸五分〉」

今昔1120頃か)一一一前閼伽(あか)を」

② 神、また社殿などを数えるのに用いる。

滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)八「摂社末社、すべて三十余前(ゼン)、巍々としてつらなれり」


ま‐え ‥へ 【前】

1 〔名〕 (目方(まへ)の意で、尻方(しりへ)に対する)

[一] 空間的前方または前部表わす

① 普通の状態で顔の向いている方向、またその方向にある部分、場所。

万葉(8C後)一八・四一二九「針袋取り上げ麻敝(マヘ)に置き反(かへ)さへばおのともおのや裏も継ぎたり」

物の正面にあたる部分、場所。前面

*竹取(9C末‐10C初)「賓頭盧のまへなる鉢の、ひた黒墨つきたるをとりて」

③ 家の正面接する所。庭。

大和(947‐957頃)一四八ひとりしていかにせましとわびつればそよともまへのぞこたふる」

人体正面に当たる部分

(イ) 頭部正面胸部など。

観智院本名義抄(1241)「胸 〈略〉ムネ マヘ

(ロ) 着衣正面着物を前で合わせる部分

歌舞伎韓人漢文手管始唐人殺し)(1789)一「『あわれ不便(ふびん)と思し召、忰(せがれ)にお情を下さりませ』ト前を拓(ひら)く」

(ハ) 男根または女陰陰部

宇治拾遺(1221頃)九「男のまへのかゆきやうなりければ」

(5) 順序のあるときの、はじめの方。「列の前の方」「前から読まないと分からない

(6) 勢力の及ぶ範囲。「規則前に手をこまぬく

[二] (多く接頭語「御(お・おん)」を伴って用いる。→おまえ・おんまえ神仏あるいは貴人面する意で、そこに伺候すること、転じて、神仏貴人そのものをさし、さらに、そこに供えるものなどをもいう。

① (神について)

(イ) 神格間接的にさす。絶対敬語のように用いる。

古事記(712)上「此れの鏡は、専ら我が御魂(みたま)として、吾が前を拝(いつ)くが如伊都岐奉(いつきまつ)れ」

(ロ) (「前神」の略であるが、すでにこの語だけで神そのものを示す) 主神以外の神。主神近侍する神。

延喜式(927)一「奠案上三百四座、社一百九十所〈略〉前一百六座

② (貴人について)

(イ) 貴人近く相対する所に座をしめること。伺候すること。

後撰(951‐953頃)春上・四・詞書「ある人の許に新参りの女の侍りけるが、月日久しく経て正月の朔頃にまへ許されたりけるに、のふるを見て

(ロ) 貴人その人をさす。

紫式部日記1010頃か)寛弘五年秋「御まへにも、近うさぶらふ人々はかなき物語するを聞こしめしつつ」

(ハ) (「…の前」の形で) 女性の名に添え敬意表わす

平家13C前)一〇「この二三年めしつかはれ候が、名をば千手の前と申候」

貴人先立って動作をする人、また、そのこと

梁塵秘抄口伝集(12C後)一〇「殊の外声遣心得て、振などは確かに忘れず。まへ払ふ程にはあり」

僧侶対すもてなし食膳。→前の事

宇治拾遺(1221頃)九「しりたる人にも物こひとりて、講師の前、人にあつらへさせなどして」

[三] 時間的前方、またはさかのぼっての事柄表わす

① 既に経過した時。過去

大鏡(12C前)三「まへの日事いださせたまへりしたびのことぞかし」

② ある時点より早い時期以前

太平記14C後)七「前の勢八十万騎に、又赤坂の勢吉野の勢馳加て、百万騎に余りければ」

順番一つ早い方。直前。「前の校長

或る朝(1908)〈志賀直哉〉「祖父三回忌法事のある前の晩」

④ 現在。眼前の時。

随筆胆大小心録(1808)四「韓退之のおしやりし、前のほまれあらんよりは、後のそしりをおもへとぞ」

(5) かつてあった事柄事例

(イ) 以前あった事例前例

上杉家文書大永六年(1526)正月一八日・本庄房長色部昌長連署起請文「於国役等之儀も各前不見合候」

(ロ) 犯罪者について、その人過去の罪前科。〔隠語全集(1952)〕

たった一人の反乱(1972)〈丸谷才一〉一七「マエのある連中、ずいぶん見かけましたよ。でも、女はあたしだけと思っていたら、歌子ねえさんもねえ」

[四] (「…の前」の形で体言格を受けて形式名詞のように用いる)

① 既に知覚されたことを示す語句を受けて、それに合致すること、その通りであることを示す。…の通り現代では、その状態をあえて許容する気持込め用いることが多い。

歌舞伎貞操花鳥羽恋塚(1809)四立初めより蔵人も、誠にあらざる恋路とは存じの前」

にごりえ(1895)〈樋口一葉〉三「恨まれるは覚悟の前(マヘ)」

② 人をさす語句を受けて、その人に対しての気がね、体裁面目などを示す。てまえ。

二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「お母様の前があるから何程貸してやったけれど」

2語素

名詞または動詞連用形に付いて、それに相当する分量、…する部分の意を表わす。「一人前」「分け前」など。

黒川本今仮名目録‐定(1560頃)一二条「知行差出員数之外、私曲之由訴人有て、百姓まへ検地すべきよし申に付ては、不披露

② 人に関する語について、その属性機能強調していう。「腕前」「男前」など。


さき【先・前】

〔名〕

① ものの先端末端。つきでてとがっている部分。はし。

書紀720神代下(兼方本訓)「則ち十握の劔を抜きて倒(さかしま)に地(つち)に植(つきた)てて其の鋒端(サキ)に踞(うちひくみにゐ)て大己貴(をほなむち)の神に問ひて曰(のたま)はく」

源氏100114頃)末摘花「さきの方すこし垂りて、色づきたる事、ことのほかに、うたてあり

空間的にまえ。⇔あと。

(イ) 進んでいく前方。まえ。

神楽歌(9C後)早歌「〈本〉あかがり踏むな 後なる子 我も目はあり 佐支(サキ)なる子」

(ロ) 貴人行列先頭にたつこと。先導するもの。道をひらくもの。先駆さきばらい。→さきを追う

書紀720神功摂政元年三月北野南北朝期訓)「時(とき)に、熊之凝(くまのこり)といふ者有(あ)り。忍熊王(をしくまのきみ)の軍(いくさ)の先鋒(サキ)と為(し)て」

(ハ) 本陣前にある部隊さきがけ先陣先鋒

書紀720天武元年七月北野本訓)「其の智尊精兵を率て先鋒(サキ)として距く」

時間的それより前。その時より前。⇔あと。

(イ) それが行なわれる前、また、直前

書紀720神代下(寛文版訓)「是(これ)より先(サキ)天稚彦と味耜高彦神(あちすきたかひこねのかみ)と友善(うるは)し」

(ロ) 今に近い過去のある時。現在より以前。さっき。

古事記(712)上「故、其の八上比売は、先(さき)の期(ちぎり)の如く美刀阿多波志都(みとあたはしつ)〈此の七字は音を以ゐる〉」

(ハ) 今の世から遠くへだたった過去。むかし。→いんさき

源氏100114頃)夕顔さきの世の契しらるる身のうさに行末かねて頼みがたさよ」

(ニ) 「先の」の形で、かつて、また現任者の前に、ある官職にあったことをいう。先代前任。前(ぜん)。

土左(935頃)承平四年一二月二六日「かへるさきのかみのよめりける」

時間的それより後。その時よりあと。

(イ) 今に近い将来今度

滑稽本人情穴探意の裡外(1863‐65頃)三「さきの朔日御礼までは余程日かずもあり」

(ロ) 現在より以後将来未来前途ゆくすえ

柳生徳政碑文(1428頃)「正長元年よりさき者、かんへ四かんかうに、をゐめあるへからす」

浄瑠璃神霊矢口渡(1770)四「イヤ坊様精が出るよ。したが先(さキ)の知ぬ後生願ふより施餓鬼おんぞうでもじろかい」

(5) 順番序列が前であること。また、上であること。

(イ) 上位にあるもの。また、上位の場所。

申楽談儀(1430)附載魚崎御座之事「年兄は遅くともさきに着くべし。同じ年は鬮(くじ)に取るべし」

(ロ) 一番初めにしなければならない、重要なこと。専らとすること。→先とする

観智院三宝絵(984)下「如来の法はいづれをもみな同けれど、とく仏の位にいたる事はこの道よりさきなるはなし」

(6) その行為目的相手となる人、あるいは場所。先方相手

*虎寛本狂言富士松室町末‐近世初)「是も能いかへ物では御座れども、先に御座らぬに依てのない斗りは入りますまい」

(7) 数量などが、ある基準より多いこと。それ以上であること。

魔風恋風(1903)〈小杉天外〉前「六十円から以上(サキ)ぢゃ有りませんか

(8)さいさき幸先)」の略。

*虎寛本狂言河原太郎室町末‐近世初)「こなたは此酒を誰が物じゃと思ふて、其様なさきのわるい事をおしやるぞ」

(9)さきもの先物)」の略。


前、前方

【英】Pre-[Pro-]
読み方:まえ、ぜんぽう

前、前方を表す接頭語

読み方:まえ

  1. 1 男女隠しどころ。2 相撲にて幕の内より以下の地位
  2. 相撲幕の内以下の地位をいう。⑵男女陰部のこと。「前の物」ともいう。

分類 相撲


読み方:まえ

  1. 門戸ヲ外シ忍ヒ入ルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・大阪府
  2. 内戸を外し忍入る窃盗

分類 大阪府


読み方:まえ

  1. 前。陰部俗称。まへのもの。
  2. 男女根共に指していう。〔風流

読み方:まえ

  1. 前科富良野
  2. 前科。〔掏模
  3. 前科。〔香具師不良
  4. 前科前科の前の訓読み。〔盗〕
  5. 前科のこと。「まえがあるといえば前科」のあることを指す。
  6. 前科

分類 掏摸犯罪、盗/犯罪香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


読み方:マエmae

所在 鳥取県西伯郡大山町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
さき
すすむ
すすめ
せん
ぜん
まえ
まえさき
まえざき
まえはま

前後

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/03 10:57 UTC 版)

前後(ぜんご、まえうしろ)とは、方位(六方)の名称の一つで、奥行を指す方位の総称。この内、進む方向を(まえ)、これと対蹠に退く方向を(うしろ)という。




「前後」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/05/11 02:07 UTC 版)

発音

名詞

  1. まえ位置呼称。目の方向観測者にとって、観測している方向
  2. まえ、さき時間呼称。ある時点に対して早い方向、即ち過去となる時点

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「前」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4で日本時間を表示するには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)での時刻表示は、MT4のダウンロード先にもよりますが、一般的には中央ヨーロッパ時間であることが多いようです。日本時間の...

  • FXやCFDの三角形移動平均とは

    FXやCFDの三角形移動平均とは、移動平均の移動平均のことです。つまり、移動平均値を算出して、さらにその数値の移動平均値を算出します。なお、移動平均には単純移動平均を用います。三角形移動平均は、三角移...

  • 株式分析のヒストリカル・ボラティリティとは

    株式分析のヒストリカル・ボラティリティ(Historical Volatility)とは、過去の株価のデータから、将来の株価の変動率を求めるテクニカル指標のことです。ヒストリカル・ボラティリティは、H...

  • ETFの売買注文の種類

    ETFの売買注文の種類には次のようなものがあります。▼成行注文成行注文は、証券会社の提示する価格で売り注文、あるいは、買い注文をすることです。価格は常に変動しているため、実際に成立する価格は証券会社の...

  • 株365の取引で用いられる用語

    株365の取引画面や取引明細書に記載されている専門用語の意味や計算方法について解説をします。▼総資産証拠金預託金額と建玉の損益を合計した金額です。総資産=証拠金預託金額+建玉損益▼証拠金預託金額購入...

  • 株式の配当金や株主優待、新株を受け取るには

    株主は、その企業の経済的な利益を受け取る権利を持っています。その中でもよく知られているのが配当金、株主優待、新株です。配当金企業の利益をお金で受け取ることができます。配当金は、会社の利益を株主の出資比...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「前」の関連用語

1
90% |||||


3
70% |||||

4
70% |||||

5
70% |||||

6
70% |||||

7
70% |||||

8
70% |||||

9
70% |||||

10
70% |||||

前のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



前のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2021 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの前後 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS