前兆とは? わかりやすく解説

ぜん‐ちょう〔‐テウ〕【前兆】

読み方:ぜんちょう

何かが起こ前に現れるしるし。まえぶれ。きざし。「噴火の―」「不吉な―」


さが【祥/前兆】

読み方:さが

きざし。ぜんちょう。特に、吉事のしるし。

「夢(いめ)の―に因りて、立ちて皇太子(ひつぎのみこ)と為りたまふ」〈垂仁紀〉


前兆

読み方:サガsaga

しるし


前兆

読み方:ゼンチョウ(zenchou), シラセshirase), キザシ(kizashi)

未来出来事察知させるような自然現象動物の行動


ぜんちょう 【前兆】

事が起ころうとする前ぶれだと信じられている現象俗信一種烏の鳴き声が悪いと人が死ぬ、夜中にが鳴けば火事になる葬式の行列追い越されると凶、死人が笑う夢をみると福運がある、歯の抜ける夢をみると凶事がある、などの類。

前兆

作者戸田城聖

収載図書戸田城聖全集 第8巻 小説
出版社聖教新聞社
刊行年月1988.2


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 13:43 UTC 版)

前兆(ぜんちょう、: Omen)とは、何かある出来事が起こる前触れのことである。予兆。きざし。


  1. ^ a b c 前兆』 - コトバンク


「前兆」の続きの解説一覧

前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/04 14:32 UTC 版)

武昌起義」の記事における「前兆」の解説

武漢地域には、文学社共進会という二つの革命グループがあった。これらのグループは、それぞれ蒋翊武孫武率いていたが、彼らは武漢での革命のための司令官参謀長として密接に連携して行動していた。1911年9月湖北新軍一部四川の保路運動鎮圧のために派遣され湖北地区守り手薄になったのをみた湖北地区革命家たちは、事を起こす機会をうかがっていた。文学社共進会は、次の蜂起の際の協調行動可能性視野入れて同盟会との協議を始めた。蜂起の日は、当初は中秋節にあたる10月6日設定されたが、後になって準備整わないため延期された。10月9日孫武漢口ロシア租界爆弾の製造監督しているとき、その内一つ爆弾意図せず爆発し孫武重傷負った孫武入院した際に病院職員彼の身分証発見し清朝に通報した。

※この「前兆」の解説は、「武昌起義」の解説の一部です。
「前兆」を含む「武昌起義」の記事については、「武昌起義」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 06:37 UTC 版)

1988年モルディブクーデター」の記事における「前兆」の解説

マウムーン・アブドル・ガユーム大統領に対しては、1980年1983年2度に渡ってクーデター試みられていた。1988年クーデターでは、約80人の武装したPLOTE傭兵貨物船から高速艇移乗し夜明け前首都マレ上陸した。これに先立って、ほぼ同規模の傭兵観光客装ってマレ潜入していた。傭兵団速やかに主だった政府庁舎や、空港港湾放送局占拠して首都支配下に収めたものの、ガユーム大統領身柄確保失敗した逃げ延びガユーム大統領インドアメリカ、イギリス軍事介入求めインド政府マレ秩序回復名目としてすぐさま1,600人の部隊航空機派遣した

※この「前兆」の解説は、「1988年モルディブクーデター」の解説の一部です。
「前兆」を含む「1988年モルディブクーデター」の記事については、「1988年モルディブクーデター」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/18 23:27 UTC 版)

ニュー島唄30」の記事における「前兆」の解説

本機は、RT解除後前兆を伴うことがあり、この場合最大6ゲーム後に告知される小役成立による持ち越しあり)。 また、前兆中、告知まで残り1ゲーム時に瞬き告知演出パトロット一瞬無音点灯する)が発生する場合がある

※この「前兆」の解説は、「ニュー島唄30」の解説の一部です。
「前兆」を含む「ニュー島唄30」の記事については、「ニュー島唄30」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/06 03:02 UTC 版)

コンスタンティノープル地震 (557年)」の記事における「前兆」の解説

元来コンスタンティノープル地震帯上にあり、ユスティニアヌス1世時代(r. 527年565年)には比較頻繁に地震起きていた。533年11月地震起きた際には、民衆がフォルム・コンスタンティニに避難する騒ぎとなったが、大きな被害は出なかった。他にも小規模な地震540541年545年547年551年554555年起きていた。 557年には、比較大きな地震が2回起きた4月16日には町全体大きく揺れたが、被害は出なかった。10月19日地震同様であった

※この「前兆」の解説は、「コンスタンティノープル地震 (557年)」の解説の一部です。
「前兆」を含む「コンスタンティノープル地震 (557年)」の記事については、「コンスタンティノープル地震 (557年)」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 14:26 UTC 版)

ノヴァーラの戦い (1513年)」の記事における「前兆」の解説

ルイ12世統治下フランスは、前年ラヴェンナの戦い勝利したが、翌月神聖同盟によりミラノから追い出された。 フランスミラノから撤退したことにより、1512年12月29日スイス傭兵マッシミリアーノ・スフォルツァミラノ公として擁立した1513年ルイ2世・ド・ラ・トレモイユ率いる2万人を超える兵で構成されフランス軍が、スイス傭兵により維持されていたノヴァーラ包囲した

※この「前兆」の解説は、「ノヴァーラの戦い (1513年)」の解説の一部です。
「前兆」を含む「ノヴァーラの戦い (1513年)」の記事については、「ノヴァーラの戦い (1513年)」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 07:01 UTC 版)

安政南海地震」の記事における「前兆」の解説

今昔大変記』には「大地震する時は四、五年前より天気不順するものなり」とあり、約1か月前の10月1日頃には干潟広がり異常な干潮により船を出すのに往生したという(『三災録』)。地震3 - 5日前には海底鳴動地鳴り遠音、虹が見られ浦戸湾現れる孕のジャン」は古来より大地震前後鳴動があったことで知られるまた、ミミズ地中より這い出死に(『三災録』)、井戸水枯れたり濁るなどの現象(『今昔大変記』)も見られた。以上のような現象古文書には記載されており、地殻変動による隆起と思われるものもあるが、地震との因果関係については不明な点が多い。 南海地震発生の日の朝、熊野地方高知付近太陽異様に赤色黄色に染ま現象見られとされるが(『古座年代史』、『嘉永土佐地震記』)、これは前兆ではなく前日東海地震による火災粉塵舞い上がったことが原因推定されている。 土佐入野において地震前日には『滄談』に「朝辰刻(8 - 9時)小地震ありて長し。」との記録があり、土佐伊田(現・黒潮町佐賀地区)では『大潮大変記』には「漣(すずなみと言うもの入来り」とあり潮の満ち干4 - 5見られ当時この地方に壊滅的打撃与えた南海地震津浪の前兆のように云われたが、これらは東海地震とその津波よるものと見られる

※この「前兆」の解説は、「安政南海地震」の解説の一部です。
「前兆」を含む「安政南海地震」の記事については、「安政南海地震」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 21:12 UTC 版)

安政東海地震」の記事における「前兆」の解説

古記録はいくつかの前兆と思われる記録見られ地殻変動地震活動活発化と思われるものもあるが、地震との関連性が不明のものもある。 前年小田原地震によって袖師町(現・静岡市清水区)では海岸遠浅となり隆起示唆する記録があり、一方御前崎付近では地震前に浜が次第壊されていくなど沈降と思われる現象認められた(『下村古文書』)。 川根(現:牧之原市)では前年から鳴動があり、菊川(現:菊川市)、河城村(現:菊川市)等では数日前から大音響があったという。 下田駿府四日市新宮などの東海地方各地では地震直前の朝は一点もない快晴で風もなかった。太陽黄色に輝いていたともいう。 周辺では数年前から中規模地震続発し、特に半年前から紀伊半島から伊豆半島にかけて地震活動高まり弘化4年3月24日1847年5月8日北信地方善光寺地震 → 同3月29日1847年5月13日越後頚城郡地震嘉永5年12月17日1853年1月26日信濃埴科郡地震嘉永6年2月2日1853年3月11日)の小田原地震嘉永7年6月15日1854年7月9日)の伊賀上野地震 → 同7月20日1854年8月13日)の伊勢地震 → と東海地震震央目指して行ったように見える一方で震源域付近では、名古屋(『鸚鵡籠中記』)、伊勢(『外宮子良日記』)および近江八幡(『市田日記』)で日記記録された地震回数から、宝永地震および安政地震それぞれ数年前から有感地震減少窺われ巨大地震発生前の静穏化現象推定される

※この「前兆」の解説は、「安政東海地震」の解説の一部です。
「前兆」を含む「安政東海地震」の記事については、「安政東海地震」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 07:36 UTC 版)

チョーラの戦い」の記事における「前兆」の解説

ウルーズガーン州隣接するカンダハール州ヘルマンド州などと同じくターリバーン中核をなすパシュトゥーン部族伝統的な本拠地1つである。2006年8月オーストラリア軍州内ISAF任務アメリカ軍から引き継いだその結果州都ターリンコートやその他の基地地方復興チームPRT)は150人のアメリカ軍から1400人のオランダ兵になり、オランダ軍指揮下のオーストラリア軍アフガニスタン国軍数個大隊その他のNATO軍などが州内治安維持にあたる事になった。ウルーズガーン州オランダ3分の2面積を持つ広大な州である。当初オランダ軍定期パトロールを行う地域治安維持しようとしたが、ターリバーン復活後は「インクのしみ政策」に戻り州内3つの人口密集地にだけ注意集中し他の地域ターリバーン委ねてしまった。当時チョーラの町は100人アフガニスタン人の警察官守っていた。またオランダ軍アメリカ軍始めた民間建設プロジェクト引き継いでチョーラの町で学校モスクなどを建設しており、チョーラの町にはオランダ陸軍歩兵連隊のラリー・ハーマス大尉Larry Hamers)が率い60人のオランダ軍部隊展開していた。

※この「前兆」の解説は、「チョーラの戦い」の解説の一部です。
「前兆」を含む「チョーラの戦い」の記事については、「チョーラの戦い」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 15:26 UTC 版)

イルピンの戦い」の記事における「前兆」の解説

侵攻当初イルピン北にあるホストメリホストーメリ空港ロシア軍占領し、町に足場築いたウクライナ軍ホストメリロシア占領軍戦ったものの、ロシア軍キエフ包囲目的としてイルピンとその近くブチャ市を占領するために南下を始めた。 2022年2月25日ウクライナ軍イルピンに向かうロシア軍隊列破壊した2022年2月26日イルピン住民ロシア空挺部隊民間人なりすましていると主張する動画撮影した

※この「前兆」の解説は、「イルピンの戦い」の解説の一部です。
「前兆」を含む「イルピンの戦い」の記事については、「イルピンの戦い」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 15:13 UTC 版)

2022年ウクライナ夏季の反転攻勢」の記事における「前兆」の解説

最初ウクライナ当局は、6月中旬から下にかけて、「2022年8月頃にはウクライナ反転攻勢より目に見える結果出てしかるべきである」と発言し大規模な反転攻勢実行言外にほのめかしていた。6月15日には、ウクライナ将軍が、もしウクライナ武器供与されるならば、夏頃には大規模な反転攻勢開始できるだろうと発言した7月5日ウクライナ軍メリトポリにあるロシア軍前哨基地爆撃作戦仕掛け伝えられるところでは兵士200人が死亡したとされる7月7日ウクライナ軍ズミイヌイ島奪還し重要な海路穀物輸出路が使用できるようになったその間ロシア軍ヘルソン州ザポリージャ州支配強化しようとした。ロシアヘルソン州生まれた赤子に対して自動的にロシア市民権付与されるだろうと発言しヘルソン州ロシア一部であるほのめかした

※この「前兆」の解説は、「2022年ウクライナ夏季の反転攻勢」の解説の一部です。
「前兆」を含む「2022年ウクライナ夏季の反転攻勢」の記事については、「2022年ウクライナ夏季の反転攻勢」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 10:06 UTC 版)

パチスロ用語の一覧」の記事における「前兆」の解説

大きくボーナス成立近づいている状態」を指す。機種によっては演出頻発(特にハズレ示唆するもの)したり、小役告知矛盾告知され小役狙って揃わないもしくはほかの小役出現する)が発生したりする。4.5号機におけるストック機能により、前兆演出としての価値向上した演出終わるまでは、当選有無断定できないため)。本物ボーナス成立の前兆である「本前兆」と、単なる演出の「ガセ前兆」がある。ただし5号機ではその価値大きく下落し長い前兆演出全部見ること純粋にペイアウト低下直結するだけであるために、長い前兆演出を行うことはRT中またはRT突入演出除き好まれなくなっている。

※この「前兆」の解説は、「パチスロ用語の一覧」の解説の一部です。
「前兆」を含む「パチスロ用語の一覧」の記事については、「パチスロ用語の一覧」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/29 07:48 UTC 版)

ピナトゥボ山」の記事における「前兆」の解説

1990年7月16日 ルソン島中央部1906年サンフランシスコ地震匹敵するマグニチュード7.8のバギオ大地震起きた震源ピナトゥボ山北東約100km。火山学者中には、これが1991年の噴火遠因推測する研究者もいるが、確固とした証明不可能である地震発生2週間後、火山から蒸気噴出していると地元民報告したが、山を調査した科学者噴火活動ではなく小さな地すべり原因だと判断した1991年3月15日 火山北西にある村の住民が、地震断続的に感じ始めた。それから2週間で、地震次第強さ増していき、なんらかの異変迫っている事は明らかであった4月2日 火山眠りから目覚め山頂直下に1.5kmもの長きに渡る亀裂生じてそこから水蒸気爆発起こしたその後数週間小規模な噴出続き周辺火山灰降った地震計毎日数百件の火山性微動検知した火山学者たちはすぐに監視装置設置し前回噴火特徴を掴むべく火山分析はいった。古い火山堆積物放射性炭素年代測定にかけると、大規模な爆発的噴火がおよそ5,500年前、3,500年前、500年前の3回起きていたことが判明した地質図作成すると、周囲の平地大部分過去の噴火火砕流火山泥流形成されたことがわかった4月5月を通して火山活動はますます活発になった。二酸化硫黄放出量の測定では、5月13日には1日あたり500トンだったのが、5月28日には1日あたり5,000トンにまで急増していた。 5月26日 初め噴気孔すぐ近く震源とする地震起きた。これらは新しマグマ火山直下上昇してきていることを示唆している5月28日以降二酸化硫黄放出量が急激に下がり、何らかの原因でマグマからのガス放出妨げられている恐れ高まった。これはマグマ溜まり内の圧力上昇つながり爆発的な噴火起き可能性が高いことを示していた。 6月3日 最初のマグマ性噴火6月7日 最初の大爆発起こり、高さ7000m以上の噴煙立ちのぼった

※この「前兆」の解説は、「ピナトゥボ山」の解説の一部です。
「前兆」を含む「ピナトゥボ山」の記事については、「ピナトゥボ山」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 11:27 UTC 版)

ドンバスの戦い (2022年)」の記事における「前兆」の解説

2022年4月中旬米国諜報機関は、ロシア軍部隊をドンバスに「再配置」していると報告した。マクサー社の衛星画像指摘されたように、キエフスームィチェルニーヒウなどのウクライナ北部戦場ロシア軍部隊ドンバス地域移転しベラルーシロシア地域からの援軍これらの部隊補完していた。

※この「前兆」の解説は、「ドンバスの戦い (2022年)」の解説の一部です。
「前兆」を含む「ドンバスの戦い (2022年)」の記事については、「ドンバスの戦い (2022年)」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 06:52 UTC 版)

1888年の磐梯山噴火」の記事における「前兆」の解説

1888年7月15日磐梯山噴火前顕著な前兆現象発生確認されていない噴火の約一週間前から、磐梯山周辺有感地震複数回発生していたことは地元住民の証言から明らかであるが、それ以外確実な前兆現象捉えた判断できる事例確認されていない磐梯山中腹中ノ湯に湯治訪れていた最中噴火遭い生還した鶴巻良尊による証言では、噴火前日の14日晴天で、午前10時頃から湯量が少し減り午後3時以降著しく湯量減少したとのことであるが、もともと中ノ湯は晴天時には湯量減り雨になる増えるのが常であったため、鶴巻いつものことであると判断し異変起きているとは見なさなかった。噴火時、磐梯山山腹の上ノ湯、中ノ湯、下ノ湯では、湯治客避難せずに滞在したまま被害遭っていることから考えても、噴火前に特に目立った前兆現象無かったことが推測される

※この「前兆」の解説は、「1888年の磐梯山噴火」の解説の一部です。
「前兆」を含む「1888年の磐梯山噴火」の記事については、「1888年の磐梯山噴火」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 08:58 UTC 版)

北伊豆地震」の記事における「前兆」の解説

非常に顕著だったのは前震であった。ふたつの活動期持った伊東群発地震第1期は、1930年昭和5年2月13日から4月10日頃まで東伊豆伊東沖で群発し、一時的に沈静化したが5月8日から再び活発化伊東中心とした地域で1368回もの有感地震起き8月には群発地震終息した。第2期11月7日から始まり三島無感地震を2回観測したのをかわきりに新たな群発地震伊豆半島西側網代西方10 km付近)で発生した前震は数を増し本震前日25日までに2,200を超える地震記録した。そして25日16時5分にM5.1(最大震度4)の前震があり、26日未明本震発生した。 前兆は前震だけではなく各地発光現象地鳴りといった宏観異常現象があったとの記録残されている。本震前日25日午後5時ごろから本震発生後26日午前5時ごろまでに、静岡県南部中心に現れたのは発光現象で、調査によれば光の形はオーロラ状、色は青という報告多かったという。また遠離れた北関東近畿地方では、地鳴りのような音が聞こえたという証言もあった[要出典]。

※この「前兆」の解説は、「北伊豆地震」の解説の一部です。
「前兆」を含む「北伊豆地震」の記事については、「北伊豆地震」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 14:01 UTC 版)

ナチス・ドイツの反タバコ運動」の記事における「前兆」の解説

ドイツでは1900年代初頭から嫌煙感情存在した嫌煙家国内初の反タバコグループ「Deutscher Tabakgegnerverein zum Schutze der Nichtraucher」(非喫煙者保護のためのドイツ人タバコ反対派協会)を組織した1904年創設されたこの組織短期間だけ存在した次のタバコ組織Bund Deutscher Tabakgegner」(ドイツ人タバコ反対派同盟)は、1910年ボヘミアのトラウテナウで創設された。別の禁煙組織1912年ハノーファードレスデン設立された。第一次世界大戦後チェコスロバキアオーストリア=ハンガリー帝国から独立すると、1920年に「Bund Deutscher Tabakgegner in der Tschechoslowakei」(チェコスロバキア・ドイツ人タバコ反対派同盟)がプラハで、グラーツでは「Bund Deutscher Tabakgegner in Deutschösterreich」(ドイツ・オーストリア・ドイツ人タバコ反対派同盟)が設立された。 これらのグループ禁煙奨励する刊行物出版した最初のドイツ語での刊行物Der Tabakgegner』(タバコ反対者)は1912年から1932年にかけてボヘミア組織から発行された次いで『Deutsche Tabakgegner』(ドイツのタバコ反対者)が1919年から1935年にかけてドレスデン発行された。反タバコ組織アルコール飲料摂取にも反対した。

※この「前兆」の解説は、「ナチス・ドイツの反タバコ運動」の解説の一部です。
「前兆」を含む「ナチス・ドイツの反タバコ運動」の記事については、「ナチス・ドイツの反タバコ運動」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 08:03 UTC 版)

図書規制法」の記事における「前兆」の解説

1983年昭和58年)頃の日本では様々な少女向け雑誌セックスに関する記事掲載しており、これに目をつけた読売新聞朝日新聞1983年そうした傾向特集組んで話題に取り上げていた。ただし、当初はその内容攻撃するものではなく、むしろ肯定的なものだった。新聞最初にこの話題取り上げたのは読売新聞で、1983年8月のことである。その後も、朝日新聞10月19日同じような特集組んだが、やはり肯定的な内容だった。この時点では、新聞論調とりたてて攻撃目的したものではなかった。また、報道されからと言って特に騒ぎになるようなこともなかった。 一方週刊誌では『週刊現代』が9月24日号で同様の特集組み、これを読んだ文部省幹部驚いて騒ぎ始めたのが以後政治的社会的混乱発端であると言われている。同年11月2日に、文部政務次官雑協倫理委員会幹部呼び少女雑誌セックス記事自粛協力するよう「要請」した。

※この「前兆」の解説は、「図書規制法」の解説の一部です。
「前兆」を含む「図書規制法」の記事については、「図書規制法」の概要を参照ください。


前兆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 15:28 UTC 版)

ブチャの戦い」の記事における「前兆」の解説

詳細は「アントノフ国際空港の戦いを参照 侵攻当初ブチャ北にあるホストメリホストーメリ空港ロシア軍占領し、町に足場築いたウクライナ軍ホストメリロシア占領軍戦ったものの、ロシア軍キエフ包囲目的としてブチャ近く都市イルピン占領するために南下開始した。 この戦闘先立つ2022年2月25日ロシア兵ブチャやその近郊集合住宅占拠し住民追い出したが、後に森林退却した報じられた。

※この「前兆」の解説は、「ブチャの戦い」の解説の一部です。
「前兆」を含む「ブチャの戦い」の記事については、「ブチャの戦い」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「前兆」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

前兆

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 02:40 UTC 版)

名詞

ぜんちょう

  1. ある出来事起こる前触れ

発音(?)

ぜ↗んちょー

「前兆」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「前兆」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



前兆のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの前兆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの武昌起義 (改訂履歴)、1988年モルディブクーデター (改訂履歴)、ニュー島唄30 (改訂履歴)、コンスタンティノープル地震 (557年) (改訂履歴)、ノヴァーラの戦い (1513年) (改訂履歴)、安政南海地震 (改訂履歴)、安政東海地震 (改訂履歴)、チョーラの戦い (改訂履歴)、イルピンの戦い (改訂履歴)、2022年ウクライナ夏季の反転攻勢 (改訂履歴)、パチスロ用語の一覧 (改訂履歴)、ピナトゥボ山 (改訂履歴)、ドンバスの戦い (2022年) (改訂履歴)、1888年の磐梯山噴火 (改訂履歴)、北伊豆地震 (改訂履歴)、ナチス・ドイツの反タバコ運動 (改訂履歴)、図書規制法 (改訂履歴)、ブチャの戦い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの前兆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS