第8巻とは? わかりやすく解説

第8巻(第49話 - 第55話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 12:10 UTC 版)

終末のハーレム」の記事における「第8巻(第49話 - 第55話)」の解説

花蓮翔太と共にクロエとの会談臨み、彼女に中止させられメイティング翔太のみ再開させる取引経て国務長官地位要求する。怜人は美来にも出奔提案して断られところを共にポープ拘束されそうになるが、麗亜・マリア朱音・翠に救出される。まひると合流した怜人・マリア朱音・翠は美来や麗亜に見送られ、光たちと共に台湾へ向かう。恭司寧々子による手配船上の怜人と連絡を取り玲奈恭司の子妊娠した女性たちへの羨望恭司への一途な思いから寂しさ募らせる中、花蓮玲奈らまだ妊娠していない女性たち翔太提供する

※この「第8巻(第49話 - 第55話)」の解説は、「終末のハーレム」の解説の一部です。
「第8巻(第49話 - 第55話)」を含む「終末のハーレム」の記事については、「終末のハーレム」の概要を参照ください。


第8巻(燃えるワン・マン・フォース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:32 UTC 版)

フルメタル・パニック!」の記事における「第8巻(燃えるワン・マン・フォース)」の解説

攫われた千鳥かなめ大破したアーバレスト崩壊したミスリル全て失った宗介東南アジアの街ナムサクを訪れる。宗介はAS闘技場闇バトル参加するため、弱小チームクロスボウ』の操縦士志願整備士オーナーナミや、気のいいフランス人ルポライターレモンたちとの思いがけない穏やかな時間過ご宗介だったが、彼にはある目的があった。

※この「第8巻(燃えるワン・マン・フォース)」の解説は、「フルメタル・パニック!」の解説の一部です。
「第8巻(燃えるワン・マン・フォース)」を含む「フルメタル・パニック!」の記事については、「フルメタル・パニック!」の概要を参照ください。


第8巻(愛1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 04:02 UTC 版)

ニコマコス倫理学」の記事における「第8巻(愛1)」の解説

第8巻 - 全14章【愛(ピリアフィリア))第1章 - 「愛」の不可欠性とうるわしさ、いくらかの疑義第2章 - 「愛」の種類一つではないその種別は「愛されるもの」の三種 --- 「善きもの」「快適なもの」「有用なもの」 --- によって分かれる第3章 - したがって「愛」にも三種あるが、「善」のための「愛」が最も充分な意味における「愛」である。 第4章 - 「善」のための「愛」とそれ以外の「愛」との比較第5章 - 「愛」の場合における「状態」「活動」「情念」。 第6章 - 三種の「愛」の間における種々の関係。 第7章 - 優者と劣者の間の「愛」においては愛情補足によって優劣の差が補われなくてはならない第8章 - 「愛」においては愛される」よりも「愛する」ことが本質的である。 第9章 - 「愛」と「正義」の平行性。あらゆる共同体において各員間に一定の「愛」が見出される共同体の最も優位的なものは「国家共同体」である。 第10章 - 国制ポリテイア)の種類家庭関係への類比第11章 - 前章応じた諸々の「愛」の形態。「愛」と「正義」は各種の共同関係において及ぶ限度平行的である。 第12章 - 種々の血族的な愛」「夫婦間の愛」。 第13章 - 各種の「愛」において生じ苦情への対策として、いかに相互給付均等性を保証するか --- 1.同種の動機による均等的な友の間において第14章 - 2.優者と劣者との間において

※この「第8巻(愛1)」の解説は、「ニコマコス倫理学」の解説の一部です。
「第8巻(愛1)」を含む「ニコマコス倫理学」の記事については、「ニコマコス倫理学」の概要を参照ください。


第8巻(弁証術の訓練)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 04:23 UTC 版)

トピカ (アリストテレス)」の記事における「第8巻(弁証術訓練)」の解説

第8巻 - 弁証術訓練。全14章第1章 - 問いを出す順序問い作る仕方哲学者弁証家仕事の比較問い作成 -1. 推論それによって行われる必然性およびその他の前提について。必然的前提用い方必然的前提以外の前提用い方1. 帰納のために。 2. 結論を隠すために。1.結論長引かせる。 2.論議順序変える。 3.現在当面の語と同列の語に関係した義によって普遍的な前提確立すること。 4.こちらが望む譲歩対象を隠すこと、類似性によって相手承認獲得すること。 5.他のいろいろな工夫 --- 自己自身反論突きつけること。あまり真剣にならぬこと。命題必要以上に増やすこと。 3.粉飾するために。 4.明瞭さのために。 第2章 -2. 諸々の帰納法弁証家には推論大衆には帰納法用いられるべき。 3. 色々の反論抗議)。 4. 不可能なことによる論議。 5. 問いを出すことについての諸々助言第3章 - 弁証術論議における色々な程度困難について -1. 最初のものども原理)と最後のものども(帰結)は覆すのが困難だが、立てるのは容易。 2. 最初の原理に近い初めものども攻撃しにくい。 3. 多義的な名を用いた定義は最も攻撃しにくい。 4. 問題相手立論)を攻撃しにくい時の種々の困難。 5. 拙劣述べられた定義から生じ攻撃困難さ幾何学の例。 6. 立論そのものよりも困難な仮定作るべきであるか第4章 - 答えに関して問い手と答え手のなすべきこと第5章 - 訓練試練のための論議作る一定のトポス」 は今までに無かった答え手の手続き彼自身立論性質による ---1. 一般的な問い1. 一般的に斥けられる(通念的でない)場合。 2. 一般的に承認される通年的である場合。 3. 一般的に承認され斥けられもしない場合他人意見による場合。 第6章 -2. 特殊な問い1. この問い通念的で論議適切であるべき。 第7章 -(続き)2. この問い多義的でなく分明述べるべき。 第8章 -(続き)3. この問い反対や反論を許すべきでない第9章 - 立論や定義を守る「トポス」。答え手は自分の立論に予め攻撃加えておくこと。通念的でい立論は守れない。 第10章 - 虚偽推論には、その虚偽原因探求しなければならない第11章 - 論議結論に関する点 -1.論議そのもの」と「論議するに対する批判」は同じではない。 2. 問い手の側は「論争的な論議」を避けなくてはならない。 3. 論議答え手の責任でいかにして拙劣なものになるか。 4. 一つ論議それ自身批判されるべきだが、問題に関しては推奨しうる。その逆の場合もある。 5.「哲学的論証的推論」と「攻撃的弁証術推論」と「詭弁的・論争的推論」と「矛盾弁証術推論」。 6. 二つ前提結合から結果する結論。 7. 不必要に長い手続きによって証明することの誤り第12章 - 論議における明快さ --- 3つの種類論議における虚偽 -1. 四つ種類。 2. どの程非難値するか。 3. 摘発のための試問第13章 - 最初にある論点要求する巧みに避ける)こと。その五つの仕方反対なものども要求する最初の論点問い)と反対なものを要請する)。その五つの仕方第14章 -弁証術論議における訓練稽古についての色々の指示 -1. 論議転換することの有効性。 2. 賛否の論議吟味有効性。 3. よく出会う問題最初の立論についての色々な論議知っていること有益さ。 4. 相手できるだけ分からないように、一つ論議多くの論議分けできるだけ一般的なものにしておくべき。 5. 帰納法訓練若者に、推論訓練経験者与えるべき。 6. 行き当たりばったりの人を相手論議べきではない。 7. 普遍的な論議に対して特別に十分準備しておくべきである。これは多くの場合役立つ。

※この「第8巻(弁証術の訓練)」の解説は、「トピカ (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第8巻(弁証術の訓練)」を含む「トピカ (アリストテレス)」の記事については、「トピカ (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第8巻(国家の善と教育2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:38 UTC 版)

政治学 (アリストテレス)」の記事における「第8巻(国家の善と教育2)」の解説

第8巻 - 全7章最善の国における教育方針第1章 - 国制応じた教育同一で公共的な教育必要性第2章 - 若者学習内容。生活に有用な内容を含む必要があるが、身体精神賤しいものにするものではいけない。 第3章 - 通常科目としての読み書き」「図画」「体操」「音楽」。前二者は生活に有用、「音楽」は閑暇高尚な使用のため。 【体操音楽第4章 - 「体操」の目的。「競技養成」やスパルタのような獣化」を目的してはいけない思春期までは軽度の鍛錬その後三年間の学問期間を経てはじめて烈しい鍛錬移行第5章 - 「音楽」の目的。1「遊戯休養」、2「徳の涵養」、3「高尚な楽しみ」の内、特に2に役立つ。 第6章 - 「音楽」の自演必要性その内容 - 1「期間・程度」、2「節・律動」、3「楽器」。 第7章 - 「音楽」の種類。1「倫理的なもの」、2「行動的なもの」、3「熱狂的なもの」。それぞれの音階法目的子供自演教育には1が望ましい。

※この「第8巻(国家の善と教育2)」の解説は、「政治学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第8巻(国家の善と教育2)」を含む「政治学 (アリストテレス)」の記事については、「政治学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第8巻」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第8巻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第8巻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの終末のハーレム (改訂履歴)、フルメタル・パニック! (改訂履歴)、ニコマコス倫理学 (改訂履歴)、トピカ (アリストテレス) (改訂履歴)、政治学 (アリストテレス) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS