賛否とは? わかりやすく解説

さん‐ぴ【賛否】

読み方:さんぴ

賛成不賛成。「―両論


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/08 05:59 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「賛否」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「賛否」を含むページの一覧/「賛否」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「賛否」が役に立つかも知れません。

関連項目



賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/20 19:09 UTC 版)

山鳥坂ダム」の記事における「賛否」の解説

2009年行われた大洲市選挙では反対派賛成派の候補が立候補し賛成派清水裕当選果たした一方松山大学大洲市民にアンケート実施したところ反対賛成派上回っている。

※この「賛否」の解説は、「山鳥坂ダム」の解説の一部です。
「賛否」を含む「山鳥坂ダム」の記事については、「山鳥坂ダム」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 00:50 UTC 版)

大艦巨砲主義」の記事における「賛否」の解説

太平洋戦争において日本海軍米海軍異なり大艦巨砲主義拘束され航空優位思想転換できなかったという批判があるが、米海軍建造数を見れば判る通りこのような考え完全に誤りである。開戦直前まで艦歴20年を超える戦艦10隻しか擁さない日本海軍大和型2隻の建造行ったにすぎないが、これに対して1940年時点で米海軍ノースカロライナ級戦艦2隻・サウスダコタ級戦艦4隻・アイオワ級戦艦4隻、計10隻の建造開始しており、この動向および各艦性能日本側把握していた。 また、大艦巨砲主義航空優位思想の意味多義的なもので検証耐えるものではなく決戦に備えて戦艦使用しなかったという語りも事実は、あるいは使用されあるいは使用されようとしあるいは戦艦として見捨てられ使用されなかったのであり、機動部隊建制化も重要な意味を持たない上にアメリカ海軍高速空母部隊創設した時期日本海軍連合機動部隊発令をした時期であり、この批判イデオロギーであるとする意見もある。 戦後日本海軍砲術出身大艦巨砲主義者は次のように語っている。 福留繁中将は「多年戦艦中心艦隊訓練没頭してきた私の頭は転換できず、南雲機動部隊真珠湾攻撃偉効奏したのちもなお、機動部隊補助作業任ずべきもので、決戦兵力依然大艦巨砲中心とすべきものと考えていた」と反省語っている。 黛治夫大佐は、大艦巨砲航空主兵に敗れた戦後になってもなお、戦前の想定どおり、砲撃主体艦隊決戦挑むきだった生涯主張し続けた戦後大艦巨砲主義反対していた日本海軍航空主兵論者たちは次のように語っている。 源田実大佐は、海軍大艦巨砲主義から航空切り替えられなかったのは組織改革での犠牲を嫌う職業意識強さ原因だったと指摘する。「大砲なかったら自分たちは失業するしかない。多分そういうことでしょう。兵術思想変えるということは、単に兵器構成変えるだけでなく、大艦巨砲主義立って築かれてきた組織変えるとことになるわけですから。人情脆くて波風が立つのを嫌う日本人の性格では、なかなか難しいことです」と語っている。 奥宮正武中佐は、戦艦無用論も含む航空主兵論戦前端とも見られたが、太平洋戦争経過がその見通しがほぼ正しかったことを証明したとして、とくに航空関係者が嘆いていたのは、大艦巨砲主義の下で作られる戦艦建造費、維持費など莫大な経費浪費される割にほぼ戦局寄与しないことであり、それを航空回せばより強力なものができると考えていたと語っている。

※この「賛否」の解説は、「大艦巨砲主義」の解説の一部です。
「賛否」を含む「大艦巨砲主義」の記事については、「大艦巨砲主義」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 02:21 UTC 版)

STAYHOMER」の記事における「賛否」の解説

リリース新型コロナウイルス感染症発生して時期重なっていたことから一部で「不謹慎」などの意見出た一方他方で「"自粛警察"に対する風刺」などとして受け止められるなど様々な意見出ている。

※この「賛否」の解説は、「STAYHOMER」の解説の一部です。
「賛否」を含む「STAYHOMER」の記事については、「STAYHOMER」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 06:40 UTC 版)

RoHS」の記事における「賛否」の解説

RoHS指令環境汚染物質拡散に対する有効な対応策であるとの評価がある一方で有効性への疑問施行に対する問題点挙げられているのも事実である。 鉛フリーはんだビスマスインジウムなどの合金用いられているものがあるが、インジウムについては有害性評価十分でなく、鉛より有害との報告もある。 中西準子は、小児血液中の鉛含有量データを元に、「鉛のリスク小さい・RoHS規制愚かである」と主張している。鉛のような多量元素規制することがレアメタル過剰依存になると指摘している。 米マキシム・インテグレーテッド社は鉛が溶けにくく沸点が高いこと、またはんだ付けをする労働者の鉛の血中濃度が低いこと、電子部品の鉛によって健康上のリスク環境への害がもたらされるという証拠がないことを根拠に鉛の有害性疑問唱え、むしろ提案されている鉛フリー対策多く環境上の問題もたらしていると批判している。 無鉛はんだはしばし電子機器故障誘発させ、結果として故障した機器によるゴミ経済的・資源損失発生する一例:Xbox 360RRoD現象 RoHS指令自体が、環境政策名を借りた非関税障壁とする考えもある。(このような考えISO 9000/ISO 14000シリーズについて存在する)[誰?] RoHS指令が、21世紀に入ってからの、銀塩カメラ急激な衰退遠因となっているとの指摘なされている。 あくまで電子電気機器に対する規制で、鉛を多く使用するバラスト鉛蓄電池弾丸等は規制されない

※この「賛否」の解説は、「RoHS」の解説の一部です。
「賛否」を含む「RoHS」の記事については、「RoHS」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/18 04:17 UTC 版)

本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」の記事における「賛否」の解説

この法律の成立については賛否が分かれている。 韓国籍在日朝鮮人政治活動家李信恵は、自身のTwitterに「路上が国会に繋がったヘイトスピーチ対策法は、路上立ってたみんなが作った法律だと思う。嬉しくて涙が止まらない。」などと書き込みヘイトスピーチデモに対する抗議行動など、差別反対運動法案整備つながった評価した弁護士堀内恭彦は、「外国人に対する差別的言動許されないが日本人に対する差別的言動については問題にしないというおかしな法律である」と評している。また、このような理念法成立すれば、その後個別具体的な法律作りやすくなるため、今後、必ず禁止罰則付きヘイトスピーチ審議会」に特定の人種、利害関係者入れ込むという法律制定動き出てくると危惧している。さらに、法律の成立過程を見る限り自民党を初めとした多くの国会議員に「表現の自由」が侵害されることへの危機意識感じられない主張している。 憲法学者八木秀次は、具体的にどのような行為ヘイトスピーチに当たるのか不明確であり、自治体教育現場法律拡大解釈過激化する恐れがある懸念示している例えば、外国人参政権が無いのも、朝鮮人学校補助金出さないのも、戦時中朝鮮人強制連行歴史的事実として誤りだと主張するのも、在日韓国・朝鮮人に対する侮辱」「差別」だと訴えられる可能性否定できないとしている。そのため、政府は「どこまで不当な差別的言動で、どこまで許される表現なのか」を示す具体的なガイドライン作るべきであると述べている。

※この「賛否」の解説は、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」の解説の一部です。
「賛否」を含む「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」の記事については、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 14:46 UTC 版)

キリング・フィールド (映画)」の記事における「賛否」の解説

この映画公開された直後本多勝一政治的差別的な内容であるとして、映画への批判行なった本多はかつて、ポル・ポト派寄り記事書いたことがあり、ポル・ポト政権時代からシャンバーグ批判行ない虐殺行為についても懐疑的であった。しかし1985年昭和60年)の2本記事においてはポル・ポト派虐殺認めている。この映画については、カンボジア大虐殺背景全体状況がまったく描かれていないため、観客カンボジア情勢誤解させるような曖昧な表現が多いこと、シャンバーグ他のカンボジア人救出尽力せずプラン救出のみを考えており、差別的なこと、などを挙げて批判している。そして、この映画感動するのはカンボジア情勢無知な人々だとして記事の表題にもしている。 本多と同じ朝日新聞出身である井川一久は、この映画(および原作)の欠点として、ポル・ポト政権による殺戮文明破壊の実態極めて不十分(せいぜい2、3割)にしか伝えていないこと、クメール・ルージュについての背景説明がまったく描かれていないことをあげながらも現実に起こったことを非常に不十分ではあるが伝えており、かなりのところまで歴史真実に迫ろうという意思があり、シャンバーグプランの関係についても当時インドシナ外国人特派員の中で最上に属す友情関係だと思うとしている。また、この種映画が日本では1度制作企画もされなかったのに対して米国でそれが可能だったところに米国文化構造健やかな一面見たとも述べている(この点については、本多同様のことを述べている)。 一方ベトナム戦争中に毎日新聞サイゴン特派員であり、サイゴン陥落後に退去要求を受け、ベトナム人部下残して帰国した古森義久はこの映画絶賛している。

※この「賛否」の解説は、「キリング・フィールド (映画)」の解説の一部です。
「賛否」を含む「キリング・フィールド (映画)」の記事については、「キリング・フィールド (映画)」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 20:03 UTC 版)

Go To キャンペーン」の記事における「賛否」の解説

2020年7月入って以降、再び感染者増加する傾向にあり、地方自治体の首長からは「Go To トラベルキャンペーン」は時期尚早ではないかとする意見上がった青森県むつ市宮下宗一郎市長は、「旅行客により地元感染者増えれば人災だ」と発言村井嘉浩宮城県知事は「宮城東京由来感染者多くなっている」とし、内堀雅雄福島県知事は「不安や懸念がある」と発言また、移動観光控えるように知事らが呼びかける動き発生した例えば、2020年7月2日から3日連続1日あたり東京都内感染者数100人を超えたことを受け、2020年7月4日小池百合子東京都知事都民に対し不要不急の都外へ移動自粛するよう要請した大村秀章愛知県知事は、首都圏への不要不急移動自粛するよう要請した。また大野元裕埼玉県知事は、2020年7月17日に「埼玉県民には観光目的地として東京を選ぶことは避け県内近場とどめてほしい」と発言した一方で門川大作京都市長は「人間社会的文化的生活も生きるために必要だということ重視されてだと思う」として肯定的な発言をしている。また、森田健作千葉県知事は「経済考えるなら、国の言っていることも理解できる」と一定の理解示し首都圏の人に対してマイクロツーリズム的に近場千葉万全の体制で来てください」と表明朝日新聞社2020年7月18日19日実施した世論調査では、「Go To トラベル」が22日から開始することに、74%が「反対」と答え、「賛成」は19%だった。開始時期対象地域決めるまでの安倍政権一連の対応も「評価しない」が74%を占めた事業開始への賛否を男女別にみると、男性賛成24%、反対70に対し女性賛成14%、反対77%と反対多かったキャンペーン対象外となった東京都民賛成21%、反対72%だった。 2020年8月21日定例記者会見の中で岩手県達増拓也知事は、開始からおよそ一か月になる「Go To トラベル」について、2020年7月中に始めたのは早過ぎたことや新型コロナウイルス感染症収束しないと、期待された効果出てこないことを指摘して失敗と言っていいと批判した一方で宮城県村井嘉浩知事2020年8月24日定例記者会見で、「Go To トラベル」について「新幹線乗客少なかったということなので、県内利用効果あったと思う。どの旅館ホテル決し満員ではなかったが、Go To トラベルなければ悲惨な状況になっていた」と指摘をして、「やって良かった成功だったと思う」と評価をした。宮城県村井知事は、岩手県の達増知事21日会見で「Go To トラベル」について批判したことについて、「それも一つ考えだが、少なくとも宮城キャンペーンなければもっと悲惨な状況になっていた」と答えた。 その他、Go To トラベル実施に当たっての方針が二転三転したり、制度にまつわる不備トラブル指摘されるなど様々な混乱生じたことから、「Go Toトラブル」と評されることもあった。

※この「賛否」の解説は、「Go To キャンペーン」の解説の一部です。
「賛否」を含む「Go To キャンペーン」の記事については、「Go To キャンペーン」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 07:19 UTC 版)

都道府県合併特例法案」の記事における「賛否」の解説

近畿合併構想では和歌山県合併賛成していたが、大阪府・奈良県反対していた。東海における合併構想では愛知県三重県賛成していたが、岐阜県反対していた。 当時野党日本社会党および民主社会党)は都市部で革新自治体増やしていたことから与党自由民主党が強い農村部抱え込む合併構想推進するこの法案反対していた。自由民主党も関係府県反対もある中で一枚岩強く推進するわけではなかった。

※この「賛否」の解説は、「都道府県合併特例法案」の解説の一部です。
「賛否」を含む「都道府県合併特例法案」の記事については、「都道府県合併特例法案」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 19:57 UTC 版)

ジュセリーノ・クビチェック」の記事における「賛否」の解説

積極的な外資導入などにより日本アメリカなど諸外国での評価高かったものの、ブラジリア建設遷都などの強引な手法、そして経済的な混乱招いたことに対してブラジル国内では賛否が大きく分かれたその後1960年10月行われた大統領選挙では、ブラジル社会党選出後継候補サンパウロ州知事国民民主同盟ジャニオ・クアドロス敗れる。1961年1月任期切れに伴い大統領辞任する

※この「賛否」の解説は、「ジュセリーノ・クビチェック」の解説の一部です。
「賛否」を含む「ジュセリーノ・クビチェック」の記事については、「ジュセリーノ・クビチェック」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 00:50 UTC 版)

赤ちゃんポスト」の記事における「賛否」の解説

賛成意見 新生児殺害虐待育児放棄を防ぐ。 預かるのが目的である。その後預けられ子供の親の身元調査される望まない人工妊娠中絶から命を守る。子供生きるための選択肢増える反対意見 全国養子縁組支援団体等があり、匿名でなければいけない理由曖昧である新生児死体遺棄年間数件であり、特別な措置を取るほどの必要性があるとは考えられない関係省庁閣僚 肩書はいずれ当時厚生労働省は2007年2月22日熊本市に対して設置認可した。だが、今後同様の申請があっても一律に認可するわけではなく個別に検証するともしている。 柳沢伯夫厚労相は「設置自体には違法性はないが、病院側の運用には慎重さ求められる」と発言した[リンク切れ]。 安倍晋三首相2月23日首相官邸での記者団質問に対して、まず「ポストという名前に大変抵抗感がある」と述べ、「子どもを産むからには親として責任を持ってもらうことが大切でそういうお子さん対応する施設もあるし、匿名で子どもを置いていけるものを作るのには大変抵抗感じる」と慎重論唱えた塩崎恭久官房長官は「法解釈以前に、子どもを捨てない策を考えなければいけないのではないか」、高市早苗少子化担当相も「もう少し議論深める必要がある」と、慎重な意見述べた[リンク切れ]。

※この「賛否」の解説は、「赤ちゃんポスト」の解説の一部です。
「賛否」を含む「赤ちゃんポスト」の記事については、「赤ちゃんポスト」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 14:01 UTC 版)

ウェブスター辞典」の記事における「賛否」の解説

イギリス国内では、第3版についての評価頗る良好で、「驚く程水準高く学識正確さにおいては随一」との認識で一致就中辞書編集者のロバート・チャップマンは、3年間にわたり毎日利用していたという。 ただ、活字小さ過ぎて読めない大文字使っていない(スペースを確保するのが目的なのに、「神」God)のみ大文字から始めているのは何故なのか)、正当な異形綴りミスとしていたり、余りにも多くの廃語切り捨てている、といった批判少なくなかった何れにせよチャップマンは「我々へ第2版しがみ付くべしと忠告する変人や頑固者がいるとすれば、それは偉大な本の豊かさを自ら否定するただの馬鹿者に過ぎない」と締め括っている。 アメリカ合衆国おいても評価同様で2冊著名なスタイルガイドはこの辞書基準据えケースが多い。シカゴスタイルマニュアル一般的な綴りを知るには、メリアム=ウェブスター大学辞典並んでウェブスター第3版推奨国内の殆どの新聞社用いAP通信スタイルブックは、この本にウェブスター新世界辞典にも載ってなければウェブスター第3版に当たるよう紹介している。

※この「賛否」の解説は、「ウェブスター辞典」の解説の一部です。
「賛否」を含む「ウェブスター辞典」の記事については、「ウェブスター辞典」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 04:26 UTC 版)

鉛フリーはんだ」の記事における「賛否」の解説

鉛フリーはんだを使うことにより、以下の効果得られると考えられる作業環境の改善 はんだ付け中に作業者有害な含鉛飛沫吸入する危険性低くなる廃棄物による鉛汚染の防止 埋め立て処分され電気製品から鉛が周辺環境流出して自然環境汚染する危険性低くなる。 ただし、以下のような疑問指摘されている。 鉛汚染の防止として効果が限定的汚染源としてはんだ以外にも鉛蓄電池散弾銃の鉛散弾があるが、はんだほど厳し規制なされていない。 代替物質が妥当でない インジウム毒性評価不十分である。 銀、ビスマスインジウムなどは価格資源量問題がある費用対効果が妥当でない 鉛フリーはんだ高価であり、はんだ付けにもより多くのエネルギー使用するに対し費用対効果として妥当でないという指摘なされることが多い。

※この「賛否」の解説は、「鉛フリーはんだ」の解説の一部です。
「賛否」を含む「鉛フリーはんだ」の記事については、「鉛フリーはんだ」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/26 14:27 UTC 版)

三振法」の記事における「賛否」の解説

擁護者三振法施行する犯罪率下がるとする。 一方二度犯罪歴持つ者軽微な違反三振法抵触し、2ドル50セント靴下万引き終身刑、またピザ一切れ奪ったとして懲役25年宣告される事例などが発生しており、刑事罰犯罪事実バランス著しく欠くとして、司法機関からの批判的な見解示されている。

※この「賛否」の解説は、「三振法」の解説の一部です。
「賛否」を含む「三振法」の記事については、「三振法」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 06:11 UTC 版)

ワールド・ジャンプ・デー」の記事における「賛否」の解説

http://www.world-jump-day.de/ [リンク切れ]のようにワールド・ジャンプ・デー賛成し協力求めているウェブサイトもある。一方でhttp://www.stopjumping.org/ [リンク切れ]のようにワールド・ジャンプ・デー反対し、よりよい方法を探そうとしているウェブサイト現れたほか、http://www.contraworldjump.org/ [リンク切れ]のように、軌道変わることにより未知の事態発生するのを防ぐため、ジャンプでずれた軌道を元に戻そう呼びかけるサイト現れているワールド・ジャンプ・デー科学的な検証がされておらず非科学的なものだとする根拠数多くある: 運動の第3法則から分かるように、宇宙速度を超えるようなかなりの速さ地球から離れない限り大勢の人間がジャンプすることによって地球軌道変えることは不可能である人間地球互いに力を及ぼしあっているので、ジャンプの力と着地による地球への力は相殺される地球地球人口を含む系全体重心が通る軌道は、ジャンプしても全く変わらない。ただし、ジャンプした人が空中にある間については、地球軌道ごくわずかだけずれているだろう。ただ、ジャンプした人が空中にいる間に、彼らと地球間にはたらく重力によって直ち元に戻るだけだ。 体重100kgの人間60億人が同時に1.25mの高さ分ジャンプしたと仮定しても地球にかかる力(エネルギー)は、水素爆弾により発生するエネルギーのわずか2%にしか満たないため地球軌道1つ原子半径(10-8cm,=10nm)程度しかずれない。(参照地球軌道楕円形あるため軌道極点(約5,000,000 km)にはすでに大きな変化があり、地球太陽の距離が変わるため気温の変化生じるはずだが、いまのところこれによる気温目立った変化観測されていない

※この「賛否」の解説は、「ワールド・ジャンプ・デー」の解説の一部です。
「賛否」を含む「ワールド・ジャンプ・デー」の記事については、「ワールド・ジャンプ・デー」の概要を参照ください。


賛否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 14:16 UTC 版)

立憲君主制」の記事における「賛否」の解説

立憲君主制制限君主制)は政府正統性担保し、また政権首脳権威集中することを抑制する効果がある」として、一旦君主制廃止したものの政情不安ある国で王政復古模索されることがあるまた、かつてのヨーロッパラテンアメリカでは、新国家創設する際に他国王族・貴族新たに名目上君主として擁立する例も少なくなかった一方で戦間期には国王自らがクーデター起こして独裁体制敷いた例が多発している。 また、世襲原則とする君主制平等権とは異質な制度であり、また王族自身の人権特別な制限が加えられることも多いため、立憲君主制国家において「君主制廃止論」もある。しかし、世襲であることは政権首脳権威掌握する隙を与えず尚且つ権威者たる君主生涯にわたり権力を掌握できないようにすることを可能にするため、権威権力の分立という観点からは、寧ろ高度な民主主義体系維持役立つという側面もある。君主やその一族人権制約されることは、公務員がその業務の特性上、「私」よりも「公僕としての立場要求されるために一部人権制約を受けることに準じるとされ、間接的ではあるが、国民に対し公権力行使するという立場から一部人権制約を受けるのは前項における民主主義維持するために必要な措置であると考えられている。

※この「賛否」の解説は、「立憲君主制」の解説の一部です。
「賛否」を含む「立憲君主制」の記事については、「立憲君主制」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「賛否」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

賛否

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 13:43 UTC 版)

名詞

(さんぴ)

  1. 賛同拒否賛成反対承諾拒否容認拒絶多様な議論
  2. 賛同拒否か。賛成か反対か承諾拒否か。

発音(?)

さ↘んぴ

類義語

翻訳

賛同拒否

賛同拒否か)


「賛否」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「賛否」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



賛否のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの賛否 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの山鳥坂ダム (改訂履歴)、大艦巨砲主義 (改訂履歴)、STAYHOMER (改訂履歴)、RoHS (改訂履歴)、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律 (改訂履歴)、キリング・フィールド (映画) (改訂履歴)、Go To キャンペーン (改訂履歴)、都道府県合併特例法案 (改訂履歴)、ジュセリーノ・クビチェック (改訂履歴)、赤ちゃんポスト (改訂履歴)、ウェブスター辞典 (改訂履歴)、鉛フリーはんだ (改訂履歴)、三振法 (改訂履歴)、ワールド・ジャンプ・デー (改訂履歴)、立憲君主制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの賛否 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS