法案とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 文書 > 法案の意味・解説 

ほう‐あん〔ハフ‐〕【法案】

読み方:ほうあん

法律案文法律案

「法案」に似た言葉

法律

(法案 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/19 04:56 UTC 版)

法律(ほうりつ)とは、国家や連邦国家の構成単位の議会の議決を経て(: statute)、あるいは、統治者ないし国家により制定される、主に国民の自由と財産を制限する実定法規範(: law: Gesetz: loi: lex)。


  1. ^ a b 大森政輔鎌田薫編『立法学講義』商事法務、2006年、440頁
  2. ^ 大森政輔鎌田薫編『立法学講義』商事法務、2006年、440-441頁
  3. ^ 大森政輔鎌田薫編『立法学講義』商事法務、2006年、441頁


「法律」の続きの解説一覧

法案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 05:19 UTC 版)

官僚」の記事における「法案」の解説

タコ部屋 (日本の官僚)」も参照 法律の制定国会国会議員)の仕事であるが、実質的に議員立法全体1割であり、官僚主導内閣議案提出し国会で制定されることが多い。 これは、各官庁大臣官房文書課長、各局総務課長審議官中心として案をまとめ、国会議員へ根回しを行う。その拠点となる法案準備室霞が関では「タコ部屋と呼ぶ

※この「法案」の解説は、「官僚」の解説の一部です。
「法案」を含む「官僚」の記事については、「官僚」の概要を参照ください。


法案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:09 UTC 版)

スコットランド議会」の記事における「法案」の解説

委譲事項に関してスコットランド議会法律制定できることから、立法手順議会提出された法案から始まる。 法案を議会に提出する方法たくさんあるスコットランド自治政府新し法律既存法律修正案を法案として提出できる議会委員会はその付託分野における法案を提出できる。また議員個人としても法案を提出できる個別法案は外部提案者から議会提出できる。ほとんどの法案は、与党大臣提出する政府法案である。法案は議会いくつかの段階通過する第1段階は、法案の導入段階で、大臣またはその法案を担当する議員公式に議会に対して法案を関連文書と共に提出する関連文書は、その法案の背景となる政策記した政策覚書と、法案に関連する支出増大または削減記した財務覚書である。また議長と法案を担当する議員からの、その法案がスコットランド議会立法権限の範疇であるこを示す説明書提出される第1段階通常まず関連する1つあるいは複数委員会始まり、それから法案の一般原則に関して議場での議論を行うために本会議提出される。もし本会議採決で法案の一般原則承認されると、法案は第2段階へ進む。 第2段階のすべては通常関連委員会内で実施され委員により法案に対する修正提案されるこの段階では、法案は詳細に検討される一部の法案と緊急法案のすべては、議場において議会全体による委員会によって詳細に検討されこの場合議長委員会委員長としての職責を果たす第3段階は法案の最後の段階で、議会全体会合検討されるこの段階は、一般討論による法案の修正検討と、法案に対する最終的な採決2つ部分から構成される野党議員は法案に対する破壊的修正英語版)(法案を実質的に無意味にしてしまうような修正)を提案して審議更なる進行抵抗し最終的な採決行わずに法案を廃案追い込むために会期残り時間使い果たしてしまおうすることができる。法案の最終案に対する一般討論の後、最終的な法案の一般原則に対して賛否を問う採決を行う。 法案が議会通過すると、議長女王裁可を得るために法案を女王提出しスコットランド議会の法となる。しかし議長が法案を女王提出できるのは4週間後でこの間スコットランド自治政府またはイギリス政府法務官枢密院司法委員会英語版に対して、この法案が議会の権限範疇であるかどうかを諮問することができるスコットランド議会の法は、伝統的な制定条項英語版)(法の冒頭にある決まり文句)で始まっているわけではないその代わりに"The Bill for this Act of the Scottish Parliament was passed by the Parliament on [Date] and received Royal Assent on [Date]"(このスコットランド議会法の法案は議会を○日に通過し、○日に女王裁可得た)という言葉で始まる。

※この「法案」の解説は、「スコットランド議会」の解説の一部です。
「法案」を含む「スコットランド議会」の記事については、「スコットランド議会」の概要を参照ください。


法案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/16 07:51 UTC 版)

オレゴン州議会」の記事における「法案」の解説

法案提出両院認められているが、事前に委員会承認を得る必要がある。ただし、収益に関する法案は下院にのみ審議認められる

※この「法案」の解説は、「オレゴン州議会」の解説の一部です。
「法案」を含む「オレゴン州議会」の記事については、「オレゴン州議会」の概要を参照ください。


法案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 23:54 UTC 版)

思想犯保護観察法」の記事における「法案」の解説

1934年1935年2度治安維持法改正失敗により予防拘禁制度導入不可能になったことから転向政策推進のための法的基礎失われた。そこで当面の対策として作られたのが思想犯保護観察法である。 1934年治安維持法改正案では、「保護観察」と「予防拘禁」の2制度規定されていた。しかし、「予防拘禁」に反対集中したためそれを削除し代わって保護観察」の適用範囲広げて作られたのが翌年1935年改正案である。なお、予防拘禁制度1941年新治維持法の成立により復活する保護観察制度生みの親であり、育ての親でもあるのが森山武市郎(司法省保護課長当時)である。法案責任者だった森山は、「在来行きがかり一切捨てまして、全然新たなる基礎下に立案した」と述べて思想犯保護観察法が「威嚇弾圧ではなく保護指導」にあること強調したが、後述のように実態異なる。 前述の通り治安維持法改正案(1934年1935年)は廃案になったが、これらから「保護観察」の部分をほぼそのまま取り出して法律化したのが思想犯保護観察法である。法律化にあたっては、1935年改正案次の3点修正施した保護観察決定権検事ではなく保護観察審査会(検事正裁判所長警察部長・弁護士などから構成)に与えるように変更した保護観察所観察対象者通信居住交友などを制限できるようにした。 保護観察期限2年上限とした。ただし、更新可能である森山によると、同法治安維持法改正案代わりになっているとの懸念払拭するために、上記3点修正行った他、法律主管刑事局から大臣官房保護課へ移すなどの措置取った。 法案は、1936年の第69帝国議会提出された。法律制定趣旨は思想転向者再犯防止、非転向者転向促進である。特別高等警察(特高)には既に思想監視人思想要注意人制度があったため、当初内務省は法案に反対だったが、森山説得態度変え法案に賛成することになった議会審議では加藤勘十反対論を展開、治安維持法違反者再犯率が約3パーセントと低いこと(通常犯罪は約35パーセント)、憲法に定め居住転居の自由を侵害することを指摘したが、結局、法案は原案のまま1936年5月成立同年11月20日より施行された。「思想指導」と「保護観察」が2本の柱で、前者は「真の日本人還元せしむる」ことを目的にして職業斡旋就学復学などに配慮する「生活の支援」、後者字義通りであり、対象者起訴猶予者、執行猶予者、仮釈放者満期釈放者の4つであった思想犯保護観察制度は、日本本土だけでなく朝鮮(1936年12月より)・関東州(1939年1月より)でも施行されたが、台湾では導入されなかった。

※この「法案」の解説は、「思想犯保護観察法」の解説の一部です。
「法案」を含む「思想犯保護観察法」の記事については、「思想犯保護観察法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「法案」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

法案

出典:『Wiktionary』 (2021/05/12 12:21 UTC 版)

名詞

 ほうあん

  1. 法律草案

翻訳


「法案」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



法案と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

法案のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



法案のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの官僚 (改訂履歴)、スコットランド議会 (改訂履歴)、オレゴン州議会 (改訂履歴)、思想犯保護観察法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの法案 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS